生後9ヶ月頃になると始まる手づかみ食べ。我が家では、2歳半を過ぎた今でもフォークやスプーンて食べるより、手づかみ食べで食べることの方が多いです。


今回は、手づかみ食べにおすすめのレシピをアンケートで大募集!甘いおやつからしっかりごはん系まで、ママに聞いたおすすめレシピをご紹介します。


手づかみ食べは、意外と長い期間あるもの。ぜひ参考にしてみてくださいね。


★★引き続き離乳食レシピ募集中です!★★

アンケートに採用された方全員Amazonギフト券プレゼント

→→こちらよりご回答お願いします。←←


この記事の目次

手づかみレシピ1:nutteさんの「ごはんたっぷり!おやき」


最初にご紹介する手づかみレシピは、nutteさんのほうれん草がたっぷり入ったおやき。


おやきといえば、離乳食レシピで定番の手づかみレシピですよね。


nutteさんのレシピは、ツナ缶の塩分とほうれん草のバランスが絶妙にマッチ!ごはんもしっかり入っているのでメインレシピにもなります。


暑い夏の日でも、食欲が進みますよ!ぜひ試してみてくださいね。


材料(2~3人分)

・ご飯1膳 


・ほうれん草 一つかみ


・卵 1個


・ツナ缶 1つ


・かたくり粉 スプーン山盛り2杯


作り方

1.ほうれん草は子供が食べられるサイズに切る


2.全ての材料を混ぜあわせる


3.子供が食べやすいサイズでフライパンに並べる


4.蓋をして弱火で20分程度焼く。


5.両面にこげめがしっかりついたらできあがり!


★手づかみおやきのポイント★


・しっかりごはんが入っているので、小腹が空いた時や食欲がない時に簡単に食べられるのでおすすめです。


・にんじんやひき肉など、お子さんのお好みの野菜を入れてアレンジするのもOK


レシピ提供ママから一言!

離乳食作り、頑張っていたのは一人目の時だけだったなぁ。


(東京都在住・nutte)


【編集部より】


ツナ缶といえば、離乳食で大活躍する食材の一つ。こちらのメニューにチーズを追加して、とろみがあるおやきを作ってみましたが美味しかったです!


2歳半を過ぎた我が子は、いまだにおやきが大好物!これからも、食欲がない夏の時期などはおやきで栄養を摂取していこうと思いました


nutteさん、レシピのご提供ありがとうございました!


手づかみレシピ2:シロクマさんの「お好み焼き感覚!じゃがいも焼き」


次に紹介する手づかみレシピは、お好み焼き感覚で食べられるじゃがいも焼き。

ほくほくしたじゃがいもと、とろけるチーズの相性が抜群!


簡単に作れるので、忙しいママにもおすすめです。


材料(ストック分有り)

・じゃがいも 1個


・とろけるチーズ 1枚


・小麦粉 適量


・お好みの野菜やお肉 適量


作り方

1.じゃがいもを千切りにする


2.1にとろけるチーズと小麦粉を入れる


3.お好みの野菜やお肉をみじん切りにする


4.1~3をすべて混ぜあわせる


5.あたためたフライパンに、ミニお好み焼きを焼く感覚で両面焼く


6.焦げ目がついたら出来上がり!


★手づかみレシピのポイント★


・味つけが足りない場合は、塩や醤油で調整するのがおすすめです。


レシピ提供ママから一言

栄養が偏らないようにバランスよく食べてもらいたいなと思っています。


(岩手県在住・シロクマ)


【編集部より】


じゃがいもとチーズの相性って抜群ですよね!我が家では、卵やウィンナーを投入してオムレツとお好み焼きの中間焼きのようなメニューをよく作ります


油を引くのが苦手というママは、フライパンの上にクッキングペーパーを引くとくっつかないのでおすすめです。


アレンジ可能なじゃがいも焼き、ぜひ作ってみてくださいね。


シロクマさん、レシピのご提供ありがとうございました!


