離乳食で気になることの一つと言えば「味付け」。いつから味付けができるのか、どの程度の味付けならOKなのか気になるママは多いのではないでしょうか?そこで今回は、私自身が離乳食講座に参加して得た情報と実体験をベースに「離乳食の味付け」に関してお届けします。


この記事の目次

離乳食の味付けはいつから?


大人にとては当たり前の味付け。しかし、赤ちゃんはまだまだ内臓も弱いことから、月齢によって使える調味料が異なり、味付けには注意が必要です。


また、離乳食で味覚を鍛えられと言われているため、基本的にどの月齢においても濃い味は基本的にNGとなります。


離乳食初期(生後5〜7ヶ月)の味付け

だし汁:OK

調味料:NG

離乳食が始まって間もない生後5〜6ヶ月は、基本的には味付け不要。


大人にとっては非常に食べづらいですが、食材本来の味だけでも、赤ちゃんにとっては十分美味しい味付けとなります。


離乳食にだいぶ慣れてきたら(離乳食中期前あたり)、アクセントとしてだし汁を加えるのはOKです!


>>だしの取り方についてはこちら<<

離乳食中期(生後7〜9ヶ月)の味付け

だし汁:OK

調味料:バター・砂糖(ただし少量!)

離乳食中期になると、初期に比べ食べられる食材の幅、そして量も増えますよね。


この時期は、だし汁はもちろんOK。


調味料は、離乳食中期から取り入れても大丈夫と言われていますが、「バター」「砂糖」が主に推奨されている調味料となります。


もちろん、離乳食で使うのはごくわずか。薄味を徹底するようにしましょう。


離乳食後期(生後9〜12ヶ月)の味付け

だし汁:OK

調味料:バター・砂糖・しょうゆ・酒・みりん・塩・味噌・トマトケチャップ・食用油(ただし少量!)

離乳食後期になると、ぐっと使用できる調味料の種類も増え、味にバリエーションをつけることもできます。


うまく工夫すれば、大人の料理の味付けを薄めて離乳食作りをすることもできますよ!


離乳食完了期(生後12ヶ月〜)の味付け

だし汁:OK

調味料:バター・砂糖・しょうゆ・塩・味噌・食用油・トマトケチャップ・マヨネーズ(ただし少量!)

離乳食完了期になると、マヨネーズも取り入れることができ、基本的な調味料なら離乳食に取り入れることができます。


しかし、この時期でも基本的には「薄味」です!


一度味が濃いものを食べてしまうと薄味を嫌がってしまうこともあるため、注意しましょう。


離乳食中期(生後7〜9ヶ月)の味付けレシピ

ここでは、離乳食中期に使える調味料別にレシピをまとめてみました!初めての味付けレシピとして、ぜひ参考にして下さい。


【離乳食中期 バターレシピ】フレンチトースト


我が家でも、初めてバターの調味料を取り入れて作ったのが「フレンチトースト」。


パンそのものに甘みがあるので、味付けのバターはほんの少量でOK。赤ちゃんに人気のレシピですよ♪


【材料】

・パン:1枚
・卵:1個
・牛乳:大さじ5
・バター:少量

【作り方】

1.パンの耳をカットし、赤ちゃんが食べやすいサイズにカット

2.小さいボールに卵と牛乳をいれてかきまぜる

3.「2」にパンを漬け込む

4.フライパンにバターを引いて、漬け込んだパンを両面焼いたら完成!


☆参考:味付け「バター」♪離乳食中期におすすめレシピ☆
>>離乳食中期〜フレンチトースト♪<<


【離乳食中期 砂糖レシピ】さつま芋と人参の甘煮


離乳食中期になると、ペースト状から少し形のある離乳食に変化していきます。


煮たり茹でたりして柔らかくしてから食べさせてあげることが基本ですが、ちょっと砂糖を加えるだけで甘みが出て、赤ちゃんも喜んで食べてくれますよ♪


「さつま芋と人参の甘煮」は、砂糖とだしで味付けするので、シプルだけで甘みのある美味しい味付けができるのでおすすめです。


【材料】

・にんじん:10g
・さつまいも:20g
・だし:20cc
・三温糖:小さじ4/1弱

【作り方】

1.にんじん、さつまいもは皮を向いて食べやすいサイズにカット(さつまいもは水に少しつけておきます)

2.小鍋に少し水をいれたら、にんじん、さつまいもを入れて煮ます。(弱火〜中火ぐらい)

3.沸騰してきたら味付けに「砂糖」を入れて、水分が飛ぶまで煮たら完成(焦げないように注意して下さい)


☆参考:味付け「砂糖」使用♪離乳食中期におすすめレシピ☆
>>さつま芋と人参の甘煮 離乳食中期<<


離乳食後期(生後9〜12ヶ月)の味付けレシピ

次に、離乳食後期から取り入れられる味付けレシピをご紹介します!


【離乳食後期 しょうゆ・酒・みりん・塩レシピ】肉かぼちゃ


離乳食後期になると、味付けにしょうゆ・酒・みりん・塩・砂糖を使った「肉じゃが」系のレシピが大人気


お野菜をたっぷり入れられて柔らかいので、赤ちゃんも食べやすく、一品あるだけで豪華な離乳食になりますよ!


