生後4〜6ヶ月になると、寝返りをするようになったり、自分でしっかりモノをつかめるようになったりと、体の変化も著しい時期ですよね。


ここのタイミングでいろいろおもちゃや絵本を買ってあげる方も多いようです。

 

今回は、そんな4〜6ヶ月頃の赤ちゃんにオススメの絵本を、アンケートに寄せられたママの声をもとにご紹介します!


思わず手に取ってみたくものばかり。ぜひ参考にしてみてくださいね。


この記事の目次

●生後4~6ヶ月ってどんな時期? 

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本1】しましまぐるぐる(著: かしわら あきお)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本2】おはようのえほん(著:いしかわ こうじ)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本3】どんぐりむらシリーズ(著:なかやみわ)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本4】くっついた(著:三浦 太郎)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本5】じゃあじゃあびりびり(著:まつい のりこ)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本6】だあれかな(著:La ZOO)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本7】たまごをこんこんこん(著:あかま あきこ)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本8】ぴょーん(著:まつおか たつひで)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本9】だるまさんシリーズ「が・の・と」(著:かがくいひろし)

●【生後4~6ヶ月におすすめ絵本10】おつきさまこんばんは(著:林 明子)

●意外に幼稚園まで使える絵本が盛りだくさん


生後4~6ヶ月ってどんな時期? 


生後4ヶ月になると、首もすわり始めて声を出して笑い始めたり、早いと人見知りをするようになります。


うつぶせの時間が増えてきて、遊びの幅も広がりますね。カラフルな絵本を見せると喜ぶ赤ちゃんも!


そして生後6ヶ月になるとお座りも上手になり、ごはんも2回食になりしっかり食べるようになります。


「ママ」「パパ」などの言葉がでてくるのもこの時期。生後4~6ヶ月は、心身ともに急速に発達することがよくわかりますね。


【生後4~6ヶ月におすすめ絵本1】しましまぐるぐる(著: かしわら あきお)

出典:Amazon


赤ちゃんは、赤や黒などのコントラストが強い色に反応します。


この「しましまぐるぐる」でははっきりした色を使用しているため、視力がまだしっかりしていない生後6ヶ月未満の赤ちゃんでも楽しめる絵本になっているのです!


他にもいろんなシリーズがあるので、コレクションするのもおすすめですね。


【ママの感想】

絵がカラフルで可愛いし、動物、模様、建物などのイラストがある。


月齢が低い赤ちゃんでも識別できる色や形で描かれているので絵本を見て反応してくれる。


色彩がはっきりしていて赤ちゃんでも楽しめる!


しましまぐるぐるの絵本の絵は原色でハッキリしているので低月齢から楽しめる。



>>「しましまぐるぐる(いっしょにあそぼ」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本2】おはようのえほん(著:いしかわ こうじ)

 

出典:Amazon


動物さんに「おはよう」と声をかけると、動物さんたちが鳴き声で返事をするというストーリー。


動物のをめくると寝ている動物が起きる仕掛けが隠されています!


「この絵本を見てよく笑うようになった」といった口コミも多く、1歳になってからも使えっているご家庭が多いようです。


【ママの感想】

おはようのえほんとやさいさんは、本をめくると子どもが喜ぶ。


色が単色のものが多く目を引きやすいみたいです。ちょっとした仕掛け絵本です




 >>「おはようのえほん」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

  

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本3】どんぐりむらシリーズ(著:なかやみわ)

出典:Amazon 


どんぐりむらシリーズは、「お仕事」をテーマにしたストーリー。


絵本の中ではパパだけでなくママもお仕事をしていて、お仕事と育児の両立、そしてパパママと子どもの関わりについて描かれています。


共働きのパパママから支持されている一冊です。


【ママの感想】

どんぐりむらのぱんやさん→細かい可愛い絵が沢山書いてあるページはお気に入りの様子で、そのページになるといつも絵を凝視して、手足のバタつきが激しくなったりする。


>>「どんぐりむらのぱんやさん」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本4】くっついた(著:三浦 太郎)

 

出典:Amazon


「くっついた」は、子どもがちょうど6か月頃に図書館でレンタルしました!


絵本の中に「くっついた」というフレーズが何度もできて、そのタイミングで子どもとくっついて遊べるのでスキンシップにぴったり。


我が子もよく笑ってましたよ!


