育児をしているとどうしても子どもの様子に目が行きがちですが、ママ自身のおっぱいケアもとても大切です。意外と多いのが、乳腺炎などのおっぱいトラブル。できるなら、断乳・卒乳までおっぱいケアをしっかりしてトラブル0を目指したいもの。


今回は、断乳のタイミングとおっぱいケアについてアンケート調査の結果を紹介します。実際私が経験した、母乳外来での断乳経験についてもお話しますね。ぜひ、先輩ママたちの経験を参考にしてみてください。


この記事の目次


ママたちは、何がきっかけで❝断乳❞した?


断乳ケアの前に、まずは断乳したきっかけをママたちに聞いてみました。


1.子どもがしっかりごはんを食べるようになったから

子どもがある程度の食事量をしっかり取れていると、頻繁にお腹が空かなくなります。


食事から水分もしっかり取れているためのどが渇きづらく、断乳しやすい傾向にあるようです。


2.ママのおっぱいの出が悪くなったから

おっぱいの出が悪くなって、仕方なく断乳するママも多いことがわかりました。


ママも子どもも準備ができていないまま断乳してしまうことになるため、可愛そうに感じてしまうママも多いようです。


3.ママ自身が断乳のタイミングを決めていた

断乳のタイミングを事前に決めていた、という意見も多く見られました。


「1歳になったタイミングで」、「2歳になったタイミングで」、「下の子を妊娠したから」、など、区切りのいい時を見つけて断乳しているママが大勢いましたよ。


4.子どもの方からおっぱいを求めなくなった

実は我が家もこれでした。


ある日いきなり、おっぱいをあげても首を横に振るばかり。一切飲もうとしませんでした。その日がきっかけで卒乳が進んだことを思い出します。


しかし、こればかりはそれぞれのお子さんのタイミングがあるので、ママ側のコントロールが難しいですね。


子どもから自然とおっぱいを離れることを、最近では「卒乳」と呼びます。


「断乳ではなく、卒乳してほしい(=自然とおっぱいを離れてほしい)」と願うママも多いようです。


子どもの方から卒乳してくれると、ママもとっても楽で良いですよね。


先輩ママに聞いた断乳方法


断乳を始めたママたちは、どのような方法で断乳を行ったのでしょうか。


【ママの体験談】

「この日におっぱいさよならするよ」と知らせ、その日からあげなかった


(30代後半のママ/お子様の年齢  1歳7ヶ月〜2歳、新生児(生後1ヶ月未満))

夜間の授乳を止めてから、添い乳を止め、徐々に日中の回数を減らしていった


(20代後半のママ/お子様の年齢 1歳7ヶ月〜2歳、妊娠中)

カレンダーにおっぱいを辞める日を書いて、毎日子供と確認


断乳当日は絆創膏を貼り、更に絵を書いた。


(20代後半のママ/お子様の年齢 1歳7ヶ月〜2歳、妊娠中)


断乳のタイミングは、ママが決めていることが多いことがわかります。


子どもにやめる日を言い聞かせてから実行すると、子どもも心の準備ができてスムーズに断乳できている人が多いようですね。


断乳・卒乳後のおっぱいケア~絞り方や圧抜き~


ここまで断乳の方法をみてきましたが、実は断乳・卒乳は子供がおっぱいをやめるだけでは終わりません。


今まで授乳していたのに、いきなりおっぱいが吸われなくなったからといって、ママの身体は母乳を作ることを急に止めることはできないのです。


そのため、断乳前後のおっぱいケアが必要になってきます。


絞ると授乳と勘違いするかも?圧抜きでおっぱいケアを

断乳後、乳房が張って痛くなることがあります。その時におっぱいケアと思い込み、独断で授乳と同じくらいの量の母乳を絞ってしまうのはおすすめしません。


何故なら身体が「まだ授乳している」と勘違いし、おっぱいが作り続けられるかもしれないからです。


乳腺炎になっていないようであれば、無理に絞るのは控えましょう。絞らずにいれば徐々に母乳の分泌は減っていきます。


しかし、あまりにも乳房が張って我慢が出来ない時は、おっぱいを押したり、持ち上げたりして圧抜きのおっぱいケアをしてあげてください。


圧抜きの際は母乳パッドを使おう!

