赤ちゃんのお座りができるようになる生後5~6ヶ月頃になると、気になるのが離乳食。第1子のママは、どんな風に離乳食初期を乗り切れば良いか悩む方も多いはず。


そこで今回は、離乳食初期の野菜の進め方についてご紹介。調理のポイントや実際に私が離乳食講座で習って子どもに好評だったレシピもご紹介しますよ!ぜひ参考にしてみてくださいね。


この記事の目次

離乳食初期/野菜はいつから与えれば良い?野菜好きにさせるポイント


10倍粥から始まる離乳食。野菜の開始目安は、10倍粥の味に舌が慣れ始めたころに始めると良いと離乳食講座で教わりました。


また母から教わったのですが、野菜のペーストを始める前に、にんじんとセロリの野菜スティックを与える(チューチュー吸わせる)と、野菜の味に慣れるのが早いそう。


離乳食が進むにつれ、好き嫌いなく野菜を食べてくれるようになることが多いようです。


確かに我が子、1歳頃までは野菜もお肉もフルーツもよく食べており、離乳食の食の進みに関してはあまり苦労をしなかった記憶があります。


(その後食べムラがあったり、今は野菜の好き嫌いも出てきてしまっていますが・・)


お野菜が好きになって欲しい...と感じるママは、ぜひ実践してみてください!


離乳食初期に向かない野菜


「野菜」と一言で言っても、歯ごたえのあるものやアクが強いもの、フルーツのように甘味があるものなど、見た目も味もさまざま。


離乳食講座では、栄養士さんから基本的には、ペースト状にしづらい野菜や、アクが強い野菜、香りが独特な野菜、苦みのある野菜は離乳食初期に向かないと教わりました。


<離乳食初期にNGな野菜一覧(例)>

山芋

里芋

にら

ネギ

もやし

ピーマン

パプリカ

ごぼう

れんこん


このあたりの野菜は、上記に当てはまるため、離乳食に慣れてから取り入れるのがおすすめです。


離乳食初期に使える野菜と下ごしらえのコツ


それでは早速、離乳食初期におすすめの野菜と調理ポイントを見ていきましょう。


1.離乳食初期におすすめの野菜:にんじん


にんじんは食物アレルギーの心配が少なく、ほんのり甘味も感じられることから離乳食初期のなかでも一番に始めるママが多いとされています。


にんじんは、おなかの調子も整えてくれるので、生後5~6ヶ月で便秘に悩む赤ちゃんは母乳やミルクではなく、にんじんを与えるのもおすすめです。


また、包丁の腹を使えば簡単にペーストできるので、料理苦手なママにとっては嬉しいですね!


2.離乳食初期におすすめの野菜:かぼちゃ


かぼちゃも、ほんのりとした甘みが離乳食初期の赤ちゃんに大人気!


台所に立つ時間がないママは、電子レンジでチンして柔らかくするのもおすすめです。


お湯やゆで汁を使いながら丁寧に裏ごしすると、なめらかな仕上がりになります。


3.離乳食初期におすすめの野菜:かぶ


かぶは免疫力がアップする食材として、離乳食で大活躍!


離乳食初期は、かぶの葉っぱ部分はまだ難しいため、皮をむいた白い部分を与えるようにしましょう。


大根よりも早く柔らかくなるので、調理もしやすいですよ!


4.離乳食初期におすすめの野菜:ほうれん草


離乳食初期にほうれん草を与える場合は、葉っぱ部分をペーストするのが基本


手早くペーストしたいなら、ミキサーやブレンダーを使えば簡単に完成します。


その時、少量のお水や粉ミルクを足すとしっかり混ざってくれるのでおすすめです。


5.離乳食初期におすすめの野菜:トマト


トマトは、鮮やかな赤色が赤ちゃんの目を引きますね。


離乳食初期のトマトの下ごしらえの基本は、茹でて皮をむき種をとりのぞくこと。

(私は大きいトマトだと種をとるのがめんどくさかったので、ミニトマトをで調理していました。)


ただし、周りのママ友に聞くと、トマトは好き嫌いが分かれる印象です。


離乳食初期は、すっぱめより甘いトマトの方が赤ちゃんは好んで食べてくれるという声もよく耳にしました。


離乳食作りに参考になる書籍

私自身は、離乳食講座で習った方法と以下の本を購入して離乳食を進めていました。(この記事も、以下の本を参考にしました)


おすすめの離乳食本:

5、6カ月ごろの離乳食 (ベネッセ・ムック たまひよブックス) 

こちらの本は、離乳食初期向けの本ですが、同じシリーズで中期・後期と分かれています。


とじ込み付録で「赤ちゃんの一口」の実物大が見れたり、料理過程が写真と共に丁寧にこまかく書かれているので、離乳食初心者さんも安心して赤ちゃんに与えられると思います。


気になる方は、ぜひ書店などで手にとってみてください。


離乳食初期/野菜を使ったおすすめレシピ3選


ここでは、先ほどおすすめした離乳食初期向けの野菜を使ったレシピを紹介します。


どれも基本の離乳食レシピとなりますので、これを機にマスターしましょう!


