朝ごはんはちゃんと食べさせたい。でも、「保育園に行くのに朝ごはんを全然食べない!」とか、「だらだら食べている子供にイライラしてしまう!」など朝ごはんで悩むママも少なくないはず。今回は、先輩ママたちに朝ごはん事情に関するアンケートを実施。朝ごはんを食べない子供への対処法やどんなものなら食べてくれているのか聞いてみました。

 

この記事の目次                           

時間がない朝。それなのにご飯を食べてくれず悩むママたち  


ママたちの朝は、大人と子供それぞれの朝ごはんの準備や保育園・幼稚園への登園の準備など、とっても大忙し。そんなママたちの朝ごはん事情はどうなのでしょうか。

         

【ママの体験談】

・食パンの耳が苦手で、一枚食べるのに40分かかること(30代後半のママ/お子様の年齢 4歳以上、生後2~3ヶ月)

・2歳の子供が大人と同じものを食べてくれない。野菜嫌い&食わず嫌い。(30代後半のママ/お子様の年齢 1歳7ヶ月〜2歳、生後4~6ヶ月)

・好きな食べ物じゃなかった時に文句を言ったりぐずる(30代前半のママ/お子様の年齢 3歳〜4歳、生後7~9ヶ月)

アンケートの結果、朝ごはんを食べないと困っているママはとても多いことがわかりました。


特に、朝の限られた時間で子供の朝ごはんに時間がかかると、とってもバタバタしてしまいますよね。朝からママの体力が大消耗されてしまいます。


その他に、朝は食欲がない子供も多いようです。寝起きで胃の準備ができていなかったり、体の調子が整っていなくて、ご飯を食べない事が考えられます。


晩ご飯を早めに終えて、早く寝かせるようにすると、朝お腹が空いて起きてくれたりもしますので、夜の過ごし方も工夫してみると良いかもしれません。

        

朝ごはんどんなものなら食べてくれる?ランキング



子供たちが朝ごはんでよく食べているものは何か?を聞きました。1位は7割以上の家庭が頼っている食品でした。


10位.   お味噌汁

具材を変えるとさまざまなレパートリーのお味噌汁ができるので、意外と便利です。味噌には、子供の成長に必要な栄養もたっぷり含まれています。昨日の残り物の野菜や具材を入れてもできるので、実は簡単な料理の一つです。


毎回同じ具材でマンネリ化してしまうというママには、お味噌汁の具材のレシピを5種類くらい決めておいて、その中から今日のお味噌汁をチョイスすると考える手間が省けますよ。


9位.    納豆

納豆は、混ぜるだけなので、手軽に出せて朝ごはんのメニューとしては重宝する食材ですね。ただし、好き嫌いが別れる食材です。栄養も満点ですが、納豆が苦手な子には、いっそ朝ごはんに納豆をあげるのは諦めるのも手です。


8位.    おにぎり

手に持って食べられるおにぎりは、朝ごはんにはピッタリのメニューだと思います。具材を変えるだけでさまざまな味にもなり、彩りも加われば見た目も美味しそう。


お箸やスプーンでごはんを食べるのは、時間がかかったり、できない子も多い。でも、おにぎりなら一人で食べられるという子は多いので、ぜひ朝の一品に加えてみてはいかがでしょうか。


7位.    ハム・ソーセージなど

ハムやソーセージが好きな子はとても多いと思います。火を通して出すだけで、充分おかずとしての役割を果たしてくれるので、手軽でいいですよね。特にソーセージはフォークや手づかみでも食べやすく、子供の朝ごはんにはピッタリです。


6位.    卵(卵焼き・目玉焼き・スクランブルエッグなど)

卵料理は、目玉焼きや卵焼き、スクランブルエッグなど、卵一つで幾つもの種類の料理になるので、比較的朝ごはんに取り入れやすい食材です。


朝、少しゆとりがあれば、卵料理を一品加えてあげてください。簡単で調理もしているので、「朝ごはんが手抜きで申し訳ない」と思っているママの罪悪感も拭ってくれる心強い食材です。


4位.    牛乳

朝ごはんの飲み物と言ったら牛乳ですよね。骨を作るカルシウムを筆頭にタンパク質やビタミンB1、B2、B6、B12などの豊富なビタミンB群も含まれている栄養満点の飲み物。


牛乳200mlで、成人が1日に摂るとよいといわれるカルシウム摂取量の3分の1をまかなえるほどなので、飲む習慣をつけることが大切です!