断乳後のおっぱいケアとして圧抜きをすると、母乳が出てきて衣服を汚してしまう場合があります。そのため母乳パッドを使うのがおすすめです!


母乳パッドがない場合は、ガーゼなどをはさんでやると衣服を汚さずにすみますよ。

 

無理な断乳ケアはNG!病院(母乳外来)で相談もオススメ


無理な断乳ケアや、おっぱいのケアをせずに断乳をすると、乳腺炎などのおっぱいトラブルを起こす可能性があります。


断乳に際して不安を抱えているママも少なくないでしょう。しかし、なかなか人に相談できないデリケートな内容です。


断乳ケアに不安を感じる方は、病院(母乳外来)で助産師さんなど専門の人に相談してみてください。

 

断乳で病院に行かないママは、88.8%




しかし実際に断乳のときに病院に行かなかったと答えた人は88.8%


断乳ケアに関して、病院への相談や受診をしている人は少ないことがわかりました。


母乳外来の助産師さんからアドバイス

母乳外来の助産師さんに聞いたところ、断乳を行う場合おっぱいに溜まっている母乳を最後まで出し切った方がよいとのことです。


理由としては、乳腺に蓄積したままの状態だと、乳がんを含むおっぱいトラブルにつながるケースがあるからだそう。


このような話を聞くと、独断でのおっぱいケアは少し不安になりますね。


また、授乳中は乳がん検診を受けることができませんが、母乳外来に通うことで、一緒に乳がん検診を行ってくれる産婦人科もあります。


病院の他には、電話相談や区役所の母乳相談、助産院で相談したり診てもらったママもいらっしゃいました。


断乳ケアに不安なママだけでなく、断乳や卒乳が近づいてきたママはお近くの母乳外来で一度、相談してみるのがオススメですよ。


断乳ケアで病院(母乳外来)に行ったママたちの声


断乳のときに病院に行ったと答えた先輩ママはわずか6%ほどでした。


病院に行ったママたちは、なぜ病院に行こうと決意したのでしょうか。


【ママの体験談】

「乳腺が詰まりやすく、乳腺炎もよく起こしていたため、断乳することにより、再度乳腺炎を起こしたくなかった。」


(20代後半のママ/お子様の年齢 1歳7ヶ月〜2歳、妊娠中)

「おっぱいがガチガチになった為、母乳外来にかかった。」


(30代前半のママ/お子様の年齢 4歳以上、1歳7ヶ月〜2歳、妊娠中)  


授乳中におっぱいトラブルがあったママが、断乳のタイミングで受診するケースは多いようです。


断乳時にもおっぱいのケアが必要だと、認識されているからかもしれません。


乳腺炎は相当痛いと聞きます。私の友人も出産早々に乳腺炎にかかり、インフルエンザのような症状で苦労したとのこと。


節々が痛いうえに、おっぱいも痛く高熱が数日続くのは耐えられないですよね。


おっぱいトラブルが多いママは、断乳ケアでも病院を受診することをおすすめします。


「断乳する」と決めても母乳の量はすぐには減らない

先でも少し述べましたが、断乳すると決めても、ママの胸の中で作られる母乳の量が急激に減るわけではありません。


そのため、胸が張ってしまったり、ガチガチになったりしこりができたりと、ママの体が断乳に追いつかずおっぱいトラブルが起こることもよくある話です。


このような症状を放っておくと、しこりになってしまったり、乳腺炎や乳がんなどのトラブルに発展しかねません。


断乳後のおっぱいケアも大切ですが、断乳にあたり、少しでも気になる症状があるときは、断乳前にも病院などでケアしてもらうことも大切ですよ。


母乳外来での相談は、「断乳前」に行おう


周りのママたちのなかには、乳腺炎や乳がんなどの重大なトラブルに発展する前に、病院や母乳外来で相談に乗ってもらい、ケアしてもらっているというママも多数いました。


母乳外来は、基本的に「断乳を始める前」、「断乳を始めた初期」に行くのが一般的です。


そこで断乳の方法や注意点などの説明を受け、断乳中は定期的に母乳外来でおっぱいの状態を確認・ケアしてもらいます。

 

