モグモグ期とも言われる離乳食中期。離乳食初期に比べ、食べられる食材も増えてきます。「何か、体に良くて美味しい食材は無いだろうか?」そう思い、悩んでいませんか?


そんな時には「りんご」がオススメ!りんごには、赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん入っています。


ですが、赤ちゃんに与える際の調理法など、疑問に思うことも多いですよね。今回は、りんごの栄養素と一緒に、離乳食中期にオススメなレシピをご紹介します!


この記事の目次

離乳食中期に必要なりんごの栄養素と保存法


りんごは、離乳食初期から取り入れることができ、離乳食で人気の果物の一つ。


その理由は、すりおろして簡単に食べさせられるからというだけでなく、実は赤ちゃんに必要な栄養素がたっぷり入っているから。


ここでは、そんなりんごの栄養素とオススメの保存方法をご紹介します!


【りんごの効果】腸の働きを助けてくれる


りんごには、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸が多く含まれており、胃腸の働きが弱い赤ちゃんの消化を助けてくれます


カリウムで塩分を排出!

さらに、りんごに含まれているカリウムには、塩分を排出する働きがあります。赤ちゃんの塩分摂取量、気になりますよね。そんなときにもりんごが大活躍!


(ちなみにバナナにもカリウムがたくさん含まれていますよ♪)


りんごは食物繊維が豊富!

さらに、りんごといえば便秘に良いとされる水溶性の食物繊維が豊富に含まれていています


離乳食の量が増え、便秘がちなあかちゃんにもりんごはオススメですよ。


風邪予防にはやっぱりビタミンC


りんごにはビタミンCがたっぷり含まれています。量は少なくても、体内のビタミンCを増やす働きがありますよ。


離乳食中期と言うと、ちょうど免疫がなくなってくる頃。是非赤ちゃんの離乳食に取り入れたいですね!


りんごは冷凍保存がオススメ!


りんごって、皮を向いて置いておくと、直ぐに色がかわってしまいますよね。


すりおろしたりんごも、後で食べようと思った頃には美味しそうな色じゃなくなってしまっていたり。

 

そんな時は、冷凍保存がオススメです。


【りんご】冷凍保存の基本

1.すりおろしたりんごを、電子レンジで加熱します。


2.フツフツと沸いてきたら、粗熱を取り、製氷容器に入れる


3.冷めたことを確認して冷凍庫にいれたら完成。


とはいえ赤ちゃんの胃腸は未発達。冷凍保存したりんごは、一週間を目安に使い切るようにしましょう


出典:クックパッド


生のりんごはいつから?

新鮮でおいしいりんごを頂いた時など、赤ちゃんに生でりんごをあげても良いだろうか?と思うこともありますよね。


結論から言うと、生のりんごは1歳を過ぎてからあげるのがおすすめ。

 

実は、りんごは特定原材料に準ずる20品目のうちの1つで、アレルギー症状を引き起こす可能性がある果物なんです。

 

加熱することでアレルゲンを大幅に減らすことができるので、離乳食中期の段階では加熱してから与えたほうが安心でしょう。


離乳食中期にオススメのりんごレシピ6選

それでは、離乳食中期にオススメのりんごレシピを紹介します!


【離乳食中期レシピ1】さつまいもとりんご

甘くて美味しいりんごですが、酸味が苦手な子も…。そんな時は、あまーいさつまいもと混ぜてあげれば、赤ちゃんも大喜びですよ!

 

りんごとさつまいもの組み合わせは、食物繊維たっぷりでお通じにもよさそうですね。

 

【材料】(一人(六回分))

・りんご 1/2個・さつまいも 中1/6本
・さつまいも茹で汁 大さじ2

 

【作り方】

1.さつまいもは輪切りにし、厚めに皮をむいて水にさらしてアクをぬく。十分くらいしたら、柔らかくなるまで煮る。


2.りんごは皮をむいてすりおろす。10mlくらいの水と一緒に鍋に入れて火を通す。


3.1のさつまいもを茹で汁と分けてつぶし、茹で汁を加えてのばす。その中に2のりんごもいれて混ぜ、出来上がり。離乳食中期は、裏ごししなくてもスプーンやフォークでつぶすだけで食べられますよ!


☆参考:離乳食中期におすすめりんごレシピ☆

>>離乳食中期さつまいもとりんご☆<<


【離乳食中期レシピ2】トマトとりんごのゼリー

冷たくてのどごしのいいゼリーは、赤ちゃんのおやつにピッタリなだけでなく、熱があるときや食欲が無い時にもオススメ


かんてんなので溶けやすく、誤飲が心配な離乳食中期でも安心です。


材料】

・トマト:1個
・りんご:1/2個~2/3個
・粉寒天:2g
・水:適宜
・(ベビー用りんごジュース適宜)
【作り方】

1.前準備・トマトを冷凍しておく。


2.冷凍トマトの皮をむき(冷凍トマトは流水でつるっと皮がむけます)、種などの中身を取り除き、果肉のみをみじんぎりにする。


3.りんごはすべてすりおろす。


4.トマトとりんごを計量カップに入れ(だいたい200ccくらいでした)、450ccになるように、水を足す。


※このときトマトとりんごのもともとの甘味や、量が足りない場合は、半分くらいベビー用のりんごジュースを加えてください。


5.4を小鍋に移し、火にかけ、ふつふつするまで加熱しながら混ぜる。


6.粉寒天を振り入れ、しっかり混ぜて溶かす。


7.ふつふつしたまま1分程度混ぜて、しっかり煮溶かしたら、火からおろす。


8.あら熱が取れたら、ボウルなどの容器に移し変えて、冷蔵庫で冷やし固める。


9.食べる分だけお皿によそってあげてください。

※赤ちゃんの食べる量が少ないので、ボウルで固めてからよそいましたが、初めにゼリー用のカップなどに分けて固めてもOKです。


☆参考:離乳食中期におすすめりんごレシピ☆

>>【離乳食】中期~ トマトとりんごのゼリー<<


【離乳食中期レシピ3】りんごで味付けポテトサラダ


りんごと言えばポテトサラダ!と思うのは私だけでしょうか?


