離乳食が始まると、いろんな野菜にチャレンジしていきますが、甘ずっぱいトマトは、離乳食初期でも食べられるの?と疑問に感じるママも多いのではないでしょうか。皮や小さな種もあるため、調理方法も気になりますよね。


そこで今回はトマトの皮や種の取り方から、離乳食初期でも食べられるトマトレシピをピックアップしてみました!


この記事の目次

トマトは離乳食初期からOK!でも皮と種は取り除く必要あり


トマトは離乳食初期から食べられる野菜の一つ。ビタミンも豊富なので積極的に取り入れておきたいところ。


しかし、離乳食初期の頃の赤ちゃんは、まだまだ自分で噛む力もなく消化吸収力も弱いため、トマトの「皮・種」は取り除いてから調理する必要があります。


基本的に使うのは「プチトマト」

大きなトマトでももちろんOKですが、離乳食初期では少量を使うため、プチトマトを使うことが推奨されています!(区の離乳食講座情報)


私自身も離乳食初期にトマトを取り入れてましたが、プチトマトの方が、1個まるごと使いきれるので、保存のことを考える必要もなく、圧倒的に便利だなと感じていましたよ!


離乳食初期だから特に気になるトマトの栄養素


トマトには、風邪予防に効果的なビタミンCや、赤ちゃんの腸内環境を整えてくれる食物繊維以外にも、たくさんの豊富な栄養成分が詰まっています。


その中で、特に注目しておきたいのが「リコピン」です。


リコピンが含まれているからトマトは赤色

リコピンは、がんや生活習慣病予防、老化抑制に効果があると言われていますが、最近研究が始まったばかりなのだとか。


リコピンは、身体への嬉しい効果があると期待されています。ぜひ真っ赤なトマトを離乳食で取り入れて下さい♪

※真っ赤なほどリコピンが多いようです


※参考:

旬の食材百科

全国トマト工業会


離乳食初期のママは押さえておきたいプチトマトの皮・種の取り方

トマトの皮のむき方、種を取る方法はいろいろとありますが、ここでは一番やりやすい方法を厳選してご紹介します!


レンジで出来る!プチトマトの皮のむき方


プチトマトのヘタをとって、耐熱皿に使う分のトマトを入れます。


あとは500wで20秒ぐらい(ここは様子を見ながら)レンジでチン。

※加熱しすぎると爆発するので注意!!


レンジで加熱したトマトを水に浸すと、あっという間に皮をむことができます!


他に、お湯で茹でたり、焼いたり、冷凍してから皮を向く方法もあるのですが、使う分だけささっと皮むきをしたい時は、電子レンジが一番おすすめです。


プチトマトの種抜きはティースプーンで


プチトマトの種なんて綺麗に取れない!!と思っているママ。


実は、皮をむいたトマトを半分にカットし、後はティースプーンで中身をくりぬくだけであっという間に種を取り除くことができますよ!


離乳食初期と言っても、ほんの少し種が入っているぐらいならそこまで心配する必要はありません。(もちろん綺麗に取れることに越したことはないですが)


ぜひ試してみて下さいね!


離乳食初期だけどアレンジレシピを楽しもう!おすすめレシピ5選

トマトを単体でなかなか食べてくれない...という時は、トマト以外の食材を加えてアレンジレシピで食べさせてみてはいかが?


最初はトマト少量で隠し味として加え、徐々にトマトの量を増やしていくのがおすすめですよ!


それではさっそく、離乳食初期におすすめ「トマトのアレンジレシピ」を見ていきましょう。


【離乳食初期レシピ1】トマト粥

いつも食べる10倍粥の上に、トマトを少し乗せて食べさせてみるのがおすすめ!


10倍粥だけだと味がしないため、トマトが味のアクセントとなり食べてくれるといった声もありますよ♪


【材料】

・プチトマト:1個

・水(ダシでもOK):大さじ4

・10倍粥:大さじ1

【作り方】

1.トマトの皮と種と取ったら細かくみじん切り

2.鍋にトマトと水(ダシ)を入れて弱火の火にかけて、水分が飛ぶまで煮ます

3.最後に10倍粥の上に乗せたら完成です!


☆参考:離乳食初期におすすめトマトレシピ☆
>>離乳食初期☆ぱくぱくトマト粥♪<<


【離乳食初期レシピ2】トマトリゾット

10倍粥をあまり食べてくれない...という時は、リゾットにしてお粥にも味をつけるのがおすすめ!


