出典:公式インスタ


東京都中央区にある「水天宮」は、安産の神様が祀られており、昔からたくさんの人々に愛されている神社の1つ。


ここでは、戌の日の安産祈願は大混雑すると言われている水天宮について、初穂料や祈祷の流れ、水天宮ならではのお守りやアクセス方法などについてご紹介します。


水天宮で安産祈願をしたいと思っていらっしゃる方、ぜひ参考にしてみてください!

 

そもそも戌の日とは?


昔から日本では、妊娠5カ月目の戌の日には安産祈願を行うという風習があります

 

犬は安産でたくさんの子供を産むことから、戌の日に安産祈願をするようになりました。

 

戌の日とは暦を十二支に分けた見方で、12日に1度回ってきます。

 

また、安産を願ってお腹に帯を巻くことから、戌の日の安産祈願を「帯祝い」という呼び方もありますよ。

 

安産祈願で訪れる妊婦さん多数!東京で人気の水天宮


東京の日本橋蛎殻町にある、水天宮。

 

総本宮は福岡県の久留米市にあり、全国に20社以上の分社を持っています。

 

中でも東京にある水天宮は、安産や子授けなどの御利益があるとされている有名な神社です。

 

新社殿で参拝でき、祈祷待合所など妊娠している方でも参拝しやすいよう設備が整えられています。

 

祀られている神様は、天之御中主大神、安徳天皇、建礼門院、二位の尼の4柱となっています。

 

水天宮の開門閉門および祈祷受付時間


水天宮が開門するのは午前7時。そして閉門するのは午後6時となっています。

 

お守りやお札、ご朱印などの授与を行う神札所は午前8時から午後6時となっています。

 

また、水天宮の安産祈祷の受付時間は午前8時から午後3時30分。ですが戌の日は、午後4時まで受付可能。

 

祈祷開始時間は午前9時頃となっていますが、戌の日は8時半頃となっています。

 

祈祷の申し込み方法


水天宮での安産祈願は、事前予約等必要ありません。

 

当日、祈祷受付時間内に直接神札所へ行き、申し込みをします。

 

戌の日の水天宮は、この受付をするまでに12時間立って並ぶこともあります。

 

よって、体調に不安がある方は戌の日を避けた参拝がおすすめです。

 

また、安産祈願は当日の受付順によって祈祷時間が割り当てられます。

 

希望の時間で祈祷していただけるわけではないため、特に戌の日は時間に余裕を持っていくのがおすすめ。

 

祈祷時間はおよそ1520分とされています。

 

初穂料について


安産祈願に必要な初穂料は8,000円となっています。

 

安産のお守りが欲しいという方は、さらに4,000円初穂料をプラスします。

 

「御子守帯(みすずおび)」という腹帯一式もしくは「小布(こぎれ)」一式のどちらかを選択。

 

布のお守りの他に、戌の鈴や巾着袋入りのお守りが入っています。

 

水天宮ならではの安産守り


水天宮の安産守りは、帯そのもの

 

「御子守帯(みすずおび)」という腹帯、もしくは帯の一部を象った「小布(こぎれ)」といった布になります。

 

御子守帯


「御子守帯」は、昔ながらの晒木綿の帯で腹帯として使うことが可能。化学染料等は使用しておらず、通気性・吸水性にも大変優れています。

 

==実際に購入した先輩ママの声==

優しい肌触りで、帯を巻くことで冷えの改善や腰痛予防にもなるとされており、実際私も妊娠中、「御子守帯」を腹帯として毎日愛用していました。

 

体調が優れない妊娠期間でしたが、「御子守帯」の布の温かさに癒されていました。

 

また、毎日自分で調整しながら巻く帯のおかげで、その日の自身の体調と大きくなるお腹と向き合うことができ、今振り返っても幸せな時間だったなと感じています。



御子守帯の巻き方はこちらを参考になさってみてください。

御子守帯の巻き方

 

「小布」

「小布」は、「御子守帯」の一部で御朱印が押されています。

 

この「小布」をご自身の好きな腹帯に縫い付けて使用することで、「御子守帯」と同様の御利益を頂くことができます

 

