英語の早期教育に興味があるパパやママは多いと思います。


始めるのは早ければ早い方がいいと言われますが、まだ日本語もままならない0歳から英語を聞かせても効果があるのでしょうか?


海外で子育て中の私は、自身の経験からズバリ!0歳の赤ちゃんの時から英語に触れさせることをおすすめします。


今回は、0歳から英語シャワーを浴びさせることができ、全国展開しているので通いやすい英会話教室、全6教室を網羅して紹介します。


この記事の目次

英語習得に必要なのは2000時間!0歳から英語教育を始めることが大切な理由 


小学校で英語が必修化されることが決まり、子供を英語教室に通わせる両親がさらに増えました。


今一番申し込みの多いクラスは2歳クラスとのこと。でも、2歳よりももっと前、0歳の赤ちゃんの頃から英語を導入すれば、よりスムーズに聞く力、そして話す力が身に付きます


アメリカの調査では日本語ー英語の習得時間は2,200時間以上


ひと昔前の調査ですが、アメリカ国務省が自身の機関の実績から外国語の語学教育における習得難易度を時間数で表しました。


それによれば、英語話者が日本語を習得するまでには約2,200時間。


日本人が英語を習得する場合とは反対ですが、大体同じような時間数が必要なのは予想に難くありません。


同調査で、英語話者がフランス語を習いたい場合は650~700時間でした。これは、母国語である英語と新しく習いたいフランス語に互換性があるから。


日本語は英語との互換性が低く、日本語ー英語のペアでの習得はとても大変なことが分かります。


習得に時間がかかるなら0歳からはじめないと時間がもったいないと思いませんか?


人間の脳は3歳までにほとんどが完成!


赤ちゃんの脳は3歳までに約80%が完成するといわれます。


その過程で、日本語にはない英語の独特の音やリズムを聞いたことがない場合、脳はその聞き分け能力は使わないものとして処理してしまいます。


そして、だんだんと年を取るにつれ、特定の音域が聞こえなくなっていくんです。


だからこそ、英語の早期教育が必要になってきます。


海外に住んで一番苦労するのは発音。難しい言葉ではなく、日常生活のちょっとした言葉で「?」と思われると本当に大変です。


私の友人に、海外のマクドナルドで「ミルク」が通じなかった駐在員さんがいます。一緒に海外にきて2年になる小学生の娘さんが、完璧な発音で「Milk」と言ったら、さっと出てきたとか。


私は海外に20年住んでいますが、100%どの環境でも「ミルク」が通じるかどうかと聞かれたら、多分、大丈夫…としか返せません。


大学までの英語学習と20年間の英語圏滞在経験をたった2年で越えてしまう子供の「聞く」能力!


0歳なら、その能力を最大限に伸ばせます。


もちろん英語の早期教育にデメリットもある 


英語の早期教育については、日本語の基礎ができてないうちに教えると赤ちゃんが混乱するという説があります。


でも私は経験から、多くの場合、赤ちゃんは2つの言語に混乱しないと言いたいです。


私の娘は0歳の時から5か国語に触れ、現在では3か国語を話します。3つの言語に得意な順番はありますが、混乱は見られません。


子供は私たち大人が思っているよりもっともっと賢いです。きちんと別の言葉であるということを理解して使い分けるようになります。


ただし、そこには個人差が。運動が苦手な子がいるのと同じで、語学が苦手な子もいると思います。混乱していないかどうか、ママが赤ちゃんの様子をしっかり見守ってあげることが大切ですね。


それよりも、デメリットとして取り上げたいのは早期教育に力を入れすぎて子供とのコミュニケーションが少なくなってしまうこと。


他の学習や遊びの機会もバランスよく取り入れて、伸び伸びと育ててあげることが大切だと思います。


英語学習は通信教材と英語教室どっちが良いのか


赤ちゃんと時間通りに外出するのは大変。通信教材でもいいかな?と思うママも多いと思います。


通信教育でも0歳児なら英語学習面では十分と言えますが、私は、できるだけ英語教室に連れていってあげて欲しいと感じています。


通信教育と英会話教室には決定的な違いがあるからです。


英語教室なら、英語で話しかけてくれる先生の顔の表情や口の動きをしっかり見ることができます。また、レッスンでは手を握ったり、みんなと一緒に英語の歌を歌いますので、赤ちゃんの脳に刺激を与えることが出来ます。


