離乳食後期になると同時に複数の食材を食べさせるようになるもの。


また、食べ物の好き嫌いや手づかみ食べ、遊び食べなども増え、食事の準備・後片付けがさらに大変になってきます。


そこで今回は、そんなママの負担を少しでも減らす、冷凍保存にもぴったりな離乳食後期のレシピを集めました!


一度作る時に多めに作っておくだけで良いので、いざという時に大活躍な離乳食後期の冷凍レシピ


様々なメニューを集めたので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください♪


この記事の目次

離乳食後期の調理ポイント


一般的には離乳食後期とは生後9~11ヵ月頃と言われています。この時期は、歯ぐきを使って「カミカミ」をする練習の時期です。


食事回数は1日3回食。固さの目安としてはバナナになります。


個人差も考慮して離乳食づくりを


離乳食は、固すぎても柔らかすぎても丸のみしてしまう原因になります。


また、離乳食後期は個人差が大きい時期のため、赤ちゃんの様子を見て食べものの固さや量を決めていくことが大切です。


日によって食べる量や食べる物が変わる子もたくさんいます。そのため、食べムラについてあまり難しく考えなくても大丈夫。


私の子供も離乳食後期の頃はその日によって食べムラがありましたが、元気に大きく育ってくれていますよ♪


離乳食後期は"手づかみ食べ"が大切な時期


離乳食後期は、手づかみ食べが増えてくる時期でもあります。


ママは、食事の後片付けが嫌になってしまうほどの汚れっぷりに直面することも出てくるかと思います。


ですが、ここは子供の思う存分手づかみ食べをさせてあげましょう!


離乳食後期にたくさん手づかみ食べをすることで、その後のスプーンやフォーク、さらには箸への移行がとてもスムーズになるのです。


【体験談】2児のママの声


私も後片付けが本当に嫌になってしまう時期がありました。

 

でも、見守る!と心に決め、子供の思う存分手づかみ食べをさせたおかげか、2人とも子育て支援センターの職員さんや他のママさんはじめ、いろんな人にスプーンやフォーク、箸の使い方を褒められました。

 

次女は2歳前から箸を使い始め、育児の専門家として活動されている方もびっくりされるほどでした。

 

手づかみ食べが盛んな離乳食後期は、肌寒い時期であれば長袖のエプロンを使う、暖かい時期であれば食事後はシャワーに入る、床には新聞紙を敷いておく、などママの知恵の出しどころ。

 

ぜひ、時間と心に余裕がある時は、子供の食べ方を見守ってみてください♪


離乳食の強い味方、冷凍保存の3つのコツ


離乳食後期は1日3回の食事回数となり、基本的に大人と一緒の朝・昼・晩と食べます。


そうなると大変になってくるのはママの食事準備ですよね。そんなママにおすすめなのが、冷凍できる離乳食です。


冷凍した離乳食を用意しておけば忙しいときは解凍するだけ!食事の準備時間はもちろん、後片付けの時間も減らすことができて一石二鳥です♪


離乳食の冷凍保存のコツを見ていきましょう。


コツ1.冷凍する際は小分けにする


離乳食メニューを冷凍保存する時のポイントは、小分けにすること。


小分けにすることで早く凍らせることができ、解凍時間も短くすることができます♪

 

コツ2.冷凍した離乳食は1~2週間で使い切る


冷凍した離乳食は1~2週間程度を目安に使いきるようにしましょう。


赤ちゃんはまだ免疫力がしっかりとついていないため、できるだけ新鮮なものをあげるようにしてくださいね。


コツ3.市販の冷凍食品の力も借りて!


作った離乳食を冷凍するのも時短家事に役立ちますが、市販の冷凍食品も合わせて使うことも可能です。


特に、安心・安全にこだわった食材を扱い、幼児食・離乳食を提供している生協は本当に手が回らないときにママの強い味方です。


まだ試したことのないママは、ぜひチェックしてみて下さい!


