インサートが不要なのに、新生児から抱っこできることで注目されている「ベビービョルン(BabyBjorn)」。今回は、そんなベビービョルンの商品について徹底調査してみました。気になっている方は、ぜひチェックしてみて下さい!


この記事の目次

先輩ママが持っている抱っこ紐|第2位 ベビービョルン(BabyBjorn)

出典:ベビービョルン


約400人のママにアンケートをとった結果、ベビービョルン(BabyBjorn)の抱っこ紐は第2位にランクイン。


実は、私も出産前にベビービョルンの抱っこ紐を購入しました。


そもそもベビービョルンって?

ブランドとしては有名でも、意外に知られてない歴史。


ベビービョルンは、1961年にスウェーデンで創業した企業。50年以上もの歴史があるベビーブランドです。


日本において、抱っこ紐では「グレコ」が一番人気ですが、新生児の時から使う場合は、インサートが必要。


しかしベビービョルンなら、インサートなしで新生児からでも安定して抱っこできるということもあり、最近ママから注目されています。


ベビービョルン抱っこ紐|共通機能総まとめ

ここからは、ベビービョルンが販売している抱っこ紐の共通機能を、ママ目線でまとめてみました。購入を検討している方は要チェック!


※情報:2017年11月16日時点


スペック1:インサート不要

出典:ベビービョルン


抱っこ紐は有名ブランドだと、基本的には2万円前後で販売されています。そこからインサートを購入すると3万円近くなることも。


また、インサートが必要だと抱っこするのも少し手間がかかるため、実際に私も「インサート不要」な点に惚れて購入しました。


スペック2:前向き抱っこができるタイプが多い

出典:ベビービョルン


実は、ブランドによっては前向き抱っこができないものもあります。


しかしベビービョルンでは、前向き抱っこができる商品が比較的多め。


「前向き抱っこはなくてもいいのでは?」と私も最初感じましたが、子供が成長につれて対面抱っこが嫌になってくることも。


そんな時、前向き抱っこなら景色が見えるため、子供の気分転換にもなりとっても役に立ちますよ。


(我が家も、首が座り体がしっかりしてきた頃から、前向き抱っこを活用してました。)


スペック3:バックルが前で装着しやすい


出典:ベビービョルン


ベビービョルンのバックルは全て前。


後ろで止めるタイプのものもありますが、実際に試してみてやりづらいなと感じることも。(私は身長が低いのでやりづらかったです)


実際購入を検討されている方は、ぜひ比較をしてみて下さい。


口コミ|ベビービョルンの抱っこ紐を実際に使って、気に入っているポイントは?

実際に、ベビービョルンの抱っこ紐を購入しているママたちは、どんな点が気にっているのか聞いてみました。


シンプルなデザインでパパも似合う!作りがしっかりしていて、首がまだ不安定なときや寝ているときに頭が安定している。首が座ってからは前向き抱っこがお気に入りでご機嫌になる!

新生児から使え、4通りの使い方ができる

着脱が簡単で楽

メッシュなので洗濯してもすぐ乾く

寝たら、背もたれごと外せて、布団に寝かせることができる

新生児から使えるタイプだがインサートなしでそのまま使える。

前向きに抱っこができる。

ベルトの付け方がわかりやすく、赤ちゃんをしっかり支えられて安心。


ここまで好評な口コミを見てしまうと、実際どんな商品があるのか気になってしましますよね。

現在販売されているベビービョルンの抱っこ紐 

では、具体的にどんな抱っこ紐が販売されているのでしょうか?


※情報:2017年11月16日時点

ベビーキャリア ONE KAI

出典:ベビービョルン


我が家は、「ベビーキャリアONE+AIR」を購入しましたが、 ONE KAIはその進化版!こちらはメッシュタイプで作られているので通気性抜群。


新生児から3歳まで利用できるので、長く抱っこ紐を使おうと考えている方におすすめです!


ーー販売価格ーー

7,500円 – 11,000円 (税別)


ーースペックーー

・対象月齢:新生児〜約36ヶ月(身長53〜100cm、体重3.5〜15kg)

・抱っこのタイプ:対面抱っこ(2種)、前向きだっこ、おんぶ=計4種

・カラー:15色


>>商品情報はこちら<<


ベビーキャリアONE + OUTDOORS

出典:ベビービョルン


その名の通り、アウトドア好きの方にオススメの抱っこ紐。


専用の収納バッグやポケットが豊富についていて、ウエストベルトも頑丈。子供を連れてアウトドアを楽しむことができます。


ーー販売価格ーー

25,000円(税別)


ーースペックーー

・対象月齢:0ヶ月〜約36ヶ月(体重3.5kg〜15kg)

・抱っこのタイプ:対面抱っこ(2種)、前向きだっこ、おんぶ=計4種

・カラー:1色


>>商品情報はこちら<<


ベビーキャリアONE + 

出典:ベビービョルン


ONE+AIRと異なり、こちらは「コットン素材」。


それ以外機能は全て同じなので、やわらかいタイプの素材が好きという方におすすめです。


またデザインが入ったタイプのものもあるので、要チェックですよ。


ーー販売価格ーー

16,800円(税別)


ーースペックーー

・対象月齢:0ヶ月〜約36ヶ月(体重3.5kg〜15kg)

・抱っこのタイプ:対面抱っこ(2種)、前向きだっこ、おんぶ=計4種

・カラー:9色


>>商品情報はこちら<<


ベビーキャリアWE Air

出典:ベビービョルン


ONE+AIRよりも、さらに通気性を求めるなら「ベビーキャリアWE Air」。こちらはフルメッシュとなります。


ただし、首すわりの1歳からしか使用できず、前向き抱っこがでないため注意。


ーー販売価格ーー

15,800円(税別)


ーースペックーー

・対象月齢:1ヶ月〜約36ヶ月(体重3.5kg〜15kg)

・抱っこのタイプ:対面抱っこ(2種)、おんぶ=計3種

・カラー:1色


>>商品情報はこちら<<


ベビーキャリア MINI


出典:ベビービョルン


新生児から14ヶ月まで利用できるタイプ。


他の商品だと、少し大きめに設計されていますが、こちらはコンパクトなので、生後間もない赤ちゃんでも抱っこしやすいデザインとなっています。


ーー販売価格ーー

7,500円 – 11,000円 (税別)


ーースペックーー

・対象月齢:新生児〜約12ヶ月(身長53〜100cm、体重3.2〜11kg)

・抱っこのタイプ:対面抱っこ、前向き抱っこ=計2種

・カラー:1色


>>商品情報はこちら<<



腰や肩が痛くなるのは全て共通|何を重視するかで抱っこ紐は決めよう

正直なところ、ベビービョルンの抱っこ紐、子供が大きくなると肩や腰が痛くなります。(私の経験談より)


ただ、それは他のブランドでも共通して言えること。


そのため、「腰や肩が痛まないか」という点以外で何を重視するかで商品選びはするようにしましょう。


ベビービョルンは、特にインサートが不要で新生児から利用できるものが多いため、その点を意識しているママにはとってもオススメですよ。



【調査概要】
期間: 2017年10月12日~10月16日
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー(N=403)
【画像】
photo AC