離乳食が進んでくると、手づかみ食べだけでなくスプーンを使って食べたいという赤ちゃんも増えてくるのではないでしょうか?


でも一体、いつからスプーンを渡したら良いものか悩むところですよね。


今回は、いつから赤ちゃんにスプーンを用意してあげたら良いのか、そして離乳食期におすすめのスプーンについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


この記事の目次

いつからスプーンを始める?

 

スプーンを使い始める目安は離乳食完了期である1歳~1歳半

 

ですが、月齢等関係なく赤ちゃんがスプーンに興味を持ち始めたら、いつからでもスプーンを渡しても問題ありません。

 

多くの赤ちゃんは手づかみ食べを始めるとスプーンにも興味を示すことが多くなるため、遅くとも離乳食後期には1つ用意してあげてみてください。

 

その後、赤ちゃんの手が大きくなったり、一口の量が増えてきたりしたら、スプーンの買い替えを検討してみるのもおすすめです。

 

スプーンを使い始める前に大切なこと


スプーンを使い始める前に必ずやっておきたい大切なこと、それは手づかみ食べ

 

ママにとって手づかみ食べは大変な思いをすることも多いのですが、子供にとっては発達に欠かせない重要なことなのです。

 

手で直接食べ物に触れることで、その食べ物の大きさや固さ、温度など、食べ物に関するたくさんの情報を得ることができます。

 

また、手で食べるということは指先の器用さを養うことにも繋がります。

 

ママとしては早く綺麗にご飯を食べられるようになってほしいと思いがち。

 

ですが、我が子が大きくなった時にしっかりと自分の身体を使いこなせるよう、離乳食の手づかみ食べの時期はしっかりと手づかみ食べをさせてあげてくださいね。

 

離乳食で使うスプーンの種類


一言で離乳食のスプーンと言っても、いろんな種類のものがあります。

 

それぞれのスプーンの特徴についてご紹介します。

 

①シリコン製

柔らかい素材のため、赤ちゃんがスプーンを口に入れた時に歯茎を傷つける心配がありません

 

離乳食初期など、赤ちゃんが初めて使うスプーンとしておすすめです。

 

②プラスチック製

シリコン製よりはやや硬くはなりますが、口当たりが良いスプーンです

 

離乳食初期からずっと使えるタイプになります。

 

③木製

赤ちゃんの口に入れるものとして安全性が高いのが、木製のスプーンです

 

離乳食初期から長期間使うことができます。

 

他の素材のスプーンに比べて若干耐久性が低く、水に浸すと弱くなってしまうため、使い終わったらすぐ洗って水気を取る必要があります。

 

④金属製

耐久性が高く、食材がすくいやすいスプーンです

 

1人でスプーンを持って食べたいという時期、離乳食後期や離乳食完了期におすすめです。

 

しかし、料理の温度や気温によって冷たくなったり熱くなったりするので、注意が必要な時もあります。

 

離乳食期のスプーンを選ぶポイント


赤ちゃん用のスプーンといっても、いろんな種類のものがあります。

 

以下のポイントを参考に、赤ちゃんに合ったスプーンを選んであげてみてくださいね。

 

①柄が太く短いもの


まだ赤ちゃんは、自分の口とスプーンの先の距離をうまく把握できません。

 

柄が太くて短いスプーンであれば、自分ですくってうまく口に運びやすいのでおすすめです

 

②子供の成長に合った素材のもの


スプーンの種類のところでもいろんな素材のスプーンがあることをご紹介しましたが、その素材選びも重要。

 

赤ちゃんによってはスプーンの触感によって、食べる意欲を失ってしまうこともあるからです。

 

赤ちゃんがあまり意欲的にスプーンを使おうとしない場合、素材の異なるスプーンを用意してあげてみても良いかもしれません

 

離乳食後期~おすすめのスプーン7

離乳食後期である9,10ヵ月からおすすめのスプーンをご紹介します。

 

①エジソン フォーク&スプーン エジソンのフォーク&スプーン ベビー


初めてスプーンを使う赤ちゃんにぴったりの深さと角度にこだわって作られたスプーン。

 

