生後5ヶ月頃を過ぎると、離乳食がスタート。


最初は10倍粥から始まる離乳食も、野菜やたんぱく質の食材を取り入れていき、少しずつレパートリーが広がり赤ちゃんの味覚がしっかりと発達していきます。


今回は、離乳食時期に大活躍するたんぱく質の代表「豆腐」についてご紹介


「お豆腐は冷凍できるの!?」「お豆腐レシピのレパートリーが増えずに悩んでいる」というママは必見!


解凍した豆腐のおいしい食べ方や、我が家で実践していた豆腐の活用法について紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


この記事の目次

豆腐はいつから?生後6ヶ月がおすすめ


豆腐は離乳食に最適と言われていますが、実際にいつから食べさせられるのでしょうか?


一般的には、生後6ヶ月ごろから食べることができると言われています。ちょうど離乳食を始める時期と重なるため、多くのママは豆腐を重宝しているわけです。


ただ、豆腐は大豆でできているので、お子さんのアレルギー反応には要注意!!


最初に食べさせる量を調整して、お子さんの反応を見ながら作っていきましょう。


よい豆腐の選び方大公開!


せっかく手間をかけて作る離乳食ですから、よい豆腐を選びたいですし、事前準備で間違いのないようにしたいところ。

ではどんな豆腐を選べばベストでしょうか?


豆腐の種類は「絹ごし豆腐」


離乳食の豆腐には「絹ごし豆腐」がおすすめ!食感がさらっとしていて、乳幼児にも食べやすく料理を仕上げることができます。


他にも木綿豆腐がありますが、こちらだと食感が少し硬くなってしまうため、ペースト状にするのに時間がかかったり、食感が子供に合わずに食べてくれなかったりします。


大豆はできるだけ「国産」を選ぶ


豆腐の原料は大豆。その大豆が国産であれば、よりよい豆腐だといえます。


実は日本の大豆の自給率は7%しかありません。つまり売られているほとんどの大豆は外国産です。


外国産の大豆は、輸入時に害虫が入ったり、防腐剤がかけられたりと体に害となるものが含まれている可能性が高くなるんですよね。

一方で国産であれば、そのような心配をする必要はなくなります。


パッケージをみて、国産大豆と書かれている豆腐を選ぶようにしましょう。


豆腐の添加物に要注意!


豆腐には「凝固剤」と「消泡剤」という2つの添加物が入っています。この添加物は豆腐を作るのに必要なものなので、多くの豆腐に使われています。


また、この添加物は食品安全法により安全性が守られています。添加物といって心配することはありません。


ちなみに、凝固剤というのは「にがり」です。聞いたことありますよね!


また、中には消泡剤を使っていない豆腐もありますが、豆腐が日持ちしなくなる

ので注意です。


生協の豆腐もおすすめ!


画像出典:co-op


こちらは生協で販売されている豆腐です。国産大豆が使われており、かつ添加物も凝固剤(にがり)だけになっています。

また、小分けにできるので、冷蔵庫のスペースも取られずおすすめです♪


いまなら、キャンペーン実施中!!


お子さんが小さいと、なかなか外に買い物に行くのが難しいですよね。そんなときは自宅に届けてくれる生協を使ってみるのをおすすめします!


