離乳食づくりでとても重要な役割を担う、だし。赤ちゃんの味覚を育てるためには美味しいだしが必要不可欠です。かといって、離乳食づくりのために毎回だしをとるのは大変…。


というママのために、離乳食期の赤ちゃんにもおすすめの市販のだしを集めてみました!大人用として市販されているものとの違いについてもご紹介しますので、ぜひご覧ください☆

 

なぜ離乳食で市販されている大人用のだしは使っちゃいけないの?


離乳食づくりのはじめに、多くのママが疑問を持つのが「だし」をどうするのか。

 

なぜ、市販されているだしはどれでもOKではないのかというと、それは塩分がたくさん含まれているからです。

 

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんの舌はとても敏感で、塩分がなくとも十分に素材の味を感じることができます。

 

離乳食の時期は味覚形成においてとても重要な時期。

 この時期から塩分がたくさん含まれたものを与えてしまうと、濃い味のものを好むようになってしまうため注意が必要です。


さらに、離乳食期の赤ちゃんは消化機能が未熟なため、塩分が高いものを食べると身体に大きな負担をかけてしまうことにもなります。

 

一般的に市販されているだしには、塩分はもちろん、さまざまな添加物も含まれています。

 

よって、赤ちゃんの離乳食づくりで市販のだしを使いたい場合、どんなもので作られているかしっかりと成分をみる必要があるのです。

 

離乳食にはどれを使う?いろんな種類があるだし


だしと一言で言っても、様々なだしがあります。

 

まず離乳食初期から使い始めるだしは、昆布だしやかつお昆布だし、そして野菜スープ

 

野菜スープは、人参や玉ねぎ、キャベツなど数種類の野菜を煮込んで作られるもの☆

 

野菜の甘みがしっかりと出ており、具材はそのまま食べられ、スープはだしとして様々な物にも活用できる優れものです。

 

使うだしを変えるだけで、離乳食の味付けもガラッと変わるので、ぜひ市販のものでもいろいろなだしを取り入れてみてください☆


ここからは、市販されている様々なタイプのだしについてご紹介します。 


粉末タイプのだし

市販されているだしの中で最も手軽に使うことができるのが、粉末タイプ

 

離乳食づくりで大変な思いをしているママには、お湯に溶かすだけでだしが作れるこちらの市販タイプが最も簡単でおすすめです☆

 

また、だしとなるかつおぶしや昆布といった素材が、粉末状になっているものも楽にだしがとれます♪

 

お鍋を出す必要はありますが、ほんの数分煮出すだけでだしがとれるので、大人用の料理にも使い勝手が良いです☆

 

ティーバッグタイプのだし

ティーバッグタイプのだしは、かつおぶしや昆布などの素材が粉末状になったものが入っています。

 

お鍋やお湯の中へそのまま入れてだしをとり、だしをとり終わったらそのティーバッグを処理するだけなので準備も後片付けも楽です!

 

ティーバッグを破って中の素材を出すこともできるので、粉末タイプのだしと同じように使うこともできます♪

 

ティーバッグタイプのだしは、市販ならではの手軽さが魅力です☆

 

離乳食用として市販されている粉末タイプのだし

ここからは、離乳食用として赤ちゃん向けに市販されている粉末タイプのだしをご紹介します。

 

離乳食用だし①和光堂 手作り応援 和風だし

 

離乳食初期から使うことのできる、市販の和風だし☆粉末タイプでお湯に溶かすだけで使えるので、使い勝手抜群です!

 

Amazon価格:¥1,163(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし②ピジョン ベビーフード かんたん粉末 和風だし

 

こちらも離乳食初期から使用できる、粉末タイプのだし♪20回分使用できるお得タイプです☆

 

Amazon価格:¥274(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし③オリッジ イブシギンのしぜんだし 粉末ボトル100g×2

 

原材料が鹿児島県のかつおぶしと、北海道産の昆布のみという、赤ちゃんの身体に安心な市販のだし!

 

粉末状になっているので、弱火で5~10分煮出すだけで美味しいだしがつくれます♪なんと料理に直接ふりかけてもOKなだしですよ。

 

Amazon価格:¥1,426(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし④和光堂 たっぷり手作り応援野菜スープ


 

こちらは野菜スープの粉末だし☆使っているママも多く、市販されているものでも、しっかり野菜の甘みが感じられるだしです♪

 

Amazon価格:¥525(税込)

購入はこちら:Amazon

  

離乳食初期から使える市販されているティーバッグタイプのだし

ここからは、離乳食初期から使える市販されているティーバッグタイプのだしをご紹介します。

 

離乳食用だし①すくすくあんしんだし かつおベース 150g

 

かつおぶしがベースとなっている、離乳食にも使える市販のだし☆人工調味料は使っておらず、もちろん食塩も無添加です!

 

Amazon価格:¥2,592(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし②すくすくあんしんだし いりこベース 150g

 

こちらはいりこがベースとなっている、離乳食期にも安心な市販のだし。

 

ティーバッグタイプなので、このまま煮出して使うことはもちろん、袋を破って使うこともできます☆

 

Amazon価格:¥1,836(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし③赤ちゃんへの手作り離乳食に クック・チャム ママ やさしい 出汁パック

 

かつおぶしと昆布のみで作られている、安心のだしパック☆ティーバッグタイプなので簡単にだしをとることができます♪

 

Amazon価格:¥1,200(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食中期から使える市販されているだし

ここからは、離乳食中期から使える市販されているだしをご紹介します。

 

しいたけを使っているものになりますので、しいたけを食べ始めてから使うようにした方が安心かと思います☆


離乳食用だし①まるごとうまみだし 九州産 粉末だし 60g

 

かつおぶし、煮干し、しいたけ、昆布を粉末状にした市販のだし☆

 

4種類の素材が使われているので、素材の旨みが抜群に感じられるだしですよ!

 

しいたけが使われているので、離乳食でしいたけを食べるようになってからの方が安心して使えるかと思います。

 

Amazon価格:¥999(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし②かね七 天然だしの素パック

 

かつおぶし、昆布、いわし煮干し、しいたけ、あじが入っているティーバックタイプの市販のだし☆

 

素材のだしがしっかりと出るので、大人でも十分だしの美味しさを味わうことができます!

 

Amazon価格:¥1,376(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし③マエカワテイスト 天然だしパック

 

いわしふし、いわし煮干し、うるめふし、かつおふし、昆布、しいたけの材料で作られているだしパック。

 

化学調味料も塩分も含まれていないので、離乳食期の赤ちゃんでも安心です☆

 

Amazon価格:¥915(税込)

購入はこちら:Amazon

 

離乳食用だし④ゑびす極だし

 

だしのプロが厳選した国産素材が使われている、市販のだしパック!

 

合成保存料、人工甘味料、合成着色料不使用なので、離乳食期から使えます☆大人には嬉しい、フードコーディネーター監修のレシピもついてきますよ♪

 

Amazon価格:¥2,000(税込)

購入はこちら:Amazon

 

市販のだしもうまく活用してママが負担にならない離乳食づくりを

 

離乳食づくりにとって大事なだし☆

 

かといって、赤ちゃんのお世話や家事など忙しいママは、だしをとるのも大変な時がありますよね。

 

そんな時は、市販のだしも活用してみてください!

 

市販のだしにも様々なタイプのものがあり、味もいろいろあります。また、だしは大人用の料理にも使えるので、買って損することはないかと思います☆

 

離乳食にはもちろん、それぞれのご家庭の好みに合った市販のだしを見つけてみてくださいね♪


Photo by Photo AC