毎日、心身ともに目覚ましく成長している赤ちゃんには、出来るだけ栄養満点の離乳食を用意したいですよね。


栄養バランスも大切ですが、食材選びの際には「旬」であるかどうかも気にしてみましょう。


旬の食材には、その季節に必要な栄養がたっぷり含まれています。今回は、夏の旬の野菜「トマト」にクローズアップしてみました。


トマトの栄養素や下処理の方法、おすすめの離乳食レシピをご紹介します!


この記事の目次

夏に旬の「トマト」。離乳食に取り入れてOKなの?


トマトは離乳食初期(生後5~6ヵ月)から取り入れることができる食材


夏には完熟トマトが出回るため、生で食べさせてあげたいかもしれませんが、離乳食初期(生後5~6ヵ月)は、加熱することをおすすめします。


加熱すると衛生面で安心なのはもちろん、酸味が和らいだり、柔らかくなったりするので、より食べやすくなるからです。


また、まれに酸味がお腹を刺激してしまうことも。体調が優れないときは、離乳食中期(生後7~8ヵ月)以降でも、加熱する方が安心できるでしょう。


トマトを食べさせるときに注意しておきたいことって?

トマトが口の周りに付いたときに、痒みが出ることがあります。


トマトアレルギー!?と心配になるかもしれませんが、多くの場合はアレルギーではなく、トマトに入っているヒスタミンという成分が原因。


口の周りが赤くなったら、少し様子をみましょう。


また、アレルギー反応が出たときのことを考えて、初めて食べさせるときは平日の午前中が無難です。


なぜトマトは体にいいの?


「トマトが赤くなると医者が青くなる」というということわざがあるほど、トマトには栄養素がたっぶり。


リコピン、βーカロテン、ビタミンC、カリウムなどが含まれています。


トマトに含まれる注目の栄養素"リコピン"


リコピンとは、トマトの赤やオレンジのもとになる、色素成分のこと。


なかでも注目したいのが抗酸化作用。これは、活性酸素という物質を消してくれる効果のことです。


活性酸素は、呼吸によって体内に取り入れられた酸素をエネルギーに変換する際に出来るもので、身体には必要なもの。


この抗酸化作用、アレルギーにも関係していると言われおり、リコピンにはアレルギーを防ぐ作用が期待できるのです!


完熟し真っ赤なトマトに、たくさんのリコピンが含まれているているので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。


リコピンの吸収をアップさせるコツ


1.油と一緒に摂取

リコピンは脂溶性(脂に溶ける性質)のビタミンです。そのため、少量の油を一緒に摂取すると、吸収率がアップします!


しかし、離乳食にたくさん油を使うと、赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまうので、少量のみにしましょう。


2.加熱する

リコピンは加熱すると、さらに吸収率が高まります。また、加熱することで殺菌される、酸味が和らぐ、柔らかくなるなどのメリットもあります。


トマトのビタミンCは鉄分の吸収を助ける役割も


トマトに含まれるビタミンCは、鉄分の吸収を助けると言われている栄養素。


生後6ヵ月ほどで、お腹の中で蓄えていた鉄分はほぼなくなります。そのため、食事から鉄分を補う必要があるのですが、鉄分は吸収率が悪いのです。


そのため、鉄分が含まれているレバーやほうれん草を使った離乳食に、トマトをプラスしてみましょう♪


トマトを下処理してより食べやすい離乳食に


赤ちゃんには、トマトの皮や種は飲み込みにくく消化しにくいので、皮と種を取り除いて加熱して与えましょう。


トマトの皮のむき方

1.加熱する

包丁で十字に切り込みを入れ、ヘタのところをフォークなどで刺してガスコンロにかざしたり、熱いお湯に付けたりすると、切り込みを入れた皮の端がはがれてきます。


2.冷凍する

種を取り除いたトマトをくし切りにし、冷凍保存。必要な量を取り出し、水につけると、簡単に皮がはがれます。


トマトの種の取り方

輪切りやくし切りにし、小さめのスプーンを使って種を取るのが簡単です。ゼリー状の部分ごと取り除いてOK。


プチトマトは?

プチトマトの場合も同じ方法で下処理しましょう。1~2個だけの場合は、電子レンジを使う方法がオススメ。


半分に切って種を取り除き、そのまま電子レンジで約30秒加熱します。加熱と皮むきが一度に済むため、時短にもなりますよ!


夏の恵み!旬のトマトを使った離乳食


ここからは、旬のトマトを使ったおすすめレシピをご紹介します。夏にピッタリな、さっぱりとしたレシピなので、暑くても食べやすいですよ!


