子供が3歳になると、簡単なコミュニケーションも取れるようになり、基本的な運動もできるようになり、いわゆる手のかかる時期は越えてきますよね。


そんな一方、2歳頃から始まる「イヤイヤ期」が3歳になっても続いていて「もう、どうしたらいいの!」と対応に手を焼いてしまうパパ・ママも少なくありません。


今回はそんなパパ・ママのために、3歳で行うべきしつけについてお話します。

3歳の特徴をおさえた上での効果的なしつけを整理していきましょう。


この記事の目次

3歳って何ができる?


3歳の子供をしつける時に抑えておくポイントは、「大人とコミュニケーションが取れるようになってきていること」と「子供自身で感情のコントロールができるようになる時期」という2点です。


それぞれ見ていきましょう。


ポイント1:3歳はコミュニケーションが取れる

3歳になると、子供はたくさん言葉を覚えるようになります。そしてその言葉を理解して行動に移すことができるので、行動範囲が広がり、子供自身が一人でできることが増えてきます。


また、友達と遊ぶ機会も増えてくるため、相手が何を考えているかといった思いやりの気持ちも芽生えてくるように!


大人に限らず、子供同士で遊んだり喧嘩をするようになるのも3歳の特徴です。


ポイント2:3歳は感情のコントロールができる

このように大人や子供同士でコミュニケーションが取れるようになると、自分自身と他人の境界線を作れるようになり、いわゆる「自我」が作られていくのです。


感情のコントロールができるようになるのは、実はこの自我があってこそだと言われています。


3歳はまだまだ子供と思っているパパママは要注意!子供はパパママが思っている以上に、心も体も成長しているんですね。


3歳になるとしつけが大切って本当?


さて、本当に3歳でしつけをすることは必要でしょうか?


答えは、YESです!


お伝えしたとおり、言葉も覚えて自我も芽生える時期だからこそ、一定ラインで子供の行動に制限をかける必要があります。


それが、3歳でのしつけの意味合いです。


また、3歳は幼稚園が始まる年齢でもあります。初めて長い時間、家族と離れて過ごす場になる幼稚園。


そんな幼稚園生活で、自己中心的な態度を取るのも問題ですよね。


3歳のタイミングでしっかり子供にしつけをすることで、ルールをわきまえながら、日々を楽しむことが大切と言えそうです。


【3歳のしつけ】効果的なポイントを伝授!

では、3歳の子供の特徴をおさえた上で、どんなしつけをしていけばよいでしょうか?効果的な3つのポイントを伝授いたします!


【3歳のしつけ】:1.子供と約束をする


約束は、3歳の子供にとってとても大切。約束をするということは、他人との信頼関係を作っていくことにつながるからです。


例えば、公園で遊んでいるときに「この遊びが終わったら家に帰ろうね」とか「すべり台は○○ちゃんが終わったら滑ろうね」のような感じです。


子供との約束を継続的にしていくと、そのうちに感情をコントロールしながら自分自身の気持ちを切り替える方法を身につけることができます。


【3歳のしつけ】:2.子供に我慢をしてもらう



感情のコントロールができるようになる3歳の時期だからこそ、我慢することも一緒に覚えてもらうことが重要です。


特に1つ目の「約束をしてもらう」ようになると、必然的に子供にとって我慢をしなければならないときが出てきます。


「本当はもっと遊びたいのに・・」というような感じです。


子供が我慢できるようになると、子供自身がTPOわきまえた行動を選択できるようになっていきます。


ただし、子供がやりたいことをすべて我慢させる必要はありません!


パパママと子供の間で、程よい決まり事を作りながら調整するのがおすすめですよ。


【3歳のしつけ】:3.子供にお手伝いをしてもらう


日常生活のルールを覚えてもらうには、「お手伝いを子供にしてもらう」ことが効果的。


例えば家事や洗濯、さらには兄弟の世話をしてもらうことで、それが子供にとって毎日の習慣となっていきます。


パパママにとっても子供に手伝ってもらうことが増えれば、家事育児の負担が減って一石二鳥!


お手伝いができた時は、子供をしっかり褒めてあげることも大切です。


「約束・我慢・お手伝い」が上手にできるようになると、子供は自然と社会性を身につけるようになり、相手の立場にたった行動を取るようになっていきます。


【3歳のしつけ】しつけするときの注意点

3歳の子供に効果的なしつけを教えても、なかなかうまくいかないときもあるのが現実。


そんなときに参考になる、3つの注意点も一緒に伝授!


思い悩んでしまったときの参考にしてみてください。


【3歳のしつけ】:他の子供と決して比較しない


NGワードは「他の子はできているのに、なんでできないの?」。


これは実際に子供に言うこともよくないですが、パパママ自身の頭のなかで思うこともNG!


子供には1人1人の違った成長スピードがあります。子供によって得意なことや苦手なこともありますよね。それはパパママも同じ。


成長スピードを無視して他の子供と比較してしまうのは、子供自身のストレスの原因にもなってしまいます。


自分の子供のペースに合わせて、しつけをしていくことが大切です。


【3歳のしつけ】:「なぜ?」と理由を聞くようにする


3歳になると、子供の自己主張が強くなる場面が目立ちます。


すると時にはパパ・ママにとって理不尽なことを子供が言うときもあるでしょう。


そんなときには、決して感情的にならずに「どうしてそうなったの?」と理由を聞くようにしてあげてください。


子供が主張するには何かしら理由がありますし、3歳にもなればその理由を説明できる言葉が子供には身についています。


子供とパパママの間でしっかり歩み寄って、会話を楽しみながらしつけをするようにしましょう。


【3歳のしつけ】:しつけと叱ることは別物


しつけは、厳しくするものではありません。


子供をしつける上で叱ることが必要なときもありますが、それが全てではないことを理解しておきましょう!


しつけを通じて、親の思うことを子供がきちんと理解して行動に起こすことが一番の目的。そのため、しつけの手段を複数持っておくのがおすすめです。


時には、テレビ番組や幼児教室などの外部の力を借りてみるのも一つの手ですね。


子供の数だけしつけはある。


しつけには色々なやり方があるので、ぜひパパママと子供に合う方法を見つけてみてください。

子供にあったしつけを実践することが大事!


子供のしつけにはゴールもありませんし、これが絶対よい!という正解もありません。


特に3歳になると、言葉も覚えてやっと人間らしくなってくる時期なので、他のパパママも試行錯誤しながら自分の子供にフィットしたしつけを実践しています。


時にはパパママが感情的になってしまうこともあるでしょう。


そんなときにはふと心を落ち着かせて、「子供はいま何を考え、行動しようとしているのかな?」と冷静になってみて!


子供の意見を尊重してみると、自然とよい解決策が見えてきたりします。


パパママの間でもしっかりコミュニケーション取りながら、よりよい「しつけ」を実践していきましょう!


Photo by Photo AC