兄弟がいると、できれば皆んなで読めるもの・興味を持ってくれる絵本を選びたい、と感じますよね。


そこで今回は、0歳と3歳のお子様がいるたこままさんが、実際に読み聞かせされている絵本を"9作品"ご紹介。


もちろん、お子様がお一人でも、読み聞かせにおすすめの絵本ばかりなので、ぜひ参考にして下さいね!


この記事の目次


1.きんぎょが にげた


金魚鉢から逃げた「きんぎょ」を探すストーリー。


カラフルなイラストの中に金魚が隠れていて、慣れてくると、子供が自分で金魚を指差すようになります!


【たこままさんのコメント】

「きんぎょが にげた」は、「こんどはどこ?ここ!」のやりとりが楽しい絵本です♥


記念切手 も発売されているそう。欲しいなー!


私も知らなかったのですが、郵便局で「きんぎょが にげた」の切手が販売されているそうです!(発行日は2017年12月20日)


出典:郵便局HP


2,000万枚限定なので、ぜひ早めにゲットして下さいね♩


切手の詳細はこちら↓↓

特殊切手「絵本の世界シリーズ 第1集」の発行


>Amazon:きんぎょが にげた<<


2.ジンベエザメのはこびかた



「ジンベエザメのはこびかた」は、絵本というよりは、どちらかというと図鑑のような本。


高知の海から、大阪の海遊館までジンベイザメを運ぶ様子が描かれています!


【たこままさんのコメント】

我が家は、水族館大好き家族!
トミカの海遊館トラックを見ながら、ジンベイザメの運び方のお勉強✏
海遊館もいつか、子供たちと一緒に行けたらいいな。



0歳児だと少し早いかもしれませんが、写真だけでも楽しめるので、早い時期から買っておいても問題ありません!


たこままさんの写真やコメントにもあるように、トミカシリーズに、サメが乗っている海遊館シリーズがあるので、ぜひ絵本と一緒に購入してはいかが?


>>Amazon:ジンベエザメのはこびかた<<


3.そらとぶパン


パン大好きなお子様におすすめの一冊といえば、「そらとぶパン」。


パンの電車に乗って進んでいくと、「パンのくに」に到着。


絵本には、いろんな種類のパンが描かれていて、思わず親がパンを食べてしまいたくなるような、可愛い絵本です。


【たこままさんのコメント】

そらとぶパンは、ストーリーの中でいろんなパンが出てきて、とってもおいしそう♥と感じてしまう絵本です!


少し文章が並ぶ絵本ですが、パンに関心があるお子様なら、楽しめるなと思いました


>>Amazon:そらとぶパン<<


4.ぞうくんのさんぽ


1977年に発売された絵本ですが、今もママたちから支持されている一冊。


文字の量も少ないので、1歳手前からでも楽しめるストーリーです。


【たこままさんのコメント】

ゆるーいかんじがかわいい、ぞうくんのさんぽ。
読んでいると、私の心も癒される絵本でした!


他にも、同じシリーズで「ぞうくんの あめふりさんぽ」や「ぞうくんのおおかぜさんぽ」も販売されているので、こちらもぜひチェックしてみて下さい!


>>Amazon:ぞうくんのさんぽ<<


5.ぞうのエルマー


エルマーはシリーズで販売されている、海外の絵本作家が作成された絵本。


絵本は持ってないけど、キャラクターは知っているというママも多いようです。


【たこままさんのコメント】

前からエルマーは知ってたけど、今回初めてちゃんと読みました。
想像力がふくらむふくらむ…♥


子どもたちがお絵描きが上手になってきたタイミングで、もう一度読み聞かせしてみようと思います!


絵本の中には、"しかけ"があり、象もカラフルなので、子供達の目をぐっと引きつけてくれますよ。


大人も楽しめる一冊なので、ぜひチェックしてみて下さい!


>>Amazon:ぞうのエルマー<<


6.おいしいな!


スライド式になった、動物の顔を引くと、大きな口が現れる"しかけ絵本"


大きい口で、いろんな食べ物をモグモグ食べている姿を見て、「子供達が、ご飯を積極的に食べてくれた」という声もありました。


「いただきます」の練習にもなりそうですね♩


【たこままさんのコメント】

初めて開いた時は衝撃!!
なにこれ、おもしろーい!かわいー!と、私が感じてしまいました。


息子も興味津々で、楽しんでましたよ!
壊れないように大切に読んでね。


>>Amazon:おいしいな!<<


7.おたすけこびと


「おたすけこびと」は、男の子に大人気の一冊。


絵本には、様々な重機が登場します。文字数は多くないので、絵だけでも十分楽しむことができますよ!


【たこままさんのコメント】

息子へのクリスマスプレゼントに購入!
おっ!おっ!おぉ~!と食いつき◎喜んでもらえて嬉しかったです!


かわいいこびと。我が家にも来てほしいな。


>>Amazon:おたすけこびと<<


8.ねずみくんのチョッキ


「ねずみくんのチョッキ」は1974年に販売された絵本ですが、今もママ達に支持されている作品です。


ねずみくんのお母さんが、ねずみくんのために編んでくれた"チョッキ"。


そのチョッキを、あひるやサル、あざらしなど、どんどん大きな動物に着させてあげるねずみくん。


最後に象に着させてあげると...チョッキがとんでもないことに!!


【たこままさんのコメント】

しょんぼりしているねずみくんに、「よしよし」してあげてる息子を見て、なんだかほっこりした気持ちになりました。


>>Amazon:ねずみくんのチョッキ<<


さらに、ねずみくんシリーズは現在も続いていて、超ロングセラー作品なんです!(なんと31巻も続いています)




出典:ねずみくん40周年



ちなみに、最新巻は、2017年に発売された「ねずみくんといたずらビムくん」。


読み聞かせをするなら、ぜひシリーズで読んでみてはいかが?


9.まるまるなにかな?


「まるまるなにかな?」は、リンゴや雲、星などの様々なパーツを、それぞれのページの枠に、パズルのように埋め込むことができる知育絵本です!


【たこままさんのコメント】

もうすぐ1歳になる娘のために購入!と思ったら、なんと3歳の息子にヒット。
かわいいかたはめ遊びに夢中です♥


兄弟で一緒に遊べる一冊なので、ぜひお手にとってみて下さい。


>>Amazon:まるまるなにかな?<<


気になった絵本があればぜひ本屋さんでチェック!

兄弟がいると、どうしても上のお子様の年齢に合う本が増えてしまいがちですよね。しかし、言葉が理解できない月齢でも、読み聞かせはとっても大切


もし絵本選びで悩んでいる...というママは、ぜひ今回ご紹介した【たこままさん】の絵本を参考にしてみて下さい!


みんなでたくさん絵本を読んで下さいね。


たこままさん

本当にご協力ありがとうございました!