幼稚園を選んでいくときに、多くのパパ・ママはその園の教育方針に目がいくのではないでしょうか。最近では園によって特徴がいろいろありますよね。


2020年には小学校3年生から英語教育がスタートするという話もあります。


今回は幼稚園の英語教育についてご紹介!


グローバル化と言われるようになったこの時代、お子さんの教育方法の参考になればと思います。

この記事の目次

日本の幼稚園における英語教育の現状


幼稚園での英語教育については、国公立・私立の間で実施状況が異なるようです。


国公立・・・全体の16.7%が英語教育を実施
私立・・・全体の47.5%が英語教育を実施

(出典:ベネッセ次世代育成研究所)


この数値を見るとやはり、私立の幼稚園が積極的に英語教育を導入しているようですね。


とはいえ、幼稚園全体からの割合で考えると、まだ英語教育を導入している幼稚園は全体の半分程度。


導入はそこまで進んでいないように見えますが、特に私立幼稚園では、幼稚園の差別化という点で、続々と英語教育を導入するところが増えていることがわかります。


幼稚園で行われている英語教育の例


では、英語教育を取り入れている幼稚園ではどのようなことをやっているのでしょうか?以下に具体的な内容をまとめていきます。


1.ネイティブの先生がいる


英語教育をする上で重要なのが、「英語独特の発音」。この発音を早期に教育することで自然と子供が発音を覚えることを狙いとしています。


その発音を日本人の先生が教えるには限界もあるはず。それを解消するのがネイティブの先生ですね。


先生の出身国によって発音が違うこともありますが、日本人の先生が教えるよりはスムーズな発音を教えられるという点で多くの幼稚園がネイティブの方を採用しています。


2.レッスンを全て英語で行う


歌のレッスンや絵本の読み聞かせをすべて英語で行っています


耳慣れた日本の同様や歌を英語で歌うレッスンを行っているところが多いようです。例えば、「ドレミの歌」や「ロンドン橋落ちた」などが代表として挙げられます。


耳慣れた歌を英語にすることによって、子供の英語へのハードルが下がるので、より自然に英語に触れることを狙いとしています。


3.日常会話からすべて英語で行う


これを導入している園はまだ数少ないかなと思いますが、登園の挨拶から、帰りの時間までがすべて英語で行われているところもあります。


インターナショナルスクールのような感じですね。


子供が日常で目にするありとあらゆるものが英語として聞こえてくることになるため、語彙力UPにつながります。


幼稚園の方針によっては、自宅でも英語でのコミュニケーションが必要になるかもしれませんので、しっかり内容を確認しておくことをおすすめします。


幼稚園の英語教育:メリットとデメリット


早いうちから子供にいろいろなことを覚えさせることで、子供の能力が上がるとも言われる一方で、「いろいろ詰め込んでしまっても大丈夫か・・・」と不安になるパパ・ママもいらっしゃるでしょう。


そんなパパ・ママのために、幼稚園の英語教育についてのメリット・デメリットを整理していきます。


幼稚園での英語教育のメリット

メリット1.英語の習熟を加速させることができる

これは言わずもがなですね。一般的に言語の習得には「臨界期」があると言われていて、言語学習は始める時期が遅いほど習得が難しくなると言われています。


また、子供の脳は幼少期ほどさまざまな物事を吸収するキャパシティがありますので、英語教育を早期に始めることで、習熟も早くなります。


メリット2.異文化に触れることで視野が広がる

英語を習得していくと、日本とは違う文化や考え方も一緒に習得することができます。それが幼稚園の子供にとってとてもよい刺激になります。


特に、ネイティブの先生がいる幼稚園だと、外国人へのコミュニケーションも自然なものとなるため、外国の方へ接する抵抗をなくすこともできます。


メリット3.英語のリスニング力を向上させられる

一般的に9歳までに普段聞かない音は、脳内で「聞かなくて良い音」と判断されると言われています。つまり聞き取れなくなってしまうのです。


これを解消できるのが、幼稚園の英語教育!


普段から英語の音を聞き、文字や単語を覚えるだけではなく、それを聞いて理解することができるようになります。


また、英語独特の「L」と「R」の発音の違いがわかるようになっていったりもします。


メリット4.日常生活の中で自然と英語を身につけることができる

多くのパパ・ママは、英語教育は中学校の勉強からスタートのではないでしょうか。なかには、その勉強が苦痛で仕方なかった方もいらっしゃるでしょう。


ただ、幼稚園の英語教育は別物!


基本的に、幼稚園の英語教育では「楽しむ」ということをメインにしているので、踊り・音楽・工作などを通じてプログラムが進むところがほとんどです。


やらされ感で英語教育をせず、日常生活の延長に英語があれば習得もスムーズです。


幼稚園での英語教育のデメリット

デメリット1.日本語の習得を妨げる可能性がある

一般論ですが、第二言語は母国語以上に発達することがないとされています。


幼稚園の時期とはいえ、子供にとってはまだ日本語の習得も不十分な時期。そんなときに幼稚園の英語教育によって、英語習得を同時並行で進めると、日本語の習得が進まない可能性があります。


見たり聞いたりする英語を日本語に変換するには、日本語の習得が必然となるので、日本語・英語の習得状況のバランスはきちんと見定めていく必要があります。

デメリット2.日本の習慣や慣習を理解できない可能性がある

幼稚園の英語教育によって、自然と子供の周りには英語が話される環境にさらされることになります。


それによって英語の文化が自然なものとなって、中には海外と違う日本独自の習慣に違和感を覚える子供も出てくるでしょう。


そんな子供が一般の公立小学校に入学すると、クラスの中で浮いた存在になってしまうことがしばしばあり、時にはいじめに発展してしまうことも。


そうならないように、普段の家庭の中でもきちんとサポートしていくことが重要です。


デメリット3.英語教育を継続できなければ子供も忘れてしまう

幼稚園の英語教育を選択するのは、子供ではなく大人です。つまり子供が英語を習得したいと思って英語教育が始まることはほとんどないですよね。


子供に過度な負担がかかると、それがストレスで子供が英語を嫌いになってしまうことにもつながります。


決してプレッシャーを与えず、どうやったら継続していけるかを子供と一緒に前向きに考えるようにしましょう。


子供にあった幼稚園の英語教育を!


子供の語学の習得は、運動などのほかの学習と異なり、タイミングが重要です。


早ければよいに越したことはないですが、必ず早くやらなければいけないというものではないはずです。


幼稚園の英語教育のメリット・デメリットをパパ・ママがきちんと整理したうえで、子供の人生が豊かになるような選択ができるようにしていきましょう。


(Photo by Photo AC)