現在、ママびよりでも、生協のお試しをお申し込み頂いた方全員に素敵な商品をプレゼント中♪ ぜひぜひこちらもチェックしてみて下さい。


☆生協の全員プレゼントキャンペーンはこちら☆

 

離乳食後期にぴったりな冷凍保存アイテムは100ml以上の保存容器


離乳食をスタートした時は、ジップロックの袋や製氷用の小分けのトレーを使って冷凍保存をしていた方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、離乳食後期になってくるとジップロックやトレーだと使いづらい場合も。


そのため、離乳食後期からは100ml以上の保存容器を使って1食分を冷凍保存するのもおすすめです。


特に主食になるものは後期になると1回あたり80~90gが目安となりますので、ご飯などは100ml以上の保存容器1つ分で1食分になります。


【ジップロック コンテナー 保存容器 正方形 130ml 4個】

(画像引用元:Amazon


離乳食用のものでなくとも、重ねて使えて冷凍に使える保存容器なら何でもOK!


ジップロックコンテナーは冷凍はもちろんのこと、解凍もこのままレンジで加熱するだけなので楽チンです。


これなら、離乳食を卒業してからも食品保存タッパーとしても長く使えますよ。


価格:858円

>>>購入はコチラ(Amazon) <<<


離乳食後期におすすめ!冷凍保存できるお助けレシピ

ここからは、冷凍保存にもぴったりな離乳食後期のおすすめレシピをご紹介します。


①炊き込みご飯


離乳食後期のメニューで重宝する炊き込みご飯♪


栄養満点で、一度にたくさん作れるので冷凍保存にもぴったりなレシピです。

 

私も離乳食の時から作り始めた炊き込みご飯、今でもその時々の具材を使って子供のご飯作りに重宝しています!


【材料】

・米:2

・ツナ水煮:1

・ひじき:50g

・ニンジン:1/2

★酒:大1

★みりん:大1

★しょうゆ:大2

・水:2.5合分


【作り方】

1.ニンジンは0.5cm角、ひじきは食べやすい大きさに切り、ツナは食べやすいようにほぐします。

2.炊飯器に米、★の調味料、水を加えて混ぜます。

3.ニンジン、ひじき、ツナを炊飯器に入れたら、あとはスイッチを押します。

4.炊きあがったら全体を混ぜて完成です!

☆参考☆

[離乳食後期]簡単☆炊き込みご飯


②手づかみお好み焼き


離乳食後期で大活躍の手づかみ食べ用レシピです。お好み焼きは野菜もたくさん取れるので、子供の離乳食にもぴったり

 

いろいろな食材を入れて作っても美味しいので、冷蔵庫を掃除したい時にもおすすめの一品!


納豆をひき肉に置き換えても、美味しく作れます♪


【材料】

・キャベツ:4

・ひきわり納豆:1/2パック

・小麦粉:大さじ2

・卵:1

・青のり:ひとつまみ

・納豆のタレ:1


【作り方】

1.キャベツを粗みじん切りにします。

2.ボウルに材料を全て入れ、混ぜ合わせます。

3.熱したフライパンに油を少しひき、弱火~中火で生地を焼いていきます。

4.程よく焼き色がついたらひっくり返し、大さじ2の水を加え、蓋をして蒸し焼きにします。

5.水気がなくなるまで焼いたら完成です!

☆参考☆

☆手づかみお好み焼き☆離乳食後期~完了期


③ハンバーグ


子供が大好きなハンバーグ


我が子も離乳食の時期から食べ始めましたが、出すといつもよく食べてくれていました!


「うちの子、ハンバーグなら食べてくれます!」と言っていたママに出会ったこともありますよ。

 

そんなハンバーグは、冷凍保存にもぴったり!炒めた玉ねぎを入れることで美味しさアップ間違いなしのレシピです♪


【材料】

・鶏ひき肉:150g

・豆腐:150g

・玉ねぎ:小さめ1/4

・ニンジン:お好みで

・ひじきやお好みの野菜:お好みで

・片栗粉:大さじ3

・しょうゆ:少々


【作り方】

1.玉ねぎをみじん切りにし、炒めて冷ましておきます。

2.片栗粉以外の材料をボウルに入れ、混ぜ合わせます。

3.最後に片栗粉を入れ混ぜ合わせたら、スプーンで丸めて成型します。

4.フライパンが温まったら、生地を入れて焼きます。

5.ひっくり返したら水を入れて蒸し焼きにし、両面焼けたら完成です!

