NHKスタジオパークは、渋谷駅が最寄りのNHKをまるごと楽しむ体験型のテーマパーク。


番組キャラクターのコンテンツで遊んだり、昔の番組に出会えたり、番組制作の裏側がのぞけたり…!大人も子どもも楽しめる仕掛けがいっぱいのおでかけスポット。


我が家も1歳の娘を連れて、よくおでかけにいきますが娘の満足度も高いです!今回は、NHKスタジオパークの魅力をおでかけ体験談と共に存分にお伝えします。


この記事の目次

NHKスタジオパークのおでかけ・基本情報


NHKスタジオパークは、東京都渋谷区にある代々木公園の隣に位置します。


渋谷駅からのおでかけの場合、特に行きは公園通りをずっと上っていくのでベビーカーを押しながらだと大変かもしれません。行きは直行バスでおでかけが断然おすすめです!


アクセス(NHKスタジオパークにおでかけ)


電車を利用する場合は以下が最寄り駅となります。


渋谷駅 徒歩12分


原宿駅 徒歩12分


明治神宮前駅 徒歩12分


代々木公園駅 徒歩12分



バスの場合はこちら↓↓

▲▲直行バス 渋谷駅 渋谷マークシティ前 2番乗り場


営業時間と入場料


NHKスタジオパークの営業時間は以下の通りです。


午前10:00~午後6:00(最終入場 午後5:30)


休館日は毎月第4月曜日


入場料は一般200円、こども無料!お財布に優しいお値段が嬉しすぎます!

(高校生以下・18歳未満、65歳以上も無料です。)


NHKスタジオパークおすすめ順路1.エントランスにはガラピコぷ〜の人気キャラクターがお出迎え!


エントランスにはおかあさんといっしょの人気コーナー、ガラピコぷ~のチョロミー、ムームー、ガラピコの巨大なお顔がグリーティング!


この時点で1歳の娘のテンションはすでに最高潮!NHKスタジオパークまでおでかけした甲斐があったなあと、親も報われた思いでした


▲▲テレビで見たままの質感のガラピコです!


▲▲チョロミーとムームーはフワフワ、もふもふの手触り!


NHKスタジオパークおすすめ順路2.入口はAフロア。入った瞬間子ども釘づけ!


チケットを買ったらいざ入場!入ってすぐ、8Kスーパーハイビジョンの巨大パネルが目を惹きます。


スーパーハイビジョンでは大迫力の動物の映像が流れており、1歳の娘は「おわー!」と叫んでしばらく見入っていました。


しばらくすると娘は大好きなワンワンのパネルを発見し、大興奮!!


私達が行ったときはやっていませんでしたが、エントランスにてワンワンやその他のキャラクターに会えるイベントも行っているので公式ホームページをチェックしてみてくださいね。


>>NHKスタジオパーク公式ホームページはこちら


NHKスタジオパークおすすめ順路3.番組体験が充実!休憩コーナーもあるBフロア


エントランスを過ぎたらBフロアに下りましょう!ベビーカーの場合はAフロアのなかほどにエレベーターがあります。


エレベーターを降りると写真のような季節折々のどーもくんのイラストがお出迎え。


こちらのBフロア、アニメのアフレコ体験ができたり、ニュースキャスター体験ができたりと、キッズが楽しめそうなコーナーが充実しています。


娘はまだ1歳ですが、大きくなったらぜひ体験してもらいたいです!


▲▲NHKクエストというエリアでは、タッチパネルでNHKにまつわるクイズに挑戦できます。


▲▲キッズ向けのクイズです。1歳の娘には画面の位置が高く、私が操作しました。「おかあさんといっしょ」、「みいつけた!」、「ざわざわもりのがんこちゃん」からクイズが選べます。


▲▲「おかあさんといっしょ」クイズからは「ムームーは何の男の子?」というクイズが出ました。操作していない娘も、正解のピンポーンとともにムームーが表示されると大喜びしていました。


▲▲「はてなルーム」は「ためしてガッテン」などの科学番組のコーナーです。あのガッテンボタンを連打することもできます!


