保育園の待機児童問題が騒がれるいま、保育園の増設を望む一方で「ベビーシッター」サービスに注目しているママが多くいます。


実は私は、世田谷区の保活に失敗してフリーランスに転身したワーママの一人。保育園の一時預かりさえ激戦のため、ここぞという時にベビーシッターを活用しています


「ベビーシッターを使うのはなんとなく怖くて・・」と思っているママ必見!


今回は、ベビーシッターの魅力や、本当におすすめしたいベビーシッター会社、さらにはベビーシッターへ依頼する際の注意点など体験談を交えてご紹介します。


この記事の目次

ベビーシッターって何?


ベビーシッターとは、自宅や託児ルームなどで保護者に代わって子供の世話をしてくれるサービスのこと。


ベビーシッターはこんな時に利用する!

「どうしても外せない用事が入ってしまって、親戚は遠方にいるので頼れない」

「両親共に体調を崩してしまって、育児をする余裕がない」

「第2子出産のタイミングがあり、預け先がない」


など、個人の事情に合わせて利用する方が多いです。


海外のドラマなどでよく登場しますが、最近日本でもその魅力が少しずつ広まりつつあります。


ベビーシッターと保育士の違い

ベビーシッターは保育士と違い、特別な資格がなくても請け負うことができます


そのため、子供とのマッチングや信頼できるベビーシッターさんを見つけるなど、パパやママのリサーチ力が重要になるのも事実。ここからは、ベビーシッターの相場や選ぶ際に注意しておきたいことについてご紹介します。


ベビーシッター選びで注意したいこと


少し前に、ベビーシッターの男性が預かった乳幼児を殺害してしまうという大変痛ましい事件が起こりました。


ベビーシッターは保育園と違い、預かる子供はまだしゃべれないうえに密室の空間にベビーシッターと二人きりになる場合が多いです。


そのため、ベビーシッター選びにおいては以下のことを注意することを必ず意識しましょう。


その1.絶対必要!徹底的な情報収集を

手軽に頼めたり保育料の安さを重視して選んでしまいがち。


しかし、まずは「我が子の命をこのベビーシッターに預けても大丈夫かどうか」という視点で情報収集するのが良いでしょう。


市町村の情報や公益社団法人全国保育サービス協会に加盟している会社のリストがこちらにあります。


↓↓加盟リストはこちら↓↓

http://www.acsa.jp/htm/joining/list.htm#area08


このようなリストを活用するのも一つの手です。


他にも、私の周りで多いのは仲の良いママ友が利用したことがあるベビーシッターさんを利用してみるママも多いようです。


その2.子供を預ける前に面接を行う

いくつかベビーシッターの候補を見つけたら、事前に面接を行うことが大切です。やはりインターネットの情報だけでは全てを理解することは難しいもの。


・「子供とは何をして遊ぶのが得意(好き)ですか?」


・「子供と接する際に気をつけていることはありますか」


・「どんな子供と相性が良いと感じますか?」


↑↑のような質問を中心に、ベビーシッターさんの雰囲気をつかむのがおすすめです。


実際に会った後に預けるようにしましょう。育児が落ち着いたら、預け先候補の1つとして早めにベビーシッターを探すのがおすすめです。


その3.ベビーシッターの事業者名や連絡先の確認を行う

実際に預けることが決まったら、ベビーシッターが所属している事業所や、ベビーシッター自身の連絡先を含む個人情報を必ず聞くようにし、密に連絡が取れる状態にしておきましょう。


日ごろから、こまめに連絡を取っておくと、どんな些細なことでもベビーシッターの方から報告が入るようになり、良好な関係性を築くことができますよ。


厚生労働省のHPを確認すると、ベビーシッターを選ぶ際の注意点が他にも記載されています。


↓↓厚生労働省のHPへ↓↓

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/babysitter/


何よりも、「不安や要望を直接ベビーシッターに言えるかどうか」というのもとても大切です。


良好な関係が築けるように、利用する前にできることはパパと協力してしておきましょうね!


ベビーシッターの利用料っていくらぐらい?


ベビーシッターの利用料って、なんとなく保育園や幼稚園で保育料よりは高そうなイメージがありますよね。


インターネットで調べてみると、会社や個人により利用料はさまざまというのが正直なところです。


実際、私が利用したベビーシッターやママ友が利用したことがあるベビーシッターの相場だと、1時間1,200~3,000円の間が多いように感じます。


他にも、1歳未満や兄弟がいる場合などは課金対象になることも。延長料金を利用すると、さらに金額感も変わってきますので、事前のリサーチが重要です。


しかしあくまでも、安い=良いというわけではないのも事実。


さきほどお伝えしたように、事前の面接や子供との相性などを第一優先として確認するようにしましょうね!


私が利用したベビーシッターサービス:KIDS LINE(キッズライン)


私がどうしても仕事で外せない用事が入ってしまい、夫も仕事を休めず、祖父母も頼るあてがないという状況が起こりました。


いままで保育園の一時預かりですら利用したことがなかった我が家。不安で不安で仕方なかったのですが、背に腹は変えられぬ思いで、ベビーシッターを利用することにしました。


ここでは、我が家が利用したベビーシッターの体験談を紹介しますね。


ベビーシッター会社は「キッズライン」とは

キッズラインとは、有名な起業家・経沢香保子さんが経営するベビーシッターの会社。日本にベビーシッター文化を広めるために、日々取り組んでいます。


彼女自身、3回の出産と娘さんの難病で短命である現実と向き合わなくてはいけなかったことや2度の離婚を乗り越えて、「女性が輝く世の中に」との想いが強くなったそう。


私自身、彼女の考えやご経験に惹かれたのと、友人がキッズラインを使用していたのが利用するきっかけとなりました。


そんな「キッズライン」は、「明日きてくれる」や様々な条件(「簡単な家事をしてくれる」or「病児保育がある」or「男性が良い」など)に合わせて選べるのが人気の秘密です。