【材料(10食分)】

・玉ねぎ:1/2個
・にんじん小:1本
・じゃがいも小:1個
・オリーブオイル:小さじ1/2
・豚ひき肉:150g
★調味料
・しょうゆ:小さじ1
・みりん:小さじ1
・砂糖:小さじ1

・塩:少々(なきてもよい)
・水:250cc

【作り方】

1.野菜をそれぞれ細かくカット

2.フライパンにオリーブオイルを引いて、豚ひき肉を炒め、そこに玉ねぎを入れてさらに炒めます

3.残りのにんじん・じゃがいもも入れて火が通るまで炒めます

4.そこに水200cc+しょうゆ、みりん、砂糖を加えて、水分が飛ぶまで煮ます

(キッチンペーパーを水で濡らして落としぶたをする方が、火が通りやすいのでおすすめ)

5.水分がなくなってきたら、水50ccを様子を見ながら加えます

6.全体的に火が通ったら完成


☆参考:離乳食後期におすすめ味付けレシピ☆
>>離乳食後期✿肉じゃが✿<<


【離乳食後期 味噌レシピ】豆腐と鶏ひき肉の麻婆風


いつも和風中心だった離乳食も、離乳食後期あたりから味付けとして「味噌」を取り入れることができるので、中華レシピにも挑戦できます!


ただ、味噌はほんの少量でも味が濃くなってしまうので、調理時は注意して下さい。


【材料(3回分)】

・豆腐:15g
・鶏ひき肉:15g
・なす:40g
・にんじん:40g
・れんこん:20g
・だし汁:50ml
・砂糖:2.5g
・味噌:3g
・ごま油:2g

【作り方】

1.なすは皮をむいて小さくカット(皮があると硬くて食べにくい)。人参、豆腐も小さくカットし、レンコンはすりおろしておきます

2.フライパンにごま油を引いて、ひき肉を先に炒めます。

3.その後、にんじん→なすの順に加え、火が通ったら豆腐を入れて軽く炒めます

4.最後にだし汁、砂糖、味噌、すりおろしたレンコンを入れて軽く煮たら完成です


☆参考:離乳食後期におすすめ味付けレシピ☆
>>【離乳後期】豆腐と鶏ひき肉の麻婆風<<


離乳食完了期(生後12ヶ月〜)の味付けレシピ

最後は、離乳食完了期から味付けとして取り入れられる「マヨネーズ」レシピをご紹介します!


【離乳食後期 マヨネーズレシピ】ロールパンツナサンド


離乳食完了期になると、ほとんどの味付けがOKとなります!


子供に人気の「マヨネーズ」もこの時期から取り入れられるので、サンドイッチにもチャレンジすることができますよ。


朝の離乳食も、サンドイッチレシピならささっと準備できるのでおすすめです!


【材料】

・ロールパン1個

・ツナ:適量
・マヨネーズ1g:未満
・きゅうり:5g

【作り方】

1.ロールパンを1/4サイズにカットし、それぞれ半分のところまで切り込みをいれておきます。

2.きゅうりを細かくカットし、ツナ、マヨネーズを加えて混ぜます

3.あとはカットしたパンに挟めば完成!


☆参考:離乳食完了期におすすめ味付けレシピ☆
>>【離乳食完了期】ロールパンツナサンド<<


【離乳食後期 マヨネーズレシピ】魚のタルタルソースかけ


魚と一緒に野菜も摂取できるレシピとしておすすめなのが、「魚のタルタルソースかけ」。


マヨネーズの甘さがあるので、魚がちょっと苦手...という赤ちゃんでも食べてくれるかもしれません!ぜひ試してみて下さい。


【材料】

・魚:10g(1パック)
・玉ねぎ:5g(みじん切り)
・パセリ:少々(みじん切り)
・茹で卵・5g(みじん切り)
・マヨネーズ・牛乳各:小さじ1/4

【作り方】

1.みじん切りにした玉ねぎはフライパンで炒めるか、レンジで20秒温めます

2.温めた玉ねぎ、パセリ、ゆで卵、マヨネーズ、牛乳を小さいボールに入れて混ぜ合わせます

3.最後に魚を焼いて、お皿に盛りつければ完成です!


☆参考:離乳食完了期におすすめ味付けレシピ☆
>>【離乳食完了期】魚のタルタルソースかけ<<


離乳食初期〜中期は調味料の味付けなしでもOK。後期から徐々に薄味を取り入れよう


離乳食の味付けはいつからやるべき?と悩んでいるママ。


基本的に、離乳食初期、中期は調味料での味付けはなしでOK。野菜スープやだしなどを使って、離乳食に味をつける方が、赤ちゃんの体にも良いのでおすすめですよ。


離乳食後期になると少しずつ大人の食事に近づいてくるので、料理によっては調味料での味付けが必要となります。ただし、必ず薄味を基本として作るようにして下さいね!


(Photo by:写真AC