ラバー素材で、子供の手にフィットするデザインです

 

Amazon価格:¥540(税込)

購入はこちら:Amazon

 

②コンビ ベビーレーベル スプーン・フォークセット 


右手にも左手にも対応できる形状のスプーン。スプーンの深さも浅めなので、初めて自分で使うスプーンにぴったりです。

 

Amazon価格:¥511(税込)

購入はこちら:Amazon

 

Richell おでかけランチくん にぎにぎスプーン・フォーク


角度がついているため、口に運びやすいスプーン。ケースもついているのでおでかけにもぴったりです。

 

==実際に利用していたママの声==

我が家の2人娘もこのスプーンを愛用していました。柄の太さも短さもちょうど良かったようです。


Amazon価格:¥490(税込)

購入はこちら:Amazon

 

RattleWood キッズ スプーン


天然木で作られた、口にも手にも触感の良いスプーン。四角い形なので、お皿の食べものをすくいやすくなっています

 

Amazon価格:¥432(税込)

購入はこちら:Amazon

 

⑤木製 にぎにぎ ベビー用スプーン・フォーク


持ち手部分には程良い厚み、表面はなめらかに仕上げられた木製スプーン。角度がついており、赤ちゃんも使いやすいデザインです

 

Amazon価格:¥399(税込)

購入はこちら:Amazon

 

Qshare赤ちゃん用スプーンフォークセット


赤ちゃんの使いやすい角度に折り曲げることができるスプーン。安心素材で握りやすいグリップのため、おすすめです。

 

Amazon価格:¥1,080(税込)

購入はこちら:Amazon

 

⑦レック アンパンマン スライド 3点セット


アンパンマン好きな赤ちゃんにおすすめのスプーン。ステンレス製のため劣化しにくく、はしもついているため長い間使うことのできるセットです。

 

Amazon価格:¥727(税込)

購入はこちら:Amazon

 

買い替えにもおすすめ!離乳食完了期からのスプーン3

離乳食完了期である1歳~1歳半の赤ちゃんにおすすめのスプーンをご紹介します。

 

①オクソー OXO Tot フォーク&スプーンセット


キッチン用品メーカーである「オクソー」が開発したスプーン。スプーンは少し深めの作りのため、1歳以降の赤ちゃんにぴったりです。

 

Amazon価格:¥1,071(税込)

購入はこちら:Amazon

 

SKIP HOP アニマル・フォーク&スプーンセット


赤ちゃんの手にフィットするよう、サイドグリップがついたスプーン。可愛いキャラクターで、楽しくご飯が食べられます。

 

Amazon価格:¥972(税込)

購入はこちら:Amazon

 

NARUMI みんなでたべよっ! カトラリーセット

頑丈で持ちやすい作りのスプーン。いろいろな赤ちゃんの手のサイズや持ち方に対応できるよう、作られています

 

Amazon価格:¥1,080(税込)

購入はこちら:Amazon

 

親子で離乳食の時間を楽しもう


我が子の成長のことを考えると、いつからスプーンを使い始めさせた方が良いのか悩みますよね。

 

そして、ママとしては早くスプーンを使って綺麗に食べてほしいと思うもの。

 

でも、綺麗に食べさせようとしたり、無理にスプーンを使わせようとしたりすると、子供自身のやる気をそいでしまう場合もあります。

 

手づかみ食べの時期はママが大変ですが、我が子にとっては貴重な発達段階。

==先輩ママの声==

我が家の場合ですが、子供2人とも思う存分手づかみ食べをさせたら、あっという間に上手にスプーンを使うようになっていました。

 

そしてスプーンを使うようになったら、ほとんど食べこぼすことなく綺麗に食事を終えるように。

 

手づかみ食べの時期は本当に大変でしたが、やはりしっかり手づかみ食べを経験させてあげることが大切なんだなと感じました。


 

つい他の子の成長と比較してしまう時もありますが、できるだけゆったりと構え、親子で楽しい離乳食の時間を過ごせるよう心がけてみてくださいね

 

(Photo by:写真AC)