梨やさつまいもに並んで、秋の代表的な果物である柿。柿はビタミン、カリウム、タンニンなど栄養素が豊富で離乳食にピッタリな食材です。


ただ、柿はアレンジが難しいと感じるママも多い食材のひとつではないでしょうか?そんなママの悩みを解消すべく、柿を使った離乳食のアレンジレシピについてまとめてみました。


この記事の目次

離乳食の柿はいつから食べられる?


柿は離乳食初期から食べられますが、赤ちゃんにとっては渋みがあり食べにくい食材です。


そのため、離乳食に慣れてきた中期頃からであれば赤ちゃんも食べやすいでしょう。


アレルギーは比較的出にくい果物ですが、はじめて食べさせる場合は、ひとさじ与えて様子を見てから量を増やすようにしましょう。


柿の栄養って?


「柿を一つ食べれば、一日の栄養素が必要量補える」と言われるほど、栄養満点のフルーツです。


・ビタミンC

・ビタミンA

・リコピン

・タンニン

・カリウム

・ミネラル

・食物繊維


などの栄養が豊富なのです。


ただ、下記に含まれるタンニンは、口臭・体臭予防になるという効果がある一方で、鉄の吸収を阻害する働きもあります。


さらに、食べ過ぎると体を冷やす可能性があると言われているので、食べすぎには注意が必要です。


柿を使ったオススメ離乳食レシピ10選


柿は野菜としても、デザート感覚としても、離乳食のバリエーションが広がる食材です。


早速、初期・中期・後期にわけて、柿を使ったオススメ離乳食レシピを紹介していきます。


柿を使ったオススメ離乳食レシピ1:柿ジュース(初期)


柿は果汁というよりペーストっぽくなるので、白湯を少し多めに入れるとジュースっぽくなります。


柿によって甘味が違うので、味を見ながら白湯の量を調節すると良いですよ♪


<材料>

・柿の果汁と白湯を1:1の割合

・白湯を少し多めに


<手順>

1.柿は皮をむいてタネをとりのぞいておきます。

2.柿をミキサーにかけます。

3.白湯を入れて薄めたら完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ2:柿のトロトロプリン(中期)


離乳食のデザートとしてもオススメなのが、柿を使ったトロトロのプリン。


牛乳だと硬くなりますが、豆乳を使用する事でトロトロした食感を楽しめます!


赤ちゃんへの口当たりも良いですよ♪


<材料>

・柿は好きなだけ

・豆乳を柿の半量以下

・コンデスミルク少量(なくても可)


<手順>

1.柿は皮をむいてタネを取りフードプロセッサーにかけます。

2.豆乳を柿の半量程いれます。

3.甘味が足りない場合はコンデスミルクを甘味を足して整えます。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ3:ほんのり甘い柿入りパン粥(中期)


柿入りのパン粥は、パンのちぎり方によって、とろみ加減が変わります。


潰したバナナなどをトッピングすると、離乳食のデザートにも♪


<材料>

・食パン8枚切り½枚

・牛乳80グラム(粉ミルクでも可)

・柿¼個


<手順>

1.パンの耳をとり、細かくちぎります。

2.柿をみじん切りにします。

3.細かくちぎったパンとみじん切りにした柿を牛乳と一緒に鍋にいれます。

4.中火で沸騰したら弱火にして水分が少なくなるまで煮ます。

5.蓋をして15分程蒸したら完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ4:柿としらすのあえもの(中期)


柿にしらすとは少し斬新なコラボレーションですよね。しかし栄養満点レシピなんです!


特にカルシウムは、100グラムで牛乳約2本分のカルシウムがあると言われていますよ♪


具材は多めに下ごしらえして、製氷皿でキューブ状に冷凍しておくと、離乳食調理の手間を減らせます。


<材料>

・柿30グラム      

・しらす10グラム


<手順>

1.しらすは茶こしに入れて熱湯をまわしかけ、塩抜きしてきざみます。

2.柿は皮をむいてすりおろします。ハンディーブレンダーなどですりおろし状にしても良いです。

3.耐熱の容器にしらすとすりおろした柿を入れて混ぜ合わせます。

4.電子レンジで加熱したら完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ5:柿のクリームチーズ和え(中期)



