子供を育てながら、仕事をしている"ワーキングマザー"の皆さんは、一体、どうやって家事をこなしているのでしょうか。これから職場復帰、就職するママさんたちにも見て頂きたい、ワーキングマザーの家事術を紹介します。


この記事の目次


朝の家事!時間通りに家を出るためにしているワーキングマザーの工夫術!


それでは早速ワーキングマザーの家事の工夫方法をみていきましょう!


まずは朝の支度から。


フルタイム勤務のワーキングマザーの場合

「お弁当の下準備は前日の夜にしている。」

(20代後半 子供1人)

「出かける時、Roombaをつけて家を掃除しておいてもらう。」

(30代前半 子供2人)

「朝ご飯は食べるだけにする。洗い物しなくてもいいようなもの。ごみ捨ては夫に頼むか前の日に集積所へ。洗濯は夜の内に干す(室内干し)」

(20代後半 子供1人)

「主人と分担。」

(30代前半 子供1人)

「子供をいかにぐずらせないように機嫌をとるかを工夫している。」

(30代後半 子供2人)

「早起き。洗い物は食洗機。洗濯は夜行う。」

(30代前半 子供3人)


時短勤務のワーキングマザーの場合

「洗濯、朝の着替えセッティング、風呂掃除など、準備できることは前日の夜やる。」

(30代前半 子供1人)

「いつも同じ時間に起きて決まった行動を取る。」

(30代後半 子供2人)

「なるべく朝早く起きて自分の身なりの準備をしてから子どもを起こす。」

(30代前半 子供1人)

「朝ごはんはおにぎり(冷凍ご飯)と決めている。洗濯機は夜セットしている。着替えを出しておく。長女のためにお支度表を作った。」

(30代前半 子供2人)

「片付けや間に合わない家事は諦める。」

(30代前半 子供1人)


パート・アルバイト勤務のワーキングマザーの場合

「早起きして余裕を持つ。」

(20代後半 子供1人)

「出来る事は前の晩にしておく。」

(30代後半 子供3人)

「部屋が多少汚れていても家を出る。」

(20代前半 子供1人)


フリーランスのワーキングマザーの場合

「早起き!私が出勤の日は、夫に朝食作り&お皿洗いをお願いしています。」

(30代前半 子供1人)

「外出するときは、洗濯は乾燥までかける。子供の準備を優先、家事はあきらめて、帰宅してからやる。」

(30代後半 子供1人)


朝の工夫は「早起き」「前日にしておく」のママの声が多数


働くママの朝は、出社時刻に遅れないよう、時間との勝負。家を出るまでに、終わらせないといけないタスクがたくさんあります。


そのため、働き方に関係なく「早起き」を工夫のひとつとして、挙げられている人が多くいらっしゃいました。


そして、翌日行う家事を減らすべく、「前日にしておく」という意見も多くみられました。


パート・アルバイト勤務や時短勤務などで働くママは朝の家事を「諦める」という工夫

働き方をしているワーキングマザーから多く挙がったのが「諦める」


これは、全く家事をしないわけではなく、朝に家事をするのは諦めて、帰宅後に家事を行うという意味です。


パートや時短勤務の場合、仕事の拘束時間が短く、帰宅後も家事に割く時間が確保出来るため、わざわざ朝に詰め込む必要はない、と考えているママが多いことがわかります。


フルタイム勤務のワーキングマザーはパパと家事分担!

そして、フルタイム勤務で多く挙げられたのが「夫との家事分担」


同じように働くのであれば、家事も分担という至極真っ当な理由がみえてきますね。


他にも、家事をサポートしてくれる"ルンバ"や"食器洗浄機"など、機械に頼る声もありました。


疲れ切った帰宅後の家事。ワーキングママの工夫ポイントとは?


