付き合っている時はこんなにストレスだと感じなかった、結婚した当初もそこまでイライラしなかった。だけど子供ができたらイライラすることが増えて旦那がストレスに…。そしてついケンカになってしまったことはありませんか?


この記事の目次


出産後に旦那・パパとのケンカが増えた人は4割


出産後におよそ4割のママが旦那・パパとのケンカが増えたと回答しています。ケンカの理由にもなるママのイライラの原因は旦那・パパにあるケースも多くあります。


また少数ではありますが、17.5%の人が産後に夫婦ゲンカが減ったと回答しています。


>>>産後、旦那へのイライラ【ランキング】はコチラ<<<


夫婦の会話は「ほぼ毎日」が4割以上


出産後、夫婦2人での会話の頻度を尋ねたところ、およそ44%の人がほぼ毎日会話をしているとのこと。しかし、ほとんど会話のない人も全体の4分の1ほどいることがわかりました。


夫婦の会話頻度が多いほど夫婦ゲンカが減少しやすい傾向がある

さらに細かくみていきましょう。ケンカの頻度で「増えた」人と「減った」人それぞれの夫婦の会話頻度をグラフにしてみました。


産後夫婦ゲンカが増えた人は夫婦の会話頻度に大きな差がない


産後にケンカが増えた人の夫婦の会話状況をみると「ほとんどない」が僅差でトップでした。続いて「週数回」・「ほぼ毎日」と続き、「週1回」が他より数値が低い状態となりました。


このことから、夫婦の会話と夫婦喧嘩が増えることはあまり関係がないのかもしれません。


産後夫婦ゲンカが減った人は夫婦の会話が「ほぼ毎日」が半数以上!「ほとんどない」も1割程度と少ない


しかし、夫婦ゲンカが減った人の会話状況をみてみると、ほとんどないが増えた人より低いことがわかります。そして半数近くが「ほぼ毎日」夫婦で会話しているという結果になりました。


夫婦の会話が多いほど夫婦ゲンカ減少に繋がりやすい

つまり、夫婦ゲンカが増えるのに会話の頻度はさほど関係がないが、減らすためには夫婦での会話が多い方がよいということがみえてきました。


子どもの月齢別にみる夫婦の会話頻度と夫婦ゲンカ頻度


続いて、子どもの時期別にみていきたいと思います。また上の子がいると変化があるのかについても調べました。


新生児の頃は「ほぼ毎日」が8割以上夫婦で会話している!

新生児の頃は8割以上の方が「ほぼ毎日」夫と会話しているという結果に。里帰り出産などの場合は電話などを使用されているのかもしれません。


しかし、上の子がいる場合は「ほぼ毎日」会話している割合は47%と2分の1以下に。


上の子がいるいないにかかわらず、夫婦ゲンカの頻度は「変わらない」が半数以上で最多でした。


生後半年未満の頃はほぼ毎日がなんと4割に!

新生児の場合は毎日会話していた夫婦が多かったのですが、以降生後半年までのお子さんを育てているママのパパとの会話頻度はおよそ44%とぐっと下がります。上の子がいる場合は37%とさらに下がります。


夫婦ゲンカの頻度は「変わらない」がおよそ30%、「増えた」が38%と夫婦ゲンカが増えた人の割合が多くなる結果に。


しかし、上の子がいる場合は夫婦ゲンカの頻度は「変わらない」が30%と同じですが、「増えた」は17.5%と少ない数値でした。


生後半年から1歳未満は上の子がいる・いないで夫婦の会話頻度に大きな差が

ママの身体が大分元の調子を取り戻していく時期ではあるものの、行動範囲が広がり目が離せない、離乳食などでお世話にかかる時間も大幅に増える時期でもあります。


この時期の夫婦の会話頻度が「ほぼ毎日」の人は46%程度。上の子がいると「ほぼ毎日」会話している人は10%と随分と減ってきます。


そして夫婦ゲンカが「増えた」人がなんと50%に!つまり半数のママたちがこの頃になると『夫婦ゲンカが増えてきたな。』と感じているといえるでしょう。


しかし、上の子がいる場合だと「増えた」と回答した人は30%で「変わらない」の40%より少ないため、1人目の生後6ヶ月から1歳の誕生日ごろまでが一番夫にストレスを感じやすい頃なのかもしれませんね。


旦那・パパへのストレスはママの変化とパパの変化のなさが原因?


産後は慣れない育児でママも大変ですよね。子供が成長していくにつれ、子供自身が自分の身の回りのことが一人である程度できるまでは育児の作業量も増加していくことでしょう。


そして産後のママの身体は妊娠中からの様々な変化によって、回復には産後1年かかるとも言われています。また人によっては出産1年たっても回復しきれない人も。


実際、私自身は産後のトラブルが絶えず、産後1年の間はいくつもの病院や専門機関へかかっていました。産婦人科には出産や育児が原因で女性ホルモンの分泌が減ってしまったため、産後1年を過ぎても産婦人科に通院しています。


産後の回復できていない身体で育児するママ…旦那・パパを気にかけている余裕がない?

そうなると、どうしても付き合っていた頃や結婚して夫婦ふたりで生活していた時よりも、夫と過ごす時間はもちろん、夫に向ける意識の頻度や質も変化してきます。


例えばインフルエンザで寝込んでいる時に、一緒に住んでいる人のために晩御飯を準備するのは難しいですよね。


インフルエンザは通常1週間ほどで治りますが、産褥期は6~8週間、育児はずっと続きます。1週間なら夫も外食で自身のご飯はまかなったり、状況が許せば有給を使用したり、仕事から早く帰ってきたりなどして看病してくれたり、と一時的に対応できることも多いでしょう。


しかし、これはあくまでも一時的。1ヶ月、2ヶ月…と続くとやはり毎日外食というのも、家計的にも厳しい状況になるかもしれませんし、有給にも限りがあります。毎日早く帰るというのも難しいこともあるでしょう。


つまり、出産育児によって、夫にかける時間や意識が減った場合、夫側も何かしらのストレスやさみしさを感じているのかもしれません。


ママほど「親になる変化」をしていないパパの存在がストレス?

他にも調査で寄せられた多くのママの声に「夫の自分勝手な行動」がストレスという声が多くありました。


今までは気にも留めなかった夫の自分勝手な行動が、自身の身体もままならない状態で慣れない育児にいそしんでいる、「変化しているママ自身」と比べてあまり「パパ」へと変化している風には感じられないため、苛立ちやストレスを感じるのかもしれません。


そうなってしまうと、上手く夫への声かけができなくなったりすることもあるでしょう。そしてそれが夫側のストレスになっていき、そんな夫をみるとイライラ…という悪循環に。


大事なのは夫婦の会話の密度!建設的な会話を心がけよう

会話頻度の多さは大切です。しかし、悪循環に陥り夫婦双方ともにイライラした会話を重ね続けると、会話することがストレスという事態になりかねません。


ママの身体で起こっていることも育児の大変さもやはり言わないと伝わりませんし、言い方によっては逆効果にもなってしまいます。夫への愛情と思って、何をどうしてほしいか具体的にかつ冷静に、建設的な会話になるように心がけたいですね。


頑張っているママの姿を見て察してほしいですが、夫曰く『至難の業』だそうですので、イライラせずに伝えられるよう私自身も伝え方を日々研究中です。



【調査概要】
期間: 2017年9月6日~9月8日
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー(N=389)

(Photo by:写真AC