離乳食作りは、慣れてきてもやっぱり大変に感じるもの。ちょっとラクをしたい時はにコーンフレークを活用すると、朝ごはんやおやつタイムはもちろん、メインのおかずとしても手軽に大変身します。


今回は、コーンフレークを使った離乳食レシピを大公開!さらに、コーンフレーク選びの注意点やおすすめのメーカーも紹介します。


この記事の目次

離乳食の「コーンフレーク」中期(7~8ヶ月)からOK!


コーンフレークは、離乳食中期(生後7~8か月頃)から与えることができる食べ物です。


コーンフレークとはとうもろこしをつぶしたもの。離乳食初期に、とうもろこしを与えてアレルギー反応がなかった赤ちゃんにぜひ試してみてください。


ちなみにですが、オートミールの原料は「オーツ麦」という麦の一種


コーンフレークと同じシリアルの仲間で、こちらも離乳食中期から与えることができます。しかし、原料が異なるので注意が必要です。


コーンフレークもオートミールも、初めてあげるときには必ず単品でアレルギーチェックを行うようにしてくださいね。


コーンフレークに関して注意すべき3つのこと


離乳食中期(生後7~8か月頃)に与えるコーンフレークですが、注意すべきことがあります。


ここでは、選ぶ時や調理の際に気を付けるべきことを説明します。


1.「プレーン」or「砂糖不使用」を選ぶ


「コーンフレーク」と一言で言っても、砂糖たっぷりのものや玄米由来のもの、チョコレートが豊富に入っているものなどその種類は豊富にあります。


離乳食中期に向くのはプレーンor砂糖不使用のもの。必ず原材料を確認して、材料が少なくシンプルなものを選ぶようにしましょう。


離乳食におすすめのコーンフレークは後ほどご紹介しますね。


2.調理の基本は「お湯」or「ミルク」or「豆乳」でトロトロに


コーンフレークは、基本的には液体でしっかりとトロトロにふやかすことが大切。コーンフレークでお粥を作るイメージで調理すると良いでしょう。


3.冷凍保存NG!


トロトロにしたコーンフレークをお粥と同じように冷凍保存したいと思うママもいらっしゃるかもしれませんが、冷凍保存はNG!


解凍した時に、水分も一緒にぬけてぱさぱさになってしまいます。


楽をしたいママは、つぶして小分け保存しておくだけでも十分時短になりますよ!


<メーカー別>離乳食におすすめの3大コーンフレーク

先ほどご説明した通り、離乳食で使うコーンフレークは無糖・砂糖不使用を選ぶのがベター。


ここでは、離乳食におすすめのコーンフレークを紹介します。


スーパーで売っているものは意外と砂糖が入っているもの。気になるコーンフレークがある方は、こちらからお試しくださいね!


1.ハーネ シリアル コーンフレーク サトウフシヨウ

出典:Amazon


こちらは、砂糖不使用のコーンフレーク。アマゾンの商品レビューでも「離乳食で活用していた」のお声が多い商品です。


砂糖不使用なため、やや塩気を感じる場合が多いですが、メインの食事として取り入れば問題ありません。


Amazon価格:¥454(税込)

購入はこちら:Amazon


2.ハーネ シリアル コーンフレーク サトウフシヨウ

出典:Amazon


こちらの商品は砂糖不使用&麦芽糖不使用で、ほんのりととうもろこしの風味が楽しめるコーンフレーク。


濃縮フルーツジュースで甘味をつけており、アメリカでは人気NO.1のコーンフレークなのだとか!


離乳食はもちろん、大人でもマクロビオティックレシピとして大活躍します。親子で同じ食材が食べられるのも、嬉しいですね。


Amazon価格:¥777(税込)

購入はこちら:Amazon


3.ムソー オーガニックコーンフレークプレーン

出典:Amazon


こちらのコーンフレークは、合成保存料・着色料を一切使用していません


砂糖が入っていますが、オーガニックシュガーのため安心。ほんのりとした甘みが必要なおやつなどの調理に向いています。


Amazon価格:¥777(税込)

購入はこちら:Amazon


他にも離乳食向けのコーンフレークを調べてみましたが、意外と添加物が入っているメーカーのコーンフレークが多かったです。


離乳食のために購入するなら、裏面の原材料をしっかり確認するようにしてください。


【番外編】生協にもコーンフレークあり!