☆参考☆

離乳食後期~完了期★簡単★ハンバーグ


④鮭のクリーム煮


鮭と野菜たっぷりのクリーム煮。いろんな食材との相性抜群です♪


使う野菜はその時お家にある野菜で十分。冷凍する時は製氷皿を使い、固まったら取り出し、冷凍保存用袋に移し替えて保存しておくのがおすすめ♪


こうすることで冷凍庫にスペースができ、製氷皿もまたすぐ活用できます。

 

【材料】

・生鮭:1切れ

・野菜(なんでも):大さじ9

・オリーブ油:小さじ1

・薄力粉:大さじ1/2

・牛乳:200cc

・塩:小さじ1/4


【作り方】

1.野菜をみじん切りにし、オリーブ油を入れた小鍋で炒めます。

2.弱火にして薄力粉を加え、全体に混ざったら少しずつ牛乳を入れ、強火にして沸騰させます。

3.生鮭を加え、かき混ぜながら5分ほど煮たら一度鮭を取り出し、骨と皮を取り除いてほぐし、鍋に戻します。

4.さらに5分ほど煮て、最後に塩で味付けをしたら完成です!

☆参考☆

離乳食後期~完了期 鮭のクリーム煮


⑤ミートソース


ご飯にもパンにもパスタにも使える「ミートソース」。


何にでも合う万能ソースなので、離乳食後期に冷凍保存しておきたい一品です。

 

我が家はいつも自家製ミートソースを冷凍室にストックしてあり、体調がすぐれない時や気分が乗らない時に大活躍♪


その時の気分によって合わせるものを変えることができ、子供も大好きな味なので冷凍ストックにおすすめの一品です!


【材料】

・挽き肉:150g

・玉ねぎ:1/2

・ニンジン:1/2

・トマト:1/2

・ケチャップ:大2

・水:150g

・コンソメ:ひとつまみ 

・オリーブオイル:少量

 

【作り方】

1.玉ねぎはみじん切りにし、ニンジンはすりおろし、トマトはざく切りにします。

2.鍋にオリーブオイルをしき、玉ねぎがキツネ色になるまで炒めます。

3.次にすりおろしたニンジンを入れて炒め、ある程度炒めたらひき肉を入れます。

4.ひき肉の色が変わったら、水とトマトを入れ5分ほど煮ます。

5.最後にケチャップを加えて10分ほど煮たら完成です!

☆参考☆

離乳食後期~完了期*ミートソース


⑥味噌汁


味噌汁も冷凍出来ちゃいます!


塩味の調節や大人用の味噌汁と作り分けることが大変な時などに大活躍しちゃいます。


今日はご飯しかない!というときにはおじやにしてしまうこともできますよ。



【材料】

・水:800㏄

・だしパック:1袋

・ニンジン:1/2

・玉ねぎ:1/2

・鶏ひき肉(モモ肉、胸肉):60~100g

・えのき茸:1/2

・小松菜:1/2束 

・豆腐:100〜150g
・卵:1〜2個
・味噌適量

 


【作り方】

1.ニンジン、玉ねぎ、小松菜、えのき茸をそれぞれ5mm角にみじん切りにします。

2.大きめの鍋に水とだしパック、みじん切りした人参と玉ねぎを入れて火にかけます。

3.沸騰してきたら鶏ひき肉を入れ、湯の中で崩していきます。アクが出てきたらその都度取ります。

4.肉に火が通ったらえのき茸、小松菜の茎の部分から先に入れ、その後、葉の部分を入れます。

5.豆腐を5mm角程に切って入れます。

6.全体に火が通ったら1度火を止めて、味噌を入れて味付けします。

7.再び火にかけて、卵2個を溶いて流し入れます。塊にならないように少し菜箸でかき混ぜます。

8.卵が固まって火が通ったら完成です!

 

☆参考☆

【離乳食後期】栄養満点!冷凍味噌汁


➆肉まん


肉まんは、ラップをして冷凍保存可能です。解凍するときはラップを外して水を霧吹きで吹き付けるか、一瞬だけ水にくぐらせてからラップをし直してレンジで加熱。


中身は鶏肉ですが、さつまいもやかぼちゃ餡にするとおやつにもなる手づかみ離乳食後期レシピです。


【材料】(約5個分)

・鶏ひき肉:50g

・お麩:適量(4個~)
・ニンジン:15g
・片栗粉:小さじ1
・白菜:30g
・玉ねぎ:20g
・しょうゆ:小さじ1
・パン粉:50g
・水(もしくは牛乳等):大さじ5強

 

