離乳食が進むにつれ食べられる食材は増えますが、離乳食のレパートリーは増えないと悩むママも多いのでは?


そんな時におすすめしたい離乳食が、かぼちゃのおやき。かぼちゃの甘みが苦手なお野菜の味をわかりづらくしてくれるので、いろんな食材を入れて食べさせてあげることができます。


そこで今回は、離乳食のレパートリーにぜひ追加してほしい、かぼちゃのおやきレシピを10種類ご紹介します。


この記事の目次

離乳食のためのかぼちゃの下ごしらえ


かぼちゃを離乳食で使用する際、裏ごしが基本。


おやきにかぼちゃを利用する際は水気が少ない方がまとまりがよくなるので、電子レンジで加熱するといいですよ。


離乳食向け裏ごしの方法

かぼちゃは種とわたを取り除いて、ラップでふんわりと包み加熱します。


電子レンジの機種にもよりますが、150gのかぼちゃの場合500Wで3分が目安。菜箸が抵抗なく刺さる柔らかさになったら、裏ごしします。


離乳食を進めていくうちにもぐもぐが上手になったら、完全に裏ごしせず、かぼちゃの食感を少し残すのもおすすめです!


かぼちゃのおやきの冷凍保存方法


離乳食用に作ったかぼちゃのおやきは、冷凍保存が可能。時間があるときにまとめて作っておくと、とても便利!


◼️保存するタイミング

かぼちゃのおやきは焼いてから保存するのがおすすめ。焼く前の状態で冷凍保存すると、解凍した時に水分が出てまとまりづらくなる可能性が...。


◼️冷凍保存の方法

フライパンで焼いたおやきの粗熱が取れたら、1個ずつラップで包み冷凍しましょう。


◼️冷凍保存したおやきの食べ方

冷凍保存したおやきを食べる際は、500Wの電子レンジで1個あたり30秒程度温めます。おやきの形を薄めにしておくと、短時間でムラなく温まりますよ!


離乳食用かぼちゃのおやきおすすめレシピ10選


かぼちゃのおやきはアレンジ自在。使用する食材を変えるだけで、食感も風味も変化します。


ここでは、赤ちゃんに特に人気のある離乳食用かぼちゃのおやきレシピを10種類厳選したので、離乳食作りに役立ててください。


1.豆腐とかぼちゃのおやき


かぼちゃのおやきに豆腐を使うことでもちもちした食感に!ほんのり甘くてやわらかい離乳食にぴったりなおやきが完成します。


<材料>(6個分)

・絹ごし豆腐:75g

・かぼちゃ:50g

・片栗粉:大さじ4


<手順>

1.豆腐を裏ごしします。

2.かぼちゃを電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、裏ごします。

3.1と2を混ぜ合わせ、片栗粉を加えてさらに混ぜます。

4.フライパンに薄く油を敷きます。

5.3を大きめのスプーン1杯ずつ取りフライパンで蒸し焼きにします。

6.中火で2分焼いたら、ひっくり返してさらに1分半焼けば完成です。


>>詳細はこちら<<


2.かぼちゃとツナのおやき


ツナを加えることでサッパリとした味わいに仕上がるかぼちゃのおやき。ツナ缶の水切りをしっかりするのがポイント。形が作りやすくなり、赤ちゃんもつかみやすくなります。


ただ、ツナ缶は味が濃いので、離乳食中は頻繁に使わない方がよいかなと個人的には感じています。


<材料>(5センチ大×15個くらい)

・かぼちゃ:100〜150g

・ツナ:(水煮缶)1缶

・ブロッコリー:少々

・片栗粉:大さじ1


<手順>

1.かぼちゃを電子レンジで加熱し裏ごしします。

2.ブロッコリーを柔らかく茹でて穂先をみじん切りにします。

3.全ての材料を混ぜ合わせます。

4.少量の油を敷いたフライパンで両面弱火でじっくり焼けば完成です。


>>詳細はこちら<<


3.ジャガイモとかぼちゃのおやき


かぼちゃの柔らかさとじゃがいものもちもち感で、赤ちゃんがもぐもぐしやすい食感に仕上がる離乳食レシピ食感がとてもいいので、赤ちゃんが普段苦手で食べられない野菜を小さくカットして入れてみてもいいですね。