できれば画面を通してではなく、本当の人間とのコミュニケーションを感じながら英語に触れて欲しいなと思います。


0歳からはじめられる英語教室7選


0歳からはじめられる英語教室は、残念ながらあまり多くありません。


0歳から英語教育をしたい!と思う場合は、家の近くに以下の7つの教室があったらさっそく体験レッスンを申し込みましょう


入会できる月齢になるまでは、家で英語の歌のCDをかけたり、英語が得意なパパやママは、英語の絵本の読み聞かせをしてあげてくださいね。


1.アミティー


アミティーは、子供英語の専門校というだけあり、6か月の赤ちゃんから入会できます。大手で6か月という月齢から通える英語教室は少ないですよ。


0歳の赤ちゃんはベビーOクラスとなります。レッスンはパパやママと一緒に参加する形となるので赤ちゃんも安心。

・体験レッスン 

随時受付中。

・料金

受講料月額7,200~8,200円。月2回(各30~40分)

別途、施設費600円、新規入学金10,000円、入学登録料 3,000円、教材費10,000~18,000円がかかります。

・口コミ

先生の質が良い。子供専門校なので、子供好きで優しい方が多い印象です。カリキュラムがしっかりしていて、授業の質も良いと思います。今のところ、楽しく英語が身についてきています。

塾ナビ

やはり子供専門というところがいいですね。ただし、勧誘がしつこいという口コミもちらほらありましたので、断るときははっきりと!

・URL

アミティー「ベビーOクラス」の詳細はこちら


2.ベネッセの英語教室 BE studio


ベネッセの強さは子供の「やりたくなる気持ち」を引き出してくれるところ。


キャラクターとして子供たちの間に定着している『しまじろう』と一緒に楽しく英語を学びます。


また、先生は日本人と外国人の先生からその子供にあったスタイルを選ぶことが出来るのもうれしいポイントです。

・体験レッスン

随時受付中。

・料金

受講料月額4,500~7,700円。週2、もしくは3回レッスン(各40分)

別途、入会金5,000~10,000円、教材費7,500円がかかります。

・口コミ

不安で子どもを連れて体験に行きましたが先生がふわっと迎えいれてくれ子どももすぐになつき体験も楽しかったので即入会しました。 みるみる発音がネイティヴになり英語に通っていないお兄ちゃんや私たちには発音が良すぎてもはや通じなく教えてもらっています。ハロウィン、クリスマス、イースター本格的なイベントをやってくれて、本当に楽しく英語が身についています。先生もご経験が豊富で今の日本の英語教育など色々教えてくれます。

みんなの英語ひろば

子供は吸収が早いですね。英語も大切ですが、0歳児のママとしてはイベントなどで他のママと仲良くなれるのも魅力です。

・URL

BE studio「ベビー」コースの詳細はこちら


3.ヤマハ えいご★デビュー


音楽教室で知られるヤマハも、リズムポケットという子供英会話教室を実施しています。


0歳児の「えいご★デビュー」コースは10月から翌3月までの秋冬限定コース。期間が短いのでちょっとお試しの気持ちで通えます。


クラスでは、ハロウィンやクリスマス、バレンタインなどの季節の行事をテーマに英語に触れます。

・体験レッスン

随時実施中。

・料金

週1レッスン:月額2,000円、教材費3,800円。

週2レッスン:月額3,500円、教材費4,700円。

各45分。

・口コミ


年に2回、5月と10月に教材を購入します。

~中略~

内容が多いだけに少し高額だなと感じますが、リスニングCDの英語音楽はさすがヤマハだけあって、オリジナルソングばかりです。とても聞きやすく、大人の私でも口ずさんでしまうほどです。

みんなの英語ひろば

さすがヤマハ!オリジナルソングばかりというのは凄いですね。歌は思っている以上に記憶に残るので、英語学習の素晴らしいツールですよ。

・URL

ヤマハ「えいご★デビュー」の詳細はこちら


4.セイハ英語学院


0歳から始められる「ハロークラブコース」があります。


独自開発されたプログラムのもと、楽しく、身体を動かしながら英語を覚えていきます。


外国人講師の生きた英語に触れるのはもちろん、日本人講師の丁寧なサポートがあるので安心です。

・体験レッスン

随時受付中。

・料金

週1レッスン:月額6,800円

週2レッスン:月額9,000円

各30分。

別途、入学金10,000円、教材費13,620円(次年度からは11,620円)、年会費4,000円がかかります。 

・口コミ

ウチも公文悩みましたが、今はセイハ英語学院に通ってます。
日本語もままならないのに英語って😅と思いましたが本人は楽しいようで、、子供が楽しめる習い事になるといいですよね。


Twitter, さっちゃんReplying to @fusuke0113

楽しむと、学びの吸収力が高まるって知っていましたか?英語学習は楽しんで行うことが大切です。

・URL

セイハ英語学院「ハロークラブコース」の詳細はこちら


5.ラボ・パーティ(Labo Party)


