秋といえば、食欲の秋というママもいらっしゃるのではないでしょうか?旬が秋の美味しい食べ物はたくさんあります。そして離乳食の時期も、我が子と一緒に旬の味を楽しみたいもの。


そこで今回は、秋におすすめの離乳食レシピを集めてみました!離乳食初期から離乳食後期まで、それぞれの時期に合わせたおすすめレシピをご紹介します☆ぜひ親子で秋の味覚を楽しんでみてください♪


この記事の目次

離乳食に使いたい!秋が旬の食材


秋はたくさんの食材が旬を迎えます。


秋が旬の食べ物といえば、栗、きのこ類、そして梨や柿などの果物類などたくさん!


旬の食べ物の魅力は、美味しいことはもちろん、なんとその食材の持つ栄養価も高くなっているのです。


今やスーパーで一年中見かけることのできる食材が増えましたが、本来の収穫時期にその食材を食べることは、身体の調子を整えることにも繋がります。


今回はそんなたくさんの食材の中から、離乳食初期から食べることのできるじゃがいもさつまいも


そして漢字表記すると「秋刀魚」となる、秋ならではの食材さんまについてまとめたみました!


 

離乳食におすすめ!秋が旬の食材「じゃがいも」


一年中スーパーでは見かけることのできる食材の1つ、じゃがいも。

 

じゃがいもは貯蔵することができるため一年中食べることができるのですが、旬は秋

 

ちなみに新じゃがいもは春から初夏に出回るものを指します。

 

じゃがいもはカリウムビタミンB1食物繊維などを豊富に含んでおり栄養満点

 

また、じゃがいもに含まれているビタミンCはでんぷんに守られているため、加熱しても失いにくいとされています!

 

一方、じゃがいもを調理する時に注意したいのは、芽や緑になっている部分に含まれているソラニンという有害物質

 

この部分はしっかりと切り落としてから離乳食に使ってくださいね☆

 

では早速、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期とそれぞれの時期におすすめのじゃがいもを使った秋レシピをご紹介します。

 

離乳食秋レシピ①潰すだけ☆離乳食初期☆じゃがいも

 

裏ごしせずに調理できる、離乳食初期の赤ちゃん向けのじゃがいもレシピ☆

 

離乳食初期から使えるじゃがいもは、冷凍保存しておくと様々なレシピに使えて便利です♪

 

【材料】

・じゃがいも:作りたい分だけ

 

【作り方】

1.じゃがいもは皮をむき、一口大に切ります。

2.鍋で茹でるかレンジで温めて、火を通します。

3.調理用の袋に入れ、麺棒や手でつぶしたら完成です!

 

☆参考:離乳食期におすすめ秋レシピ☆

潰すだけ☆離乳食初期☆じゃがいも

 

離乳食秋レシピ②離乳食中期手づかみ☆おいもののり塩

 

とっても簡単な離乳食中期におすすめの秋レシピ!

 

手づかみ食べの赤ちゃんにも嬉しいじゃがいもの一品です♪

 

【材料】

・じゃがいも:半分

・青のり:少々

・塩:少々

 

【作り方】

1.じゃがいもを1cm角に切り、茹でます。

2.茹で上がったら、青のりと塩をまぶして完成です!

 

☆参考:離乳食期におすすめ秋レシピ☆

離乳食中期手づかみ☆おいもののり塩

 

離乳食秋レシピ③離乳食後期~完了期★野菜オムレツ

 

大人の取り分けにもおすすめのじゃがいもを使った秋のレシピ☆

 

具だくさんで栄養満点なレシピです♪

 

【材料】

・卵:2

・じゃがいも:1

・人参:1/3

・玉ねぎ:1/3

・ほうれん草(葉先のみ)56

・ツナ缶(ノンオイル食塩無添加)1/2

・油:少量

 

【作り方】

1.じゃがいも、人参は1cm角に切り、玉ねぎはみじん切りにします。

2.切ったじゃがいも、人参、玉ねぎを電子レンジで柔らかくなるまで温めます。

3.ほうれん草は下茹でをし、水気を切ったら食べやすい大きさに切り分けます。

4.卵を割って溶き、その中にじゃがいも、人参、玉ねぎ、ほうれん草、ツナを入れて混ぜます。

5.温めたフライパンに油を薄くしき、生地を流し入れて中弱火でじっくりと焼きます。

6.両面しっかり火を通したら完成です!

 

☆参考:離乳食期におすすめ秋レシピ☆

離乳食後期~完了期★野菜オムレツ

 

離乳食におすすめ!秋が旬の食材「さつまいも」


秋の味覚を代表する、さつまいも。甘みがあるのでさつまいもが好きというお子さんも多いのではないでしょうか?

 

さつまいもは食物繊維の他に、ビタミンB1ビタミンEカリウムもたくさん☆

 

中でもビタミンCはりんごの4倍もの量を含んでいます!

