離乳食を進めていくと、成長する我が子を見て嬉しくなる反面、アレルギーの心配は頭から離れませんよね。


特に、3大アレルギーの一つである「卵」の離乳食の進め方はなかなか難しいもの。


そこで今回は卵の離乳食について、いつから始めたらよいのか、おすすめの進め方、注意すべき点など、2児のママである私の体験談も含めてお伝えします。


この記事の目次

卵(卵白・卵黄)の離乳食初期からスタートしていい?


卵(卵白・卵黄)は、お粥や野菜、タンパク質などに食べ慣れてきた離乳食中期(生後7~8ヶ月頃)離乳食初期生後5~6カ月※)以降からスタートします。

※2019年4月より厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」の改正が行われました。卵アレルギー予防のため、卵を与えてよい時期がこれまでの生後7〜8ヵ月から生後5〜6ヵ月に前倒しされました。参照元:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について


卵白には、「オボアルブミン」や「オボムコイド」というアレルギーの原因となる成分が含まれているため、進め方には注意が必要です。


離乳食における卵の進め方のコツ


離乳食の進め方のコツは、最初は様子を見ながら卵黄だけを与えて、段々と慣れてきた約1ヶ月後くらいから、加熱した全卵を少量から進めていくこと。


私自身は、初めての離乳食ライフでいつからはじめたらいいかという不安もあり、卵を取り入れたのは9〜10ヶ月頃と遅めでした。


振り返ると、周りはママは食べさせていて慎重なりすぎていたように思います。


不安があったら周囲や保健師さんに離乳食相談しながら、急がずに自分や赤ちゃんに合わせた進め方してくださいね♪


卵の離乳食を進める時の注意点


卵の離乳食はいろいろと不安に感じてしまうもの。初めて卵を与える時は、進め方にいくつか注意点があります。


しっかりとチェックして、ナーバスになりすぎずに、気持ちに余裕をもった離乳食の進め方をしましょう♪


 注意1.卵アレルギーの症状


卵は、アレルギーの出やすい食材。子供の食物アレルギーの中で、最も多い割合を占めるのが卵アレルギーです。


そんな、卵アレルギーの症状は下記です。


(1)皮膚

  • ・口の周りや耳のかゆみや赤み
  • 皮膚のかゆみ(首回りやお腹周りからかき始めることが多い)
  • 柔らかい部分(口の周り・首回り・お腹等)に蕁麻疹や湿疹が出る

(2)消化器

  • 強い腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢や酷い時は血便が出る

(3)呼吸器

  • 咳、くしゃみ、鼻水
  • 呼吸するたびに喘鳴が出る
  • 呼吸困難
  • 症状には個人差がありますので、記載してあること以外の症状が出ることも。赤ちゃんの様子を見ながら慎重な離乳食の進め方をしましょう。


    初めて卵の離乳食を与える際には、他の食材同様、1日1回1さじからにします。

  • 小児科の空いている時間帯に与え、様子に変化があったらすぐに受診することが大切です。

注意2.卵には完全に火を通しましょう


大人は半熟のトロトロ卵を好みますが、赤ちゃんの離乳食には決して与えてはいけません。


卵は加熱することによって、細菌性腸炎の原因サルモネラ菌が死滅するからです。


離乳食の卵の進め方は、始めは「固ゆで卵」にしてから少しずつ食べさせるのが基本ですよ。


注意3.卵を続けて与えないように気を付ける


卵の離乳食を開始して慣れてきた頃であっても、毎日与え続けるのはよくありません。偏った食事や離乳食はアレルギーの原因になることも。


2~3日程度間をあけるサイクルがおすすめです。


お菓子にも卵が入っているものが多いため、与えすぎには注意が必要ですよ。


 

美味しい卵なら生協がおすすめ!


もちろんスーパーマーケットでも美味しい卵を手に入れることができますが、さらにおいしい卵を求めるなら生協がおすすめ!


卵って毎日のように消費しますよね。そこで生協は、


毎日の食卓に欠かせないたまごは、できるだけオーガニックなものを選びたい


そんなママの気持ちに応えて、黒富士農場の「リアルオーガニック卵」の取り扱いをはじめたそう。


自然豊かな黒富士農場の敷地内には清らかな湧水が流れており、そこで育った鶏は健康そのもの。


卵商品へのこだわりが強いのも、生協の特徴です。


出典:ヒトとコトと


ただいま無料サンプルプレゼント!


今なら生協商品が無料で試せるチャンス!美味しく安全な食材をお求めのママ・プレママは、必見です♪


>>詳しくはこちら<<


※無料サンプルセットに卵が入っているとは限りません。ご了承ください。


【時期別】おいしい卵の離乳食レシピをご紹介!