ラボ・パーティは、絵本や歌を通じて生きた英語を学び、自然に英語力を身につける体験型プログラム。0歳の赤ちゃんは0歳から3歳対象の「ラボ・プレイルーム」のクラスです。


親子で英語の手遊びなどもしながら、子育てについての情報交換ができるのでお母さん自身も楽しめる場となってくれますよ。

・体験レッスン

随時受付中。

・料金

受講料月額5,720円。週1回

別途、入会金5,720円、教材費7,560~10,800円がかかります。*金額は税込

・口コミ

英語を特別なものと意識せずに身につけられるシステムは素敵だと思います。主人め友人も語学留学をしているので、今でも日常会話は出来ています。

大人になっても当時のことを楽しく思い出せるということからも、悪くないのだと思いますよ。

発言小町

小さいころに読んでいた絵本というのは特別な感情がありますよね。他の英語学校と少し違ったアプローチが面白い教室です。

・URL

ラボ・パーティ『ラボ・プレイルーム』の詳細はこちら


6.メガブルーバード(Mega Blurbird)


0歳の赤ちゃんが参加できるコースは「ハローベイビー」と「ハロー」。


0歳から2歳までを対象とした「ハローベイビー」コースは、オムツ替え、授乳、入浴、離乳食などをテーマにした会話表現を英語で学んだり、赤ちゃんと五感を使ったアクティビティ、マザーグースの手遊び歌などを行います。


「ハロー」コースはもっと日常生活に近い英語を学びますが、ママが赤ちゃんに英語で語りかけられるようになるので「ハローベイビー」コースからがおすすめです。

・体験レッスン

随時受付中。

・料金

受講料は週1、もしくは月2で開催される4つのレッスン(各40分)を好みで組み合わせて作っていく形式で、各レッスン月額5,000~9,000円。


別途、入学金15,000円、 教材費9,000円(年2回)、施設費4,500円(年2回)がかかります。 

・口コミ

メガブルーバードは、外国人教師がネイティブではない点が、良くもあり悪くもある点です。国際社会において、ネイティブの人とばかり英語で話すわけではないので、色々な国の人の英語を聞き取れるようになったほうがいいからというのがメガブルーバードの方針だそうです。それはごもっともだと思います。

倭国の英語術

確かに、社会に出たらネイティブの綺麗な英語を話す人だけではありません。


ただし、あまり訛っている場合は、長期間その先生に習っているとその訛りがうつってしまうことがあるので、学校の方に相談してみてもいいですね。

・URL

メガ・ブルーバードのコース詳細はこちら


7.イクウェル チャイルドアカデミー



七田式って聞いたことありますか?右脳を活性化して天才能を作ることを目指した教育法です。


七田式がベースとなったこのイクウェルは、幼児期に約6,000語の英語のシャワーを浴びせることで英語を英語のままイメージする脳を作ります。

・体験レッスン

随時受付中。

・料金

受講料月額8,500~9,500円。月平均2回(年43回、各40分)

別途、入室金15,500~20,000円、教室維持費2,200円、教材費実費がかかります。

・口コミ

講師の先生方がとても明るくて楽しいです。40分のレッスンがすべて英語!テンポよく歌やフラッシュカードで子どもを惹きつけてくれます。英語講師のWakana先生は小さい頃から しちだ教育を受けて、オックスフォード大学院に合格!すごいです!ルイス先生のサンバのような軽快なレッスンも子どもは大好きです。みんなの英語ひろば

0歳児はもちろん、幼児は長い時間集中することが出来ないので、授業のテンポはとても大事ですね。

・URL

イクウェル チャイルドアカデミーのコース詳細はこちら


0歳からの英語は楽しむことが大切!


日本にいると、どうしても英語を聞かせるチャンスが少なくなりがち。英語教室に積極的に通って、英語を聞くチャンスを増やしましょう。


0歳からの英語は、どのくらいの効果があるかというよりも、赤ちゃんと一緒に英語の世界を楽しむことが大切


赤ちゃんとママ、お互いが楽しいなと感じることでポジティブな脳波がでて、赤ちゃんの頭に英語がどんどん蓄積されていきますよ。


\幼児教室に興味のある方必見/

ベビーパークは0歳から通える有名な幼児教室。子供のIQを伸ばすこと目標としているので、詰め込み教育ではなく楽しく子供の能力を伸ばしてくれますよ!


今、ママびよりから無料体験に申し込み頂くとAmazonギフトをプレゼント!この機会にぜひ参加してみてください。


↓お申し込みはここから↓



Photo by Unsplash