産後、多くの新米ママにとって赤ちゃんとの初めての外出となるのが1ヶ月検診です。


少しづつ赤ちゃんとの生活には慣れてきたけれど、外出となると少し心配…と感じるママも多いかもしれません。


そんな時のために、失敗しないお出かけの手助けとなる「1ヶ月検診の持ち物リスト」を作りました。参考にしてくださいね!


この記事の目次

1ヶ月検診って何をするの?


赤ちゃんの成長の状態やママの身体の回復具合を見るのが1ヶ月検診。出産した病院で行うことが多いですが、どの病院にかかっても内容はほぼ同じ。


ママの健診は別の日に設定する病院もありますが、赤ちゃんと同じ日に設定する場合は母親の健診中は病院の方で赤ちゃんの面倒は見てくれます。ご心配なく。


里帰り出産をしたけれど、早めに家に戻ってきたという場合は出産した病院に行けませんので、家の近くでどの病院が検診をしてくれるかチェックしておきましょう。


1ヶ月検診の項目

①身体計測

身長、体重、胸囲、頭囲を計測し、成長具合や脳の病気のチェック(頭囲)をします。この時、赤ちゃんはオムツ一枚で計測します。


②原子反射

モロー反応と呼ばれる、生まれて間もない赤ちゃん特有の原子反射をみます。


モロー反射が激しいと、点頭てんかんや低血糖、頭蓋内出血を疑ったり、反射がほどんとない場合は核黄疸や鎖骨骨折を疑うなど、先天性疾患などの発見につながります。


➂皮膚

湿疹ができてないか、黄疸が出ていないかのチェックです。


④触診

赤ちゃんの全身を触りながらチェックします。


➄K2シロップの内服

新生児はビタミンKを作る機能が未熟であり、母乳では不足しがちなのでシロップを飲ませます。新生児メレナや突発性乳児ビタミンK欠乏性出血症の予防となります。

ミルクの時間を調節するように指示がある場合があります。予約時によく聞いておきましょう。


⑥問診

赤ちゃんの家での様子を聞かれます。せっかくの機会なので、気になっていることがあれば医師に相談しましょう。


どうやって病院まで行く?


1ヶ月検診の病院が徒歩で行けない距離の場合は出来れば車で行きましょう。


パパやご両親などに車を出してもらって付き添ってもらえればなお安心ですね。


どうしても公共交通機関で行かなければならない場合は、病院までの道のりのシュミレーションをしてみましょう。


予約時間が選べるなら、出来るだけ空いている昼間の時間帯に!持ち物が多いから抱っこ紐ではなくベビーカーで行くと決めた場合は、エレベータの有無の確認は必須です。


公共交通機関で行くのはきつい場合はタクシーを有効に利用。


混んだ電車に乗って泣かれた時の対応や、季節によっては風邪・インフルエンザなどの感染症の恐れを考えたらタクシー代など安いもの、となるかもしれません。


1ヶ月検診の持ち物は?


絶対に忘れてはいけないものから、あると便利なものまで、1ヶ月検診用の持ち物をリストにしました。当日に慌てないように、持ち物は前日までにしっかり用意しておきましょう。


1:母子手帳


赤ちゃんの1ヶ月間の様子を記入する欄には書き込んでおきましょう。


気になることなども記入しておくと、病院で先生や看護婦さんに忘れずに聞くことが出来ます。


2.赤ちゃんの保険証・医療証

赤ちゃんの保険証・医療証


1ヶ月検診などの子供の定期検診は保険適用外です。病気ではないので保険証を使うことができない、ということですが、保険証は念のために持っていきましょう。


保険証があれば、1ヶ月検診で何らかの問題が見つかり、検査などが必要になった場合はそれらの医療行為の費用に保険が適用されます。


3:診察券

診察券


出産した病院であれば、診察券を作ってもらっているはずですね。持ち物として鞄に入れることを忘れずに。


4:乳児検診補助券(あれば)

