幼稚園と異なって保育園は、待機児童の問題など社会的にだいぶクローズアップされるようになりました。


しかしながら「幼稚園についてはそもそも情報不足」「幼稚園って何歳から通えるんだっけ?」「私たちの時にはなかったプレって何歳から?」「幼稚園に預かり保育なんてあるの?」というママも少なくないのでは?


今回はそんな幼稚園が気になり始めたママのために、「幼稚園は何歳から通えるのか」などの幼稚園の基本情報をまとめてみました。


この記事の目次

幼稚園と保育園の違い


そもそも幼稚園と保育園は、どんなところが違うのでしょうか?入園は何歳からなのでしょうか?基本を確認しましょう。


▼幼稚園

文部科学省の管轄。満3歳〜小学校入学までの教育機関の位置付け



▼保育園

厚生労働省の管轄。0歳〜小学校入学までが対象だが、園によって預かる年齢が異なる。共働き世帯など保育を必要とする子供を保育する機関の位置付け


つまり、満3歳の子供であれば幼稚園に入園させることができます。そこで気になるのが幼稚園の「プレ保育」の存在。


最近では、「プレ保育」を実施している幼稚園が増えてきました。こちらは満2歳〜が一般的なようです。詳しくは後ほど紹介します。


幼稚園に通える年齢


「幼稚園は何歳から?」問題の回答としては、2種類あります。


▼3年保育

年少さんスタート:満3歳から通える


▼2年保育

年中さんスタート:満4歳から通える


全国的には、3年保育が一般的ですが、子供が早生まれのママは2年保育を選択するケースもあるようです。


3年保育を選択するママが多いぶん、年中さんに進級するころにはママも子供たちもコミュニティーが出来上がっていることが多いのも事実。


なじみやすさの点でも3年保育を選択するママが多いようです。


プレ保育は2歳から


お伝えしてきたように、幼稚園自体の入園は3歳から。ですが、幼稚園によっては満2歳から通える「プレ保育」を実施しているところもあります。


プレ保育は幼稚園に入園する前に、集団生活に慣れさせるための取り組み。プレでの過ごし方は、園庭で遊んだり、室内でリトミックやお遊戯など。


毎日の通園ではなく、週1~2回といった頻度が一般的のようです。そのため、複数の園を掛け持ちして「どの園が我が子に合ってそうか」と入園の参考にするママも。


気をつけたいポイントは、プレに通っていることが必ずしも入園に有利に働くわけではないということ。


気になる方は、通わせようとしている園の方針を確認してみてください。



幼稚園の種類

幼稚園は国立、公立、私立がある


幼稚園は、国立幼稚園・公立幼稚園・私立幼稚園に分けられます。


①国立幼稚園

国立大学の附属の位置付けで、施設の数が少なく、入園はかなりの狭き門。



②公立幼稚園

地方自治体の教育委員会が運営していますが、施設の数が少なく、地域によっては公立幼稚園がないことも。


③私立幼稚園

学校法人など運営する経営母体はさまざま。


施設の数が多く、またカリキュラムや特色にそれぞれカラーが出るため、事前に見学して教育方針を理解したいところです。


預かり保育や園内の習い事といったメニューは、国立や公立に比べて私立幼稚園のほうが充実しています。


こども園と幼稚園の違いは?

 

幼稚園を調べているとよく見かけるのが「こども園」。幼稚園との違いを見てみましょう。


「こども園」は「認定こども園」とも呼ばれ、教育・保育を一体的に行い、幼稚園と保育所の両方の機能を併せ持っています。


少子化や共働き世帯の増加に伴い、近年増えている施設です。


ポイントは、保護者が働いている・いないにかかわらず利用できるということ。現在働いていないけれど、これから働きたいというママに嬉しいところですね!


最近利用するママも多預かり保育とは


預かり保育は、親からの託児ニーズが増えたことによりスタートした制度です。少子化で異なる年齢の子供と遊ぶ場所や機会が減っていることや、共働き家庭が増えたことがその要因。


私も驚いたのですが、今は幼稚園でも保育園のような取り組みがあるのですね!


平成28年6月1日現在、預かり保育を実施している幼稚園は全体の85.2%(そのうち公立幼稚園:66.0%、私立:96.5%)。


すべての幼稚園が実施しているわけではないので、気になる方は調べておくと安心です。

(出典:平成28年度幼児教育実態調査)


預かり保育での過ごし方

基本的には遊んで過ごすことが多いですが、園によっては園内習い事が選べたり、預かり保育自体のサービスが充実している園もあるようです。


なかには「保育園よりも安く、教育内容が充実している!」という声も。


参考までに、私が住む横浜市では預かり保育を申し込むと9,000円/月の利用料が加算されます。(横浜市預かり制度利用の金額)


入園までにしておきたい5つの準備


子供にとっては、幼稚園が初めての集団生活になることも多いはず。手続きをしたり、袋物を作ったり…ママの入園準備だけではなく、子供の入園準備もしっかりしておきたいですよね。


子供の入園準備は一朝一夕でできるものではありません。この段階で参考にしておいて、入園直前に慌てないようにしましょう。


ここでは、入園前にしておくべき準備をご紹介します。


①トイレにひとりで行ける

周りのママから一番聞くのが、入園前の「トイレトレーニング」問題。入園直前に焦って始めても、なかなかうまくいかないという話も耳にします。余裕をもって、トレーニングを始めておきたいですね。


②自分の名前をフルネームで理解している

下の名前を理解していても、苗字は意外と盲点ではないでしょうか?フルネームで呼ばれた時に、ちゃんと「はい!」と返事ができるようにしておきたいですね。


③挨拶ができる

集団生活の基本といえば挨拶。「おはよう」「さようなら」以外にも、「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」「ごめんね」が伝えられますか?


外では恥ずかしがってしまう子も少なくないようです。はやくから習慣づけましょう。


④規則正しい生活を送る

ママやパパの夜型な生活習慣に、子供も影響されていませんか?実際に私は夜型生活だったので、入園までの1ヶ月は親子で矯正しました。


「朝が起きれない」と、子供も不機嫌になりやすく、ただでさえバタバタしがちな朝の時間が親子で苦痛になってしまいます。


はやくから正しい生活リズムを身につけましょう。


⑤洋服や靴を自分で着脱できる

お外遊びでは靴に履き替え、制作の時間ではスモックを着ますよね。少しでも本人が自信をもって脱ぎ着できるように、家で練習しておきたいです。


幼稚園選びは早めにスタートしよう


幼稚園は、満3歳から通うケースが多いですが、プレ保育を検討している方は1歳の間から準備を始めたいですね。


区役所ではHP‪上で情報を公開していますので、早速お住まいのエリアの幼稚園状況を確認してみてください!


▼幼稚園を見学する時の確認ポイント▼

▼幼稚園無償化制度について▼

 

 


(photo by:写真AC)