英語教育を幼児期から始めると、ネイティブの発音をどんどん吸収できるため、とても効果的だと言われています。しかし、どんな教材を使えばいいのか悩みますよね。


そこで、幼児の英語教育におすすめの人気教材を10種類ピックアップしました。通信講座や通販で購入できるものまで網羅しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


この記事の目次

家庭での英語教育に成功させるためのコツ


幼児のうちは、英会話教室に通ってもなかなか集中できなくて結局やめてしまった…という声をよく耳にします。そんな時におすすめなのが家庭での英語教育です。

 

英語が苦手なパパやママも大丈夫。最近は家庭での英語教育向けの教材がとても充実しています。

 

そこで、教材選びの前にまずは家庭での英語教育を成功させるためのコツを押さえておきましょう。


英語教育成功のコツ1.楽しんで学習できることを重視

小学1年生でも、集中力が30分持てば素晴らしいと言われています。


となると、幼児はどうでしょうか。幼児の場合10分集中できれば奇跡的。まったく集中できないものがあってもそれが普通です。

 

しかしそんな幼児でも、大好きな遊びには集中して取り組みますよね。幼児は楽しいことなら大人がびっくりするくらいの集中力を発揮するのです。

 

やはり家庭で英語教育をするなら、少しでも幼児が集中できる楽しい教材を選ぶのがおすすめ。


幼児にとっては遊びも立派な経験です。教材のレベルも大事ですが、幼児の興味についても考慮しながら教材選びをしてみてくださいね。


英語教育成功のコツ2.短時間でも毎日コツコツ続ける

幼児の英語教育で大事なのは、英語教育の習慣化。毎日10分でも構いません。とにかく毎日コツコツ続けることが大切。

 

そのため、幼児の英語教材はDVDCDなど流しておくだけの教材も多いです。流しておくだけでも幼児の耳に英語が届くので、幼児が興味を示さなくてもそれなりに学習効果が得られます。

 

ただ、さらに学習効果を高めたいなら、パパやママも一緒になって教材を楽しむのがおすすめ


パパやママが楽しいことは幼児も興味津々です。できれば学習開始時間を決めて、幼児の毎日の生活のリズムの中に英語教育を自然に取り込めるといいですね。


サポート付き!おすすめ英語教材


幼児向けの英語教育は、教材とサポートがセットになっているタイプのものが多いです。サポート体制が整っていたら、英語教育に関する疑問も解決できるのでパパやママも安心。

 

最近はスマホを使用したオンラインの英語教材も人気なので、毎日続けていけそうな教材を探してみてくださいね。


幼児向けおすすめ英語教材1.パルキッズ


幼児向け英語教育をやってみたい!と思って英語教育をしている先輩ママに声をかけると、パルキッズをおすすめされることも多いですよね。


パルキッズはCDを聞かせるだけで英語が身につく大人気の英語教育法を実践。

 

たとえパパやママが英語を話せなくても、子供たちはネイティブな発音で英語が話せるようになります。オンラインレッスンも受けられるので、幼児でもたくさんの英語を学べるので英語学習の基礎作りに最適です。

 

▼詳しくはこちらから▼

 

>>パルキッズ<<


幼児向けおすすめ英語教材2.えいごであそぼプラネット


NHKの人気英語教育番組『えいごであそぼ』から誕生した幼児向け英語教材。


どちらかというと英語教育より英語あそびのための教材と言った方が適切かもしれませんね。

 

CDDVD、絵本、辞典、ゲームブック、ぬいぐるみ…などたくさんの教材が届くのも魅力の一つ。英語教育の導入におすすめの英語教材です。

 

▼詳しくはこちらから▼

 

>>えいごであそぼプラネット<<


幼児向けおすすめ英語教材3.ワールドワイドキッズ


ワールドワイドキッズは幼児通信教育の大手ベネッセコーポレーションが手掛けている英語教材なので、幼児の興味を引く教材がそろっています。

 

また、ワールドワイドキッズは購入後のフォローが6年間あるのもおすすめしたい理由の一つ


2回のオンラインレッスンなどを受けるうちに、楽しみながらたくさんの英語が話せるようになりますよ。

 

▼詳しくはこちらから▼

 

>>ワールドワイドキッズ<<


幼児向けおすすめ英語教材4ABCmouse.com英語学習アカデミー


幼児向け英語教育をオンラインで受けることができるのをご存知ですか?


