生後4〜6ヶ月になると、絵本のページをめくる動作やパパやママの読み聞かせに声をあげて喜ぶことも。ただ、難しすぎる絵本は反応がイマイチ。


そこで、今回は4〜6ヶ月頃の赤ちゃんにおすすめの絵本をママたちに大調査!


赤ちゃんのお気に入りの絵本選びに、ぜひ役立ててください。


この記事の目次

●生後4~6ヶ月でも絵本がわかる?

●生後4~6ヶ月で認識できる色や形が登場する絵本

●スキンシップで親子の絆が深まる絵本

●生後4~6ヶ月の赤ちゃんの好奇心にマッチする絵本

●長く楽しめる人気の定番絵本

●【番外編】親子の遊び方・かかわり方が学べる「ベビーパーク」がおすすめ!

●絵本で赤ちゃんの好奇心を育みましょう!


生後4~6ヶ月でも絵本がわかる? 


「生後4~6ヶ月の赤ちゃんに絵本を読んでもわからないのでは?」と疑問に感じているパパやママもいるかもしれませんね。


しかし、4ヶ月を過ぎたころから、お気に入りのおもちゃや絵本を見るだけでうれしそうに声を上げる赤ちゃんも。


もちろん、言葉やお話を理解する力はまだありません。ただ、視界に入るカラフルな絵本には興味津々。


絵本を見ているだけ、聞いているだけでも「楽しい!」という気持ちが芽生えてきているのです。


もし絵本を読み聞かせて反応がなくても安心してください。


赤ちゃんは必ず何かを感じ取っています。


絵本にはパパやママの心を癒す効果も。赤ちゃんと一緒に1冊の絵本を眺めて、ゆったりとした時間を楽しみましょう。


生後4~6ヶ月で認識できる色や形が登場する絵本


生後4~6ヶ月ごろになると視力が徐々に発達。絵本に登場する生き物などの色や形を認識できるようになります。


特にいつもやさしく接してくれるパパやママの顔に似ている丸い形は赤ちゃんに大人気。


特に、原色が多く使われている丸や円が登場する絵本がおすすめ。


何度も繰り返し読んでいると、特定のページを何度も見たいと促すなど、好みも見えてくるので楽しいです。


1.指でなぞって楽しめる『しましまぐるぐる』


赤ちゃんは、赤や黒などのコントラストが強い色に反応します。


『しましまぐるぐる』は赤ちゃんが興味を持つ色・形だけを使用した絵本で、多くの書店でもおすすめの一冊として紹介。


生後4~6ヶ月の間は眺めていることが多いですが、少し大きくなると指でなぞって遊べるように。


知育絵本としての役割もあり、多くの先輩ママがおすすめしています。


【先輩ママのおすすめ理由】


カラフルでかわいい絵本!動物・模様・建物などのイラストがあって、生後4~6ヶ月を過ぎてからもずっと読み続けています。


月齢が低い赤ちゃんでも識別できる色や形で描かれているので、赤ちゃんがたくさん反応してくれるよ!


『しましまぐるぐる』は初めての絵本にもおすすめ。色合いがハッキリしているので低月齢からでも楽しめる。


Amazon価格:¥950(税込)

購入はこちら:Amazon


2.寝る前におすすめの絵本『おつきさまこんばんは』


自治体のブックスタート事業で配布されることも多い人気の絵本『おつきさまこんばんは』。


ゆっくりと読んでいると赤ちゃんがウトウト…。寝かしつけにおすすめの絵本として挙げる先輩ママも多かったです。


空の暗い青色とおつきさまの黄色はコントラストが強く赤ちゃんが認識しやすい色味。


そしておつきさまの丸い顔は、赤ちゃんを安心させる効果もあります。


【先輩ママのおすすめ理由】


『おつきさまこんばんは』がおすすめ!リズミカルに読めるうえ、空を眺めがら話すこともできるので、赤ちゃんも私も気に入っています。


娘のお気に入りの一冊で、ボロボロになっても何度も繰り返し読みました。2歳になった今も大切に読んでいます。


Amazon価格:¥864(税込)

購入はこちら:Amazon


スキンシップで親子の絆が深まる絵本


生後4~6ヶ月の赤ちゃんはママやパパとのスキンシップにより心が安定。穏やかな毎日にスキンシップは欠かせません。


おっぱいやおむつ替え、お風呂などでもスキンシップはできますが、絵本でのスキンシップもおすすめ。


絵本の内容に合わせてほっぺたをくっつけたり、ぎゅっと抱きしめたり。絵本のお話が理解できない生後4~6ヶ月の赤ちゃんでも、絵本が大好きになるはずです。


3.親子でほっぺをくっつけよう!『くっついた』


『くっついた』といいうタイトル通り、絵本の中には何度も「くっついた」というフレーズが。


「くっついた」というフレーズに合わせて何度もあかちゃんとくっつんこ!