 

また、さつまいものビタミンCは他の野菜に比べて熱に強いとも言われ、さつまいもを使ったレシピはたくさん♪

 

ここからは、さつまいもを使った離乳食レシピをご紹介します☆

 

離乳食秋レシピ①離乳食初期~後期さつまいもりんごきんとん

 

離乳食初期から離乳食後期、さらには幼児や大人のおやつまでも使える秋のレシピ

 

おやつやデザートなど、いろいろな場面で活躍してくれる一品です♪

 

【材料】

・さつまいも:1/2(150g)

・りんご:1個

・水:適量

 

【作り方】

1.さつまいもの皮をむき、角切りにします。

2.りんごの皮をむき、薄切りにします。

3.さつまいもとりんごを鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れたら弱火~中火で柔らかくなるまで煮たら完成です!

 

☆参考:離乳食期におすすめ秋レシピ☆

離乳食初期~後期さつまいもりんごきんとん

 

離乳食秋レシピ②離乳食さつまいものスティックおやき

 

手づかみ食べが始まったばかりの離乳食期の赤ちゃんにおすすめの秋の一品!

 

粉チーズや青のりとの相性も抜群な簡単レシピです♪

 

【材料】

・さつまいも:80g

・黒ごま:小さじ1/2

・きなこ:小さじ1/2

・片栗粉:小さじ34

・牛乳:大さじ1

 

【作り方】

1.さつまいもは皮をむき、茹でてマッシュします。

2.ボウルに材料を全て入れ、混ぜ合わせます。

3.生地を10等分し、長方形にします。

4.フライパンに入れ、弱火で焼き色がつくまで焼いたら完成です!

 

☆参考:離乳食期におすすめ秋レシピ☆

離乳食♡さつまいものスティックおやき

 

離乳食におすすめ!秋が旬の食材「さんま」


秋を代表する味覚である、さんま。さんまは離乳食中期から食べさせることができます。

 

さんまには、脳の健康に役立つDHAや悪玉コレステロールを減らしてくれるEPAが入っています。

 

そして、鉄分カルシウム、そのカルシウムを吸収する助けとなるビタミンDも多く含まれているため、栄養価がとても高いのです!

 

さんまは青魚ですので、初めて離乳食に取り入れる時はアレルギーに注意してあげてくださいね。

 

では、さんまを使った離乳食レシピをご紹介します☆

 

離乳食秋レシピ①さんまバーグ

 

秋の味覚、さんまを使ったハンバーグ☆豆腐入りでふわふわ食感がたまらないレシピです♪

 

卵不使用のレシピなので、卵アレルギーをお持ちのお子さんでも食べられますよ!

 

【材料】

・さんまのすりみ:300g

・豆腐:150g(1パック)

・片栗粉:大さじ1.5

・味噌:大さじ1

・人参:1/3

・すりおろししょうが:適量

・サラダ油:適量

 

【作り方】

1.人参は皮をむいてすりおろします。

2.ビニール袋にさんまのすりみ、豆腐、すりおろした人参、片栗粉を入れてもみます。

3.混ざったらすりおろししょうが、味噌を入れ、さらにもみこみます。

4.フライパンに少量の油をしき、中火にかけます。

5.生地をスプーンで適量すくい、手で簡単に成型したらフライパンへ入れます。

6.両面焼けたら完成です!

 

☆参考:離乳食期におすすめ秋レシピ☆

さんまバーグ

 

離乳食秋レシピ②親子でサンマのつみれ汁

 

寒い日にほっと温まることのできる、つみれ汁のレシピ☆

 

こちらのレシピはさんまをおろす方法が記載されていますが、スーパーで調理済のものやお刺身を購入すると、家での料理が楽になりますよ!

 

離乳食のお子さんと一緒に、秋の味覚を味わえる一品です♪

 

【材料】

・さんま:200g

・卵:1

・片栗粉:大さじ1

・しょうが:少々

☆昆布:5cm

☆しょうゆ:大さじ1

☆みりん:小さじ1

☆塩:ひとつまみ

・長ねぎ:お好みで

・大根:お好みで

 

【作り方】

1.さんまを三枚におろし、背びれ、皮、腹骨をとります。

2.さんま、卵、片栗粉、しょうがをフードプロセッサーにかけます。

3.鍋に昆布と水800mlを入れて沸かします。

4.沸騰したら、生地をスプーンなどを使って食べやすい大きさにして鍋に入れます。

5.しょうゆ、みりん、塩を入れて味をととのえたら完成です!

 

☆参考:離乳食期におすすめ秋レシピ☆

親子でサンマのつみれ汁(離乳食にも)

 

旬の味覚を取り入れた離乳食を☆


秋は旬の食材がいっぱい!

 

たくさんの秋の食材を使ったレシピがあり、レシピを見ているだけで秋気分が味わえることも♪

 

旬のものは美味しいだけではなく栄養価も高いため、離乳食づくりにも多く活用したいもの☆


 

ぜひ、それぞれの離乳食期に合わせた食材とレシピで、秋の味覚を楽しんでみてくださいね♪


Photo by Photo AC