ママにとっても赤ちゃんにとっても、楽しみな時間の一つがおやつ。市販のおやつだけでなく、子供には安心で安全なおやつを与えたいと思いますよね。そこでおすすめなのが手作りおやつ。手作りと聞くと、作るハードルがあがる気がしますが、今回紹介するおやつは簡単にできるものばかり!


なかなか離乳食が進まないと感じているママは、「食べることが楽しい」と感じてもらうきっかけになったり、離乳食以外に栄養を得るためのおやつとしても大活躍すること間違いなし!


ぜひ参考にしてみてくださいね。


★★引き続き幼児食レシピ募集中です!★★

レシピ採用の方全員にAmazonギフト券プレゼント!

→→こちらより回答お願いします。←←


この記事の目次



簡単レシピ1:大阪府在住ママさんの「崩れにくいフレンチトースト


最初に紹介するレシピは、大阪府在住ママさんの「崩れにくいフレンチトースト」。崩れにくいフレンチトーストなら、手づかみ食べをするのも良いですね。


フレンチトーストといえば❝お砂糖たっぷり❞のイメージがありますが、離乳食のタイミングで作るならきな粉がおすすめ


きな粉は栄養価が高く、余分な水分を吸い取ってくれるので、崩れにくいフレンチトーストが完成します。


今回紹介するフレンチトーストは食パンを使っているので、月齢が低い赤ちゃんでも食べることができますよ。


材料(1人分)

・食パン8枚切り 1枚


・牛乳 大1


・水 大2


・全卵 1/3


・きな粉 適量


作り方

1.食パンは耳を落とし、子供の持ちやすい大きさに切る


2.皿(バット)に水と牛乳を流し、そこに1のパンをひたす


3.溶き卵をつくり、2の片面だけにつけ、フライパンに卵をつけた面から焼き、しっかり火を通す


4.仕上げに、きな粉を振りかけたら完成!


★ポイント★


・きな粉が苦手なお子さんは、砂糖or黒砂糖でもOKです。


・牛乳の代わりに、自宅で余った粉ミルクでも良いです。


・パンの耳も一緒に浸せば、大人のおやつにもなりますね。


レシピ提供のママから一言!

楽しく作れるのが一番!


無理しない。BF(ベビーフード)に頼って、手抜きしながら気楽に進めるのが、私に合っています。


(大阪府在住ママ


【編集部より】

離乳食を始めると、「きな粉が体に良い」という話はよく聞きますが、レシピのバリエーションを増やすのは意外と難しいもの。


フレンチトーストにきな粉を混ぜることで、崩れにくくなるというのも今回初めて知りました!手づかみ食べの時期には、特に重宝しそうですね。


素敵なレシピのご紹介、ありがとうございました。


簡単レシピ2:あーちゃんさんの「青汁パンケーキ」


次の紹介するのは、あーちゃんさんの「青汁パンケーキ」。


青汁は、野菜不足を感じている方におすすめの食品。一般的な青汁には、ケールや明日葉などの栄養価が高い野菜がぎゅっとつまっているもの。


嫌われがちな緑の野菜も青汁に含まれてるので栄養もバッチリ。小さい子供から摂れる青汁もたくさん売らているので、要チェックです!


子供の好き嫌いで悩んでいるママ、食のかたよりを心配しているママ、あんまり量を食べてくれなくて困っているママは、ぜひ作ってみてくださいね。


材料

・牛乳または豆乳 


・青汁 1袋


・ホットケーキミックス 1袋


・卵 1個


作り方

1.温めた牛乳または豆乳に青汁投入する


2.ホットケーキのパッケージの「作り方」を参考にしながら、フライパンで焼く


3.しっかりと火が通ったら完成!



★ポイント★


・青汁パンケーキは、抹茶パンケーキのような味わいになります。子供もぺろりと食べてくれますよ!


レシピ提供のママから一言!

