これから生まれてくる赤ちゃんのために出産準備の一つとして購入をしなければいけないのが肌着です。


でも短肌着やコンビ肌着など聞き慣れないものばかりで何を購入すればいいか分からないママも多いはず。


今回は肌着の種類と新生児にあった肌着の選び方やポイントをご紹介します!


この記事の目次

ベビーウェアの選び方・着せ方のポイント


ベビーウェアの選び方のポイントは素材です。直接肌に触れる肌着は特に素材を気にして準備してあげたいウェアのひとつ。自分でうまく体温調節ができない新生児は生まれる季節に適している素材を選んであげることでグズグズする時間が減ったり、ぐっすり眠れることに繋がります。


また、サイズもしっかり把握して購入しましょう。安売りしているからといって、大きめのサイズを沢山購入するのは注意が必要!サイズがピッタリでも季節外れの素材だとせっかく買っても着ずにサイズアウトになってしまいます。


ウェアを着る時のサイズと季節を確かめて購入してくださいね!

素材

新陳代謝が活発な赤ちゃんはとても沢山の汗をかくので選ぶときの重要ポイントが吸収性や通気性です。そこで一番おすすめの素材が綿100%のウェア。


綿素材の中でも糸の編み方によってガーゼ、天竺、プライス、パイルと厚さや肌触りが変わってきます。ガーゼが最も薄く洗濯をしても乾きやすいですが、寒い季節にはあまり適してきません。季節にあった物を選ぶようにしましょう。

サイズ

赤ちゃんの肌着で一番小さいサイズは50cmですが、生まれてから1年間は成長が著しく早い赤ちゃんは数ヶ月後にはサイズアウトすることが多いため10cm単位で作られています。


下記の表は目安なため、月齢ではなく赤ちゃんの身長や体重で選びましょう。どっちのサイズにしようが迷ったときはひとつ大きいサイズを選ぶと長く着ることができますよ!



サイズ 50 60 70 80 90
月齢 新生児期 3ヶ月 6ヶ月 1歳~1.5歳 2歳
身長 50cm 60cm 70cm 80cm 90cm
体重 3kg 6kg 9kg 11kg 13kg

着せ方例

新生児の頃はあまり外出ができないので、赤ちゃんが生まれる前に肌着類は買い揃えておきたいですよね。生まれる季節によって揃えておくべき肌着は変わってきます。


⬛春から夏生まれ

・短肌着 4~5枚

・長肌着 1~2枚

・コンビ肌着 4~5枚


・コンビドレス 1~2枚


暖かい季節に生まれる赤ちゃんは自宅では短肌着だけで過ごすことが多くなり、足の動きが活発になる頃には涼しい季節に突入するのでコンビ肌着を重ね着して温度調整しましょう。


⬛秋から冬生まれ

・短肌着 4~5枚

・長肌着 3~4枚

・コンビ肌着 2~3枚


・コンビドレス 1~2枚


秋以降の涼しい季節に生まれる赤ちゃんは室内の温度管理もしっかりしつつ、新生児期は短肌着と長肌着で調整してあげましょう。


新生児の頃は1日に数回着替える日も多いので、洗濯しているときの枚数も考えて購入する必要もありますがすぐサイズアウトしてしまうことを考えると出産準備としては最低限の枚数に抑えておくといいかもしれません。


足りないと感じた場合は後から買い足すのがおすすめ!

赤ちゃんの肌着の種類


赤ちゃんの肌着は短肌着や長肌着とあまり聞き慣れない種類のものが多数あります。時期や季節によって着せると良い肌着も変わってくるのでそれぞれの特徴を一つずつ見てみましょう。


①短肌着

出典:Amazon


赤ちゃんの腰丈ほどの長さで、着用する衣類で一番内側の肌に直接触れる肌着です。重ね着などできることから一年中使える定番アイテム。


寝たまま着替えさせやすいように前開きになっていて、着心地や赤ちゃんの肌に直接触れることから紐で固定するようになっています。


肌着一枚の着心地でグズってしまう赤ちゃんもいるので、縫い目やダグが肌に当たらない表側にきているかや使われている素材をしっかりと確認しましょう。


おすすめ短肌着


直接肌に触れる短肌着は、デリケートな赤ちゃんの肌にも優しいオーガニックコットン素材のものがおすすめです。


コットンはアレルギー反応も少なく安心ですよ!


