子供が大きくなるにつれ必要なお金が増えることはわかっていても、貯金はなかなか難しいものですよね。食費に住宅ローンに何かと出費がある毎日のなかでどうやって貯金をしたらいいのか悩んでいるママは多いはず。


先輩ママ達はいくらぐらい貯金しているの?どうやって貯金しているの?ここでは先輩ママ達の状況をちょっとのぞかせてもらいましょう。


この記事の目次

【年齢別】ママたちに聞いた貯金の状況

ママにもいろんな年齢のママがいます。貯金の状況もそれぞれ事情が違っている様子。ここではアンケートをもとに先輩ママがいくらぐらい子供のために貯金をしているかをママ達の年齢別にを見てみましょう。


20代のママ:「約4割のママが毎月いくらか貯金できている」

アンケートによると20代では貯金できているママが約4割という結果に。残り6割のうち、「貯金できている月もあるママ」と「まったくできていないママ」の割合はあまり変わりませんでした。


毎月の貯金額は2万円~3万円というママが一番多い様子。中には世帯年収が300万円未満でも貯金できているという声もありました。やはり工夫次第では世帯年収にかかわらず貯金できるのかもしれませんね。


20代ママの貯金額で一番多かったのが「~50万円未満」。「100万~200万未満」「50万~100万未満」と続きます。


30代のママ:「3割を超えるママが毎月5万円以上の貯金」

やはり20代の世帯よりも世帯年収自体がアップするので、毎月貯金できているママの割合もUP。そして「貯金できていない」と答えたママの割合は20代の世帯よりも減っています。世帯年収が上がれば貯金しやすいということですね。


注目すべきは、貯金をしている30代ママの3割強が毎月5万円を超える額を貯金にまわしているということです。


30代の貯金額で一番多かったのは「~50万円未満」と20代と変わらないのですが、30代の世帯では「900万1000万未満」「1000万以上」とたくさん貯金できている世帯がちらほら。


40代のママ:「強みは毎月の貯金をきちんと把握していること」

40代のママになると半数以上が毎月貯金できているようです。このアンケートに限りですが約2割が貯金額を「1000万以上」と答えています。


40代ママのアンケート結果で注目すべき点は「毎月の貯金額がわからない」と答えた割合が実に0%だったことです。これは家計のお金の流れをきちんと把握しているということですよね。やはりお金の流れをきちんと把握できているママほど貯金もできているもの。

 

私自身は30代ママなのですが、このアンケート結果はかなり参考になりました。同じような世帯年収のママでも自分より貯金できているママがいるという現実。改めて家計のお金の流れをしっかり把握したいと思います。


【職業別】ママたちに聞いた貯金の状況

専業主婦で育児をしているママ、働きながら育児をしているママ、それぞれに家庭の経済状況も違ってきます。そのため、子供のために毎月いくら貯金に回せられるかは、ママに職業によっても変わってくるようです。


ここではアンケートをもとに、先輩ママ達の職業別に子供のための貯金状況を見てみたいと思います。


フルタイム勤務のママ:「ボーナスは貯金に」

フルタイムのママの特徴はなんといってもボーナスがあること。このボーナスを貯金にまわすという声が。約3割が毎月5万円以上を貯金できているというアンケート結果が出ました。


共働きであれば世帯年収が1000万円を超えることも。毎月貯金ができていないというフルタイムのママはほとんどいませんでした。約1割が貯金額1000万円以上というのも納得です。


時短勤務のママ:「意識が大切」

時短勤務のママの貯金額は「100万~200万未満」「200万~300万未満」といったところ。世帯年収が「650万未満」でも毎月貯金できているママもいれば、世帯年収が「650万~700万未満」でも貯金ができないという声もありました。


フルタイムで働くママほど世帯年収はないけれど、ある程度収入がある。この中間層はどれくらい意識するかで貯金できるかどうかが分かれるのかもしれません。


パートで働くママ:「現状の把握を」

パートで働くママ達の中には世帯の貯金額を「わからない」と答えているママが。これはあまり良いことではありません。やはり現状をしっかり把握しておかないと家計に漠然とした不安を抱えることになりかねません。現状の把握がしっかり貯金しようという意識にもつながります。


専業主婦のママ:「できる月に貯金」

専業主婦のママはご主人の収入だけで家計をやりくりすることになります。貯金事情で一番多かったのは「貯金できている月と、できていない月がある」というママでした。臨時出費があるときなどは貯金しにくいのかもしれません。毎月の貯金額で一番多かった答えが「10,001円~15,000円」でした。


育児休暇中のママ:「8割が毎月いくらか貯金」

アンケートでは育児休暇中のママは8割が毎月貯金できているという結果に。ほとんどのママが貯金額もきちんと把握できているようです。復帰すればまた世帯の収入が増えるとはいえ、育児休暇中も少しずつでも貯金できていると安心ですよね。貯金額は「50万未満」から「400万~500万未満」まで様々でした。


どんな方法で貯金しているママが多い?

子供が大きくなると必要なお金が増えてしまうので、お金を貯めておくなら小さいうちにとはよく言われることですよね。けれど親としては子供のためにとついつい財布のひもが緩みがち。


子供の将来を考えると不安にもなるけれど…。先輩ママ達はいったいどんな方法で貯金しているのでしょうか。


1.貯金用の銀行口座に貯金しているママの声

・「絶対使わないものとして子供名義の口座に入れる」(40代前半のママ/お子様の年齢 妊娠中、歳7ヶ月〜2歳)

・「給料が入ったらまず決めた貯金分は貯金用口座に入れる」(20代後半のママ/お子様の年齢 生後7~9ヶ月)

「貯金用の口座」というところがポイント。こういった決めをつくると、一度入れたお金は使いにくいものです。


2.自動的に決まった額を貯金しているママの声

・「自動振替、外貨建て保険」(30代前半のママ/お子様の年齢 妊娠中、3歳〜4歳)

・「自動積み立てにして、あとは貯金してることを忘れるとか」(40代前半のママ/お子様の年齢 生後7~9ヶ月)

手元にお金があればどうしても遣ってしまいがち。自動的に生活費とは別に貯金しておき、ないものとして生活できれば言うことなしですね。


3.保険商品を利用しているママの声

・「プロに相談。うちはファイナンシャルプランナーの方に相談して投資タイプの保険始めました」(30代後半のママ/お子様の年齢 生後2~3ヶ月)

・「FP3級の勉強していろんな知識を身につけた」(30代前半のママ/お子様の年齢 妊娠中)

やはり知っているということは強みです。貯金の方法は様々なのでこれを機会に勉強するのもいいかもしれません。プロの知恵を借りるのもおすすめです。


いくらでも良いので毎月貯金をしよう!

年齢も立場もいろいろなママがいますが、子供を持てば将来に向かってお金が必要になってくるのはみな同じ。いくら必要になるのかはその時になってみないとわからない部分もありますが、現状の世帯収入と支出をしっかり把握するようにしましょう。


そして無理のない額で、毎月少しでも貯金を心がけるとよいのではないでしょうか。少額でも貯めればまとまった額になります。子供の将来のためにも、今からでもいくらか貯金しはじめてみてくださいね。

 

【調査概要】

期間: 2017年9月8日~11日

方法: カラダノ―トママ部調査

対象: 妊娠・育児中のママ部ユーザー(N=259)

(Photo by:写真AC