オンライン英語教育の代表格と言えばABCmouse.com月々約1000円で受講できるのもおすすめポイント。

 

ABCmouse.comはアメリカの家庭でも幼児期から利用する英語教材。そのため、小さいうちから始めると、ネイティブな発音が自然に身につくなどいいこと尽くしと大人気です。

 

▼詳しくはこちらから▼

 

>> ABCmouse.com<<


幼児向けおすすめ英語教材5.セブンプラス・バイリンガル


セブンプラス・バイリンガルは七田式英語教材として人気の「セブンプラス・イングリッシュ」の幼児向け英語教材です。


セブンプラス・バイリンガルのおすすめポイントは、なんといっても「3倍速」訓練

 

幼児向けの英語教育はゆっくりと正しい英語の発音を教える教材が多いですが、その3倍速の英語を聞き取ることで、ネイティブの会話も聞き取れるようになります


余分な教材がなくかさばらないので、収納場所を取りたくない!という方にもおすすめです。

 

▼詳しくはこちらから▼

 

>>セブンプラス・バイリンガル<<


幼児向けおすすめ英語教材6.アルクエンジェルコース


アルクの英語教育エンジェルコースは、赤ちゃんがおなかにいるころから始められる英語教材。もちろん幼児期にも学習可能。

 

モーツァルトの音楽をBGMにして英語を学べるので、幼児でも落ち着いて英語教育に取り組むことができますよ


CDがメインの英語教育システムなので、幼児期にテレビをあまり見せたくないというパパやママにもおすすめの教材です。

 

▼詳しくはこちらから▼

 

>>アルクエンジェルコース<<


幼児向けおすすめ英語教材7.グローバルクラウン


最近家庭でできる英語教育で人気急上昇中なのがグローバルクラウン。


グローバルクラウンの講師は全員帰国子女または留学経験者、もしくは海外在住者。つまりみんなネイティブな発音が当たり前にできる講師ばかり。

 

とはいえ困ったときは日本語でサポートしてくれるので、幼児でも安心してオンラインレッスンを受けることができますよ。英語での実践的なコミュニケーションを身につけさせたいパパやママにおすすめです!

 

▼詳しくはこちらから▼

 

>>グローバルクラウン<<


通販で購入できる!おすすめ英語教材


サポート付きの英語教材もいいけれど、もっと気軽に始めたい…というパパやママにおすすめなのが、通販でも購入できる英語教材です。


サポートがない分、教材にはよりよい英語教育ができるように保護者向けの解説が付属しているものも。

 

教材を共有することもできるので、兄弟で一緒に英語教育をさせたい場合などにもおすすめですよ。


幼児向けおすすめ英語教材8.アルクの2000語えいご絵じてん


幼児の英語教育用の書籍の中でも群を抜いて人気の『アルクの2000語えいご絵じてん』に音が出るペンがセットになって登場。英語の発音に自信がないパパやママにもおすすめ

 

ただ英単語が聞けるだけでなく、イラストのシーンでの会話例やクイズも聞けるので、幼児でも飽きることなく英語教育に取り組めますよ。

 

Amazon価格:¥14,606(税込)

購入はこちら:Amazon


幼児向けおすすめ英語教材9.英語教育Goomies

幼児が自ら「見たい!」と言い始める英語教育のDVDと言えばこのGoomies。


我が家も、子供が1歳のときに購入し、かわいいキャラクターや楽しいアニメに息子は釘づけ!

 

一緒に歌って踊ることもでき、何度か繰り返し見ていると自然に口から英語が出てくるようになります!


アニメはトイレやお風呂など毎日関わるものが題材に。身近なものが題材になっているおかげで幼児でもまねしやすいので、日常会話に英語を織り交ぜたいパパやママにおすすめの教材です。

 

Amazon価格:¥3,888(税込)

購入はこちら:Amazon


幼児向けおすすめ英語教材10DinoLingo英会話学習プレミアムセット


DinoLingoの英語教材は何といってもその充実ぶりから多くの支持を得ています。


CDDVD、フラッシュカード、ポスター…至れり尽くせりのセットに、子供は届いた瞬間から夢中。

 

海外でもスタンダードになっている完全イマージョンプログラムを採用しているので、幼児でも自然に英語の学習ができるよう工夫されていますよ。世界各国の幼稚園で使用されているので、とても信頼できる教材です。

 

Amazon価格:¥29,760(税込)

購入はこちら:Amazon


お試し教材で子供にぴったりな英語教育法を見つけよう!


幼児向けの英語教材はなかなか高額なものが多いですよね。そのせいで、教材選びも慎重になってしまいがちです。


しかしその間にも子供はどんどん成長しています。

 

幼児向けの英語教材にはお試し教材が請求できたり、教材や学習内容を紹介した動画を配信しているものも多いので、まずはそれらをチェックするのがおすすめ。

 

高額な英語教材を購入したのに結局使わなかった…ということがないように、慎重に、かつ効率よく教材選びができるといいですね。

 

Photo by Photo AC