身体も学習能力も伸びが大きい幼児期の教育。だからこそ、幼児教育をどうしようか悩むママは多いものです。


幼児教育に関する情報も、ネットやメディアで手軽に知ることができますが、あまりに情報が多すぎるために、どの情報を参考にしたらいいのか悩んでしまうことも。


そんな時におすすめしたい、幼児教育の参考になるおすすめの本を紹介します。


この記事の目次

幼児教育におすすめの本21選!


ここでは、多くのパパやママ、保育関係者が「幼児教育の参考になる」と口コミでも評判されているの本をまとめてあります。


子供の教育環境を整えたり、関わり方の参考になるのでチェックしていきましょう。


幼児教育におすすめの本1:3000万語の格差:赤ちゃんの脳を作る、親と保育者の話しかけ


生まれた瞬間から最初の数年間までに、親や保育者が子供とどれだけ話したかですべてが決まると言われています。


科学的な裏づけと著者の具体的な実践から、赤ちゃんとの関わり方をまとめている本です。


Amazon価格(税込):1,944円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本2:こども・保育・人間


親は、子供に「ないもの」に目が行きがちですが、子供の中に「あるもの」を探すことが重要です。

この本で、子育ての指針や大切なポイントを知ることができるでしょう。

Amazon価格(税込):1,944円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本3:0.1.2さい児の遊びとくらし


子供の年齢に合わせた発達のサインの読み取り方と、その関わり方について紹介している本です。

指先や体を使った遊びなどは、図解でわかりやすくまとめてあるので、読みやすいのも魅力のひとつです。


Amazon価格(税込):1,944円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本4:学びを支える保育環境づくり


子供がのびのびと遊べる環境作りや、親が快適に過ごせる環境作りについてまとめてあります。

全国の保育施設を実例にあげていますが、快適な子育て環境作りについては家庭でも取り入れることができる内容が記載された本ですよ。


Amazon価格(税込):2,376円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本5:乳幼児がぐんぐん伸びる幼稚園・保育園の遊び環境25の原則


遊びの環境作りは、子供のすこやかな成長に欠かせない重要なポイント。


この本では、子供の自立や協調性、創造性を高める環境作りについて紹介しています。


お金をかけなくても、工夫次第で子育てに必要な環境が整えられますよ。


Amazon価格(税込):1,700円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本6:日本の子供の自尊感情がなぜ低いのか


日本の子供は自尊心が低いといわれる原因やその対処法について学べる本です。


自尊感情をどう扱うべきなのかについて考えることができるのがおすすめポイント


Amazon価格(税込):864円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本7:あそびびの中で子供は育つ


こども園29園で実践されている保育の実践例が書かれてます。


あそびの中で育まれる協同性や主体性を遊びを通じて学ぶ方法、教材や素材の工夫など幼児教育に必要な情報がまとまっているのでおすすめです。

Amazon価格(税込):2,592円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本8:子供の「脳」は肌にある


芸能人の梨花さんがInstagramで投稿されて話題となった書籍。


子供の心が成長するためには、肌の触れ合いが欠かせません。そんな、子供とのスキンシップの大切さを学ぶのにおすすめの本です。



Amazon価格(税込):756円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本9:子供がこっちを向く「ことばがけ」


子供が納得して笑顔になれるという、言葉のかけ方が分かりやすく書かれている本です。


2歳になり、子供と言葉でコミュニケーションができてくると、コミュニケーションで困ることもでてきます。


そんな時に手にとってみてはいかがでしょうか。


Amazon価格(税込):1,015円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本10:「やる気脳」を育てる


テレビ番組にも多く出演している、脳科学者澤口俊之の本。人間性知能「HQ」を発達させる方法が書かれています。


子供のやる気スイッチをONにしたいと感じる機会は教育やスポーツの中でたくさんあるので、そんな時におすすめです。


Amazon価格(税込):1,296円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本11:6歳までにわが子の脳を育てる90の方法


最先端の脳科学をもとに、 「脳はこうしてつくられる」ということを解説してあります。


どのようにすれば子供の脳を育てられるのか具体的な例で学べますよ。


Amazon価格(税込):1,620円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本12:気持ちの本


「うれしい・悲しい・くやしい・さびしい」という、人間にとって大切な感情について考えられます。


言葉で感情を伝えることの大切さを学べるのでおすすめです。


Amazon価格(税込):1,512円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本13:すこしの努力で「できる子」つくる


適切な時期に必要な教育をおこなう方法がまとまっています。


付属の「やるべきこと」「やってはいけないこと」リストも参考になるでしょう。


Amazon価格(税込):596円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本14:成功する子は食べ物が9割ー幼児、小学生ママ必読!冷蔵庫の中身がカラダの中身


子供の体を作るための食生活について書かれています。


子供の食事や、栄養管理をおこなうママには欠かせない情報といえるでしょう。


Amazon価格(税込):1,404円

購入はこちら:Amazon

 

幼児教育におすすめの本15:考える力、感じる力、行動する力を伸ばす子供の感情表現ワークブック


子供が自分の気持ちや他人の気持ちに気づき、人とかかわるためのワークブックです。


家庭だけでなく、保育園や幼稚園、学校などで、先生や友達と一緒に楽しく過ごす方法を学べます。


Amazon価格(税込):2,160円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本16:12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣


自信のある子を育てるためのポイントがまとまっている本です。


今話題のモンテッソーリ教育を取り入れたメソッドも記載されているので、気になっているママはぜひお手にとってみて下さい。


Amazon価格(税込):1,404円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本17:子供が聴いてくれる話し方と子供が話してくれる聴き方


子供の人生にも影響を与える、コミュニケーション力を身につける方法がまとまっている本です。


子供が聴き上手、話し上手になるポイントが、年齢や状況によって解説してあります。

Amazon価格(税込):1,836円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本18:0歳からの母親作戦ー子供の心と能力は0歳で決まる


子供の成長に重要な、幼児期の教育を時期別に紹介しています。


母親の影響が大きいこの時期ならではの、環境作りの話は要チェックです!


Amazon価格(税込):566円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本19:モンテッソーリ教育で子供の本当の力を引き出す!


魔法のような楽しい幼児教育として注目されているモンテッソーリ教育。


この本では、家庭でできるモンテッソーリ教育によって、 子供の自立・集中力・判断力が鍛えられます。


Amazon価格(税込):702円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本20:子供が育つ魔法の言葉


子供がすこやかに育つために必要な言葉をまとめた本です。


子供にかけたい言葉、言ってはいけない言葉を知って、自信をもって子どもと向き合いましょう。


Amazon価格(税込):596円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育におすすめの本21:子供の「10歳の壁」とは何か?乗り越えるための発達心理学


子供の運動神経や学力に差が現れ始める10歳の壁について解説した本です。


「飛躍の時」ともいわれるこの時期を、順調に迎えるためのポイントが、わかりやすくまとまっています。


Amazon価格(税込):842円

購入はこちら:Amazon 


幼児教育関連の本は一冊持っておくと安心


幼児期は、親とのかかわりが子供の成長に大きく影響する時期です。


ここで紹介した、幼児教育におすすめの本を参考にしながら、子供とのかかわりを改めて振り返ってみることも大切な時間になるかもしれません。


また、正解がない子育てだからゆえ、いつも悩みはつきもの。幼児教育の本は持っておくとちょっとした心の支えになることもありますよ。


Photo by Photo AC