さっそく、おすすめ離乳食レシピをご紹介。時期別(卵黄のみ使用、全卵使用)のおすすめレシピのため、時期にあった進め方をしてくださいね♪


卵黄のみを使った離乳食レシピ(7~8ヶ月頃)


まずは、卵黄のみ使った離乳食レシピからスタートします。


多くのレシピがありますが、まずは卵の離乳食の基本的なレシピをピックアップ♪



(1)卵黄粥

出典:楽天


初めて卵を口にする時は、茹で卵の卵黄からスタートします。


卵黄を出汁で溶いた離乳食を与えてもいいですが、ここでは食べ慣れたお粥と一緒に食べる卵黄粥のレシピをご紹介します。


<作り方>


1.鍋に水を入れて沸騰させて、卵を入れます。


2.13~15分、茹でて固ゆで卵にします。


3.ボールに氷水を用意し、茹で卵を入れ、殻をむきます。


4.卵黄だけを取り出し、すり潰します


5.お粥と混ぜ合わせて完成です。


(2)卵黄スープ

出典:わこちゃんカフェ


初めての卵レシピに「卵黄スープ」も定番です。スープなら赤ちゃんも飲みやすいため、離乳食として取り入れやすです。


冷凍保存している野菜スープなどを活用して作ってみましょう♪


<作り方>

1.鍋に水を入れて、食べなれた野菜を、赤ちゃんに合わせた大きさにカットし、柔らかくなるまで茹で、野菜スープを作ります。(冷凍してある野菜スープでも可能。)


2.固茹でした卵の卵黄を潰しておきます。


3.スープと卵黄を混ぜ合わせて完成です。

(3)卵黄のみオムライス

出典:クックパッド


卵黄に慣れてきたら、お粥や色々な野菜、魚や肉を合わせて離乳食オムライスにしましょう。


子供の人気メニューのオムライスは、ご飯や野菜の硬さや大きさを変えれば、離乳食が終わったり、全卵が食べられるようになってからも使えれるレシピです。


<作り方>

1.卵を固茹でして黄身だけを取り除き、野菜スープでのばしてトロトロにしておきます。


2.お粥、柔らかくした人参、玉ねぎ、ひき肉を混ぜておきます。


3.お皿にご飯を盛って、その上に卵黄をのせたら完成です。


次のステップは全卵離乳食レシピ(8~9ヶ月頃)


卵黄に慣れたら、約1ヶ月後に全卵の離乳食レシピをスタート卵白には、アレルギー成分が入っているため慎重に進めていきましょう。


(4)つかみ食べの練習にも抜群「野菜たっぷりオムレツ」

出典:クックパッド


卵の離乳食の進め方としては、卵黄に慣れたら全卵に進みます。


全卵が使える頃になると、料理のバリエーションが増え、大人と一緒に笑顔で食べられるようになってきます。ママも、離乳食作りがより楽しくなってきますよ♪


<作り方>

1.お野菜を小さく刻み、少し水を入れてラップをして電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。


2.お豆腐と柔らかくした野菜、卵をまぜます。


3.平たいお皿に入れてラップして電子レンジで加熱します。


4.卵に火が通ったら、一口に切って出来上がりです。


(5)完了期には簡単で食べ応えのある「卵ココット


全卵が使えると、大人と同じメニューも増えてきます。


卵のココットは切って混ぜて焼くだけの簡単な離乳食レシピながら、ふわふわで赤ちゃんが喜ぶ食感。


見た目も離乳食に見えないほど、おしゃれでなので、ママ友を招いてのホームパーティーや、赤ちゃんの記念など特別な日のお料理にも最適ですよ♪


<作り方>

1.トマトは湯むきして皮を取り細かくする(皮が気にならなければ取らなくても大丈夫です。)


2.卵1個、切ったトマト、牛乳小さじ1.5、粉チーズ小さじ1、野菜スープの素小さじ1を混ぜ合わせます。


3.容器に薄くオリーブオイルを塗ります。


4.容器に混ぜ合わせたものをうつし、アルミホイルを被せてオーブントースターで7分〜卵にしっかり火が通るまで焼いて完成。


<参考記事>

離乳食後期☆完了期☆卵ココット♪


卵の離乳食の進め方は、焦らずに順番に!赤ちゃんの様子を見ながら進めよう


卵は美味しいだけでなく、調理がしやすい食材のため離乳食に取り入れたいものですよね。


でも、我が子の離乳食となると、アレルギーのことで頭がいっぱいになりいつから始めてたらいいか悩むことも。


私もびくびくしながら、与えていたことを思い出します。


卵の離乳食は、赤ちゃんの離乳食の進み具合を見ながら焦らずにゆっくりとした進め方をおすすめします。


食べさせても良いかな...と不安になった時は、ぜひかかりつけのお医者さんに相談してみて下さい。


(Photo by:写真AC