いつものポテトサラダにりんごを入れるだけで、おしゃれで子供が大好きな味になりますよね。

 

そんなりんご入りポテトサラダを離乳食にアレンジしたレシピがこちら。



【材料】

・じゃがいも(小):1/3〜1/2コ
・にんじん:5ミリの輪切り半分〜1コ
・きゅうり:5ミリの輪切り半分〜1コ
・りんご:5ミリ〜1センチのくし形切り1コ
【作り方】

1.じゃがいもをやわらかくなるまでゆでてつぶす。


2.きゅうりは皮と種を除いてみじん切り。


3.にんじんはやわらかくゆでたものを2〜3ミリの角切りに。


4.1に2を混ぜ合わせて、りんごのすりおろしを加えなめらかにする

☆参考:離乳食中期におすすめりんごレシピ☆

>>離乳食中期 りんごで味付けポテトサラダ<<

【離乳食中期レシピ4】きなこりんごパン粥


パンとりんごは相性抜群!赤ちゃんにはパン粥にして食べてもらいましょう。ご飯や麺に飽きたら、たまにはパンも良いですね。


【材料】

  • ・食パンの白い部分:25g

    ・りんご:1/8個

    ・きなこ:小さじ1

    ・お湯:大さじ2~

  • 【作り方】
  • 1.食パンの白い部分は細かく切り、お湯でふやかす。りんごはすりおろす。
  • 2.食パンの白い部分、りんご、きなこを混ぜる。様子を見ながらレンジに10秒~入れて出来上がり。

☆参考:離乳食中期におすすめりんごレシピ☆

>>【離乳食中期】きなこりんごパン粥 <<


【離乳食中期レシピ5】リンゴ人参ヨーグルト

風邪やインフルエンザの予防に、今、ヨーグルトは大注目されています。


そんなヨーグルトにりんごと人参をプラスすれば、風邪に負けない免疫力がつきますね!


【材料】

・リンゴ:1/4個

・人参:大さじ2(みじん切り)

・プレーンヨーグルト:大さじ2~3

 

【作り方】

1.リンゴは皮を剥いてみじん切りにし、耐熱容器に入れる。少量の水も加えて3分程度加熱し、柔らかい状態にする。


2.人参は皮を剥いてみじん切りにし、柔らかくなるまで茹でる。


3.1・2のリンゴ&人参を器に入れ、ヨーグルトも加えてよく混ぜ合わせたら完成♪

 

☆参考:離乳食中期におすすめりんごレシピ☆

>>離乳食中期♪リンゴ人参ヨーグルト<<


【離乳食中期レシピ6】りんごのみかんコンポート

りんごは加熱すると柔らかくなり、離乳食後期へ向けたモグモグの練習にもぴったり!りんごがみかんの汁を吸って、大人も食べたくなっちゃう1品です。


【材料】

・りんご:1/8個
・みかん:半分
【作り方

1.りんごの皮をむき5mm角に切る

2.みかんは搾る

3.耐熱容器にりんごとみかんの汁をいれ600wで約2分加熱する(りんごが柔らかくなるまで)

☆参考:離乳食中期におすすめりんごレシピ☆

>>【離乳食 中期】りんごのみかんコンポート<<


【離乳食中期レシピ7】お豆とりんごの甘煮


お豆も離乳食中期から取り入れたい食材。栄養満点でほんのり甘味もあるので、赤ちゃんに大人気です!


ごはんのおかずとしてはもちろん、ちょっとおなかが空いた時にも重宝しますよ!


【材料】

・乾燥豆:50g
・りんご:半分
※白花豆がおすすめです!

【作り方】

1.お豆を水で戻す。

(お豆のパッケージに書いてある水の分量と期間、もどしてください。2~3日かかる場合があります)

2.お豆を煮る。
※お好みでお砂糖を加えてください。
3.別のお鍋でりんごを煮る。
4.最後にお豆を煮た鍋に、煮たりんごを合わせてひと煮立ちしたら完成!

☆参考:離乳食中期におすすめりんごレシピ☆

>>【離乳食中期~】白花豆とりんごの甘煮<<


たくさんの栄養が入ったりんごは、赤ちゃんに欠かせない健康食品!


まだまだいろいろな食材を取るのが難しい離乳食中期。そんな赤ちゃんの栄養を補うのにりんごは大活躍します。


何か、体にいいものを作ってあげたい!というママに、「りんご」はとってもオススメです


1日1個のりんごは医者いらず。という言葉の通りですね。赤ちゃんとの楽しい毎日を送るためにも、是非レシピに取り入れてみてくださいね♪


(Photo by:写真AC