離乳食がスタートすると、赤ちゃんグッズが一気に増えますよね。離乳食に欠かせないスプーンも、色々な種類があるのをご存知ですか?


離乳食のスプーンは、月齢や用途によって選び方も変わります。素材もプラスチック製からシリコン製、木製などさまざま。


そこで今回は、離乳食用スプーンの選び方に加え、中でも「木製」に注目してご紹介します。購入される際の参考にしてみてくださいね!


この記事の目次

離乳食の時期に合わせたスプーンの使い方&選び方


離乳食が始まるのは、生後5〜6ヶ月ごろ。このころは「ごっくん期」と呼ばれています。


ごっくん期から1歳頃の完了期まで、時期別に離乳食の進め方とスプーンの関わり方を紹介していきます。


【離乳食初期】ママ・パパが赤ちゃんに食べさせやすいものを


離乳食初期・中期では、ママ・パパから食べさせてもらう赤ちゃん。赤ちゃんが自分でスプーンを持つことはほとんどないでしょう。


この時期は、口に入りやすいよう、スプーンの先端が小さいものを選びましょう。ママ・パパが持ちやすい柄のデザインがおすすめです。


食べさせやすいスプーンを選んでみましょうね。


【離乳食中期】スプーン自体が薄いものを


離乳食中期になると一口の量が増えてくるので、初期のものより大きめで少し深めのものを選びましょう。


スプーン自体が薄い方がすくいやすく、赤ちゃんの口に入れやすいですよ。



【離乳食後期】赤ちゃんが持ちやすいスプーンを


離乳食後期は、一般的に生後9〜11ヶ月ごろ。


離乳食の進み方に個人差が出る頃ですが、手づかみ食べに興味を持つようになる時期でもあります。


手づかみ食べはスプーンの練習になる大事な段階とも。この時期は、ママ・パパは後片付けが大変ですが、積極的にやらせたい大事なプロセスです。


手づかみ食べと並行して、スプーンを持つ練習を徐々に進めていきたいところですね。


【完了期】赤ちゃんが自分ですくいやすいスプーンを


本格的にスプーンの練習を始めるのは1歳~1歳半が多いようです。


離乳食が完了期に入ると、手から口へという流れを上手にできるようになるころ。


離乳食後期になると食べる量もさらに増えるので、中期のものより大きく、とろみのあるものをすくいやすいスプーンがおすすめです。


赤ちゃんが、上からも下からもしっかり握れるもの・ひとりで持ちやすい形状のものを選びましょう。


我が家は「ヨーグルト」で練習

1歳前後の時期、我が子は「自分でやりたい!」と今までやってもらっていたことを、自分で挑戦する場面が増えてきました。


そんな時期はチャンス!


私の娘の場合は、まずヨーグルトから練習し始めましたがとっても楽しそうに食べていましたよ。


知っておきたい離乳食用スプーンの素材


スプーンと一口に言っても、素材はそれぞれ。ここでは、素材と特徴を紹介します。


(1)シリコンは初期におすすめ!