<材料>(一人分)

・ジャガイモ:20g

・かぼちゃ:20g

・小麦粉:小さじ2分の1

・ベビーフードの野菜スープ:適量


<手順>

1.ジャガイモとかぼちゃを電子レンジで加熱して裏ごしします。

2.1を野菜スープで少し伸ばして小麦粉を入れて形をつくります

3.フライパンにアルミホイルを敷いておやきを焼きます。

4.両面に焼き色がついたら完成です。


>>詳細はこちら<<


4.かぼちゃと玉ねぎのもちもちおやき

かぼちゃサラダをおやきにアレンジしたアイデアレシピ。玉ねぎが苦手な赤ちゃんでもペロッと食べてくれる優秀な離乳食レシピです。


<材料>

・かぼちゃ(皮なし):150g

・玉ねぎ:1/4個

・片栗粉:大さじ2

・オリーブオイル:適量


<手順>

1.小さく切ったかぼちゃとみじん切りにした玉ねぎを耐熱ボウルに入れてラップをし、電子レンジ600wで2分温めます。

2.かぼちゃが柔らかくなったらマッシャーでつぶします。

3.2に片栗粉を入れてスプーンでよく混ぜます。

4.オリーブオイルを薄く敷いたフライパンで両面焼けば完成です。


>>詳細はこちら<<


5.かぼちゃとキャベツのもちもちおやき

食物繊維が豊富な食材であるキャベツとかぼちゃを使うことで、赤ちゃんの便秘解消にも役立つ離乳食レシピ。もちもち食感でとてもおいしいので、大人のおやつにもおすすめです。


<材料>(10個分)

・小麦粉:大さじ3

・片栗粉:大さじ1.5

・かぼちゃ:6片

・キャベツ:1枚

・水:30ccくらい

・塩:ひとつまみ

・醤油:少々


<手順>

1.かぼちゃは電子レンジで5分程加熱し裏ごしします。

2.キャベツみじん切りにします。

3.小麦粉と片栗粉をボウルに入れて水を加え、よく混ぜ合わせます。

4.かぼちゃとキャベツ3に加え、さらによく混ぜます。

5.フライパンに油を敷き両面色よく焼けば完成です。



>>詳細はこちら<<


6.かぼちゃとごはんのもっちりおやき


かぼちゃにご飯を加えることで食べ応えのあるおやきに!おでかけ用の離乳食にもおすすめです。


<材料>(ハンバーグ大6〜8個分)

・かぼちゃ:中1コ

・ご飯:茶碗1〜1.5杯

・ごま油:少々


<手順>

1.一口大に切ったかぼちゃを電子レンジで柔らかくなるまで温め、マッシャーでつぶします。

2.かぼちゃにご飯を入れて手でしっかりでこねます。

3.小判型に丸めて、ごま油を敷いたフライパンで両面しっかり焼けば完成です。


>>詳細はこちら<<


7.かぼちゃと米粉のおやき


米粉とかぼちゃのおやきは甘くてもちもちした風味が魅力♪レシピでは木綿豆腐を使用していますが、絹ごし豆腐にすると口当たりがさらに滑らかになり食べやすくなるので食べやすいですよ!


<材料>(手のひらサイズ4枚〜5枚)

・かぼちゃ:適量

・木綿豆腐:約75g

・米粉:大さじ1と2分の1

・サラダ油:適量

・お好みの野菜:適量


<手順>

1.かぼちゃを電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、マッシャーでつぶします。

2.軽く水気を切った豆腐を1に加え混ぜます。

3.2に米粉を加えさらに混ぜます。

3.フライパンに薄くサラダ油を敷いて、両面色よく焼けたら完成です。


>>詳細はこちら<<


8.かぼちゃとバナナのおやきin豆腐


かぼちゃとバナナを使うことでスイーツのような甘いおやきが完成!完熟バナナを使うともちもち食感に仕上がります。

 

