赤ちゃんの栄養となり成長を助けてくれ、ママの負担も減らしてくれる新生児のミルク。


最近はたくさんのメーカーから様々な種類が販売されているため、何を購入したらいいのかわからないというママも多いのではないでしょうか。


今回は、2児のママが体験談を含めて新生児のミルクの種類と特徴についてご紹介します。


この記事の目次

粉ミルクとは


粉ミルクは、牛乳成分で作られています。


しかし、牛乳成分そのままではなく、有効な成分を抽出し、赤ちゃんにも最適な成分が配合されているんです。


新生児の母乳の代替品として、厚生労働省が定めた「母乳及び乳児用調製粉乳の成分組成と表示の許可基準」を満たしていることが法律で決められているため、新生児も安心して飲むことができますよ。


粉ミルクの種類


粉ミルクと一口に言っても新生児から使えるかどうかなど色々な種類があります。


まずは、抑えておきたい粉ミルクの種類と特徴をご紹介します。


種類1:月齢別

粉ミルクの種類月齢別


①新生児向け

新生児が飲む一般的な粉ミルクです。この種類は、母乳代わりに飲むための完全栄養食品となります。


ミルクか母乳との混合かなど、新生児の赤ちゃんに合わせて、パッケージに書いてある量や回数を参考に飲ませてあげましょう。


②生後9ヶ月〜の赤ちゃん向け

粉ミルクには、「フォローアップミルク」と呼ばれる種類もあります。


生後9ヶ月頃から3歳頃の乳幼児期に、不足しがちな栄養を補助する役割があり、新生児期は使いません。


我が家では、基本的には離乳食から栄養は摂り、フォローアップミルクを牛乳やジュース変わりのように取り入れていました。成分が異なるため、新生児用と間違って買わないように気を付けしましょう♪


種類2:形状別

粉ミルクの種類形状別


粉ミルクは、缶に入っているタイプのイメージが強い方も多いですが、最近は様々な種類の粉ミルクが販売されています。



①キューブ型

キューブ型のミルク

出典:ほほえみ


粉ミルクをキューブ型に固めた種類です。キューブを入れた数で量を計算することができます。


新生児期の夜中のミルクは、頻度が多く、暗く眠気でもうろうとしています。


粉タイプだとこぼしたり計量に時間がかかることがありますが、キューブなら片手で簡単に入れることができ、お湯を注ぐだけのためおすすめの種類です。


②粉(缶タイプ)


缶タイプは、昔からある種類で、各社から発売されています。


1缶に多くの粉ミルクが入っているため、特に新生児期に1日に何度も飲むという場合におすすめ。容量が大きくコスパがよく、どんどん使うことができます。


③粉(スティックタイプ)