毎日「御子守帯」を巻くのは大変だという方や、自分の好きな腹帯を使いたいという方におすすめです。

 

水天宮ならではの注意点


安産祈願で人気の高い水天宮ならではの、注意点が。

 

それは戌の日の昇殿参拝は終日、妊娠されている方、もしくは代理の方1名のみの昇殿になるということ。

 

そして、戌の日以外であっても混雑した場合、妊娠されている方と大人1名、そしてお子さんのみの昇殿となります。

 

よって、夫と一緒に昇殿参拝したいという方は、戌の日の水天宮でのご祈祷は避けましょう。

 

また、両親や夫など、ご家族全員で昇殿参拝したいとの思いがある方は、できるだけ混んでいない日を見計らっての安産祈願をおすすめします。

 

水天宮が混雑する日


最も水天宮が混雑するのは、戌の日と土・日・祝日が重なった日

 

時間帯によっては受付まで1時間以上並ぶ場合もあります。

 

また、土・日・祝日、連休、そして大安の日も混雑傾向となっています。


==先輩ママの声==

実際私も日曜日にお礼参りとして水天宮へ行った経験があるのですが、想像以上の混雑ぶりでした。

 

家族で昇殿参拝をしたい方や体調に不安がある方はできるだけ戌の日を避け、平日に参拝できるよう調整した方が良さそうです。


電車でのアクセス


水天宮へ電車で行く際は、東京メトロ半蔵門線の「水天宮前駅」(5番出口)から徒歩1分のため、最も便利です。

 

ただ、半蔵門線への乗り換えが大変な場合は、東京メトロ日比谷線もしくは都営地下鉄浅草線からのアクセスも可能!

 

どちらも「人形町駅」で下車し、東京メトロ日比谷線はA1出口から徒歩6分、都営地下鉄浅草線A3出口からは徒歩8分となっています。


 以前、私は東京メトロ日比谷線の「人形町駅」で下車して水天宮へ向かったことがあるのですが、思ったより近く感じました!

 

駅から水天宮までの道のりは、人形町ならではのいろいろなお店が並んでいるので、散策もおすすめですよ♪

 

また、東京駅の八重洲口からタクシーでおよそ15分。

 

東京駅での乗り換えが不安な方、できるだけ楽な方法で水天宮へ行きたいという方は、東京駅からタクシーを利用するのもおすすめです。


 

車でのアクセス


妊娠中は体調が優れないため、電車や徒歩での移動が大変だという方もいらっしゃるかと思います。

 

水天宮の境内地下には有料の駐車場があるため、車でも安心して行くことができます。

 

ですが駐車可能台数は最大40台となっているため、特に戌の日は駐車できない場合も。

 

そんな時は近隣の有料駐車場へ停める必要がありますので、事前に何ヵ所かの駐車場を調べておくと安心です。

 

また、高速道路を利用する際は、箱崎インター浜町出口で降りるのがおすすめです。

 

水天宮の情報


実は様々なSNSも運営している水天宮。

 

日々の水天宮での出来事や、戌の日の混雑予想状況なども伝えてくれています。

 

安産祈願で水天宮へ訪れる予定の方はもちろん、「御子守帯」の再利用方法について知りたい方にもおすすめの内容です☆

 

水天宮のブログ

 

水天宮のTwitter

 

水天宮のInstagram

 

水天宮の基礎情報

住所:東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1

URL:http://suitengu.or.jp/

 

由緒ある神社で安産祈願を


正直、私は妊娠して母親に教えてもらうまで水天宮という神社があることを知りませんでした。

 

また、私は妊娠中体調がすぐれなかったため、母が私の代わりに水天宮へ安産祈願へ行って来てくれました。

 

そこで初めて知った「御子守帯」。

 

とても優しい触り心地で、私の妊娠期間を支える柱となってくれました。


昔から愛され、今もなお続いているものというものはパワーがあるのかなぁと感じました。


一生に何度も経験する訳ではない、安産祈願。

 

ぜひ由緒ある水天宮へお参りに行ってみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by:写真AC)