3歳といえば、教育機関である幼稚園に入園する子も多いのではないでしょうか?集団生活に入り、教育に触れ、いっきに世界が広がる時期ですね。


脳が柔軟で成長著しい時期だからこそ、気になるのは「3歳にどんな教育ができるのか」ということ。


今回は、家庭において遊び感覚で教育を取り入れられるおもちゃを集めてみました!


この記事の目次


3歳ってこんな時期


3歳になると、いわゆる「いやいや期」が少し落ち着いてくるようです。これは脳の発達に伴い、自分の気持ちを伝えられるようになってくるから。


また「ワンワン 大きい いた」といった具合に、複数の単語を組み合わせて話すことができるようになります。


好奇心が旺盛になり、2歳までの時以上に自分でなんでもやってみたくなることも。一方でお友達と一緒に遊べるようになったり、ルールを少しずつ理解し、我慢をおぼえるようになります。


まるでスポンジのように、あらゆることをどんどん吸収できる3歳の時期だからこそ、遊びを通して家庭でも「教育」に触れさせたいですよね。


【3歳からの教育】おすすめおもちゃ<パズル編>


3歳児が遊び感覚で、教育の効果を得られるおもちゃとして、「パズル」「ゲーム」「ひらがな」にフォーカスを当ててみました。まずはパズルのご紹介です。


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(1)】キュボロ クゴリーノ スタート


将棋の藤井棋士が、幼い頃に遊んでいたとして注目されたキュボロ。一時期は品切れ・数ヶ月待ちの人気ぶりでした。


ピースを自由に組み合わせて、ビー玉の通り道を設計していきます。自然とビー玉の動き方を想像し、空間認知の力を養うことができるおもちゃです。


レビューを見ていると、3歳ごろから遊び始めているケースが目立ちましたよ。モンテッソーリ教育で取り入れられていることでも、おなじみですね。


Amazon価格:¥29,650- (税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(2)】HABA(ハバ)ブロックス スターターセット


こちらは、世界一のおもちゃ大国ドイツから、乳幼児玩具で有名なHABA社の木製おもちゃ。遊びながら学ぶことができ、空間認識の発達を促します。


空間認識の力を教育することはなかなか難しく、こういったおもちゃを通じて「体感する」ことが何よりの近道。


シンプルな積み木だからこそ、新たな形を発見できます。想像力を活かしてさまざまな形が作れそう!


カラーより無塗装のほうが作るときに楽しめるし、可能性も無限だと感じたのも選んだ理由です。


品質も良く、子どもも楽しんで遊んでいます。


Amazon価格:¥11,980- (税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(3)】くもん 日本地図パズル


教育のパイオニアといえば、くもん。そんなくもん出版から、楽しく日本の地図が学べるパズルの登場です。


47の都道府県を正確な形に再現。パズル遊びをしながら厚めのピースを枠にはめ込むことで、いつの間にか位置と県名を楽しく覚えることができます。


片付けも考慮されており、本棚に収納しやすい設計です。


日本の地図は小学生の社会で学びますが、小さいころに興味をもって夢中になったことって、しっかり脳に刻まれて忘れにくいものです。


対象年齢は5歳からですが、ちょっと早めに取り入れてみてはいかがでしょうか?


Amazon価格:¥1,854- (税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)

【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(4)】知の贈り物シリーズ「賢人パズル」


脳のトレーニングとしてもおすすめしたい「賢人パズル」のご紹介です。3歳のお子さんから、大人まで夢中にさせるおもちゃなんですよ。


テキストに沿ってお題の立方体を作っていくのですが、目的の立方体が完成した時は爽快!空間認識能力だけでなく、忍耐力と集中力が培われそうです。


「考える」楽しさを知る、「考える」ことが好きになるおもちゃで、まさに教育的な側面を兼ね備えていますね!