こちらのトマトリゾットは野菜スープも入れるのでトマトのすっぱさが和らぎ、赤ちゃんも食べやすいレシピですよ。


【材料】

・プチトマト:1〜2個
・カブ:5g
・ちんげん菜:5g
・7倍がゆ:30g(野菜スープを入れるので10倍粥よりも気持ちかため)
・野菜スープ:大さじ1


※野菜は好きなお野菜に変更してもOK!

【作り方】

1.トマトは皮・種を取って裏ごし。ちんげん菜はかなり細かくみじん切りして下さい

2.鍋に、7倍粥と野菜スープ、トマト、ちんげん菜、カブを一緒に入れて少し煮たら完成です


☆参考:離乳食初期におすすめトマトレシピ☆
>>離乳食(初期・中期)トマトリゾット<<


【離乳食初期レシピ3】トマトと豆腐のとろとろ煮


メインのおかずとしておすすめするのが「トマトと豆腐のとろとろ煮」。


豆腐はすぐに火が通ることもあり調理がしやすく、甘みがあるのでトマトとの相性抜群ですよ!


【材料】

・プチトマト:1〜2個

・豆腐:15g

・かつおだし汁:小さじ2

【作り方】

1.トマトは皮と種を取り除き裏ごし

2.鍋にお湯を沸かして、豆腐を20秒ほど温めてすり潰します

3.容器に温めたかつおだしと豆腐を入れて少し混ぜたら、最後にトマトを盛り付けたら完成です!


☆参考:離乳食初期におすすめトマトレシピ☆
>>【離乳食初期】トマトと豆腐のとろとろ煮<<


【離乳食初期レシピ4】しらすのトマト和え

「しらすのトマト和え」も、離乳食初期のレシピとしておすすめです。


たらや鯖などの魚は、離乳食初期の前半はまだ食べられないもの。しかし、魚のカルシウムも離乳食初期から積極的に取り入れたいですよね。


「しらす」なら、離乳食初期から食べられるので、ぜひトマトを加えてアレンジレシピを作ってみて下さい。


【材料】

・プチトマト:1個
・しらす:5g
・だし汁:大さじ1
※しらすの食感が嫌い...というお子様の場合は、10倍粥を入れて食感をアレンジしてあげるのがおすすめ。

【作り方】

1.トマトは皮と種を取り除き裏ごし

2.しらすは茹でて細かくカット

3.鍋にだし汁、裏ごししたトマトを入れて少し煮ます

※10倍粥を入れる場合は、このタイミングでご飯をいれて下さい

4.容器に入れて、最後にしらすを添えたら完成!


☆参考:離乳食初期におすすめトマトレシピ☆
>>【離乳食初期】しらすのトマト和え<<


【離乳食参考レシピ5】魚とカボチャのトマト煮込み

離乳食初期が始まりしらすが慣れたきたら、たらなどの白身魚に少しずつチャレンジします。


そんな時におすすめなのが「魚とカボチャのトマト煮込み」。


野菜スープが加わるのでトマトの酸っぱさが薄まり、離乳食初期の赤ちゃんも食べやすいレシピですよ!


【材料】

・たら(しらすでもOK):10g
・プチトマト:1個

・たまねぎ:適量(ほんのすこし)
・野菜スープ: 50ml
・水溶き片栗粉:適量

【作り方】

1.水を沸騰させ魚を茹で、骨や皮など不要なところを取り除きみじん切り

2.玉ねぎを少量細かくカット。トマトは皮と種を取り除き裏ごします

3.お鍋に野菜スープを入れて最初に玉ねぎを煮込む

4.その後、裏ごししたトマト、刻んだ魚を入れて一煮立ちさせます

5.最後に水溶き片栗を入れてとろみをつければ完成!


☆参考:離乳食初期におすすめトマトレシピ☆
>>【離乳食初期】魚とトマトの洋風煮込み<<


酸味のあるトマトも離乳食初期OK!アレンジレシピで工夫して食べさせてみよう

すっぱさのあるトマトを離乳食初期から取り入れても、最初はなかなか食べてくれない...といった経験は多くのママがするもの。


しかし、アレルギーの問題がなければ、他の食材と混ぜたアレンジレシピを早めに作り、徐々にトマトの味に慣れさせていくことがコツですよ!


好き嫌いがはっきりしてくる離乳食後期頃から食べさせると、嫌だと受け付けてくれないこともあります。ぜひ、離乳食初期の段階から積極的にトマトを取り入れてみて下さい!


今回ご紹介したトマトレシピもぜひ作ってみて下さいね♪


(Photo by:写真AC