もちろん、断乳してから受診するのも大丈夫

断乳したはいいけどママのおっぱいケアをどのようにしていいのかわからないというママには、助産師さんによる排乳ケアマッサージもいいかもしれません。


病院に行かなくても何もトラブルはなかったというママもいます。


しかし、万が一のために、母乳外来の存在を知らなかったママはお近くの病院を調べてみてください。


私の卒乳体験~母乳外来記録~


私の場合は、子どもが11か月の頃突然おっぱいを欲しがらなくなりました。


いつものように、早朝に起きておっぱいをあげようとしたところ「いらない」と首を横にふるのです。


その日は一日おっぱいを飲まず、ごはんを良く食べていました。


妊婦時代からお世話になっていた病院から、


「卒乳や断乳をする際は、必ず相談してね。おっぱいトラブルの原因になるから。」


と言われていたことを思い出し、電話で「母乳外来」を予約しました。


受診した母乳外来は「子連れOK」

最近の母乳外来は、子連れOKのところも増えてきているようです。


私がおっぱいマッサージを受けている間は、子どもは「いないいないばぁ」のDVDを見て楽しんでいました。


泣いてしまうこともありましたが、助産師さんが一生懸命あやしてくださいました。


断乳完了までの計画を助産師さんと相談する

最初に受診した際、最近の授乳状況について聞かれました。


・一日の授乳回数

・1回の授乳時間

・左と右のおっぱいの量

・離乳食の回数と進み具合

・子どもが欲しがっているかどうか

(精神的な安定のためにおっぱいを欲しがっていないかの確認)


主に上記を聞かれました。


そのうえで、いつ頃までに断乳完了するのが適当か、どのように授乳回数を減らしていくか、断乳までの母乳外来への受診回数を相談してきました。


おっぱいマッサージを受ける

もうでなくなってきていると思っても、実はおっぱいが溜まっているという話を何回かされました。


そのため母乳外来に受診すると、おっぱいが出なくなるまで、だいたい1時間ぐらい搾り取りをしてくれました。


このマッサージは、やはり素人では難しいとのこと。おっぱいのケアはしっかり研修を受けたプロの助産師さんにお任せするのが一番です。


さらに、お母さんと赤ちゃんによりトラブルの内容は異なるもの。


おっぱいケアと言われると、どうしてもおっぱいへの対処方法ばかりになりますが、助産師さんと相談すること自体がおっぱいケアのひとつ。


気になることは、このおっぱいマッサージの間にしっかり相談して、一緒に解決方法を探るのがおすすめです。


授乳回数が0になるまで、何度も相談できる

私の場合は、ほとんど卒乳に近い状態での受診でしたが、卒乳や断乳完了までしっかりと助産師さんがケアしてくれます。


気になるお値段は、3回受診で10000円

この値段を高いと取るか安いととるかは、人それぞれだと思います。


周りのママ友に話したら、高いという反応も多くありました。


しかし、卒乳から1年以上経った今も大きなトラブルがなく過ごせているのは、母乳外来にしっかり通いおっぱいケアをしたおかげだなと感じています。


断乳は子供だけでなくママにとっても大事な育児の通過点。おっぱいケアは大切


今回のアンケート調査から、断乳のタイミングで母乳外来に行く方はまだまだ少ないことがわかりました。


しかし、母乳が出るタイミングと同じで、母乳が止まるタイミングもママの体の中では大きな変化が起こります。


そのため、ぜひ一度、母乳外来でおっぱいを診てもらい、ケアしてもらう方が安心して母乳育児を終えることができますよ。


もうすぐ断乳を考えているママは、ぜひ母乳外来や病院に足を運んでみてくださいね。


【調査概要】
期間: 2017年8月3日~8月9日
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠・育児中のママ部ユーザー(N=937)


(Photo by:写真AC