レビューを見ていると、家族で夢中になる様子がよくわかります。


4歳の子供向けに購入しました。


補助しながら一緒に取り組むと、夢中になってくれました。
親戚が集まる機会に持っていったら、小学生、高校生、老人まで遊べました。


一旦興味を無くしても、しばらく経って思い出すとやり直していました。私もハマりました。(笑)

3歳児に買い与えました。


最初は何をするものなのか全くわからなくすぐ飽きてしまいましたが、解ると非常に食いつきが良いです。


普通のおもちゃで遊ばせるより学習玩具が良いと思います。


Amazon価格:¥2,300- (税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(5)】マグ・フォーマー


こちらは磁石のパズル、マグフォーマーのご紹介です。磁石でカチッとパーツがくっつき、自然と平面・立体を認識しながら、色々な形を作り出していくパズル。


私がマグフォーマーを知ったのは、キドキドという遊具施設でした。


3歳ごろの子どもたちが思いもよらない形を作り上げていく様子を見て「よくできたおもちゃだな〜」と感心してしまったほどです。


図形や角度といった小学校で教育される概念を、遊びを通して学ぶことができます。3歳からの教育を兼ねたおもちゃにぴったりですね!


Amazon価格:¥7,128-(税込)

購入はこちら:Amazon


【3歳からの教育】おすすめおもちゃ<ゲーム編>

次は「ゲーム」の紹介です。だんだんとルールを覚えられるようになる3歳だからこそ、ゲームを通じて教育効果が期待できるおもちゃです。


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(6)】くもん NEWスタディ将棋


将棋と聞くと、一見難しそうなイメージ。ですが、駒の動かし方が駒に載っているので、すぐに楽しめますよ。


遊んでいるうちに自然とルールが覚えられ、将棋なので脳も鍛えられるおもちゃです。タレントのつるの剛士さんが紹介していて、私はこの将棋の存在を知りました。


これなら小さいお子さんと楽しく将棋できそうですね!


Amazon価格:¥2,000- (税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(7)】オーチャードトーイ (ORCHARD TOYS) ショッピングリスト OC191


ちょっと変わった神経衰弱はいかがでしょうか?裏返しにした品物カードで神経衰弱をしながら、選んだ買い物リストと同じ品物を探すゲームです。


カードを使って、おままごととしても遊べますよ。同時に、ショッピングリストに書かれた英単語を覚えることで、英語を楽しく学べます!


記憶力に、ごっこ遊びのもつ社会性・言語能力に、加えて英語力…まさに一石三鳥の教育効果が得られそう!


Amazon価格:¥1,117- (税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


【3歳からの教育】おすすめおもちゃ<ひらがな編>

最後に「ひらがな」を学べるおもちゃを集めました。文字に興味を示し始めたお子さんも多いのでは?


せっかくの興味を、どんどん伸ばしてあげましょう。


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(8)】アンパンマン 知育いっぱい! ようちえんバッグ


これひとつで大満足!10の教育が詰まったバッグです。


おえかき、ひらがな、数字、ピアノ、あいさつ、時間の読み方、信号機の見方、乗り物の種類と音、楽器の種類と音、たのしいお勉強がいっぱい。


アンパンマンと楽しみながら学べて、ひらがなの練習もばっちりですね!閉じるだけで片付けも簡単で、持ち運びもできそうです。


Amazon価格:¥3,642-(税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(9)】ひらがなおぼえちゃおう


ボタンを押すと「あいうえお」の音声が出て、ひらがなを覚えることができるボード。カラフルなイラストで楽しく覚えられそう!


子どもってボタンや、音のでるおもちゃが大好きですよね。そんな特徴をうまく教育に転換させた教育おもちゃです。


使わせて2週間程経ちますが、大体のひらがなを覚えてしまったのにはびっくりしました。


このくらいの年齢の子がひらがなの文字と発音に親しむ道具としてはとても良い商品だと思います。


Amazon価格:¥2,500-(税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


【3歳からの教育 おすすめおもちゃ(10)】ひらがなさいころつみき


イラストとひらがなが書かれた積み木は、イメージと文字を結びつけやすいおもちゃですよね。自然と教育効果が期待できます。


実は私が小さいころも、このやり方でひらがなを覚えました!実家に帰ると娘も遊んでいます。


通常の積み木遊びはもちろん、しりとり遊び、クロスワード、名前作り、ことば合わせなど、楽しみながらひらがなやことばの世界を広げることができますよ。


Amazon価格:¥2,654-(税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


教育効果のあるおもちゃを使って楽しく学ぼう


いかがでしたでしょうか?3歳という時期に、楽しみながら教育を取り入れることは、とてもプラスになるはず。


おもちゃを通して、親子のコミュニケーションも楽しんでみてくださいね!


(photo by:写真AC)