簡単に栄養がとれて、子どもが喜ぶメニューがベスト♡

そう思って、離乳食作りを頑張っています。


(富山県在住・あーちゃん)


【編集部より】

離乳食が進むと、好き嫌いが出てくる子供も増えてきます。そんな中、青汁パウダーを上手に使うと野菜を補えるとは、とても良いアイディアだと面ました!


ふんわり焼けるパンケーキを、ぜひ試してみたいと思います!素敵なレシピのご紹介、ありがとうございました。


簡単レシピ3:しーらさんの「ほんのり甘さがうれしいバナナケーキ」


次のメニューは、しーらさんの「ほんのり甘さがうれしいバナナケーキ」。


バナナといえば、離乳食期の定番おやつ。むくだけですぐに食べられるのも嬉しいですよね。


今回は少しアレンジして、バナナケーキを完成させましょう。米粉で簡単に作れるので、小麦粉アレルギーのあるお子さんでも安心して食べることができますよ。


材料(4食分)

・たまご 2個


・米粉 60グラム


・完熟バナナ 2本


作り方

1.たまごを卵黄と卵白に分けて、泡立て器で卵白を角が立つまで泡立てる。


2.卵黄とバナナを泡立て器で潰して混ぜて、卵白を3回に分けてサックリ混ぜ耐熱容器に流す。


3.オーブントースターを160℃で温め、生地を15分焼いたら完成!


★ポイント★


・手順1は、1分もあれば泡立ちます。二の腕のシェイプアップのためにも、機械を使わずに混ぜるのがおすすめです!


・オーブンでの温め時間は参考にし、自宅のオーブントースターに合わせてください。


レシピ提供のママから一言!

大人が食べても美味しい物を作るようにして、手間を軽減させています。


(東京都在住・しーら)


【編集部より】

子供だけのために作る離乳食って、意外と手間ですよね。今回のバナナケーキは、おとなも子供も一緒に美味しく食べられるおやつなので、家族みんなで楽しめそう。


久しぶりにお菓子作りをすると、気分転換になること間違いなし!砂糖も使わず、バナナの甘味だけでもおやつになるのも嬉しいですね。


素敵なレシピのご紹介、ありがとうございました!


簡単レシピ4:パンが主食さんの「野菜たっぷり蒸しパン」


最後のメニューは、パンが主食さんの「野菜たっぷり蒸しパン」。


もちもちした蒸しパンは、おやつとしてだけではなく、外出先で小腹が減った時にも役立ちそう。レシピを覚えておくのがおすすめです。


野菜そのままだとなかなか食べてくれなくても、パンに混ぜれば食べてくれるのも嬉しいポイントです!


材料

・ホットケーキミックス 大さじ3


・プレーンヨーグルト 大さじ2


・茹でた野菜 なんでもOK


・サラダ油 少々


・ベーキングパウダー ティースプーン1杯


作り方

1.茹でた野菜は刻むか粗くつぶし、材料をすべてよく混ぜる。


2.深めの耐熱容器やマフィンカップに1を6 分目くらいまで入れ、電子レンジでチンする。


3.火が通ったら完成!


★ポイント★


・電子レンジは、800wで2分、500w・600wなら3分くらいで様子を見てください。


・きな粉や粉チーズを使って、味をアレンジするのもおすすめです。 


【編集部より】

大人も食べられて、外出先でも汚れる機会が少なく、冷凍ストックが可能な蒸しパン。


おやつとしてはもちろん、食事としても活用できるのは嬉しいですね!


季節の野菜に合わせて、蒸しパン作りをしてみても良さそうです。


素材を生かした離乳食のおやつレシピを作ってみよう!

おやつの時間も含め、食事の時間をしっかり摂り、栄養を補給することはとても大切です。離乳食後期になれば、食べられる食材の幅も広がり、手作りお菓子の幅も広がります。


おやつを食べると、赤ちゃんがご機嫌になってくれることも!食べる時間と量に気を付けながら、上手に取り入れていきたいなと感じました。


レシピを紹介してくださったママたち、

ありがとうございました!


【調査概要】
期間: 2017年10月20日~
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー

(Photo by:写真AC