最近は、母親参加型で0歳から始めることのできる幼児教室があり、ママ達の間でも、赤ちゃんのうちから教育を始める「0歳教育」は話題にあがることも多いですよね。


ここでは、まだ話すことのできない0歳から教育を始めることにはどのようなメリットがあるのか、また、ママが参考になる0歳教育におすすめの本をピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。


この記事の目次

0歳から3歳までは脳が最も育つ時期


子供の脳が最も成長するのは3歳までと言われています。特に聴覚は、赤ちゃんがお腹の中にいるときから発達しているそうですよ。


好奇心旺盛な赤ちゃんは、見たもの聞いたものをどんどん吸収していきます。そのため、0歳から教育を受けさせることで子供の能力を伸ばすことが出来ると言われているのです。


0歳10ヶ月までの教育で語彙力が発達

0歳教育には絵本がおすすめ。


絵本は、視覚、聴覚から様々な情報を得ることができ、想像力も育まれます。


また、絵本の読み聞かせは赤ちゃんとのスキンシップにもピッタリ!ママはもちろん、パパにも是非絵本の読み聞かせをお願いしてみてくださいね


絵本の読み聞かせは、言葉の意味を理解し始める10ヶ月頃までに始めると効果的。絵本の読み聞かせに、早すぎるということはないようですよ。


0歳から教育を始める上での注意点


0歳教育で最も注意しなければならない点は赤ちゃんにとってストレスにならないようにすること


できないからといってママが不機嫌になってしまうと、赤ちゃんはその気持ちを感じ取ってしまいます。


0歳から始めると良いとされている教育は、教育とは言っても学校や塾で行うような勉強ではありません。


0歳教育は赤ちゃんと一緒に楽しむことがポイント!


勉強というよりコミュニケーションといったところでしょうか。


他の子と比べず、良いところを褒めて伸ばしてあげるようにするといいですよ♪


0歳教育におすすめの遊び


語りかけたり、様々なことを教えたり、そういった一つ一つのことが赤ちゃんにとっては大切なお勉強。成長に繋がります。


0歳教育では、ちょっとした毎日のコミュニケーションに、楽しめる要素を盛り込むことがポイントです。子供って、好きなことはどんどん上達するんですよね。


・絵本の読み聞かせ
・手遊び
・工作
・わらべ歌
・ねんど(小麦などの安全なもの)
・積み木

これらの遊びは、0歳から始めることができ、発達に効果があると言われています。子供とのコミュニケーションに積極的に取り入れていきましょう。


0歳教育におすすめの本


0歳教育といっても、言葉を話すことのできない赤ちゃんは理解しているのか分かりませんよね。どういった教育の仕方がいいのか迷う方もいらっしゃると思います。


実は、そんなママにピッタリの本が、多く出版されているんです。0歳教育に関する本を紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


1.1対1で話すから伝わる「0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児」


こちらの本は、お母さんが赤ちゃんと遊んだり語りかけたりする「語りかけ育児」について書かれた本です。


0歳から4歳まで月齢別にどのような言葉をかけたらいいか、どんな遊びが子供の興味をそそるかなどが書かれていてとても参考になります。


購入された方からは、


「ちょっとした悩みが解決した!」

「落ち着きのある子に育った!」


というレビューがあり、友達に送ったり薦めたりしているようですよ。


Amazon価格:2,376(税込)

購入はこちら:Amazon


2.脳科学に基づく「天才脳をつくる0歳教育」


久保田先生の0歳教育は、ママの間で人気のようです。イラストが多く、わかりやすい点も嬉しいですね。


脳科学に基づいて、実践しやすい内容が具体的に書かれている点も人気のポイントです♪


Amazon価格:1,028(税込)

購入はこちら:Amazon


3.ジェスチャーで赤ちゃんと意思疎通!?「わかる!話せる!らくらくベビーサイン」


ベビーサインとは、まだうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使って「お話し」する育児法です。


出典:日本ベビーサイン協会

20年以上研究されたベビーサインについてが書かれた本です。まだ話せない0歳の赤ちゃんと意思疎通ができれば、教育や育児がもっとたのしくなりますね


ベビーサインをしている映像やアニメが収録されたDVDもついていて、アニメは子供と一緒に楽しむことができますよ!


Amazon価格:7,800(税込)

購入はこちら:Amazon


4.漫画だからスラスラ読める「マンガでわかる 男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方」



竹内エリカ先生が執筆した「男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方」が漫画になって登場!本を読むのが苦手なママも楽しく学ぶことができます


男の子と女の子で、教え方や成長が違うの?と悩んでいるママにおすすめの一冊です!


Amazon価格:1,404(税込)

購入はこちら:Amazon


5.シュタイナーの入門版「子どもの教育 (シュタイナーコレクション)」


シュタイナー教育が注目され、その教育方針をもとに子供に教育をするシュタイナー学校が全国各地に設立されています。


シュタイナー教育に関する本も数多く出版されていて、読者の中には、


「ママに一度は読んでもらいたい」


と強く進めている方も多いです。



シュタイナー教育は、12年間の体系的なカリキュラムを持った一貫教育で、教育は芸術行為であることが大切という考えに基づいて、詰め込み教育、能力による子供の選別、落第など通常の学校教育における常識を採用せず、子供の体と心だけでなく精神性までも育む全人教育を目指します。

出典:知育ノート

この本は、シュタイナーの教育本の入門版。興味がある方は是非読んでみてください♪


Amazon価格:1,728 (税込)

購入はこちら:Amazon


6.世界中で注目!「0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」


モンテッソーリ教育についてご存知の方が多いようです。数あるモンテッソーリ教育について書かれた本の中でも、こちらの本は取り組む内容が具体的


すぐに実行することができます。


生まれて間もない赤ちゃんにも実践できることが多いので、長く愛用することができますよ!


Amazon価格:1,512 (税込)

購入はこちら:Amazon


7.15万部のベストセラー「発達がわかれば子どもが見える―0歳から就学までの目からウロコの保育実践」


保育士さんが子供の発達を理解するために出版された本です。0歳から就学まで発達に合わせたアドバイスがあり、子供の教育に役立ちます


子供の発達にあわせて遊びや教育について保育士さんのような知識があれば役立ちますよね!


Amazon価格:1,749 (税込)

購入はこちら:Amazon


8. 0.1.2歳児 せいさくあそび88


「0歳児が喜ぶ遊びって?」

「教育にいい遊びってなんだろう」


毎日家で子供と一緒にいると、遊びのレパートリーも尽きてしまいますよね。そんなママにおすすめの本がこちら!この本も保育士さん向けの本です。


制作遊びは子供の想像力を育てるのにおすすめ。0歳児はママが作っているところを見たり、一緒に遊んだりして学びます。


他にも、「手作りおもちゃ」「運動遊び」などのシリーズがあり、どれも人気ですよ!


Amazon価格:1,728 (税込)

購入はこちら:Amazon


0歳教育に関する本は、赤ちゃんとの接し方を学ぶのにもおすすめ


0歳教育に関する本には、子供の成長についてや発達についてだけでなく、子供の関わり方について書かれていることが多いもの。


私自身も立ち読みで教育本は読んでいましたが、参考になる情報が多く、子育てに悩んだ時は参考程度にチェックしてみるのもおすすめです。


「あ〜こういうことだったのか!」とママ自身の心も落ち着きますよ。


(Photo by:写真AC