▲▲Bフロアの奥には「どーもくんスクエア」という休憩所があります。飲食の持ち込みはできませんが、飲み物とお菓子の自動販売機がありますので、親子で一息つきたいときにぴったりです。


▲▲Bフロアの最後は「こどもライブラリー」という懐かしの子ども番組を楽しめるコーナーがあります。

写真は、ワンワンわんだーらんどでお馴染みのゆうなちゃんがレギュラーだった頃の「いないいないばあっ!」です。


ワンワン好きの1歳の娘は、かなり長い時間ここで映像を楽しんでいました


NHKスタジオパークおすすめ順路4.自然番組のコーナー、Aフロア


エレベーターを上がって、Aフロアに戻ってきました。Aフロアの奥には自然番組にまつわるコーナーがあります。


動物に気づかれないようカモフラージュしつつ撮影する技を知ることができたり、実際にカメラを動かしてカメラマン気分が味わえたりと、小学生くらいの子どもにはたまらないはず!


写真は「ダーウィンが来た!」という番組の「ヒゲじい」がカメラに映った顔がどの動物に似ているか判別してくれるマシンです。


1歳の娘をカメラの位置まで抱っこしつつ、判別の邪魔にならないよう親の顔を隠さないといけないので意外と大変でしたが、楽しかったですよ!


▲▲Bフロアの一番奥に突如現れたワンワン人形!嬉しい不意打ちでした。


▲▲BフロアとCフロアをつなぐのは大空を思わせる、水色の螺旋状スロープです。吹き抜けになっていて開放感抜群!


ここを下るだけで、あんよができる1歳児には最高に楽しいはず!


NHKスタジオパークおすすめ順路5.Cフロア:大本命の幼児向けエリア!お土産、食事も!


ついに来ました、Eテレ好きには特におすすめしたいキッズ向けのCフロアです。


写真は「おかあさんといっしょ」のあつこおねえさんといっしょに「しあわせなら手をたたこう」が歌って踊れる動画の真っ最中でした。


▲▲しばらくすると、人気曲「もぐらトンネル」が始まりました!あつこおねえさんの変顔に娘も釘付け。(笑)


▲▲隣にはEテレ人気番組のゲームができるコーナーがあります。ここでは「おえかきワンワン」を選択しました。


▲▲こちらは1歳の娘も操作できる画面の高さで助かります!好きなクレヨンの色を選択し、タッチパネルで絵を描くことができます。


1歳後半の娘ですが、一度やって見せるとあとは直感的に自分で操作していました。


▲▲絵が完成すると、キャンバスから絵がぴょーんと飛び出してワンワンと戯れます!実際の番組でもワンワンが描いた絵が動き出すコーナーがありますよね。


どんな仕上がりの絵でも飛び跳ねたり、くるくるまわったりしてしっかりワンワンと遊んでくれますよ。


このゲームに娘は大ハマリし、5回くらい連続でやっていました。


▲▲「みいつけた!」のベンじいさんに座れました!


▲▲コッシーにも座れるのは嬉しすぎます!


▲▲「いないいないばあっ!」のコーナーで画面をのぞくと…


▲▲ワンワンがいました!なんとこの画面下の開口部からワンワンのお腹が触れる仕掛けつきです。どんな手触りか、ぜひNHKスタジオパークで確かめてくださいね。


▲▲「おかあさんといっしょ」のコーナーではガラピコぷ〜の3人の掛け合いが楽しめます。


▲▲「みいつけた!」のコーナーではキャラクターが扉のどこに隠れているか探すゲームができます!


▲▲ホネーキンさん、みいつけた!


最後はお土産ショップとレストランでお腹も心も満足!


Cフロアのキッズワールドを抜けると、最後は魅力的なスタジオショップがあります。Eテレ人気キャラクターのグッズに囲まれ、娘も幸せそうでした。


その奥にはレストランと、軽食が楽しめるフードコートがあります。


▲▲Eテレキャラクターのガチャガチャもあります!


▲▲私は「大河丼」1000円(税込)をチョイス!「西郷どん」放送中だったので、鹿児島の食材が多く使われています。


+280円でセットにできる小うどんが1歳児にちょうどよかったです。


子ども椅子と子ども用の食器を用意していただき、子連れへの優しさを感じました。


1歳児から小学生、大人まで楽しめる貴重なおでかけ先としてリピート決定!

NHKスタジオパーク、いかがでしたか?


お財布に優しいだけではなく、おむつ台などの赤ちゃん向け設備は完璧でとても安心して過ごすことができました


ランチやお土産までNHKスタジオパーク内で完結できるのも嬉しいおでかけのポイント。


室内ですから、天気がよくない日のおでかけ先としてもいいですね。お子さんがEテレ好きになってきたら、ぜひ足を運んでみてください!


>NHKスタジオパークの公式ホームページはこちら<<


(Photo by:写真AC )