Amazon価格:¥980(税込)

購入はこちら:Amazon


②長肌着

出典:Amazon


足がすっぽり隠れるくらいの丈の長さがある肌着です。短肌着に重ねて着用することが多く前開きなので短肌着同様、お着替えは楽!


自宅では体温調整やミルクの吐き戻しでお着替えが多い時期は「短肌着+長肌着」で過ごすことママの負担も軽減されます。


前開きで裾はフルオープンなのでおむつ替えも簡単にでき、足をバタつかせてもはだけてしまうこともなく生後3ヶ月くらいまでは重宝する肌着です。


おすすめ長肌着


比較的出番の少ない長肌着はオールシーズン着ることができるタイプがおすすめ!


お出かけが少なくなる新生児期はママが楽しくお着替えできるかわいいデザインを選ぶと楽しく過ごすことができますよ♪


Amazon価格:¥1,886(税込)

購入はこちら:Amazon


③コンビ肌着

出典:Amazon


足を激しく動かしてもめくれ上がったりすることがない肌着。肌着の股下から二股に分かれスナップで留めることができるので足を活発に動かしても安心です。


基本的には短肌着の上に着用することが多く、おむつ替えもスナップを外すとスムーズに替えることができます。


おすすめコンビ肌着


短肌着とコンビ肌着は使用頻度が多い肌着なのでセットで購入するとコスパがGOOD!


足りない分は生まれてから買い足しても遅くはないので、出産準備ではセットで購入がおすすめ。


Amazon価格:¥2,592(税込)

購入はこちら:Amazon


④ロンパース(ボディースーツ)

出典:Amazon


全身がすっぽり覆われ、股下のスナップで固定する肌着。前開きや片開きのタイプがあるので着用する月齢にあったタイプを選ぶと着させやすいですよ!


寝返りやずり這いをしてもお腹がでたり、肌着が脱げてしまうこともないので全身を使って活発に動くようになる時期におすすめ。


夏の暑い日であればロンパース1枚で過ごしても問題はありません。赤ちゃんも涼しくてグズりもなくなりますよ♪


おすすめロンパース


ロンパースは夏の暑い日は1枚でお出かけもできるため、洋服の様なかわいいデザインも多いのが特徴です。


ネクストベビーは海外ブランドで、おしゃれなデザインが多いのでママたちからも人気のブランド!


ただサイズは海外が基準なので選ぶのが少し大変なのが難点です。


Amazon価格:¥1,980(税込)

購入はこちら:Amazon


赤ちゃん洋服の種類


赤ちゃんもお出かけする時はかわいいお洋服を着せて上げたいですよね。洋服も肌着同様に複数のタイプに分かれているので、タイプ別に見てみましょう。


①ドレスオール

出典:Amazon


洋服の裾がスカートのようにフルオープンなので、オムツ替えが一日に何度もある新生児期にはスナップの開閉がしやすくとても便利です。


新生児期はあまりお出かけをする機会も少ないですが、普段着やお祝い着にもなるので1~2枚あるとよいでしょう。


おすすめドレスオール


赤ちゃんが退院するときにドレスのようなレモニードレスを購入する方も多いようですが、我が家はかわいいドレスオールを退院着として用意しました。


その後は普段着としても着ることができるので、セレモニードレスを購入するか迷っている方はちょっとおしゃれな白っぽいドレスオールでも良いかもしれませんよ!