乳児検診補助券


保険証は使えませんが、各自治体で発行している補助券があれば、1ヶ月検診の料金が割引されたり無料となったりします。


ただし、自治体によっては発行してないこともあります。その際は実費です。


5:現金


1ヶ月検診の費用の平均は3,000円から5,000円と言われています。ただし、病院や市町村によっては1万円程度かかるところもあるようです。


かさばる持ち物ではないので万が一のために少し多めに持っていきましょう。


6:オムツとおしりふき


赤ちゃんとの外出の時に絶対に忘れたくない持ち物がオムツ類。


外出先で購入できる場合もありますが、汚れたおしりのまま赤ちゃんとお店を探して回るのはかわいそうです。4~5枚程度の替えオムツを持っていきましょう。



7:着替え一式

着替え一式


吐き戻しやおむつからの漏れがあった時にも対応できるように、赤ちゃんの着替えは忘れずに持っていきましょう。着替え一式として靴下を入れるのも忘れずに。


できれば2セットあると、病院に着いたとたんにお着替えが必要になった場合も「まだもう1セットある」と、ママの心に余裕が出来ます。


汚れた服を入れるビニール袋もセットにしておきましょう。


8:授乳ケープ、ミルクセット

授乳ケープ、ミルクセット


1ヶ月検診自体は30分程度で終わりますが、待ち時間が長くて赤ちゃんのお腹が空くかもしれません。念のため準備しておきましょう。


持ち物が重くなりそうなら、ミルクのお湯は現地で調達できることがほとんど。病院なら何かしらお湯をゲットできるところがあるはずです。


また、お湯がどうしても見つからない場合はコーヒーショップなどで手に入ります。多少お金がかかる場合もありますが、赤ちゃんを抱っこしてたくさんの持ち物を運ぶよりは、身体への負担軽減重視です。


9:おくるみ、バスタオル

おくるみ、バスタオル


1ヶ月検診では赤ちゃんの身長、体重を測ります。また、裸の状態で異常がないかを医師が目で確認しますので、オムツ一枚で順番を待つこともあります。


おくるみやバスタオルなどでくるんであげると赤ちゃんも安心です。


10:ママの保険証

ママの保険証


赤ちゃんとママの健診を同日に行う場合には、ママの保険証も持っていきましょう。ただし、ママの健診は実費になることが多いです。


11:おもちゃ

おもちゃ


持ち物として必須ではありませんが、公共交通機関で移動する場合は、ガラガラなどの小さな音の出るおもちゃがあると便利。また、病院で待ち時間が長い場合にも使えます。


新生児なので大きなおもちゃは必要なく、いつも使っているものを1つだけ、赤ちゃんの気を紛らわせる程度のものを持っていけば十分でしょう。


1ヶ月検診に行く服装は?


ママも赤ちゃんも、基本的にはどんな格好でもokです。ただし、脱ぎ着しやすい服の方が楽だと思います。


赤ちゃんは頭からかぶるタイプではなく、前開きタイプだと脱がせやすいですね。カバーオールやツーウェイドレスなどがおすすめです。


ママの服装も、健診も同日にする場合は脱ぎ着が簡単なものを。内診が出来るようにチュニックやワンピースがよいでしょう。


1ヶ月検診は持ち物を厳選して、初めての外出を楽しもう!


赤ちゃんとの外出は、思っているよりも荷物がかさばるもの。


念のためにあれもこれも…持ち物を増やすと、鞄を持って歩くのが大変という状態になりかねないので、持ち物は厳選しましょう。


ママバッグを持っていない人は購入を考えても良いかもしれません。


ママバッグは大容量というだけでなく、沢山のポケットで仕切られていたりオムツ変えシートが鞄にセットされていたりと、専用に作られているだけあって持ち物を揃える際に便利!


ママのストレスを軽減すれば、赤ちゃんとも外出がより楽しいものになります。1ヶ月検診は、ぜひ赤ちゃんと外の空気を楽しむ気持ちで臨んでみたらどうでしょうか。


Photo by Photo AC