離乳食が始まるとお菓子を取り入れるご家庭も多いですが、せっかくならお菓子も手作りにしてみては?また、甘みがあるため体調がすぐれない時にもおすすめ。


<材料>

・かぼちゃ:100g

・バナナ:1本

・絹豆腐:80g

・片栗粉:大さじ2

・オリーブオイル:少量


<手順>

1.かぼちゃを電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、裏ごしします。

2.バナナを電子レンジで1分加熱します。

3.かぼちゃ・バナナをそれぞれフォークで潰して混ぜます。

4.かぼちゃとバナナを合わせ、豆腐と片栗粉を加えよく混ぜます。

5.オリーブオイルを敷いたフライパンで両面焼いたら完成です。


>>詳細はこちら<<


9.具だくさんのかぼちゃおやき


かぼちゃだけでなく、ほうれん草やしらすも入った栄養満点の離乳食レシピ。作り方は簡単なのに、ビタミン類からタンパク質まで一気に網羅した、忙しいママのお助けレシピです。


<材料>(約10個分)

・絹豆腐:150g

・しらす:20g

・ほうれん草:10g

・かぼちゃ:10g

・パン粉:大さじ1

・小麦粉:大さじ1


<手順>

1.絹豆腐をキッチンペーパーで包み耐熱容器に入れ、電子レンジ500wで1分加熱して水を切ります。

2.しらすをザルに入れて熱湯をかけ塩気を抜きます。

3.かぼちゃを電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、裏ごしします。

4.ほうれん草はゆでてペースト状にするか、細かくみじん切りにします。

5.ボウルに豆腐・しらす・ほうれん草・かぼちゃを入れてよく混ぜます。

6.5にパン粉・片栗粉を入れてさらによく混ぜます。

7.フライパンに油を敷いて両面色よく焼けば完成です。


>>詳細はこちら<<


10.青菜と豆腐のかぼちゃおやき


赤ちゃんが苦手な青菜も、かぼちゃおやきに入れれば食べられるかもしれません!キャベツやほうれん草、小松菜など、いろいろな青菜を使ってみてくださいね。


私の息子も、離乳食中は青菜が苦手だったので、かぼちゃなどの甘いお野菜に混ぜて食べさせていました!


<材料>(20個くらい)

・かぼちゃ:300g

・青菜:1束

・豆腐:3パック

・片栗粉:大さじ3


<手順>

1.かぼちゃを電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、裏ごしします。

2.青菜をみじん切りにして豆腐と混ぜ合わせます。

3.2に片栗粉を入れて、さらによく混ぜます。

4.フライパンに油を敷き、両面焼き色がつくまで蒸し焼きしたら完成です。


>>詳細はこちら<<


より質の良いかぼちゃを購入するなら...


離乳食が始まると、子供に食べさせる食材は、できる限り身体に良いモノを食べさせてあげたい...と感じるママも多いのではないでしょうか。


そんな時は、自然派のスーパーや、生協でかぼちゃを注文するのがおすすめ。


スーパーと果たして味が変わるのか?と疑問に感じますが(私もそうでした)....


育て方によって味も異なりますし、肥料など何を使っているのか気になる場合は、そういった自然派スーパーや生協で購入した方が、どのように育てたのかについて補足がきがあったりするので、安心して購入できますよ。


私も最初はスーパーで購入していましたが、先輩ママにアドバイスをもらって結局生協を契約してしまいました!自然派スーパーが近くにない方にはおすすめです。


今ママびよりからお申し込みすると全員プレゼントのキャンペーンもあるので、ぜひチェックしてみて下さい↓↓



>>プレママはこちら<<


>>ママはこちら<<


かぼちゃのおやきで手づかみしやすい離乳食を作ろう!


甘みの強いかぼちゃのおやきは、赤ちゃんに人気の離乳食メニューのひとつ。かぼちゃはいろいろな食材と相性が抜群なので、苦手な食材の克服に役に立つこともあります。


ここで紹介したレシピを参考にしながら、ぜひいろんな食材をおやきに入れて食べさせてあげて下さいね!


Photo by Photo AC