Amazon価格:¥1,880(税込)

購入はこちら:Amazon


②コンビドレス

出典:Amazon


スナップの留め方によってドレスオールとカバーオールの2wayタイプの洋服です。


新生児期はドレスオール、足を活発に動かすようになってきたらカバーオールと時期によって変更できるので長い期間着られます。


おすすめコンビドレス


コンビドレスは長い期間着用できるためオールシーズン着れるものを選ぶのがベスト。


その他に夏の半袖タイプや冬の少し暑手タイプのものを季節に応じて買い足すと無駄にならずに済みますよ!


Amazon価格:¥1,944(税込)

購入はこちら:Amazon


③プレオール(カバーオール)

出典:Amazon


カバーオールはトップスとボトムスを組み合わせた、つなぎのような洋服です。足元までスナップで留めることができるので、寝転ばせて着せることができます。


赤ちゃんも動きやすくハイハイなど沢山動くようになったらカバーオールが最適!


おすすめプレオール


プレオールは上下セパレートになっている様に見えるデザインなと赤ちゃんのおしゃれも楽しむことができる洋服です。


ただデザインによっては赤ちゃんが動きにくく感じてしまうものもあるので、赤ちゃんが心地よく着れるプレオールを選んであげてください!


Amazon価格:¥1,488(税込)

購入はこちら:Amazon


④足付きプレオール

出典:Amazon


プレオールの裾に靴下を付けたような、足先までカバーしてくれるタイプの洋服です。


体温を逃がしにくいので保湿性がとても高く、寒い季節のお出かけにピッタリ。靴下を嫌がる子は足付きプレオールで防寒対策をしてもいいかもしれませんね!


おすすめ足付きプレオール


部屋着として着せることができる足付きのプレオールもありますが、冬のアウターとしても足付きプレオールが大活躍!


もこもこの生地に囲まれている赤ちゃんはより一層かわいいですよ!


Amazon価格:¥2,500(税込)

購入はこちら:Amazon



我が家のベスト・オブ・肌着は・・・


我が家の娘は5月生まれです。出産する前に準備したのは「短肌着5枚、ドレスオール2枚」のみ。


春という季節の変わり目だったこともあり、何が赤ちゃんにぴったりな肌着が分からなかったので生まれてから買い足すことにしました。


5月に生まれてからは北海道と涼しい地域のため、短肌着とドレスオールで過ごすことが多かったのですが3時間おきの授乳のたびにオムツ替えがある新生児にはドレスオールのスナップが煩わしく思い長肌着を購入。


短肌着と長肌着で体温調整していましたが、季節が夏へを変わり気温が30度へと真夏日に・・・。


暑くてグズグズする時も多くなった時は短肌着1枚、もしくはさらに買い足したガーゼ素材の肌着のみで日中は過ごすことが多くなり、生後3ヶ月ころまでは肌着のみで過ごすことがほとんどでした。


その後足をバタバタ動かすようになってから重宝した肌着はコンビ肌着です。自宅に居る時は短肌着とコンビ肌着を重ね着することで体温調節もでき激しく動いても着崩れることもありません。


冬になっても足までカバーできるコンビ肌着を着せてその上から洋服を着せることが多かったので、我が家で1歳になるまで一番長い期間使った肌着はコンビ肌着です。


⬛購入したすべての肌着

・短肌着 5枚

・長肌着 2枚

・コンビ肌着 5枚

(ドレスオール2枚、コンビドレス4枚)


洋服もドレスオールとカバーオールの2wayタイプのコンビドレスが時期に合わせて着せることができるので長い期間着用していました。


あくまでも春生まれにはなりますが、我が家のベスト・オブ・肌着はコンビ肌着ではないかと思います。


まとめ前:「離乳食LP」誘導

赤ちゃんに合った肌着選びを!


赤ちゃんの肌着や洋服の種類は沢山あるのにはちゃんとした理由がありましたね!


生まれる赤ちゃんのために肌着を選ぶのはとても楽しいですが、成長の早い赤ちゃんはすぐサイズアウトになってしまうので季節やサイズに気をつけて購入しましょう。


新生児にかわいいふわふわの肌着を着せてあげてくださいね♪