画像出典:co-op商品


生協にもコーンフレークの販売があります。非遺伝子組換えの原料を使用せず、フロストシュガーをつけていないプレーンタイプなのも嬉しいですね。


しかし原材料を確認してみると、砂糖も入っているのも事実。メインのおやつや食事にするには不安かもしれませんが、トッピングのアクセントとして乗せると喜ぶかもしれませんよ♪


【原材料】※サイトより抜粋

コーングリッツ(遺伝子組換えでない)、砂糖、食塩、麦芽水あめ、麦芽エキス/ビタミンC、炭酸Ca、ピロリン酸鉄、乳化剤、ナイアシン、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB6、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12


★ただいま「生協無料サンプル」プレゼント中★


ママびよりでは、プレママ&ママ限定で生協のお試しサンプルが無料で体験できます。この機会にぜひお試しください!


>>詳しくはこちら<<


※無料サンプルにコーンフレークが入っているとは限りません。ご了承ください。


<離乳食中期>コーンフレークを使ったおすすめレシピ

ここでは、コーンフレークを使った離乳食のおすすめレシピを紹介します。


1.つかみ食べに!コーンフレークのおやき

参考出典:くっくぱっど(HP)


生後9ヶ月頃になると、離乳食でつかみ食べをするようになってきますね。そんな時はコーンフレークを使ったおやきがおすすめ!


材料


・粉々にしたコーンフレーク 1杯分


・余った粉ミルクor牛乳 100ml


・さつまいも(ペースト) お好きなだけ


作り方


1.コーンフレークと粉ミルクを混ぜ合わせる。

2.さつまいもと1を混ぜ合わせる。固まり具合を確認しながら、粉ミルクや水を追加して固めていく。

3.俵型に成形して、フライパンで焼いたら完成!


ポイント


・冷凍ストックしておくと、おかずの1品に早変わり!


・さつまいもの代わりに、かぼちゃでも代用可能です。


☆参考レシピ☆

離乳食9ヵ月以降 コーンフレークおやき


2.朝食に!りんごコーンフレーク

参考出典:くっくぱっど(HP)


りんごを入れれば、食物繊維も豊富で便秘解消にも効果的!朝食に活用すれば、時短で離乳食を作ることができます♪


材料


・すりおろしりんご 1/2個


・砕いたコーンフレーク 1食分


作り方


りんごと砕いたコーンフレークを混ぜ合わせたら完成!


ポイント


・おやつとしても活用OK!


・りんごとコーンフレークがなじむまで少し時間がかかります。時間を置くほど、食べやすくなります。


☆参考レシピ☆

☆ほんのり甘い☆りんごシリアル


3.メインのおかずに!魚とコーンフレーク

参考出典:くっくぱっど(HP)


コーンフレークは甘いイメージがありますが、魚と混ぜて離乳食のメインディッシュとして活用することもできます。


材料


・たら(食べやすい大きさに切る) 1食分


・砕いたコーンフレーク 1食分


・かぼちゃ お好みで


・水 適量


作り方


1.材料を全て混ぜ合わせ、適宜水の量を調整していく。


2.電子レンジで30秒ほどあたためたら完成!


ポイント


・魚はたら以外の白身魚(鯛など)でも代用可能です。


・かぼちゃの代わりにさつまいもにしても、自然の甘味を楽しめます。


・水の代わりに「だし」を活用すると、さらにコクが生まれます。


☆参考レシピ☆

魚とコーンのふわふわ


コーンフレークを上手に活用してレパートリーを増やそう


離乳食のお粥に飽きた時の救世主となる「コーンフレーク」。時短料理にもなるため、忙しいママは特に活用したい一品です。


コーンフレークは加工品になるため、あげすぎに注意したいところですが、朝ごはんやおやつに上手に取り入れながら、離乳食のバリエーション広げてみてください!


(photo by:写真AC