4位.    くだもの

朝の果物といえば、代表格は「バナナ」。栄養も満点で、小さな子のいる家庭では大活躍しますよね。


バナナの他には、グレープフルーツやオレンジ、リンゴ、キウイ、いちごなどもおすすめです。少食でなかなか食べてくれない子供でも、フルーツなら食べるという子も多いのではないでしょうか。


3位.    ごはん

日本人の主食「ごはん」。最近では、白いご飯が食べられない子供が増えていると聞きます。


おかずを作る余裕がある日は、ぜひ和食にして白いご飯を食べさせましょう。あえて味付けはせずに、白いご飯を食べさせるのも大切です。


2位.    ヨーグルト

ヨーグルトも手軽でいいですね。毎日食べるように、習慣にしてしまうといいと思います。そのままでもいいですし、フルーツと混ぜたりしてもいいですね。


いろんなフルーツを混ぜることで、「今日は何のヨーグルトかな?」とイベントのようにしてしまえば、食べる楽しみも広がります。


1位.    パン

パンは、食べてくれるご飯で、圧倒的人気でした。8枚切りのパンを4等分に切れば、小さな子の手にも持ちやすく食べやすい食材です。


ジャムやチーズをつけて食べるとバリエーションも増えて、飽きずに食べられますよ!

パンを朝のメインにするご家庭は7割         

朝ごはんでよく食べているものランキングの1位は「パン」でした。これは、実に7割以上の家庭で食べられていて、朝はその手軽さが人気の理由です。


パンに頼ってしまうと、朝ごはんを手抜きしているのではないかという罪悪感にかられていましたが、多くの家庭でパンが活躍していると知って、自分の家だけでなかったと、少しホッとしますね。


子供が朝ごはんを食べない場合は、おにぎりだけとかパンだけ、ヨーグルトだけなど、品数にこだわらずに子供が食べるものを単品であげている家庭も多くありました。


そのため、品数が少なくて悩んでいるママは、品数は気にせず、子供が食べられるものを出してあげてください。

       

朝ごはんの悩むママへ。同じように頑張っているママから一言    


子供が朝ごはんを食べないと悩んできた先輩ママもとってもたくさんいます。そんな先輩ママたちからの声をご紹介します。


栄養の心配よりママの笑顔!


【ママの体験談】

・保育園で栄養満点の給食を食べているので、多少手抜きでも、なんとかなりますよねー!!(40代前半のママ/お子様の年齢  3歳〜4歳、生後7~9ヶ月)

・愛情があれば何でもいいと思います 栄養は給食やお夕飯でバランスが取れればOKにしましょうよ!(30代後半のママ/お子様の年齢 4歳以上、妊娠中 )

・ドラマでよくある彩り豊かな朝の食卓。そんなの毎日作れるわけない! 時間と食材と気持ちに余裕があるときだけ頑張ればいい!(30代後半のママ/お子様の年齢 4歳以上、生後2~3ヶ月)

先輩ママたちも「朝ごはんをしっかり作らないと」と悩んできたのがわかります。


今、こんな風に話せるのも先輩ママたちの子供がしっかり成長している証拠。楽をしても子供は頑張って育ってくれるので、気負わず、ママの笑顔を大切にしてください。

どこの家庭も悩みは同じ!頑張りすぎないで


【ママの体験談】

・朝は朝で何かと家事育児で大変ですけどお互い頑張りましょう(~20歳のママ/お子様の年齢 生後4~6ヶ月)

・頑張りすぎないで、時間がなければおやつでもいいんです♪(30代前半のママ/お子様の年齢 4歳以上、生後2~3ヶ月)

先輩ママたちの心強い言葉が嬉しいですね。私も朝はゆっくり寝ている派でした。


しかし、子供ができて、子供に朝ごはんを食べさせようと思うと、今まで以上に早く起きなくてはいけなくなりました。今まで以上に早く起きているのに、今までより出発の時間が遅れることもしばしば。


朝食作り、子供の支度、自分の身支度など、本当に朝はあっという間に時間が過ぎていきます。朝食作りに時間をかけている時期もありました。でも、今回、ママたちの言葉を聞いて、私ももう少し楽をしてみようかなと思っています。

         

無理に食べさせるのではなく子供のペースに合わせましょう

「うちの子は朝ごはんを食べない」と悩んでいるママ。おにぎり一つだけでもOK!何か口にしたらOK!ときにはおやつでもOK!と、まずは、食べることが大切です。


昨日食べたものが今日食べなくなることはよくある話。何か少しでも口にしたらOK!とすることで、ママの気持ちも楽になりますよ。少しでも食べたらたくさん褒めてあげましょう!


【調査概要】

期間: 2017911日~913

方法: カラダノ―トママ部調査

対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー(N=136

【画像】

photo AC