1.トマト粥・トマト豆腐(離乳食初期)


トマトペーストとおかゆ(もしくは豆腐)に混ぜるだけの簡単レシピです。トマトの爽やかな酸味と甘味で、いつもと違ったおかゆが楽しめます。


トマトペーストを多めに作っておき、冷凍保存してもOK


>>レシピはコチラ<<


2.ミルクポテトのトマトソース(離乳食初期)


粉ミルクでのばした、ほんのり甘いマッシュポテトと、酸味のあるトマトが好相性な一品。


トマトの酸味が苦手な赤ちゃんでも食べやすいかも♪


>>レシピはコチラ<<


3.トマトリゾット(離乳食中期)


鶏の旨味とトマトの風味が食欲をそそる一品。これひとつで、炭水化物、たんぱく質、野菜がまとめてとれるのもうれしいですね!


玉ねぎをプラスしても美味しいですよ。


>>レシピはコチラ<<


4.ラタトゥイユ風(離乳食中期)


具の大きさを変えれば、離乳食中期(生後7~8ヵ月)から幼児食まで使えるレシピ。


じっくりと煮込むのでトマトの酸味が和らぐだけでなく、野菜の甘味や旨味が引き立ち、美味しくなりますよ!


>>レシピはコチラ<<


5.トマトとりんごのゼリー(離乳食中期)


トマトはデザートにもなってしまう優れもの。甘いりんごと合わせれば、離乳食中期(生後7~8ヵ月)以降の赤ちゃんのおやつに最適です。


あまり食欲がないときでも、つるっと食べられるのもオススメポイント♪


このレシピはゼリーにするために寒天を使っていますが、なくてもOKです。擦りおろしリンゴとトマトのデザートになります。


なお、ゼラチンは豚由来のため、離乳食中期は使用しないようにしましょう。


 >>レシピはコチラ<<


6.チーズとトマトの納豆丼(離乳食後期)


離乳食後期(生後9~11ヵ月)は、鉄分が不足しがちな時期。このレシピに使われている納豆は鉄分が含まれている食材です。


また、トマトのビタミンCが鉄分の吸収を助けます。


洋風の食材+納豆の意外な組み合わせですが、クセになる味です。


>>レシピはコチラ<<


7.豚肉のトマトソテー(離乳食後期)


トマトのさっぱりとした味わいが、暑い夏にピッタリ!


豚肉に含まれるビタミンB1、B2は夏バテ予防に効果的な栄養素です。


さらに、アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復効果が期待できます。赤ちゃんだけでなく、大人にもオススメのレシピです。

>>レシピはコチラ<<


8.ツナトマトうどん(離乳食後期)


暑い日には、つるっとのどごしがよい麺が食べやすいですね!


きざんだうどんに、トマトとツナを乗せるだけの簡単スピードメニューなので、時間がないときにもオススメ


少量のオリーブオイルをかけても◎。


>>レシピはコチラ<<


9.枝豆としらすの彩りごはん(離乳食完了期)


枝豆の食感としらすの塩気、トマトの酸味が絶妙にマッチ!トマトをつぶさないように、さっくりと混ぜるのがポイントです。


彩りが鮮やかなので、赤ちゃんも喜んでくれるかも♪


>>レシピはコチラ<<

10.牛肉のトマト煮込み(離乳食完了期)


牛肉は、鉄分が不足しがちなこの時期にピッタリな食材。トマトと一緒に煮込むことで、鉄分の吸収率がアップします。


ビーフケチャップ風の味付けで、ごはんが進むこと間違いなし♪

>>レシピはコチラ<<



夏が旬のトマトをどんどん離乳食に取り入れよう



暑い日でも、爽やかな酸味と甘さが特徴のトマトなら食べやすいはず。


真っ赤に完熟しているトマトを選べば、甘くて美味しいのはもちろん、栄養もたっぷり詰まっていますよ!


美味しくて体にいいトマトを離乳食から取り入れて、毎日元気いっぱいに過ごしましょう♪



\トマトにこだわるなら生協/


赤ちゃんに食べさせる離乳食は作り方だけでなく、食材もこだわりたいと感じますよね。ただ、スーパーの数ある商品から国産や無添加商品などを探すのは結構大変..。


そのため、離乳食時期から生協を利用するママが実は多いですよ!(私も契約中)


今ママびよりから資料請求頂くと全員に素敵なアイテムをプレゼント。この機会にぜひチェックしてみて下さい。


↓お申し込みはここから↓


(Photo by:写真AC

(参考文献:オススメは朝or夜?トマトの栄養リコピンを効率良く摂る方法|カゴメ株式会社

(参考文献:カゴメ株式会社 > もっと知りたい トマトと野菜 > トマト大学 > 医学部 > リコピンのさらなる可能性