手づかみレシピ3:ピノキオさんの「にんじんホットケーキ」


続いての手づかみレシピは、にんじん入りのホットケーキ。


ホットケーキミックスを使えば、混ぜて焼くだけで簡単手づかみレシピの完成。お砂糖やバターを足さなくて良いのも、手軽さの秘密ですよね。


お菓子作りが苦手なママでも、ホットケーキミックスがあれば問題なし!ぜひ試してみてください。


材料

・ホットケーキミックス 1袋


・卵 1個


・牛乳 適量


・にんじんのすりおろし お好きなだけ


作り方

1.にんじんをすりおろす


2.ホットケーキミックスと卵、牛乳、1を加えて混ぜあわせる


3.フライパンを温めてから、小さめのホットケーキを作る


4.完全に火が通ったら完成!


★手づかみレシピのポイント★


・にんじんの甘味だけだと足りない場合は、完熟したバナナを混ぜると、自然な甘味が増してさらにおいしくなります。


【編集部より】


こちらのにんじんケーキは、野菜が苦手な子供でもパクパク食べられるレシピの一つ。


にんじんの鮮やかなオレンジ色が綺麗で、目でも楽しめますね。シロクマさん、レシピのご提供ありがとうございました!


手づかみレシピ4:てるままさんの「米粉でとろとろお好み焼き」


次に紹介するのは、てるままさんの「米粉でとろとろお好み焼き」。


パンやお菓子、お好み焼きのほとんどには小麦粉が使われています。しかし、小麦アレルギーである子供は、意外と多いもの。そんな時に活躍するのが米粉!


米粉を使ったお好み焼きなら、小麦アレルギーのお子さんでも安心食べることができるのでおすすめです。


材料(3回分)

・米粉 40g


・水 60ml


・キャベツ 150g


・にんじん 15g


・玉ねぎ 15g


・ひき肉 80g


・子供用ソース 適量


・マヨネーズ 適量


・青のり 適宜


作り方

1.野菜はすべてみじん切りにする(うちはチョッパーでやってます)


2.米粉と水を入れて溶きながら混ぜる


3.1と2とひき肉を混ぜる


4.両面各4分焼く


5.完全に火が通ったら、お好みでソース・マヨネーズ・青のりをかけたらできあがり!


★手づかみレシピのポイント★


・すぐに食べない時は、1つずつラップに包んで冷凍するのがおすすめです!


レシピ提供ママから一言

こちらのお好み焼きは、野菜やお肉があまり食べてくれない息子が喜んで食べてくれます。


冷凍出来てストックも出来る&シンプルなので飽きる前に食べ切れる!


栄養バランスも大事だけど、母も子も楽しく食事の時間が過ごせるのも大事だなぁと思います。


(東京都在住・てるまま)



【編集部より】


我が家では、離乳食を始めた時に小麦粉がもしかしたらアレルギーかも、と思う場面が何回かありました。


そんな時に活躍したのが米粉!


米粉って、小麦粉に比べて腹持ちが良いんですよね。私の子供は、アレルギーが解消された今でも米粉パンや米粉のお好み焼きなどを好んで食べています。


我が子に好き嫌いやアレルギーがあっても、てるままさんがおっしゃっている、「楽しみながら食事をする」ことを目指していきたいなと感じます。


レシピのご提供ありがとうございました!


冷蔵庫の余り野菜で手づかみレシピを作ってみて

今回の手づかみ食べアンケートでは、多くのママが「冷蔵庫の余り野菜を入れると良い」と教えてくれました。


冷蔵庫が片付いて一石二鳥ですね!


さらに手づかみ食べは、食材の触感を手で感じたり、運動能力を高める(食べ物をつかんで口に運ぶという動作)ともいわれており、赤ちゃんや子供は積極的にさせた方が良いと、栄養士さんが教えてくれました。


多少汚れても問題なし!栄養満点で簡単な手づかみレシピを、ぜひ試してみてくださいね。


【調査概要】
期間: 2017年10月20日~
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー

(Photo by:写真AC )