はぐくみ

出典:Amazon


スティックタイプの粉ミルクは、小包装され、計量の必要がない種類。新生児期の荷物の多い外出や、旅行の際の持ち歩きにとても便利


缶のように開けてしまって大量の余ってしまったということにもならないため、混合や母乳育児をされる方におすすめです♪



種類3:アレルギー専用の粉ミルク


アレルギーのある赤ちゃんは専用の粉ミルクがあります。赤ちゃんによっては、ミルクが受け付けない体質のケースもあります。


新生児期に嘔吐などのアレルギー反応が出た際に、医師と相談しながら試してみましょう。


新生児から使える♪おすすめ粉ミルク


早速、新生児から使えるおすすめの粉ミルクをご紹介してきます。


2児のママである私自身、基本は母乳育児でしたが、体調が悪い時など粉ミルクを使っていました。


母乳メインでというママも新生児期にはあると便利なため読んでみてください♪


【1】新生児から安心して使える「和光堂 はいはい」


粉ミルクや離乳食をはじめ、長年ママと赤ちゃんの研究を重ねてきた企業「和光堂」


和光堂のはいはいは、母乳には含まれないβグロブリンを低減するとともに、成長に大切なDHA・アラキドン酸・ガラクトオリゴ糖をバランスよく配合。


母乳が不足したり、ママの事情であげられない時にも新生児期から安心して使うことができます。コスパもよく、ミルク育児のママには嬉しい商品です♪


種類:缶・スティック


Amazon価格(税込):1,854円

購入はこちら:Amazon


【2】母乳研究から生まれた「ビーンスタークすこやかM1」


「ビーンスタークすこやかM1」は、母乳が足りない時や与えられない時に母乳の代わりに使えるよう作られた新生児期から使える粉ミルクです。


最新の母乳研究をもとに、「リボ核酸」「シアル酸」「ヌクレオチド」「母乳オリゴ糖(ガラクトシルラクトース)」「スフィンゴミエリン」「DHA」など、母乳に含まれている免疫機能成分が十分に配合されています。


また、 缶の他にもスティックタイプの販売や、離乳食が始まってからは「つよいこ」というフォローアップミルクの取り扱いもありますよ♪


取り扱い種類:缶・スティック


Amazon価格(税込):2,463円

購入はこちら:Amazon


【3】母乳に近い風味「アイクレオのバランスミルク」


アイクレオのバランスミルクは、母乳に近い、味・色・香りが特徴


甘さは母乳と同じ乳糖の甘さに作られており、新生児期にママ友から耳にする「ミルクが甘く、ミルクしか飲まなくなってしまった」ということは起こりにくいです。


また、色は母乳に近い母乳の初乳中にたくさん含まれているβ-カロテンという色素を使っており、「黄色」。


初めはビックリしますが、初乳の色と似ているため、新生児の赤ちゃんは抵抗なく飲んでくれます♪


取り扱い種類:缶・スティック


Amazon価格(税込):2,999円

購入はこちら:Amazon


【4】アレルギーが気になるママに「森永乳業 E赤ちゃん」


森永乳業のE赤ちゃんは、牛乳のタンパク質をあらかじめ消化し、ペプチドに分解して飲みやすくしているのが特徴


新生児期の赤ちゃんはまだまだ未熟。牛乳のタンパク質を優しく吸収することができるミルクで、赤ちゃんの負担が少なくなります。


我が子は、新生児期に産院で初めてこのミルクを飲んでから、ずっと嫌がることなく飲んでいましたよ♪


※ミルクアレルギー対応の粉ミルクではありません。


取り扱い種類:缶・スティック


Amazon価格(税込):2,993円

購入はこちら:Amazon


【5】使いやすいキューブ型粉ミルク「ほほえみ らくらくキューブ」


明治のほほえみ らくらくキューブの特徴は、キューブタイプであること。


キューブタイプは、粉ミルクのように計量の手間がなくこぼす心配がありません。また、持ち運びが楽で、新生児期のお出かけにおすすめ♪


キューブをいれてお湯を注ぐだけのため、調乳に慣れていないおばあちゃんに赤ちゃんを預ける時などに大活躍でした。


また、アラキドン酸とDHAが母乳の範囲まで配合されており、母乳の置き換えとしても新生児期から安心して使えます。


取り扱い種類:キューブ型


Amazon価格(税込):4,224円

購入はこちら:Amazon


【6】アレルギー対応粉ミルク「明治 ミルフィー」

 

「明治ミルフィーHP」は、ミルクアレルゲン除去食品、無乳糖食品として、消費者庁の認可を得ているアレルギーに対応している種類の粉ミルク


ミルクアレルギーだけではなく、卵、大豆アレルギーにも対応しています。


乳児の成長発育に必要な脂質、炭水化物、ビタミン類、ミネラルを消化吸収されやすい形でバランス良く配合。


新生児期に飲んで吐いてしまったりした際に医師に相談しながら取り入れていきましょう♪


取り扱い種類:缶・スティック


Amazon価格(税込):3,048円

購入はこちら:Amazon

赤ちゃんにあった粉ミルクの種類を選ぼう♪


新生児から飲める粉ミルクは、基本的には成分が似ているものの、それぞれに特徴があり味・色・香り・種類が少しずつ違います。


産院で飲んでいた粉ミルクを続けて飲むケースが多いようですが、新生児の時期に、赤ちゃんにいくつか飲んでもらって選んでもらうものよいかもしれません♪


Photo by Photo AC