生後4~6ヶ月の赤ちゃんでも、声を出して笑うことが多い絵本として人気です。


赤ちゃんがぐずったときにもおすすめの一冊。パパやママが疲れているときにも読みたい絵本です。


【先輩ママのおすすめ理由】


『くっついた』がおすすめ。パパが登場する絵本は少ないから、パパが気に入っていつも読んでる。


繰り返し使われる言葉がリズミカルに読めて子供も聞いていて楽しそう。もちろん私も楽しいです。


Amazon価格:¥864(税込)

購入はこちら:Amazon


4.親子でジャンプしたくなる絵本『ぴょーん』

 

まだまだ自分でジャンプができない生後4~6ヶ月の赤ちゃんでも、パパやママと一緒なら「ぴょーん」とジャンプもできちゃいます。


『ぴょーん』に登場するカエルや犬たちと一緒にジャンプすると、赤ちゃんは大喜び!


登場する動物に合わせて、「ぴょーん」の声色を変えてあげると喜ぶ赤ちゃんも多いようです。


【先輩ママのおすすめ理由】


いろいろな動物がぴょーんと飛ぶのが楽しい絵本です。赤ちゃんもその様子がおもしろいようで、一生懸命絵本を見ています


仕掛け絵本は子供が好き。一緒にぴょーんとしています。


子どもと一緒にぴょーんってできるところが大好き!おすすめです!


Amazon価格:¥842(税込)

購入はこちら:Amazon

 

生後4~6ヶ月の赤ちゃんの好奇心にマッチする絵本


生後4~6ヶ月になると、寝返りやおすわりができる赤ちゃんも。視野がぐっと広がることで、好奇心旺盛になる時期でもあります。


そんな好奇心を伸ばすのにも絵本がおすすめ。絵本の中でさまざまな経験をすることで、生後4~6ヶ月の赤ちゃんの世界がぐっと広がります!


5.赤ちゃんの笑顔があふれる『おはようのえほん』

 


生後4~6ヶ月の赤ちゃん向け仕かけ絵本の中でも人気なのが『おはようのえほん』。


動物たちに「おはよう」と声をかけると、動物たちが起きて鳴き声で返事をするというシンプルなストーリーは、生後4~6ヶ月の赤ちゃんにぴったり!


「この絵本と出会って赤ちゃんがよく笑うようになった」といった口コミも多い一冊です。


【先輩ママのおすすめ理由】


『おはようのえほん』は本をめくるだけで赤ちゃんが喜ぶからおすすめ。


色が単色のものが多く、赤ちゃんが認識しやすいみたいです。ちょっとした仕かけが楽しい絵本です


Amazon価格:¥1,026(税込)

購入はこちら: Amazon

 

6.効果音が楽しい絵本『じゃあじゃあびりびり』

 


『じゃあじゃあびりびり』はボードブック仕様で破れにくく、おでかけ時にもおすすめの絵本。


自動車は「ぶーぶー」、犬は「わんわん」など、物や生き物を音と結びつけるシンプルな絵本は、生後4~6ヶ月の赤ちゃんにも大人気!


『じゃあじゃあびりびり』のおかげでおしゃべりが上手になったという赤ちゃんもいるほどです。


【先輩ママのおすすめ理由】


『じゃあじゃあびりびり』は、文がとても短くてわかりやすい。生後5カ月の息子でも集中して聞いてくれる。初めて絵本を買うママにもおすすめ。


ページが固い厚紙でできているのがいい!遊びにも使え、ケガしにくい。


赤ちゃんがなめても破れないのがうれしい。


色合いがはっきりしていてお気に入りみたい。効果音のまねをすると大喜びする


Amazon価格:¥648(税込)

購入はこちら:Amazon

 

7.かわいいイラストで大人気の絵本『だあれかな』

 


「はじめてのあかちゃんあそびえほん」シリーズの『だあれかな』はかわいいイラストで大人気!


