なんだか手ごわそうな「イヤイヤ期」。そのネーミングをきいただけでもちょっと不安になってしまうママもいるはず。ではこのイヤイヤ期、いったいいつ頃から始まっていつ終わるのかについて今回は調査してみました。始先輩ママが経験したイヤイヤ期の悩みとその対応法がわかれば少しは不安も軽減されるかもしれません。

この記事の目次

一歳半からイヤイヤ期に入ったと回答したママ最多

一般的に1歳半ぐらいから始まるともいわれるイヤイヤ期ですが、やはりアンケートでも第1位は「1歳半~2歳のあいだ」という結果に。1歳を過ぎると言葉が出てくる子供も多く「イヤ」と言えるようになります。これがイヤイヤ期かな?と思っていたら、2歳に向かってどんどんひどくなってというパターンが多いよう。


うちの息子(現在2歳10ヵ月)は言葉が早い方ではなかったですが、「イヤ」という言葉が出る前から首を振ったり、泣いたりと、やはり1歳半ごろからイヤイヤ行動はあったような気がします。イヤイヤ行動は言葉だけではないんですよね。


イヤイヤ期のママの悩みランキング


イヤイヤ行動が続くとママは本当に悩んでしまいますよね。どんなことに悩むママが多いのでしょうか。先輩ママの声とともにイヤイヤ期のママの悩みをランキングでお伝えします。


イヤイヤ期の一番の悩みは何ですか?

第3位 どうやって対処すればいいかわからない(10.9%)
第2位 親がイライラしてしまうこと(16.1%)
第1位 あまりのイヤイヤに、親がイライラしてしまう!(42.3%)


ランキング外にもこんなママ達の声がありました。

・時間に余裕がなくなること(30代後半のママ)

・こんなに泣き叫ばれても…虐待と思われていないか不安…(30代前半のママ)

・パパとの役割分担、どうするべき?(20代後半のママ)

第1位、第2位ともに親のイライラに関する悩みがランクイン。やはり自分がイライラしてしまうことで子供への悪影響に自己嫌悪してしまったり、事態が悪化してしまうことに悩むママが多いのですね。


私自身もやっぱりイライラすることはありました。小さなことでも毎日毎日イヤイヤ行動が続くと、ストレスも溜まり余裕をなくしてしまっていたと思います。


我が子のイヤイヤストーリー 9選


十人十色のイヤイヤ行動。いったい先輩ママ達はどんなイヤイヤを経験しているのでしょう。


今までできていたこともイヤになる

・お風呂に入るのをイヤイヤ。やっと入ったと思えば、出るのをイヤイヤ(30代前半のママ)

・片付け、歯磨きなど、頑なに拒否(30代後半のママ)

・服を着ない、真冬でも半袖で過ごす(30代前半のママ)


あれもこれも気に入らない

・何を言っても「イヤ」 口癖のように言う(30代前半のママ)

・とりあえず、何を聞いても『NO』しか返ってこなかった(30代前半のママ)

・何もかも気に入らない!ギャン泣き具合はハンパない!(30代前半のママ)


その他にもこんなイヤイヤ

・自分でなんでもしたがる。手伝おうとすると怒る。自分でできないと怒る(30代前半のママ)

・何かやってもらう時に「ママがいい!」「パパがいい!」と言って駄々をこねる(20代後半のママ)

・何をするにも、とりあえずイヤと答える。笑いながら、イヤと言って逃げ回る(30代前半のママ)


イヤイヤ期の子供はとにかくなんでも「イヤ」なんですね。これまでスムーズにできていたことも拒否するようになるので、同じことをするにも何倍も時間がかかってしまうようです。


これではママは困り果ててしまったり、イライラしてしまったりしてしまいますよね。こちらはイライラしているのに笑顔で「イヤ」と言われてしまい、力が抜けてしまった経験があります。


イヤイヤ期の子供にどうやって対応すればいい?


イヤイヤ期の子供に向き合う日々はちょっと辛いですが、なんとか乗り切っていきたいものです。なんでもかんでも「イヤ」という子供にどう対応したらよいのでしょう。


いったん受け入れてみる

・「いやだったねー」と共感してあげる(30代前半)

・何が嫌だったのか、どうしたかったのか聞く(30代前半)

・自分でできることは自分でさせたり、どうしたいか聞いてそうするように心掛けた(30代前半)

子供の拒否をいったん受け入れ、認めてあげることも効果的なようです。子供の「イヤ」を受け止めたり共感することで子供自身も落ち着きを取り戻せるのでしょうか。


子供の気持ちを切り替える

・アンパンマンのぬいぐるみを使って話したり、一緒に歌を歌ったりしました(20代後半)

・おかしなどでつってしまう(30代前半)

・気持ちを切り替えさせる。例えば好きなキャラクターやテレビを見せるとか(30代前半)

子供の気持ちを切り替えるために、その場の問題にこだわらずいったん子供の好きなもので気を紛らわせてあげると良いようです。


とにかく待つ

・気がすむまでほっとく

・どうしようもないので、最後は流れに任せた

・相手にしない

子供が落ち着くまでとにかく待つという声も。あまり相手にしないことや放っておくことも時には大事なのかもしれません。


そんなイヤイヤ期は一体いつ終わるの?


ママ達を困らせるそんなイヤイヤ期も永遠に続くものではありません。一体いつになったら落ち着くのでしょうか。見通しが立てばママの気持ちも少しは楽になるのでは。ここではイヤイヤ期の終わりについて考えてみたいと思います。


イヤイヤ期はいつごろ終わりましたか?

第3位 2歳~2歳半のあいだ(6.6%)
第2位 2歳半〜3歳のあいだ、まだ継続中(13.9%)
第1位 まだ継続中です(涙)(37.2%)

イヤイヤ期が終わった子供はやはり2歳半前後のよう。3歳に向けて言葉の理解が進み、コミュニケーションが円滑になるにしたがっていつのまにかイヤイヤ行動も減ってくるものなのでしょうか。


【先輩ママからのメッセージ】

・「今思えばイヤイヤ期も思い出になってる そのときは大変だったけど 乗り越えたら強くなれた気がする!」(20代後半)

・「子供はいつか手が離れるもの。 手をかけれることはとても幸せなことなんだと思う。」(30代前半)

・「自分の言葉で訴えるのが難しい時期は、イヤイヤがひどかったが、だんだん言葉で何をしてほしいのかなど、伝えられるようになってくると、格段に楽になる。」(30代前半)


イヤイヤ期を理解して少し力を抜いてみては


言葉が出始める1歳半から始まることが多いイヤイヤ期。2歳頃にピークを迎え、3歳~4歳に向かってだんだんと治まってくるようです。


イヤイヤ期がどのくらい続くかは子供の性質にもよりますが、親の接し方でも違いが出るという意見もあります。こちらもついついイライラしがちなイヤイヤ期ですが、少し力を抜いて子供に接してみてはどうでしょう。

初めての育児の場合は「これがイヤイヤ期なのかな?」とわからないままのこともあるでしょう。なかにはそのまま本格的なイヤイヤ期を迎えない子供もいます。


みんながみんなわかりやすいイヤイヤ期を迎えるとは限らないので、イヤイヤ期がまだというママはあまり不安に思わない方が良いかもしれません。



【調査概要】
期間: 2017年8月29日~9月1日
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー(N=137)


(Photo by:写真AC