それでは夜、仕事から帰ってきてからは、ママたちは、家事を行う上で、どういった工夫をしているのでしょうか。


夜の家事の工夫術をみていきましょう。


フルタイム勤務のワーキングマザーの場合

「掃除は休みの日に行う。洗濯は、子供のもの以外は2~3日に一回。」

(20代前半 子供1人)

「週末にまとめてできることは済ませておく。」

(30代前半 子供1人)

「晩ごはんは食材キット、冷凍食品などをフル活用。」

(30代後半 子供2人)

「パパと分担。」

(20歳未満 子供1人)

「週末に作りおきを作っておいて、調理時間を短縮する。」

(30代前半 子供2人)

「買い物は週末にまとめて。ご飯は小分けで冷凍しておく。子供が寝てから一気にやる。」

(30代前半 子供2人)

「生協をフル活用。」

(30代前半 子供2人)


時短勤務のワーキングマザーの場合

「冷凍食品を利用している。」

(40代後半 子供1人)

「晩ご飯は作り置きをフル活用。パパと分担。」

(20代後半 子供1人)

「全て時短で出来るように、食材はパルシステムやコープなどの宅配を利用して買う。その中の20分で出来るメニューを利用する。掃除は気付いた時にやる。」

(40代前半 子供1人)

「子どもに録画した番組を見てもらい、1人で遊んでもらう!」

(30代前半 子供1人)


パート・アルバイト勤務のワーキングマザーの場合

「食べすぎてもゴロゴロしない。」

(30代前半 子供2人)

「パパに晩ご飯作りを手伝ってもらう。」

(20代後半 子供1人)

「惣菜を買ったり洗濯をしなかったり、適度に手を抜く。」

(20代前半 子供1人)

「時短料理。」

(30代後半 子供2人)

「何品かは有り合わせで済ませる。」

(20代後半 子供1人)


フリーランスのワーキングマザーの場合

「食材の配達サービスを使って、買い物の時間を省略。」

(30代後半 子供1人)

「夕飯の食材(野菜)は土日のうちにカットしてしまう。冷凍できるものは冷凍してストック。疲れたら遠慮なく冷凍食品を使う。」

(30代後半 子供3人)


夜の家事の負担は、"晩ご飯"で工夫するママ多数


夜の家事で一番大変なのが「晩御飯」。


多くのママたちが、さまざまな時短調理の工夫をしているようです。


「週末に作り置き」「コープなどの食材宅配の利用」「お惣菜」「料理キットを使用」など、さまざまな工夫方法が見られました。


そして朝と同じく、パパと分担するという意見も多くみられましたよ。


家事に追われているワーキングマザーにメッセージ


バタバタしている自分に向けてのメッセージをお伺いしたところ、ご自身だけでなく、その他のワーキングマザーに向けてのメッセージ性があるものばかりでした。


いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。


「家事が終わらない…。」と苦しんでいるママへの言葉

「平日は手抜きをしてよし!」

(20代後半 子供1人)

「出来ることは手抜きして!※義理母に言われた言葉」

(30代後半 子供1人)

「家事は最低限のことでも生きていけます!」

(30代後半 子供1人)

「日々毎日お疲れさん!ほどほどにやっていこうよ!」

(20代後半 子供1人)

「(子供と)一緒に寝ないと体持たないよ!!」

(20代後半 子供1人)


忙しい時こそ笑顔を大切にしていこう!ママを応援する言葉

「(忙しくても)明日はやってくる!いつか笑い話にしようね。」

(30代後半 子供3人)

「しょうもないことでも笑うべし!笑顔があれば乗りきれる!」

(30代後半 子供2人)

「大丈夫、大丈夫だよ。何が一番大切か解っているからね!」

(30代後半 子供2人)


「自分で自分を褒めたい!」頑張っているすべてのママへ労いの言葉

「イライラしないで。よく頑張ってるよ、私!!」

(30代前半 子供2人)

「毎日殺人的な忙しさでも、よく頑張ってると思う!」

(30代後半 子供2人)

「朝が苦手だったのに、朝早く起きてよく頑張っている!」

(30代前半 子供1人)

「自分のことより先に子供の準備を優先して、自分はボロボロ。良く頑張っているよ。」

(40代後半 子供1人)

  

働くママ・ワーキングマザーへ…工夫も大事だけど自分を労うことも忘れないで

多くのワーキングマザーは日々時間と戦いながら、家事もあの手この手を使って工夫する日々。


工夫することも大切ですが、工夫しているママ、つまり"自分自身"を褒めてあげることも大切なことだと思っています。


頑張り続けるだけでは、いつか息切れをしてしまうかもしれません。うまく息抜きをしながらママライフを楽しんでくださいね!


【調査概要】

期間: 2017年9月8日~12日

方法: カラダノ―トママ部調査

対象: 妊娠・育児中のママ部ユーザー(N=107)

(Photo by:写真AC