なかなか絵本の読み聞かせをじっと聞いてくれない子供。そんな悩みを持っているママは、まずは興味がありそうなモノが登場する絵本を手にとって見てはいかがでしょうか?


今回は、バスが登場する絵本9作品と、おまけで電車が登場する絵本をご紹介。


実は我が子も、絵本をじっと聞かないタイプ。しかし、バスが登場する絵本に変えた瞬間、読みたい!と態度を変えたので、バスが好きなお子様のママは必読ですよ♫


この記事の目次

"バス"好きなら大絶賛!おすすめ絵本

我が子も、バスはいつも交通手段として使っているから大好き!さっそく、おすすめの9作品をご紹介します!


1.バスがいっぱい!


出典:Amazon


ページをめくるごとに、いろんな色の電車が登場!

 

"くねくねバス"や、"でこぼこバス"などユニークなバスも出てきます


文章がとっても短いので、こちらも1歳ぐらいのお子様におすすめ。



>>Amazon:バスがいっぱい!


同じシリーズで、電車バージョンもあるので、鉄道ボーイのママはチェック↓


>>Amazon:でんしゃがいっぱい!<<


2.ぼくのきいろいばす

出典:Amazon


太陽から生まれた黄色いバス。


主人公のぼくは、黄色いバスに乗るのですが、1人でバスに乗るのは生まれて初めて。


そんな男の子の冒険心を感じられる作品です。



>>Amazon:ぼくのきいろいバス<<


3.ばすくんシリーズ

出典:Amazon


ベストセラー絵本作家「なかやみわ」さんの作品。


町の中で長年働いていたばすくんですが、なんと新型のバスが誕生したことにより、山の奥へ運ばれてしまいます。(このストーリーだけでも、なんだか涙がでそうですね...)


しかし、そんな山の中で新しい仲間に出会いや、またバスとして走りたい気持ちが揺れ動く感動のストーリーです。



>>Amazon:ばすくん<<



>>Amazon:ばすくんのおむかえ(続編)<<



>>Amazon:ばすくんのくりすます<<


4.メイシーちゃんのバス

出典:Amazon



文章が英語と日本語のダブル表記なので、英語教育としても役立る「メイシーちゃんのバス」。


メイシーちゃんがバスの運転手となり、いろんなお友達をバスに乗せて終点まで連れていってあげます!


>>Amazon:メイシーちゃんのバス<<


5.バスがきました

出典:Amazon


「バスがきました」は、バス停で待っていると、"ねずみさんのバス"や、"うさぎさんんのバス"など、さまざまな動物の形をしたバスが到着


文章が短いので、1歳のお子様でも読みやすい一冊ですよ。


>Amazom:バスがきました<<


6.「ピン・ポン・バス」シリーズ

出典:Amazon


田舎を走るバスト、そこに住む人々を描いたストーリー。


比較的文章のボリュームがあるので、2歳向けの絵本だと思います!


>>Amazon:ピン・ポン・バス<<


>>Amazon:ピン・ポン・バス うみへいく<<


7.いろいろバス


出典:Amazon


赤いバスや黄色いバス、緑のバスなど、様々な色のバスが到着。


なんとバスから降りてくるのは、かわいい野菜たち!ショートセンテンスなので、1歳ぐらいのお子様におすすめです!


>>Amazon:いろいろバス<<


8.おべんとうバス

出典:Amazon


バスに次々と、ハンバーグやエビフライ、おにぎりなどお弁当のおかずたち乗っていくストーリー


イラストが可愛いだけでなく、文章のテンポも良いので、お子様も楽しんで読むことができます!



>>Amazon:おべんとうバス<<


9.もぐらバス

出典:Amazon


運賃は1回1円で、地下を走る「もぐらバス」は、ユニークな名前のバス停に停車していきます。


地下はこんな感じになっているんだ〜、と想像が膨らむお話です!


ストーリーは少し長めなので、2歳前後ぐらいら読み始めるのがよいかなと思いました。


>>Amazon:もぐらバス<<


【おまけ】鉄道ボーイなら大絶賛!おすすめの電車絵本

バスだけでなく、鉄道も好き!というお子様も多いのではないでしょうか?


ここでは、【おまけ】情報として、電車が登場するおすすめの絵本をご紹介します!


しんかんくんシリーズ 全8巻

出典:Amazon


この絵本の主人公は、新幹線の「しんかんくん」。


いつもホームに遊びにきてきてくれる"かんたろう君"と、とっても仲良し。


あまりに会いたすぎて、ホームから飛び出してかんたろう君に会いに行く、しんかんくんの一途な想いが可愛らしい作品です。


>>Amazon:しんかんくん絵本セット<<


視覚デザイン研究所 電車シリーズ

出典:Amazon


「視覚デザイン研究所」では、"子供の知的好奇心"を育てることをテーマとした、"のりもの絵本"がたくさん販売されています。


とにかく、絵が細やかで、大人も読んでいて乗り物の勉強になるというのが、率直な感想。


アニメ系のイラストよりも、本物に近いイラストの方が好きな鉄道ボーイ&ガールにおすすめですよ!


>>Amazon:視覚デザイン研究所の著書一覧<<


絵本に興味がない場合は、好きなモノが登場する絵本からスタート


今回ご紹介した絵本は、バス好き(電車好き)のお子様にはぴったりの作品ばかり!


一概に言えませんが、私の周りの1〜2歳の子供たちを見ていると、男の子はどちらかというと、絵本にあまり集中しない子が多く、そういった場合は、子供が好きなモノが登場する絵本を手にとってみるのもおすすめですよ!


実際、我が家でも、"ストーリーが長い絵本"に切り替えた際、バスや電車が登場する作品には非常に喜び、毎日読みたいと絵本を持ってきます


絵本の読み聞かせで悩んでいるママは、ぜひ参考にして下さいね。