生後4~6ヶ月の赤ちゃんでも楽しめる仕かけ絵本で、いろいろな形の穴から動物たちが登場。


成長したらクイズ遊びも楽しめるので、長く読み続けられる絵本を選びたいパパやママにもおすすめです。


【先輩ママのおすすめ理由】


『だあれかな』は最初は表紙が気に入ったようでした。今は絵本を見せるとじっと見たり、手に取ってかじるることも。


読んであげると足をバタバタさせて喜びます。


夫が毎晩寝る前に読んであげている絵本です。父と子のふれあいの時間に欠かせない絵本で、見ているこっちも和みます。


Amazon価格:¥734(税込)

購入はこちら:Amazon


8.絵本を親子でたたいてみよう!『たまごをこんこんこん』

 


『たまごをこんこんこん』は、絵本の中のたまごの絵をたたくと、次のページで動物が生まれるというかわいい仕かけ絵本。


生後4~6ヶ月ごろは、絵本をたたくのも上手。成功体験にもなり、赤ちゃんの心を満たせます。


少し大きくなってからは、リズム遊びに活用するのもおすすめ。いろいろなリズムでたまごをたたいてみましょう。


【先輩ママのおすすめ理由】


たまごをたたくとかわいい動物が誕生するのがうれしいみたい。1歳になってからもよくとんとんたたいています。


うまれてきた動物の鳴きまねをすると喜ぶ!


Amazon価格:¥918(税込)

購入はこちら:Amazon


長く楽しめる人気の定番絵本


生後4~6ヶ月から読み始めて、1歳・2歳…と長年読み続けたという定番絵本もおすすめ。


赤ちゃん向けに描かれた絵本も、大切にしてもらえるとパパやママもうれしくなりますよね。


なかにはパパやママが赤ちゃんの頃に読んでいた絵本を我が子にプレゼントしたという声も。


ぜひお気に入りの一冊に加えてみてください。


9.細かいイラストで赤ちゃんも興味津々『どんぐりむら』シリーズ


『どんぐりむら』シリーズは、「お仕事」をテーマにした絵本。


生後4~6ヶ月の赤ちゃんには難しい内容ですが、細かいイラストに興味を抱く赤ちゃんも。


やわらかいタッチのイラストは、寝かしつけの絵本としてもおすすめです。


【先輩ママのおすすめ理由】


『どんぐりむら』シリーズがおすすめ!細かい絵がたくさん書いてあるページは特に好きみたい。


特定のページになるといつも絵を凝視して、手足をバタバタさせます。私も好きな絵本だったので、子供にも気に入ってもらえてうれしかったです。


Amazon価格:¥6,480(税込・5冊セット)

購入はこちら:Amazon


10.ユニークなイラストが笑顔を引き出す『だるまさん』シリーズ


生後4~6ヶ月でもじゅうぶん楽しめる『だるまさん』シリーズは、パパやママからも支持を集める人気の絵本。


だるまさんのオーバーなアクションがおもしろく、大人もついつい笑ってしまいます。


中にはだるまさんと一緒に体を動かしたがる赤ちゃんも。親子のふれあいにもぴったりな絵本です。


【先輩ママのおすすめ理由】


『だるまさん』シリーズはイラストも可愛いし、体のパーツが登場するので読み聞かせしやすいです。


ころころだるまさんが転がると、子どもが声を出して笑います。


月齢が低くても単純なイラストなので目を引きます!


Amazon価格:¥2,754(税込・3冊セット)

購入はこちら:Amazon 


【番外編】親子の遊び方・かかわり方が学べる「ベビーパーク」がおすすめ!


「絵本の読み聞かせってどうしたら良い?」

「実は、赤ちゃんである我が子との接し方がよくわからない・・」


など、子どもとの触れ合いにお悩みのママはいらっしゃいませんか?


そんなママは、ベビーパークの無料体験レッスンに参加するのがおすすめ!今なら参加者全員にamazonギフトカード(1500円分)をプレゼント♪


知能・体力・心の発達を育てるだけではなく、育児相談の時間もありますよ。ぜひこの機会にお試しください!


>>詳しくはこちら!<<


絵本で赤ちゃんの好奇心を育みましょう!


生後4~6ヶ月の赤ちゃんに絵本を読んでも、あまり反応がないこともありますよね。


しかし、生後4~6ヶ月の赤ちゃんでも、しっかりとパパやママが絵本を読んでくれる声に耳を傾けているんだそうです。

 

せっかくなら長く読める絵本を…とつい2~3歳向けの絵本を選んでしまうパパやママも多いようですが、赤ちゃんには赤ちゃん向け絵本を選ぶのが鉄則。


5歳ごろまで赤ちゃん向け絵本を読んでいたという子も多いようなので、赤ちゃん向け絵本が無駄になるということは少ないようです。


いろいろなタイプの絵本を読み聞かせながら、赤ちゃんの好奇心を育んでいけるといいですね。

 

【調査概要】

期間: 2017年7月11日~7月20日

方法: カラダノ―トママ部調査

対象: 妊娠・育児中のママ部ユーザー(N=489)

(Photo by:写真AC