離乳食に使う柿は、熟しているものがオススメです。


まだ硬めの柿を使用する場合は、りんごと一緒に袋に入れておくと甘味が増しますよ♪


クリームチーズは水分が多く、口当たりがなめらかなので赤ちゃんも食べやすいでしょう。


<材料>

・柿  適量  

・クリームチーズ   適量


<手順>

1.柿は皮をむいて一口サイズに切ります。

2.その上にクリームチーズを食べやすい大きさで盛り付けます。

3.チーズが柔らかくなる程度に電子レンジで温めます。

4.チーズが柔らかくなったら軽く和えて完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ6:柿の白和え(中期)


 

豆腐と混ぜ合わせることで、柿のしぶみが緩和されますよ♪


ちなみに、豆腐は「長寿食」と言われるほど栄養素が高く、海外でも注目されている食品です。


筋肉や骨、臓器をつくるタンパク質はもちろんのこと、カルシウムやビタミンも豊富なので、赤ちゃんの成長や体作りを助けてくれます。



<材料>

・豆腐(絹or木綿でも可)20〜30グラム

・柿     ⅛〜¼個


<手順>

1.柿は皮をむいてすりおろします。豆腐は茹でるかレンジで温めて軽く火を通しておきます。

2.柿と豆腐をよく混ぜあわせたら完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ7:ヨーグルトの柿ソースかけ(後期)


離乳食後期なので、あえて粒を残してドロドロ状にしています。


ドロドロ状にすることで、赤ちゃんも柿の食感を楽しめるでしょう。


残った柿ソースは、小分けして冷凍保存しておけば他の料理にも使えて便利ですよ♪


<材料>

ヨーグルト大さじ3

柿½


<手順>

1.柿は皮をむいてハンドプロセッサーにかけてドロドロにします。

2.ヨーグルトを500wで20秒ぐらい温めます。

3.ヨーグルトに潰してドロドロ状になった柿を小さじ一杯かけたら完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ8:パクパク柿とチーズのおやつ(後期)


柿の甘味とチーズの塩気が相性バツグンの離乳食メニューです。大人が食べてもおいしいので、親子のおやつタイムに最適♪


ヤケドをしないように冷ましてから食べさせてくださいね。


<材料>

柿 1個   

プロセスチーズ  4個

餃子の皮    数枚


<手順>

1.プロセスチーズを1センチほどの大きさに切ります。

2.柿を1センチ×3センチほどの大きさに切ります。

3.餃子の皮に柿とチーズを一つずつ入れて包み込みます。

4.こんがり焦げ目がつくまで揚げたら完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ9:レンジDEお月様蒸しパン(後期)


柿とりんごの自然な甘ずっぱさを、さつまいもがまろやかにしてくれる離乳食用の蒸しパンです。


甘くて美味しい上に、栄養素も豊富なのがオススメのポイント♪


<材料>

薄力粉  1カップ    

重曹  小さじ⅓

柿   半分  

りんご   半分

さつまいも  中1本 水  ½カップ


<手順>

1.柿はみじん切り、りんごは細い千切り、さつまいもは蒸すか茹でて潰す。

2.1の材料に薄力粉と重曹を加えます。

3.水(ミルク可)を混ぜます。

4.生地を半分ほど流し込み、1000wで4分加熱します。

5.竹串を刺して生地がついてこなければ完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿を使ったオススメ離乳食レシピ10:離乳食にもおすすめ簡単柿蒸しパン(後期)


朝ごはんはおやつにオススメの、ホットケーキミックスで作るカップケーキ


ホットケーキミックスが甘いので、柿単体だけだと食べづらそうにしている時におすすめのレシピです。冷凍保存できるので、多めに作って冷凍しておいてもいいですね♪


<材料>

・ホットケーキミックス100グラム

・柿   1個


<手順>

1.柿は皮をむいて手やフォークなどでドロドロになるまで潰します。

2.ホットケーキミックスを加えて満遍なく混ぜ合わせます。

3.カップ型の⅓程度まで生地を流し込みます。

4.蒸し器で10分程蒸したら完成です。


>>詳しい作り方はこちら<<


柿レシピで離乳食のバリエーションを増やそう!


柿は初期の離乳食から食べられますが、しぶみが気になることもあるので、離乳食の中期から与えるといいでしょう。


すりおろしたり加熱して、食べやすくしてから与えてくださいね。


主食にもデザートにもなる柿を使って、離乳食のバリエーションを増やしてください!


Photo by Photo AC