【ママの感想】

くっついたの絵本は、絵本の中にパパも出てきていいと思う


繰り返し使われる言葉がリズミカルに読めて子供も聞いていて楽しいのかなと思うし読んでる自分も楽しい



>>「くっついた」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本5】じゃあじゃあびりびり(著:まつい のりこ)

 

出典:Amazon


Amazonでベストセラー1位に輝く「じゃあじゃあびりびり」。


水や自動車、掃除機の音など、モノや動物と音を結びつけたシンプルな内容となっています!お休み前に読むママも多いようです。


【ママの感想】

じゃあじゃあびりびりは、文はとても短いが分かりやすく生後5カ月の息子でも読み始めると本を真剣に見つめて聞いている。


色味がしっかりしている方が好きみたい


オノマトペが多いのと、赤ちゃんが興味を持ったりして、舐めやすいです。


色合いがはっきりしていて様々な効果音を喜んでいた。


単純な絵本やカラフルの絵本は興味津々な顔でみている


ページが固い厚紙でできているものが、遊びにも使え、手も傷つけず安心




>>「じゃあじゃあびりびり」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本6】だあれかな(著:La ZOO)

 

出典:Amazon


「はじめてのあかちゃんあそびえほん」の一つである「だあれかな」。


仕掛け絵本を探しているパパママにオススメの一冊です。いろんな形の穴からは、動物たちがチラッとみえて、めくるれば可愛いイラストの動物たちが現れます!


【ママの感想】

だあれかな」は最初は表紙の色が気になったようで、今は絵本を見せるとじっと見る、手に取ってかじる、読むと足をバタバタさせる。


夫が毎晩寝る前に読んであげている。父と子のふれあいの時間になっていて、見ていて和む


>>「だあれかな」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本7】たまごをこんこんこん(著:あかま あきこ)

 

出典:Aamzon


こちらも仕掛け絵本。


たまごをこんこんこんと叩くと、次のページにはたまごから動物が生まれるというストーリーです。


「こんこんと叩く真似をしていると、大きくなったら子どもが真似をするようになった」というお声も!


1歳のお子さんにも大人気なので、長く使える一冊です。


>>「たまごをこんこんこん」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本8】ぴょーん(著:まつおか たつひで)

 

出典:Amazon


「ぴょーん」という効果音に赤ちゃんが反応してくれると話題の絵本。


カエルさん以外にも犬や猫が登場します!絵本の中では珍しい縦開きなので、新鮮です。


ぜひ「ぴょーん」という音をアレンジして読んであげてくださいね!


【ママの感想】

色んな動物が飛ぶのですがその様子が面白い様で絵を一生懸命見ている


仕掛け絵本は子供が好き。一緒にぴょーんとしています。


子どもと一緒にぴょーんってできるところが大好き!



>>「ぴょーん」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本9】だるまさんシリーズ「が・の・と」(著:かがくいひろし)

出典:Amazon


わが家の息子も大好きなだるまさんシリーズ。


「だるまさんが」のフレーズの後に、だるまさんのオーバーなリアクションが描かれていて、大人もついつい笑ってしまいます。


生後4~6ヶ月だとすぐに反応しないかもしれませんが、大きくなるにつれて反応がしっかり返ってくるので、ぜひ毎日読んであげてください!


【ママの感想】

イラストも可愛いし、体のパーツを示すので読み聞かせしやすいです。


ころころだるまさんが転がり、子どもが興味を示す。


だるまさんが 月齢が低くても単純なイラストで目を引きます




>>だるまさんシリーズ「が・の・と」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

【生後4~6ヶ月におすすめ絵本10】おつきさまこんばんは(著:林 明子)

出典:Amazon

 

夜寝る前に読んでいるというママが多い「おつきさまこんばんは」。


色のトーンも夜を連想させる暗い青、そして月の黄色しか使用してないため、お子さんも落ち着いて聞いてもらえますよ。


【ママの感想】

「おつきさまこんばんは」は、リズムがついているように感じます。また、毎日夜は来るので空を見ながら話すこともできるので気に入っています。



>>「おつきさまこんばんは」はこちらから(Amazonサイトへ)<<

 

意外に幼稚園まで使える絵本が盛りだくさん


生後4~6ヶ月の頃に、絵本を買うのはまだ早いかなと感じる方も多いのではないでしょうか。


私自身もそう思っていたためあまり購入しなかったのですが、実は4~6ヶ月からでも赤ちゃんはしっかりパパやママの絵本を読む声を聞いているそうです!

 

はっきりした色に反応する赤ちゃんを見ているだけで、ママも癒されるはず。

 

今回ご紹介した絵本は幼稚園まで読んであげられるものばかり。ストーリー系・仕掛け絵本など、レパートリーをぜひ増やしてみてくださいね。

 

【調査概要】

期間: 2017年7月11日~7月20日

方法: カラダノ―トママ部調査

対象: 妊娠・育児中のママ部ユーザー(N=489)

(Photo by:写真AC