わざわざ外に買いに行く必要がなく、多くのママが利用しています。


また、3歳未満のお子さんがいる家庭は、配送料が無料になるサービスも用意されています!ぜひ検討してみてください。


>>詳しくはこちら<<

※無料サンプル内に豆腐が入っているとは限りません。ご了承ください。


豆腐は「調理して冷凍」が基本


赤ちゃんのお世話をしていると、台所に立つ時間がなかなか取れないママは多いもの。つくりおきや冷凍保存できる食材があると楽だなと感じますよね。


そんな時におすすめの食材が「豆腐」


豆腐は単体冷凍NG。調理して冷凍が基本


離乳食講座で習った情報によると、豆腐単体で冷凍するよりも、豆腐ハンバーグや豆腐おやきなどに調理して冷凍するのがおすすめということでした。


なぜなら、豆腐単体で冷凍してしまうと、解凍したときに水分が飛んでしまい本来の柔らかさがなくなってしまうから。


食感は高野豆腐に近くなるため、離乳食初期の赤ちゃんに与えるには不向きです。


冷凍した豆腐はなるべく早めに消費を


豆腐の冷凍期間は1ヶ月弱とされていますが、月齢が低く内臓が未発達の赤ちゃんには常に新鮮な食材を与えることを心がけたほうがよさそうです。


豆腐単体の冷凍方法は2通り


先ほどご説明した通り、豆腐だけで冷凍すると食感も変わってしまうこともありできるだけ避けたいところ。


とはいえ、1丁を使い切るのが大変な時もありますよね。食材を処分するのももったいないので、迷った時は冷凍してしまいましょう。


豆腐の冷凍方法は主に2通りあります。


1.豆腐を加熱してから冷凍保存する


こちらは、フライパンで豆腐を細かく炒めて、冷めたらタッパーなどに移して保存する方法。


月齢が進めば、ひき肉と一緒に炒めたり風味付けにごま油をたらしておくのも時短料理につながります。


2.豆腐を裏ごししてから冷凍保存する


こちらは、特に離乳食初期で台所に立つ時間が限られているママにおすすめ。


裏ごしした豆腐は、製氷機などに小分けに保存しておくと1食分ずつ取り出せるので便利ですよ。


豆腐単体の解凍方法


解凍する場合は、冷蔵庫に3~4時間ほど入れると自然解凍されます。


急ぎの場合は熱湯をかけたり電子レンジで温めたりと、普段の冷凍食材を解凍する時と同じように扱って問題ありません


状況に合わせてお選びください。


<離乳食>冷凍豆腐を使ったレシピ7選


ここからは、冷凍豆腐を使ったレシピを離乳食初期・中期・後期ごとに紹介します。どれも私が離乳食の時に作っていたものばかり。


豆腐は子どもが成長するたんぱく質の源。旬の食材と組み合わせて、しっかり栄養を摂りましょう!


1.離乳食初期(5~6ヶ月目安):豆腐で作るホワイトソース

参考出典:クックパッド(HP)


豆腐のペーストが食べられるようになってきたら、ペーストのアレンジレシピがおすすめ!


最初は素材の味だけで満足していた赤ちゃんも、素材だけだと物足りなさを感じることも。だしを上手に使ってレパートリーを増やしましょう。


材料

・豆腐のペースト 1パック分


・粉ミルクor牛乳 200ml


・コンソメ(ベビーフード用) お好みで


作り方

上3つの材料を全て混ぜ合わせたら完成!


ポイント

・余った豆腐ホワイトソースは、大人のグラタンに混ぜれば食材を余らせることはありません!


☆参考:離乳食初期におすすめ豆腐レシピ☆

豆腐de★ホワイトソース風~離乳食初期~



2.離乳食初期(5~6ヶ月目安):豆腐の10倍がゆ



参考出典:クックパッド(HP)


おかゆだけだと味付けにバリエーションが出ずに、作るにも飽きてしまいますよね。

そんなときに豆腐を混ぜると、ボリュームが増しておいしいおかゆになりますよ。


材料

豆腐 25グラム

10倍がゆ 10グラム


作り方

裏ごしした豆腐とおかゆを混ぜて、火にかければ完成!


ポイント

おかゆとご飯がしっかりなじむまで混ぜるようにしましょう。


☆参考:離乳食初期におすすめ豆腐レシピ☆

離乳食初期*豆腐のお粥*10倍粥

3.離乳食中期(7~9ヶ月目安):豆腐ハンバーグ

参考出典:クックパッド(HP)


離乳食中期になると、手づかみ食べをしだす赤ちゃんが増えだす頃。


そんな時は、豆腐ハンバーグを冷凍ストックしておくと、お弁当に持っていくことができたり、夜ごはんの1品にも大変身。


作り方も簡単ですので、ぜひチェックしてください。


材料

・豆腐 1パック分


・鶏ひき肉 150g


・ひじき お好みで


・みじんぎりにしたにんじん お好みで


作り方

上4つの材料を全て混ぜ合わせ、一口サイズに成形する。フライパンで両面を焼いたら完成!


ポイント

・大量に作って冷凍ストックしておくのもおすすめです。


・離乳食後期向けに作りたいなら、お好みの野菜を追加したり、少し醤油を垂らすと味のバリエーションが広がります。



☆参考:離乳食中期におすすめ豆腐レシピ☆

離乳食★豆腐と鶏ひき肉おやき【冷凍保存】


4.離乳食中期(7~9ヶ月目安):豆腐のチーズおやき

参考出典:クックパッド(HP)


離乳食中期なら、おやきもつかみ食べの定番!