私の「キッズライン」利用体験談

ベビーシッターを頼んだ経緯

私がどうしても外出しなければならず、預け先を夫にお願いしていましたが、夫も急遽仕事が休めなくなってしまいました。それが発覚したのが外出3日前で。


そこで利用したのがキッズラインです。「明日きてくれる」という検索条件で探すことができたのと、経営者の経沢香保子さんがもともと好きだったこともあり、利用することに決めました。


ベビーシッターを迎えるまでに準備したこと

我が家はいざという時のために、ずいぶん昔に面接をすませておきました。利用する前には、必ず面接はしておくのがおすすめです。


部屋の散らかり具合は気になっていたのですが、前日にある程度綺麗に。これが意外と大変でした。


後からママ友に聞いたのですが、片付けもベビーシッターに頼めるとのこと。間に合わなくても、まったく問題なさそうです!


あとは、おやつや着替え、オムツ・保険証などを用意しておきました


ベビーシッター当日

面接以来の再会だったため、「久しぶり!」という形で再会することができました。(しかし、もちろん息子は覚えていませんでした・・)


今回は昼から3時間の利用だったため、もしもお腹が空いていたらお菓子を出してもらうようにお願いしたり、家の設備の説明を簡単にしました。


(私の依頼するベビーシッターさんは、体温計などの救急箱を持参してくれるので、とても気が利きます。)


玄関で息子とバイバイしましたが、息子は号泣。少し心配でしたが、用事を済ませました。


帰ると、先生とご機嫌で遊ぶ息子の姿が!


感動したのが、我が家は電車やプラレールが多いのですが、不要な紙袋をアレンジして電車入れを作ってくれたり、おもちゃスペースを整理整頓してくれてました!


それだけで頼んでよかったです。


ベビーシッターからのフィードバック

ベビーシッターさんが、どんな風に子供と過ごしたかを丁寧に教えてくれました


クレヨンで汚れてしまったズボンを洗って乾かしてくれていたり、「電車の名前を教えてくれたのが嬉しかったです」と言ってもらえたり、たったの3時間だけだったのに、息子の❝好き❞をたくさん見つけてくれました!


預けるまでは罪悪感しかありませんでしたが、エキスパートに頼ってよかったと

心から思いました


>>ベビーシッター「KIDS LINE(キッズライン)」のサイトはこちら<<


他にもある!ベビーシッター会社

私が利用したキッズライン以外にも、ベビーシッター会社はあります。ここでは4つご紹介!ベビーシッター選びのポイントは、検索条件がママに合うものがあるかどうか


気になるベビーシッターさんがいたら、預ける前に面接に進んでみてください。


おすすめのベビーシッター1:ベアーズ


こちらは、家事代行サービスで有名なベアーズ。「心育(こころいく)」という考え方を大切にしており、子供と関わる一瞬一瞬を大切にしてくれていることがわかります。


関東エリアが中心ですが、初回限定価格など初めてでも安心のプランがあるのでぜひチェックしてみてください。


>>ベビーシッター「ベアーズ」のサイトはこちら<<

おすすめのベビーシッター2:メアリーポピンズ


こちらは設立30周年を迎えた老舗のベビーシッター。


メアリーポピンズのスタッフは、保育士、幼稚園教諭、各種教員、看護師、子育て経験者、保育大学の学生など、保育関連の経験者や学習者の集団であることがなによりの安心感です。


さらに小児科医がバックアップとして入ってくれているので、子供の体調も安心して任せられます


関西圏(兵庫県・大阪府・京都府・奈良県)中心ですが、ぜひチェックしてみてください。


>>ベビーシッター「メアリーポピンズ」のサイトはこちら<<


おすすめのベビーシッター3:ジャパンベビーシッターサービス

ジャパンベビーシッターサービスは、日本で初めてできたベビーシッター会社


こちらのベビーシッターも、スタッフが病院や学校などを中心とした保育資格を持った方が多いのが特徴です。


24時間以上の保育が可能なので、急な出張などで預けられるのも嬉しいですね。


病後児や障害児にも対応しているので、いざという時に頼れる存在です。


>>ベビーシッター「ジャパンベビーシッターサービス」はこちら<<


おすすめのベビーシッター4:スマートシッター


こちらのベビーシッターは、東京都を中心とした関東圏内で展開する会社。


最大の特徴は、シッターさんのデータや動画が充実していること!ベビーシッター選びに慎重なママにおすすめです。写真だけだと雰囲気全てを読み取るのは難しいですが、動画があると安心ですよね。


さらに、ベビーシッターさんの空き状況次第では当日予約もOK!急な用事や外出でも安心です。


さらに助産師さんも在籍しているというから驚き!月齢が低い赤ちゃんがいるママにもおすすめです。


>>ベビーシッター「スマートシッター」サイトはこちら<<


ベビーシッターとの良い関係が、子育てをスムーズに!

我が家は、ベビーシッターを頼むのは罪悪感があるし、一生ご縁がないと思っていました。


しかし、今回必要に迫られて頼みましたが、頼ってよかったと本当に思いました。


ベビーシッターさんとママの関係性さえしっかりしていれば、育児の手が増えてママも精神的に楽になると思います。


信頼できるベビーシッターさんを賢く見つけて、子育てがスムーズにいけるといいですね!ぜひ参考にしてみてくださいね。


(Photo by Photo AC