妊娠・出産きっかけで知る方も多い「医療控除申請」。私も妊娠した時に初めてこの制度を知りました。


病院の領収書破棄せず残しておけば、もしかるすと節税対策ができるかもしれません。申請方法を知らない方はぜひご一読下さい。


この記事の目次

●妊娠のタイミングで知るママが多い「医療控除申請」

●医療控除の対象ってどこまで?

●実際にどうやって計算するの?医療控除申請の計算方法

●要チェック!医療控除の申請方法

●医療費控除申請をやってみた!ママの体験談

●申請のためにも、領収書は毎月コツコツ整理しよう


妊娠のタイミングで知るママが多い「医療控除申請」

c978e5623072dd5efed59e1b2f426010_s.jpg


医療控除申請とは、医療費の一部を税金から控除することができる節税対策の一つ。


対象期間は1月1日〜12月31日の1年間で、ご自身だけではなく家族が支払った医療費の合計金額が10万円以上の場合申請することができ、上限は200万円まで。


大きな病気を患った時はもちろん、出産費用も高額となるため当てはまる場合が多いです。

 

ただし申請には領収書が必要。


病院からもらう領収書は、破棄せず保管しておくようにしましょう。申請方法については、のちほどご説明します。

 

医療控除の対象ってどこまで?

368af1238335081b98c1a416297da8af_s.jpg


医療控除の対象となるものをいくつかピックアップしてみました。

 

・病院代


・薬代


・入院にかかる費用


・妊娠中の定期検診


・出産費用


・病院までの交通費


・治療に必要なマッサージ代


・治療に必要な用具の購入費 など


※詳細は国税庁のページをご確認下さい。


なんと病院の交通費まで出るのです!


『陣痛で歩けないためタクシーを利用した』なんていう方は必見。タクシーの領収書もしっかり保管しましょう。

 

控除対象について補足


医療費控除申請にあたり、以下も補足情報としておさえておきましょう。


・病院までの交通費に関しては領収書がなくても申請可能


・助成金や保険金で補填された金額を差し引いた額が計算対象


・以下は医療費控除の対象外となります。


 ・診断書作成費用

 ・予防接種費用

 ・美容を目的とした歯の矯正

 ・健康を目的としたビタミン剤や漢方薬

 ・病院までのマイカーのガソリン代

 ・美容整形

 ・入院の病室やベッドのグレードアップ など 

参考情報:https://allabout.co.jp/gm/gc/22245/2/

 

特に「出産費用」の場合、助成金を差し引いても20万円以上費用がかかる場合がほとんど。その年は必ず医療控除の申請を行うことがおすすめです。

 

実際にどうやって計算するの?医療控除申請の計算方法


ここでは、医療費控除のための計算方法をご紹介します。



【計算方法】


(1)まず、控除対象となる領収書の合計金額を算出する。

 

(2)(1)から助成金や保険金などで支払われた補填金額を差し引く。

 

<補填金の例>

・高額療養費

・出産育児一時金

・損害賠償金

・生命保険や傷害保険の保険金 など

 

(3)10万円、または総所得が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額を差し引いた金額が医療費控除額となる。


我が家も上記の方法で、万単位の還付金がありましたよ!計算方法は簡単♪めんどくさがらずに行いましょう。

 

要チェック!医療控除の申請方法

14203d9934efe9643336a6da39802c21_s.jpg


続いて、医療費控除の申請方法をご紹介します。

 

申請期間


その年によって異なりますが、基本的には翌年の2月中旬〜3月中旬の確定申告の期間に申請します。


年末調整の段階では申請しないため注意が必要です。

 

必要な書類(会社勤務の場合)


・医療費の領収書


・交通費の領収書(なくても申請可能)


・源泉徴収票


・確定申告A様式


・医療費の明細書


・マイナンバー 本人確認書類(写)添付台紙 


・マイナンバーのコピー

 

申請方法

 

「医療費の明細書」という申請書類に領収書の金額を記載し、医療費控除額をご自身で計算します。

 

<書類の受け取り方法>

・税務署にご自身で取りに行くか取り寄せ

・国税庁のサイトからダウンロード(推奨)

 

<医療費の明細書上で必要な情報>

・医療を受けた人

・続柄

・病院名

・病院の住所

・医療費の内訳

・補填金額(ある場合)

 

基本的に医療費の明細書に全ての明細を記載できないケースがほとんど。


そのため、Excelに領収書の情報を打ち込んで印刷し、その用紙を医療費の明細書にホッチキスでとめて提出します。

 

医療集計フォーム ダウンロードはこちら


出典元:https://allabout.co.jp/gm/gc/462536/ 

 

2.確定申告A様式を作成

源泉徴収票と医療費の明細書を元に、必要な情報を確定申告A様式に記入していきます。医療費控除の記入場所は「所得から差し引かれる金額」の項目内にあります。

 

確定申告A様式 ダウンロードはこちら

 

3.マイナンバー 本人確認書類(写)添付台紙 

平成28年よりマイナンバーの書類の申請が必要となりました。


ご自身のマイナンバーをコピーをして台紙に貼り付ければ完成なのでとっても簡単です。

 

本人確認書類(写)添付台紙 ダウンロードはこちら

 

4.封筒にまとめてポストに投函

最近はインターネット上でも申請することができます。しかし少し複雑なので、郵送での申請が安心ですよ。

 

医療費控除申請を実際にやってみた!ママの体験談 


ここでは、実際に医療費控除申請にトライしたママの声を紹介します。


年度代わりに申請書を作成して税務署に行ってと面倒な手続きと感じるかもしれませんがもらえるものをもらわないほど勿体ない事はありません。


妊娠・出産になると補助金の制度は誰もが知っていて病院からも知らせてくれる事がほとんどですが、医療費控除については自分で行わないと誰も教えてくれません。


まして土日祝の休日に入院・退院するだけでプラス料金がかかる病院が多いですし、帝王切開になると入院日も長くなりますし補助金制度があったとしても意外と費用がかさむもの


申請なんて面倒くさい、どうせ戻ってくるお金なんてスズメの涙ほど、などと馬鹿にしてはいけません。


積極的に自分のためになるものですから国の制度をもれなく利用してみてはいかがでしょうか。


出産にかかる費用は、出産育児一時金だけで賄うことは基本的にはできません。だからこそ、手間がかかる医療控除申請もしっかり利用することが大切です!

 

申請のためにも、領収書は毎月コツコツ整理しよう

1369e8024cf51a6585381076715a38e6_s.jpg


一度にまとめて医療費を計算するのは意外と大変。毎月保管しながら計算しておくと、確定申告の際の確認がスムーズです。


医療費控除は妊娠がきっかけで知る人も多いですが、大きな病気をした時にも活用できます。


家族が増えると、医療費が年間で10万円を超えることもあるはず。ぜひ忘れずに申請しましょうね!


(Photo by Photo AC)