新生児は1日の大半を寝て過ごすもの。でも、生まれたばかりの赤ちゃんが自分で眠るのは難しく、たいていは寝かしつけが必要です。新生児を寝かしつけるためにはどうすればいいのでしょうか?今回は、新生児の寝かしつけ方法や、ママたちの苦労したエピソードなどをお伝えします。

この記事の目次

新生児の寝かしつけは多くのママが大変と回答

新生児の寝かしつけについて、「そう大変でない」と答えているのは2割未満。残りの8割以上のママは、「大変な日もある」「非常に大変」と思っていることがわかりました。


上にきょうだいがいる場合は別として、赤ちゃんを産んだばかりのママは、まだ育児に慣れていません。赤ちゃんがいる生活を受け入れることに精いっぱいで、うまく寝かしつけるのは難しいようです。

新生児の赤ちゃんはどこで寝かしつけをする?


ほとんどのママが赤ちゃんと同じ部屋で寝ています。


新生児はよく眠るとはいっても、それは累計時間の話。特に夜になると1~2時間ごとに目を覚ます、それどころか30分も連続して寝てくれないという赤ちゃんは多く、ママは赤ちゃんが起きるたびにお世話をしなければなりません。


違うお部屋で寝かしつけて、赤ちゃんが泣くたびにお部屋を移動するのはとても億劫ですよね。私もも頻繁に泣いて起こされるので、必ず隣で一緒に寝るようにしていました。


また、新生児と同じ布団で寝ているママは2割未満と少数という結果に。新生児はとても小さいこともあってか、寝具は分けているというママが多いようですね。

毎日みんなどうやって寝かしつけをしている?イライラしてしまった時の解消法は?

寝かしつけ方法1. 授乳する

新生児の寝かしつけ方法として最も多かったのは、授乳すること。新生児は泣いたらとにかくすぐに授乳!と産院で言われたというママも多いのではないでしょうか。


新生児はまだ体力がないので、おっぱいやミルクを飲んでいる間に力尽きて眠ってしまうことはよくありますよね。私自身も、赤ちゃんが泣いたらおっぱいを飲ませて寝かせる、の繰り返しだったように思います。

寝かしつけ方法2. 抱っこする

次に多かったのは、シンプルに抱っこするという寝かしつけ方法です。新生児はママのにおいや温かい体温が大好き。ママの腕に抱かれることで、赤ちゃんは安心して眠れるのかもしれません。


でも、新生児はまだ体重が3~5kgと軽いとはいえ、長い時間抱っこしているのは産後のママには大変なものです。ママが休める時間を作るためにも、パパと交代で抱っこできるといいですね。

寝かしつけ方法3. 体をトントンする

赤ちゃんの体をトントンして寝かしつけるというママも多くいました。ママやパパがやさしく体をトントンしてくれるリズムは、新生児には心地よく感じられるのだそう。


私も、おっぱいを飲ませてもまったく寝る気配がないときは、抱き上げたり隣に寝転んだりして、体をトントンしてあげていました。興奮して泣いている時は寝てくれませんでしたが、おっぱいをたっぷり飲んでご機嫌の時は、うつらうつらと寝入ってくれていましたよ。

イライラしてしまった時の解消法

 

新生児期は仕方がないとわかってはいても、寝かしつけがうまくいかず、イライラしたりつらくなったりするママは決して珍しくありません。


では、そんなときはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、ママに実際に聞いた、イライラした時の解消法を見ていきましょう。


「旦那と交換したりです(~20歳のママ/お子様の年齢 生後1ヶ月未満)」

「心をリラックスさせるようにアロマを使用。(30代後半のママ/お子様の年齢 生後1ヶ月未満)」

「とりあえずトイレに行って頭を冷やす(20代後半のママ/お子様の年齢 生後1ヶ月未満)」

イライラした時のポイントは、まずは赤ちゃんとの距離を取り、心を落ち着かせることです。パパや、里帰りしているならママのお母さんに頼ったり、一度お部屋から出て深呼吸をしたりと、物理的に離れてみましょう。


ママの大好きな香りをかぐ、音楽を聴くなど、ママが気分転換できるようなことをしてみてもいいですね。

先輩ママたちに聞いた。新生児の寝かしつけで苦労したストーリー


新生児を寝かしつけるとき、どのような苦労があったのか先輩ママに聞いてみました。


「退院してからの夜中授乳後の寝かしつけ。飲んでいる途中で寝るのに、布団に下ろすと起きて泣く、を繰り返していて気づいたら1時間以上経っていた。呆然としてしまう。(20代後半のママ/お子様の年齢 生後1ヶ月未満)」

「新生児期。夜中でも頻回の授乳でとにかく眠たい。寝ながら授乳することも... (20代後半のママ/お子様の年齢 生後1ヶ月未満)」

「2時間おきに授乳をしており、乳首はきれるわ、でも飲ませないと寝てくれない、飲んだらすぐに排泄すると寝るまでにかなりの工程を経てました(笑)(30代後半のママ/お子様の年齢 生後1ヶ月未満)」


想像するだけでもその大変さがわかりますね。産後はとにかく休みたいのに、寝かしつけに時間がかかると、結局ママが寝られる時間が少なくなってしまいます。


特に夜、眠いのに寝られないのはとてもつらいものです。授乳、おむつ替え、寝かしつけ、布団に寝かせたらすぐに泣く、授乳…の無限ループに苦しめられるママは多いようです。


かくという私も、夜中0時から朝の5時まで無限ループにはまったときは、私はいつ休めるのだろうかと途方に暮れました。そんなときは、ひたすらお昼に細切れ睡眠をして補っていましたよ。

新生児期の寝かしつけは授乳や抱っこが基本

新生児期は、まだ泣いたら授乳の時期。おっぱいやミルクを飲ませている間にすーっと眠っていくことが多いでしょう。


しかし、授乳や抱っこといった寝かしつけてすんなり眠ってくれる時もあれば、まったく眠らず、夜なのにおめめがキラキラしている時もあります。


そんなときは、焦らずにパパやママのお母さんを頼ったり、うまく気分転換したりして、ストレスをため過ぎないようにしてくださいね。


【調査概要】

期間: 2017926日~102

方法: カラダノ―トママ部調査

対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー(N=645

【画像】

photo AC