おすすめレシピ1.離乳食初期(5~6ヶ月目安):彩りきれいな野菜スープ

参考出典:くっくぱっど(HP)


離乳食初期に与える野菜が全てOKなら、野菜を混ぜ合わせたスープを作ってみましょう!


さまざまな野菜を合わせると、彩りもきれい。赤ちゃんの食欲もしっかりわいてくること間違いなしです!


材料

・ほうれん草


・にんじん


・お麩


・かぶ


・その他赤ちゃんが食べられる野菜


・昆布のお出汁をとったお湯 


※全てお好みの分量で


作り方


1.全ての材料をやわらかくなるまで煮る


2.赤ちゃんが食べられる大きさにする


3.昆布で出汁をとったお湯に2を入れる


4.人肌ぐらいにしっかり冷ましたら完成!


ポイント


・離乳食初期は、なるべく素材の味を楽しむのが良いので昆布だしがおすすめです。


・味が足りないと感じたら、ベビー用の和風だしを上手に活用しましょう。

 

☆参考:離乳食初期におすすめ野菜レシピ☆

離乳食初期〜*野菜とお麩のスープ


おすすめレシピ2.離乳食初期(5~6ヶ月目安):かぼちゃと絹ごし豆腐の白あえ

参考出典:くっくぱっど(HP)


かぼちゃは単体で食べても十分おいしいですが、たんぱく質が豊富なお豆腐と一緒に混ぜて白あえにすればさらに栄養満点に!


かぼちゃペーストを冷凍ストックしておけばすぐに完成します。


材料


・かぼちゃ 一口大


・絹ごし豆腐 一口大


作り方

ペーストしたかぼちゃと絹ごし豆腐を混ぜ合わせ、電子レンジで30秒ほどあたためたら完成!


ポイント

・殺菌のために、お豆腐にもしっかり火を通すしましょう。


☆参考:離乳食初期におすすめ野菜レシピ☆

かぼちゃと豆腐の白あえ【離乳食初期】


おすすめレシピ3.離乳食初期(5~6ヶ月目安):シラストマトのかぶ煮

参考出典:くっくぱっど(HP)


最後のおすすめは、シラスを使ったトマトの煮物。


トマトが苦手そうな赤ちゃんなら、優しい味のかぶと野菜とは違う舌ざわりのシラスを混ぜ合わせれば、味にバリエーションが出て食べてくれるかも。


どれも離乳食初期におすすめの食材ですので、トライしてみてくださいね!


材料


・トマト 半分


・シラス 適量


・かぶ  1/4個


・水ときかたくり粉 適量


作り方


1.ペースト状にしたトマトとかぶに、塩ぬきしみじん切りにしたシラスを混ぜ合わせる


2.熱を通すために、電子レンジで30秒ほど温める


3.水ときかたくり粉でトロミをつけたら完成!


ポイント


シラスはしっかり塩抜きするのを忘れずに!


☆参考:離乳食初期におすすめ野菜レシピ☆

シラスかぶトマト【離乳食初期】


離乳食初期に気を付けるべき4つのこと


離乳食初期は特に、たくさんの量を食べてもらうことが目的ではなく、赤ちゃんに食事の楽しさを知ってもらうのが第一です。


ここでは離乳食の進め方で気を付けるポイントを紹介します。


ポイント1:赤ちゃんが食事に乗り気ではない時はすぐ切り上げる

「まだまだ規定量まであげていないし・・」「しっかり食べてもらわないと栄養が・・!」と心配になるママも多いかもしれません。


でも赤ちゃんが食事に乗り気でない場合は、早めに切り上げるようにしましょう。食事=楽しいという記憶が残るように、離乳食を進めるのがおすすめです。


ポイント2:アレルギーチェックをしっかり行う

離乳食は赤ちゃんのアレルギーチェックも兼ねています。食事を摂った後の赤ちゃんの様子(口周りやからだに湿疹が出ていないか等)をしっかり確認するようにしましょう。


ポイント3:新しい食材を複数与えるのはNG!

初めて食べる野菜を複数組み合わせるのはNG。万が一アレルギー反応が出た際、原因特定ができないためです。


離乳食の場合は、1つの野菜を3日間続けてあげることが前提になります。


ポイント4:新しい食材は、平日午前中に試すのがおすすめ

新しい食材をあげるタイミングは、できるだけ平日の午前中にすませるがおすすめ!万が一アレルギー反応が出た場合でも、病院に駆け込めます。



以上4つのポイントを意識して、食事の時間と赤ちゃんの反応を丁寧に見ながら離乳食の時間を楽しんでください。


離乳食初期は野菜のバリエーションを少しずつ広げて

離乳食初期は、食事を楽しむ時期。なかなか口をあけず、おっぱいやミルクばかりという赤ちゃんも多いかと思います。


周りのお子さんがぱくぱく食べているとあせってしまいますが、我が子のペースと思ってマイペースに楽しく進められたら良いですね!


甘みのある野菜を上手に活用しながら、離乳食初期のごっくん期を乗り切ってください。


(Photo by:写真AC