【作り方】

1.パン粉に水を加えて混ぜ、ふやかしておきます。

2.中に入れる鶏だんごのベースを作ります。お麩は砕き、ニンジン、白菜、玉ねぎはみじん切りにして、片栗粉、しょうゆを加えて混ぜ合わせます。

3.混ぜ合わせただんごのベースは食べやすい大きさに丸めていきます。

4.丸めただんごをしっかり茹でます。(残りのゆで汁は離乳食のスープ、だし等に活用できます)

5.ふやかしておいたパン粉をラップの上に敷きます。

6.パン粉の上に鶏だんごを乗せ、鶏だんごが隠れる様に巾着を作るように絞ります。手で握ったり、空気を抜くようにきつめに絞りましょう。

7.包んだラップをすこし緩めます。きつく絞った状態でレンジ加熱すると
ラップが破裂する場合があります。

8.ラップのまま、肉まんを600wのレンジで50秒~1分程加熱すればできあがりです。

☆参考☆

離乳食 後期 手掴み*パン粉で肉まん*


⑧かぼちゃのサラダ



かぼちゃの甘味で、特に味付けをしないのにパクパク食べられる離乳食レシピです。


バターを混ぜたり、しょうゆやダシを少しだけ混ぜて和風かぼちゃサラダ。また、チーズをのせて焼けばグラタン風になるのでアレンジ自在なのもうれしいですね。


【材料】

・かぼちゃ:1/4個
・ニンジン:1/4本
・玉ねぎ:1/4個
・ブロッコリー:3房


【作り方】

1.かぼちゃは1〜2㎝角に切ります。

2.ニンジン、玉ねぎ、ブロッコリーは食べやすい大きさのみじん切りなどにします。

3.鍋に水と1と2を入れて沸騰させ、そのまま煮込みます。

4.かぼちゃが煮えたらザルに上げて水分を切り、ボールに入れてかぼちゃを潰しながら野菜を混ぜ合わせます。

☆参考☆

離乳食後期〜幼児食 かぼちゃのサラダ


⑨手掴み焼おにぎり


手づかみで食べてもらいたいかわいいおにぎりも冷凍OK! 解凍するときは、水を数滴垂らし、ラップでくるんだまま、レンジで温めましょう。


具はお好みで、赤ちゃんの好きなものを混ぜてあることができます。納豆を混ぜるときはご飯がまとまりにくくなるのでお箸を使ってフライパンの上に落とします。


【材料】

・ご飯:大人茶碗1杯×3
・小麦粉:大さじ1×3
・オリーブオイル、またはごま油:少々


■具(お好みで)

●じゃこわかめ
・じゃこ:大さじ1
・乾燥わかめ:小さじ1
・いりごま:小さじ1
・しょうゆ:適量


●鮭わかめ
・鮭切り身:1/2切れ
・乾燥わかめ:小さじ1
・しょうゆ:適量


●じゃこ納豆
・納豆とタレ:1パック(30g)
・じゃこ:大さじ1
・小ねぎ(みじん切り):小さじ1


【作り方】

1.わかめは水で戻して細かく刻みます。鮭は茹でて骨を取り、ほぐしておきます。また、小ねぎはみじん切りにします。
2.具材とご飯、小麦粉を混ぜます。

3.具をそれぞれご飯に混ぜ入れて、小さいおにぎりを作ります。

4.フライパンに油を引き、中火でおにぎりを焼きます。

5.すぐに食べない分はラップでふんわり包んで冷凍します。

☆参考☆

【離乳食後期〜】冷凍可☆手掴み焼おにぎり


⑩林檎のパンケーキ


りんごの優しい甘さが食欲をそそるパンケーキ。離乳食後期のおやつにピッタリです。手づかみ食べにおすすめです。


1個ずつラップでくるんで冷凍しましょう。


【材料】

・ホットケーキミックス:200g
・牛乳:180ml
・すりおろしりんご:80g *BFりんごなら1瓶

・油:適量


【作り方】

1.材料を全てボールに入れてよく混ぜます。


2.フライパンに油を引き、両面を焼き色がつくまで中火でじっくり焼きます。


☆参考☆

*離乳食後期*林檎のパンケーキ


"冷凍ストック"活用して離乳食準備をスムーズに

"冷凍ストック"活用して離乳食準備をスムーズに


手づかみたべや食べムラなど、離乳食後期の赤ちゃんには悩まされるママも多いでしょう。


そんな時は、離乳食を冷凍して一品だけでも簡単に準備できるようにしておくのがおすすめです!


ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にして下さいね♪


(Photo by:写真AC