子供の"絵本選び"で、悩むママは多いのではないでしょうか?


我が家は、2歳になる手前から英語教育を本格的に始めたものの、特に英語の場合、どんな絵本を読み聞かせしたら良いのか手探りの状況。


そんな時、Instagramで、絵本の紹介をされているyu_ren_mamaさんに出会い、実際に読み聞かせされている絵本を紹介させて頂くことになりました!(yu_ren_mamaさんは、日本語だけでなく英語の絵本も読み聞かせされているスーパーママさんです)


今回は、そんな中から、シリーズで販売されている絵本「Spot」にフォーカスしてお届けします!


この記事の目次


犬が主人公の絵本シリーズ「Spot」とは?

出典:Spot the Dog creator Eric Hill dies aged 86


Spotシリーズは、「Spot」という名前の"犬"が主人公の絵本。

(執筆者:Eric Hill)


Spotoシリーズの販売数は、なんと世界で6,000万部!60ヶ国語に翻訳されており、日本語バージョンも販売されています。

(参考:theguardian「Spot the Dog creator Eric Hill dies aged 86」より)


対象年齢は0〜2歳ですが、日本人の場合は、幼稚園に入ってからも、読み聞かせで使える本だなと思います。


yu_ren_mamaさんも、Spotシリーズはたくさんお持ちだそうです!


Spotには絵本を開くと子供が喜ぶ「しかけ」が盛りだくさん


Spotには、遊び心あふれる、さまざまな「しかけ」が施されています。


例:Spot's First Easter


例:Spot's First Christmas


また、ストーリーも、日常と紐づけられているため、子供たちも、イラストと英語の関連性を理解しやすく、英語教育に最適な絵本だと言えます!


ここからは、Spotシリーズをいくつかピックアップしてご紹介。yu_ren_mamaさんの感想もあるので、気になる方は要チェック!!


yu_ren_mamaさんが実際に読み聞かせをしている「Spot」4作品ピックアップ!

まずは、Spotシリーズで人気の4作品をご紹介。


Spotを購入するのが初めてで、どの絵本を購入しようか悩んでいるママは、ぜひこの4つから選んでみて下さい♫


1.Hello Spot! a Puppet Play Book



最近、本屋さんでもよく見かける"パペット"が組み込まれた絵本は、Spotシリーズにもありますよ!


【yu_ren_mamaさんのコメント】

今年は戌年ということで、Spotの絵本を集めて読み聞かせ。


大人気だったのは、やはり『Hello, Spot!』のパペット。

手を振ったり、目を隠したり、頭を振ったり、色々な表現をすることができるため、子どもたちも自然と引き込まれ、Spotの真似をしていました!


>>Amazon:Hello Spot! a Puppet Play Book<<

2.Spot Says Please

出典:Amazon


「Spot Says Please」は、相手に対して、丁寧に"please〜"でお願いしたり、"thank you"を伝えることを学べるストーリーです。


【yu_ren_mamaさんのコメント】

『Spot Says Please』を通じて、何かをお願いするときは「Please.」と言うことを学んだ子供たち。


次々と絵本を持ってきては、「Please.」と言ってくれました!


>>Amazon:Spot Says Please<<


Spot Loves His Mommy & I Love You, Spot!

3.Spot Loves His Mommy


Spotとママの日常を描かれた「Spot Loves His Mommy」。


ママとの当たり前の日常に対して、子供が改めて" love you, Mommy."と感じられる一冊。


4. I Love You, Spot!

出典:Amazon


「Spot Loves His Mommy」とは反対に、ママがSpotに"I love you!"と伝えるストーリーになっています。


"I Love You, Spot!"の"Spot"を、お子様の名前に変えて読んであげるのがおすすめ!


