付き合っている時はこんなにストレスだと感じなかった、結婚した当初もそこまでイライラしなかった。


だけど子供ができたらイライラすることが増えて旦那・パパがストレスに…


そしてついケンカになってしまったことはありませんか?


それはなぜでしょうか?またどうしたらそうならずに済むのでしょうか。


今回は独自のアンケートをもとに、夫婦ゲンカを減らす工夫・解決策をさぐってみましょう!


この記事の目次


産後に夫婦ゲンカが増えた人は4割



出産後におよそ4割のママが旦那・パパとのケンカが増えたと回答しています。

ケンカの理由にもなるママのイライラの原因は旦那・パパにあるケースも多くあります。


また少数ではありますが、17.5%の人が産後に夫婦ゲンカが減ったと回答しています。


>>>産後、旦那へのイライラ【ランキング】はコチラ<<<


会話が増えるとケンカも増える!?

半数近くは「ほぼ毎日」夫婦で会話



出産後、夫婦2人での会話の頻度を尋ねたところ、およそ44%の人がほぼ毎日会話をしているとのこと。


しかし一方で、ほとんど会話のない夫婦も全体の4分の1ほどいることがわかりました。



「ほぼ毎日」会話していると喧嘩が減った!!


ケンカの頻度が「減った人」と「増えた人」それぞれの夫婦の会話頻度をグラフにしてみました。


夫婦ゲンカが減った人の会話状況をみてみると、半数近くが「ほぼ毎日」夫婦で会話しているという結果に!



一方で、産後にケンカが増えた人の夫婦の会話状況をみると「ほとんどない」がトップでした。

「ほぼ毎日」会話する夫婦は26%と、とても低いことがわかります。



つまり調査により、「会話が増えるとケンカが増える」どころか、夫婦ゲンカを減らすためには夫婦での会話が多い方がよいということがわかります。

子どもの月齢別にみる夫婦の会話頻度


続いて、子どもの月齢別にみていきたいと思います。

また上の子がいるかいないかで違いがあるのかについても調べてみました!


新生児の頃は「ほぼ毎日」が8割以上夫婦で会話している!


新生児の頃は8割以上の方が「ほぼ毎日」夫と会話しているという結果に。

里帰り出産などの場合は電話なども使用されているのかもしれません。


しかし、やはり上の子にも手がかかるからか、上の子がいる場合は「ほぼ毎日」会話している割合は47%と2分の1以下に。


上の子がいるいないにかかわらず、夫婦ゲンカの頻度は「変わらない」が半数以上で最多でした。


生後半年未満の頃には「ほぼ毎日」会話する夫婦が4割に激減!


新生児の場合は毎日会話していた夫婦が多かったのですが、以降生後半年までのお子さんを育てているママのパパとの会話頻度はおよそ44%とぐっと下がります。


上の子がいる場合は37%とさらに下がります。


夫婦ゲンカの頻度は「変わらない」がおよそ30%、「増えた」が38%と夫婦ゲンカが増えた人の割合が多くなる結果に。


しかし、上の子がいる場合は夫婦ゲンカの頻度は「変わらない」が30%と同じですが、「増えた」は17.5%と少ない数値でした。


生後半年から1歳未満は「上の子がいる・いない」で夫婦の会話頻度に大きな差が


ママの身体が元の調子を取り戻していく時期ではあるものの、行動範囲が広がり目が離せない、離乳食などでお世話にかかる時間も大幅に増える時期でもあります。


この時期の夫婦の会話頻度が「ほぼ毎日」の人は46%程度。

上の子がいると「ほぼ毎日」会話している人は10%と随分と減ってきます。


そして夫婦ゲンカが「増えた」人がなんと50%に!

つまり半数のママたちがこの頃になると『夫婦ゲンカが増えてきたな。』と感じるようです。


しかし、上の子がいる場合だと「増えた」と回答した人は30%で「変わらない」の40%より少ないという結果に。


つまり1人目の生後6ヶ月から1歳の誕生日ごろまでが一番夫にストレスを感じやすく、

上の子がいると、夫婦の会話は減りますが夫婦ゲンカもそこまで増えないようです!


ストレスはママの変化とパパの変化のなさが原因


会話の頻度やいつから喧嘩が増えるかなど細かくみてきました。

それではなぜ夫婦の会話は減り、夫婦喧嘩も増えてしまうのでしょうか。



ママは変化して当たり前


産後は慣れない育児で大変ですよね。

子供が成長していくにつれ、子供自身が身の回りのことが一人でできるまではお世話に追われる毎日です。


さらにママの体は妊娠中からの様々な変化によって、回復には最低でも1年かかるとも言われています。


そうなると、どうしても付き合っていた頃や結婚して夫婦ふたりで生活していた時と違って、パパと過ごす時間はもちろん、パパに向ける意識の頻度や質も変化してきます。



女性の愛情曲線


(出典)株式会社東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長 渥美由喜 著『夫婦の愛情曲線の変遷』


子どもが生まれると子どもへの愛情がトップになり、夫への愛情は激減します。


産後の気持ちの変化を起こす原因は、大きく4つ。

・ホルモンバランスの変化

・肉体的・精神的疲労

・家事・育児に対する考え方の違い

・コミュニケーション不足

です。


変化に戸惑うママもいるかもしれませんが、変化して当たり前。

そこをパパにも理解してもらいましょう。


ママほど「親になる変化」をしないパパ


他にも調査で寄せられたママの声の多くに「夫の自分勝手な行動」がストレスという声が多くありました。


今までは気にも留めなかったパパの自分勝手な行動が、自身の身体もままならない状態で慣れない育児にいそしんでいる、「変化しているママ自身」と比べてあまり「パパ」へと変化している風には感じられないため、苛立ちやストレスを感じるのかもしれません。


そうなってしまうと、上手く夫への声かけができなくなったりすることもあるでしょう。そしてそれが夫側のストレスになっていき、そんな夫をみるとイライラ…という悪循環に。


しかし出産・育児による状況やママの気持ちの変化についていけないパパ側も、実は何かしらのストレスやさみしさを感じているのかもしれません。



大事なのは夫婦の会話の密度!建設的な会話を心がけよう


会話頻度の多さは大切です。

しかし、悪循環に陥り夫婦双方ともにイライラした会話を重ね続けると、会話することがストレスという事態になりかねません。


ママの身体で起こっていることも育児の大変さもやはり言わないと伝わりませんし、言い方によっては逆効果にもなってしまいます。


夫への愛情と思って、何をどうしてほしいか具体的にかつ冷静に、建設的な会話になるように心がけたいですね。


頑張っているママの姿を見て察してほしいですが、夫曰く『至難の業』だそうですので、イライラせずに伝えられるよう私自身も伝え方を日々研究中です。



【調査概要】
期間: 2017年9月6日~9月8日
方法: カラダノ―トママ部調査
対象: 妊娠中・育児中のママ部ユーザー(N=389)

(Photo by:写真AC