子供は水遊びが大好き。5月〜9月にかけては、プールや海、川でキャンプなど水遊びの機会が増えますよね!しかし、楽しい反面、普段発生しないような事故やケガの危険性も潜んでいます。

 

そこで今回は、1~2歳児が川や海で遊ぶときに注意しておきたいポイントをご紹介!ぜひこの機会に、子どもと一緒に楽しく安全に遊べるポイントを覚えておきましょうね。

 

1.水遊びに行く前にチェックすること

 

9aa7289a0d12556d29ce1d87547af0e9_s%5B1%5


ここでは、水遊びに行く前の注意事項をご紹介します。水遊びは、通常の遊びと違い体力の消耗が予想以上に激しいものです。


そのため事前準備は、入念に行いましょう。

 

1.まずは天候と水の変化をチェック!

天候:

雨の日はもちろん、雨の翌日も水場には近づかないのがベスト。上流では雨が降っていることも多々あります。


特に山間部の天候は変わりやすく、午前中は晴れていても午後は雨が降ることも珍しくありません。

 

天気予報もあくまでも「予報」。水場に到着した際にスコールが降ってきた場合は、後に晴れることがわかっていても、一旦ひきあげることが大切です。

 

水:

川や海の水が濁ったり、水温がいきなり低くなったり、水量が増加したときは上流で何かが起こっている証拠です。


その際は、絶対に水場に近寄らずに避難してください。

 

2.子どもの体調管理は、普段よりも慎重に!

お伝えした通り、水遊びは、普段の遊びと異なりかなり体力を使います。


だからこそ、子どものちょっとした体調の変化に敏感になりましょう!


事前のチェックポイントは、以下の通りです。参考にしてくださいね。

 

◆睡眠は十分にとれたか


◆食欲はあるか


◆体温は平熱か・風邪症状は出ていないか


◆目ヤニや充血、目の腫れがない


◆爪は短く切ってあるか

 

2.水遊びをする時の8つ注意点

cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s%5B1%5


ちょっとぐらい目を離しても大丈夫だろう、という気持ちは危険!


水辺では、いつ事故が起こるかわかりません。


そこで、水遊びをする上で気をつけておくべき、"ポイントを8つ"ご紹介します。

 

1.水場に近寄る前にライフジャケットを着用させる

9428df72ab5e7790d05b8509a8c8d966_s%5B1%5


「浅瀬で遊ぶだけだから、浮き輪で十分」と、考えの方もいるかもしれません。


しかし、浮き輪だと、川の流れや大きな波が来てしまうと外れてしまう可能性があるため不十分。


ライフジャケット未着用の場合は、死亡率が5倍にあがってしまうという結果も!


安全に遊ばせるためにも、ぜひ着用させてあげてくださいね。 

 

2.準備体操をしてから水に入ること


水に入る前は、お子さんと一緒に準備体操することをお忘れなく!


筋肉やからだをよく暖めることを意識して行ってくださいね。

 

3.浅瀬で遊ばせるのがベター


川は、奥に進めば進むほど急に深くなったり、水温が冷たくなる場所や流れが速い箇所がところどころ現れます。


1~2歳の子どもは、自力で陸に戻ってくるのは難しいため、浅瀬で遊ばせてください。

 

4.大人は一時も子どもから目を離さない!


つい大人同士の会話に夢中になってしまい、子どもが川に近づいて流されてしまう事故がよく起こっています。


赤ちゃんは水深5センチでもおぼれると言われるため、目を離さないのはもちろん、水の中を移動するときは必ず手を繋いで歩きましょう!