シリコンは離乳食初期、初めてのスプーンとしておすすめの素材。スプーンは、乳首や哺乳瓶意外で初めて食事として口に入れる異物ですよね。


口当たりが優しく、乳首や哺乳瓶に近い感触のシリコン。柔らかい素材なので、赤ちゃんの歯茎にスプーンがあたっても傷つけることがありません。


(2)プラスチックは幅広く使える


プラスチック製のスプーンは、離乳食初期~完了期まで幅広く使える素材。シリコン製に比べると少し固いですが、口当たりが良いです。


食材をすくいやすいので、パパママが離乳食をあげやすいです。一方で歯がしっかり生えてくると噛んでキズがつきやすいデメリットもあります。


(3)木は口に入れても安全


木製のスプーンは、離乳食初期~完了期と幅広く使うことができます。何より、木のぬくもりが優しく、赤ちゃんの口に入れるものとして安全ですよね。


木のスプーンは、塗料が使用されていないか確認してから購入しましょう。熱や薬品に弱いため、つけ置き洗いや食洗機の使用には向きません。


(4)ステンレスは後期・完了期におすすめ


ステンレス製のスプーンは、スプーンを持つ練習を始める後期や完了期におすすめで、離乳食初期には向かない素材です。


口当たりが冷たいので、スプーンに慣れていない赤ちゃんは嫌がるかも。


ただし、食材をすくいやすいので、量を食べるようになり、1人でスプーンを使えるようになった頃には、ステンレス製のスプーンのほうが食べやすいです。


【経験談】スプーンを変えたら、離乳食を食べるようにった


友人の話ですが「なかなか離乳食を食べてくれない…」と悩んでいたママは、なんとか食べてくれるように試行錯誤。スプーンも4種類ほど試していたことも!


離乳食もスプーンも、それまで母乳やミルクしか知らない赤ちゃんにとっては「異物」ですよね。


警戒心の強い・慎重な赤ちゃんならなおさら好みがありそうです。


結局、その赤ちゃんは「木」のスプーンに落ち着いたそうです。「スプーンの違いで変わるんだな〜」と驚きました。


離乳食おすすめの木製スプーン5選

それでは、具体的に木製の離乳食スプーンをご紹介していきます。


(1)ラトルウッド RattleWood のベビースプーン(離乳食初期・中期)


離乳食初期におすすめで、ママが使いやすい形にもこだわりました。


Amazon価格:¥471 (税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)

(2)ラトルウッド RattleWood のベビースプーン(離乳食後期・完了期)



フォークとスプーン2本のセット。赤ちゃんの「ひとりで食べる」をやさしくサポートしますよ。


木のぬくもりがあたたかく、風合いも少しずつ異なるのが木製ならではです。


Amazon価格:¥1,500-(税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)

(3)中川政七商店  ずっと使えるベビースプーン


小さなスプーンと大きなスプーンがリバーシブルになっています。堅くて丈夫、それでいて口当たりも良いメープル(楓)を使用。


携帯用袋つきでプレゼントにもおすすめです。本品は食品衛生検査に合格した安全な素材を使用しています。


※対象月齢は記載がありませんでしたが、離乳食後期ごろ〜がよさそうです。


Amazon価格:¥1,512-(税込)
購入はこちら:楽天(リンク)

(4)アグニー agney わっかのカトラリー2本セット


離乳食の時間が思わず楽しくなるような、可愛らしい輪っかのデザイン♪木製でご紹介しておりますが、厳密には竹製のカトラリーです。


輪っかの部分をフックなどに引っ掛けておけば、乾きやすく衛生的にもよさそうです。パッケージも愛らしく、名入れにも対応しているので、出産祝いにもおすすめですよ。


公式サイト価格:¥2,268 〜 (税込)
購入はこちら:公式サイト(リンク)


(5)カワイ 天然木のカトラリー サオキッズスプーン(ウインク)


画像は「ウインク」タイプですが、「スマイル」タイプも選択可能です。

お揃いのフォークの品揃えもありますよ。


ステンレスやプラスチック製品に比べ、1.柄が太く持ちやすい、2.食べ物の熱さがスプーンに伝わりにくい、3.滑りにくいので、食べこぼしが少ない。これらがお気に入りのポイントです。


離乳食後期〜完了期におすすめ。お求めやすい価格も魅力的です。


Amazon価格:¥432-(税込)
購入はこちら:Amazon(リンク)


木製スプーンで離乳食の時間を楽しく


離乳食の進め方、悩みますよね。「○○ちゃんは、順調そうなのに、うちはなんでうまくいかないんだろう」という声は、意外と聞こえてくるものです。


もし悩んでいるママがこの記事を読んでいたら「あなただけじゃないよ!」と声を大にしてお伝えしたいです。離乳食が進み出したきっかけも、本当にさまざま。


木製スプーンが、そのきっかけのひとつになることも!赤ちゃんにあったものが見つかりますように。


(photo by:写真AC)