粉チーズを入れてアレンジしたり、苦手な野菜を一緒にいれてしまえばぱくぱく食べてくれますよ。


材料

・豆腐 1パック分


・お好みの野菜(にんじん、ほうれん草)


・じゃがいも


・かたくり粉


・粉チーズ


(・小麦粉 ※固まり状況を確認して、適宜束してください)


作り方

上の材料を全て混ぜ合わせ、一口サイズに成形する。固まり状況を確認しながら、小麦粉を追加。フライパンで両面を焼き上げたら完成!


ポイント

・こちらも大量に作って冷凍ストックしておくのがおすすめです。


☆参考:離乳食中期におすすめ豆腐レシピ☆

離乳食中期〜✨野菜と豆腐の粉チーズおやき


5.離乳食中期(7~9ヶ月目安):きなこバナナ豆腐

参考出典:クックパッド(HP)


離乳食のレシピの中には、おやつにできるものもあります。3食分のテイストに少し変化をつけてみると、ママも少し息抜きになるかもしれませんね、


材料

・豆腐 小さじ4〜5ほど

・バナナ 3センチ

・きな粉 お好みの量で大丈夫です


作り方

バナナはなるべく小さくきざみ、豆腐と混ぜ合わせて最後にお好みできな粉をかければ完成!


ポイント

事前にバナナと豆腐を混ぜておいたものを冷凍しておけば、解凍してきな粉をかけるだけで完成です。時短レシピになります!


☆参考:離乳食中期におすすめ豆腐レシピ☆

きなこバナナ豆腐 ♡離乳食中期♡


6.離乳食後期(10~12ヶ月目安):ふわふわおいしい鶏団子

参考出典:クックパッド(HP)


鶏団子は、作っておくとスープに入れたり崩せばそぼろとしてごはんと混ぜたりと、料理のレパートリーが広がります。


材料

・豆腐 1パック分


・鶏ひき肉 100g 


・みじん切りした玉ねぎ


・かたくり粉


・塩 適量


・醤油 適量


作り方

上の材料を全て混ぜ合わせ、一口サイズ(丸)に成形する。沸騰したお湯に、一口サイズに成形した団子を火が通るまで茹でたら完成!


ポイント

・離乳食完了期なら、しょうがを入れるとアクセントにもなりそうです。


・みじん切りにしたお麩を入れると、さらにふんわりした食感になりお子さんの食も進みます。


☆参考:離乳食後期におすすめ豆腐レシピ☆

離乳食♡豆腐&お麩でやわらか〜鶏団子


7.離乳食後期(10~12ヶ月目安):塩で味付け!麻婆豆腐


参考出典:クックパッド(HP)


離乳食の後期となると、大人が食べるものに近いものを作れるようになります。今回はその中でも麻婆豆腐をご紹介!


材料

・豆腐 1/4丁ほど

・豚バラ肉 スプーン1杯

・長ネギ 2センチ

・サラダ油 少々

・水 50cc

・塩 少量

・片栗粉 小さじ1/2程度


作り方

熱したフライパンにサラダ油を敷き、みじん切りした豚バラ肉を炒めます。豚バラ肉に火が通ったら長ネギを加えて、ネギがしなったところで水をくわえます。

最後に塩で味を整えて、水で解いた片栗粉を加えたら完成!


ポイント

豚バラ肉や豆腐の大きさは、お子さんの好みに合わせて調整してみてください。あまり細かくしすぎても、食感がわからず食べてくれないことがあります。


☆参考:離乳食後期におすすめ豆腐レシピ☆

塩麻婆豆腐 離乳食後期


時短料理を目指したいなら、冷凍豆腐を上手に活用して


調理済みの豆腐料理は、冷凍ストックしておくと料理の時短にもなりますね。


豆腐はひき肉との相性も良く、ハンバーグやおやきなどの手づかみレシピとしても大活躍!


ただし、豆腐単体の冷凍ストックは味の品質が落ちてしまいますので注意しましょう。


台所に立つ時間が少ない...と感じているママは、ぜひ参考にしてみてください。


(Photo by:写真AC