お腹が大きくなってくると、普段着ているパジャマもきつくなってくるもの。しかし、妊娠中しか着られないマタニティパジャマを買うのはもったいないと感じますよね


そこで今回は、出産準備にマタニティパジャマが必要なのかとともに、選ぶポイントやおすすめのパジャマを紹介します!


この記事の目次

マタニティパジャマは必要?


マタニティパジャマは、お腹が大きくなっても余裕のあるデザインなので、妊娠中も快適に過ごせます。


授乳口がついているタイプが多く産後も使えるので、実は妊娠中に購入しておく方がお得!


マタニティパジャマは何枚必要?

入院中はこまめに洗濯できないので、洗い替え用に数枚用意しておきましょう。


陣痛に耐えて汗をかいたり、授乳をしたりとパジャマが汚れることも多いので、2〜3着あると安心できます。


出産準備にパジャマを選ぶポイント


出産準備に、マタニティパジャマを選ぶポイントを見ていきましょう。


丈の長いパジャマを選ぼう

出典:https://www.angeliebe.co.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=107825&sci_refl=1


お産のため入院している間は、健診や検査が多く、パジャマの下(ボトムス)を脱ぐ機会が多いものです。


丈の長いパジャマであれば、パジャマの下を脱いでも、それほど違和感なくいられるでしょう


前開き・授乳口付きパジャマを選ぼう

出典:https://www.angeliebe.co.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=107825&sci_refl=1


出産後は、2~3時間おきに授乳をする必要がありますが、授乳のたびに服をたくし上げたり、脱いだりするのはとても大変です。


前開きタイプか授乳口が付いているパジャマがあると、開くだけで授乳ができるので、便利♪


授乳期間を快適に過ごすためにも、チェックしてくださいね。


ポケット付きのパジャマを選ぼう

出典:https://www.angeliebe.co.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=107825&sci_refl=1


マタニティパジャマは、ポケット付きタイプがおすすめです。


入院中に、財布や携帯電話を入れたり、トイレに行くときにナプキンを入れたりと活躍するでしょう。


授乳室や売店など、ちょっと出歩くときに、ポケット付きのパジャマを着ていると便利ですよ♪


厚手のパジャマは避けよう

出典:https://www.angeliebe.co.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=107825&sci_refl=1


秋や冬の出産を控えているママは、厚手のパジャマにしたほうがいいか迷っているのではないでしょうか。


寒い時期の病院内は暖房がきいているので、暑く感じるママが多いようです。


冬でもパジャマは薄手にしておき、寒い時はパーカーやカーディガンを羽織って体温調節をする方がいいでしょう。


出産準備におすすめのマタニティパジャマ10選


それでは、出産準備におすすめのマタニティパジャマを紹介します♪


1:ボーダー&レース半袖パジャマ

Milk tea ボーダー&レース半袖パジャマ


ボーダーとレースがついた半袖のパジャマです。


ワンピースは膝丈で、暑い夏には1枚でサラリと着られます。


パンツはウエストにゴムが入っているので、そのときの体型に合わせて調節が可能♪


2番目と3番目のボタンはスナップボタンを使っているので、授乳も楽々できます。


・価格(税込):3,490円

>>購入はこちら<<


2:ラブリーベアーママパジャマ


マタニティ専門メーカーがこだわりぬいて作られたウエストゴムによって、産後もずり落ちてきません。


授乳口はスナップボタンがついているので、片手で簡単にはずせて授乳も楽にできますよ!


出産後もパジャマとして長く着られるでしょう♪


・価格(税込):7,452円

>>購入はこちら<<


3:ストライプパフューム前開きパジャマ


綿100%でできた上下セットのパジャマです。


ふわふわな肌触りで、ママも赤ちゃんも快適に過ごすことができます。


パジャマとおそろいのシュシュもついていますよ♪


・価格(税込):4,212円

>>購入はこちら<<


4: 袖ロールアップ!襟付きドットママパジャマ


袖が2WAYになっているので、季節を問わず着られるパジャマです。


家事をしているときはロールアップに、肌寒いときはおろして、という感じで長さを調整しましょう♪


ドットのかわいらしさを、ネイビーやカフェラテ色で抑えているので、落ち着いたパジャマがほしい方におすすめです。


・価格(税込):3,990円

>>購入はこちら<<


5:やわらかスムース切り替えギャザーパジャマ


胸下から裾に向かってふんわりと広がるデザインなので、大きなお腹も目立ちにくい作りです。


ほどよい厚みとロング丈ワンピースなので、暖房が効いた産院で1枚での着用もおすすめ♪


・価格(税込):4,946円

>>購入はこちら<<


6:ダブルガーゼ前開きパジャマ


コットン100%の、ダブルガーゼ素材のパジャマです。


ママにも赤ちゃんにも優しい肌触りで、着心地の良さも魅力♪


色味やデザインも、一見パジャマには見えないので、産院でのお見舞い客や自宅への来客があってもおしゃれに見せてくれるでしょう。


・価格(税込):5,378円

>>購入はこちら<<


7:ビエラ格子×ストライプ アウター見えパジャマ


ビエラ格子とストライプの柄で、パジャマ感がなく部屋着として着用できます。


キーネック風のデザインで、胸元にすっきり感がでます。


さらりとした素材で、春から秋にかけて長い期間重宝!冬でも暖房の効いた産院では、快適に着られそうですね♪


・価格(税込):3,769円

>>購入はこちら<<


8:授乳対応マタニティ長袖ロング丈パジャマ


シンプルなボーダー柄がおしゃれなパジャマ。入院中だけではなく、退院後も部屋着として活躍します。


袖はロールアップ可能で、病院での点滴や家事も楽々♪


お腹を締め付けにくいデザインなので妊娠中もゆったりと着られます。


・価格(税込):2,990円

>>購入はこちら<<


9:脇に縫い目のない二重ガーゼ授乳に便利な長袖パジャマ


着心地を考えて、トップスもボトムスも脇の縫い目をなくした作りになっています。


二重ガーゼなので透け感も抑えられ、着心地がよいのも特徴です。


襟付きなので、首元もあたたかく過ごせますよ♪


・価格(税込):5,990円

>>購入はこちら<<


10:フランネル授乳に便利な長袖パジャマ


やわらかなフランネル生地でできたパジャマ。脇の縫い目がない作りなので、着心地もいいですよ♪


ボトムスのデザインもおしゃれで、部屋着としても活躍します。


・価格(税込):5,990円

>>購入はこちら<<


お気に入りのパジャマで出産準備を整えよう♪


入院中には、お見舞いに人が訪ねてきたり、赤ちゃんよの写真撮影の時間も多いものです。


そのため、パジャマも少しこだわりを持っておくのも良いかもしれません。


また、退院後も、自宅での授乳に活躍するのでぜひ出産前に揃えておきましょう!


Photo by Photo AC