【yu_ren_mamaさんのコメント】

次男の不満が爆発中で、特に夕方から夜にかけてグズグズ...。

昨日も例のごとく、愚図っていて、お手上げ状態だったのですが、ふと絵本タイムを取れていなかったことに気付きました。

そこで、次男の気持ちを代弁してくれる絵本として『Spot Loves His Mommy』と、ママの気持ちを代弁してくれる『I Love You, Spot!』を選択♡

選んだ絵本を次男に見せてみると、手をバタバタ動かし、持ちたがり、こういう反応は初めてで、『I Love You, Spot!』に関しては、なかなか離しませんでした。


>>Amazon:Spot Loves His Mommy<<


>>Amazon:I Love You, Spot!<<

季節や行事にマッチしたSpotシリーズもある!

他にも、yu_ren_mamaさんは、季節や行事にマッチした絵本も読み聞かせされていました!


Happy New Year, Spot!


yu_ren_mamaさん(@yu_ren_mama)がシェアした投稿 -


【yu_ren_mamaさんのコメント】

今日読んだのは『Happy New Year, Spot!』

ストーリーは、大晦日にSpot君のお友達が泊まりに来て、新年の願い事を書いて眠りにつきます。

果たしてみんなの願い事は叶うのかな!?


と、いった内容です。


息子たちには、まだ難しいかなと思うレベルの絵本ですが、今回もニコニコ聞いてくれました!


"Happy New Year"をテーマにした絵本を、私はなかなか見つけられなかったので、次のお正月前に買ってみようと思いました!


>>Amazon:Happy New Year, Spot!<<


Spot's Snowy Fun Finger Puppet Book

yu_ren_mamaさん(@yu_ren_mama)がシェアした投稿 -


【yu_ren_mamaさんのコメント】

Spotの顔がパペットになっている「Spot's Snowy Fun Finger Puppet Book」。


お話を読むというよりは、お話しながら読んだ感じでした!

表紙のページだけで、自己紹介したり、Hello! の歌を歌ったり、子供たちも楽しんでくれました♪


指を入れるタイプのパペットブックも人気ですよね。


「Spot's Snowy Fun Finger Puppet Book」では、冬の遊びについて紹介されているので、冬になったタイミングで買っておきたい一冊!


>>Amazon:Spot's Snowy Fun Finger Puppet Book<<


Happy Christmas, Spot!

yu_ren_mamaさん(@yu_ren_mama)がシェアした投稿 -


【yu_ren_mamaさんのコメント】

息子たちが大好きなSpotシリーズ。

この絵本も、"しかけ"はありますが、ファーストシリーズと異なりママは登場しなくなります。

その代わり、Spotのお友達がたくさん登場し、「親とだけの関わり」から「お友だちとの関わり」に広がったことが絵本から読み取れます。

この絵本は、子どもに語りかけながら、会話を楽しむようなイメージで読むのがおすすめ。
.
息子も率先して、ページをめくり、単語や「Happy Christmas」というフレーズをリピートして楽しんでいました♡


クリスマスストーリーの絵本を購入しようとしてたものの、結局買わずじまいで終わった2017年のクリスマス。


ちょうど、次のクリスマス頃に我が子は3歳になるため、「Happy Christmas, Spot!」で、クリスマスについて学んで欲しいなと感じました!


ちなみに、Happy Christmas, Spot!のしかけはこんな感じ♪



>>Amazon:Spot: Happy Christmas, Spot!<<

Eric HillのSpotシリーズは他にもたくさん!


「犬」は、私たちの身近にいる動物のため、子供が初めて覚えた動物としてもよく挙げられますよね。


だからこそ、犬を主人公にしたSpotは、子供達の興味を引きつけて、世界の子供たち人気なのかなと思いました。


特に、母国語ではない"英語"に対して、子供に興味を持ってもらうなら、


・日常生活に紐づけれられる"ストーリー"


・小さい子供でも理解しやすい"イラスト"


が大切だなと、実際に私自身読み聞かせして感じており、Spotは、英語の読み聞かせに"ベストな絵本"だと感じました。


Spotシリーズは、今回ご紹介した絵本以外にもたくさんあるので、ぜひ気になった方はチェックして下さいね!


yu_ren_mamaさん

本当にご協力ありがとうございました!


>>Amazon:Eric Hill 絵本<<