 

5.裸足で遊ばせない

d6a169fdd2a7abab8532a2083b051197_s%5B1%5


ごつごつとした岩場は、思わぬところにガラスや貝殻などがあり足を怪我してしまう可能性もあります。


そのため、”ウォーターシューズ”を履いておくことをおすすめします。


ただし、かかとがないつま先がむき出しのビーチサンダルは、1~2歳児にとっては怪我の原因になるためおすすめしません。

 

6.万が一誰かが溺れた時は、「ロープ」「浮き輪」「ペットボトル」で救助!

fe9fbe0f435c9c673014c2112ee3121c_s%5B1%5


大人が足の届く深さで子どもが溺れている時以外は、水に入ってはいけません。


その代わり、浮き輪や水入りのペットボトルを投げ入れたり、ロープにつかまらせるなど、水に入らない形で最善の救助をしましょう。


ロープ・浮き輪・ペットボトルを持っていると、救助率がぐんと高くなりますよ。

 

7.熱中症と日焼けに注意

4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s%5B1%5


海や川遊びは、気付かないうちに汗をたくさんかいています。


そのため、こまめな水分補給と塩分摂取が大切です。


水分は、水よりもミネラル配合の麦茶がおすすめ。

 

また、日焼け止めも念入りに!


皮膚が薄い子どもには、ウォータープルーフタイプがおすすめです。

 

8.遊ばせる時間は、長くて1時間

7e24247a0590e959c5fb9054ab4330fb_s%5B1%5


水遊びはかなり体力を消耗するため、十分な休息が必要です。


水遊びに慣れていない場合は、"30分ほど"で、切り上げるのが良いでしょう!

 

3.水遊び後はしっかり体を拭こう!

ee4e8f81c70b6883087cc0348dc0cc96_s%5B1%5


水遊びが終わったら、すぐにタオルで体についた水気を拭きとり、体温が奪われるのを防ぎましょう!


近くにシャワーがある場合は、全身をしっかり洗い、手洗い・うがいをするとともに、目を軽く洗い流してくださいね。


自宅に帰ったら、改めて、暖かいシャワーやお風呂で全身暖まりましょう。

 

【体験談Pick Up】次女、初めての海

投稿者:JLmom28

パパがお出かけ大好きな人なので、上の子も行きたがっていたのでちょうど生後半年の記念日に海に行きました。

子供用の日焼け止めをたっぷり塗って、日傘やテント、着替えも多めに持っていき、飲み物なども準備していきました。

日差しは強いけど、風が気持ちいいので、テントにいると気持ちよさそうにお昼寝をしていました。


せっかく行ったからと、足だけ少し入ってみましたが、大泣き(笑)

長女は家でビニールプールに入ったり、海に入ったり、お風呂での水遊びも大好きなので、少し意外でしたが、ひとそれぞれ好みがあるんだなと実感しました(笑)

ちなみにその後もしばらくは水遊びは嫌いだったようで、今年の夏、2歳半にして初めてビニールプールに入りました。(一部抜粋)

引用元: 次女、初めての海(カラダノート体験談)

お風呂でのひやり体験談も!


毎日のお風呂で、ひやり体験されたママの声も届きました。


 

・「お風呂の中で滑って溺れそうになることが。かなりヒヤッとしたので、以降目も体も離せません。」

 

・「子ども三人お風呂に入れてたら、真ん中の子とおもちゃの取り合いになり、滑って溺れた。」

 

・「お風呂に入っていた際、ちょっと目を離した時に風邪気味と、入浴の体温上昇に伴い痙攣を起こし湯船にて溺れておりました。幸い痙攣の際は呼吸が止まる為水を飲んでいなかったので大事には至りませんでした。」

 

・「8ヶ月ぐらいのとき、立てるようになり湯船の中で立たせていたら少し目を離したすきに滑って溺れていた」

 

・「1才過ぎた頃、立っちできるし、プールに行っているので、水にも慣れてるから大丈夫だろうと、入浴時、浴槽に一人で入れ、アームヘルパーを外してみたら、浴槽の床で滑って顔面から着水して、自力で顔をあげられず、溺れそうになった。

一瞬の出来事でハッとしました。」

どれも、一瞬の油断から起こるものばかりです。


水は、慣れている時こそ、危険がいっぱい。


日ごろのお風呂でも、注意するようにしましょう。 

楽しく水遊びをするために

水遊びは、普段の遊びとは違い、ちょっとしたことがきっかけで大きな事故につながってしまう場合があります。


子どもの安全を守れるのは大人だけ!


安全に配慮して、子どもたちが楽しく遊べる工夫をしましょうね!

(Photo by:写真AC