ビタミンCと食物繊維以外の栄養はすべて含まれている、「卵」。


その優れた栄養バランスから「完全栄養食」とも呼ばれています。


離乳食でも積極的に取り入れたい食材のひとつではないでしょうか。


しかし、卵はアレルギー反応が出やすく、ママとしては不安もありますよね。


そこで今回は、卵を安心してスタートさせるためのポイントと注意点を踏まえながら、離乳食におすすめのレシピを時期別にご紹介します。


この記事の目次

いつから?どれくらい?離乳食で卵をスタートさせるときのポイントと注意点


離乳食で使える食材が増えてくるにつれて、食物アレルギーの心配も増えてくるもの。


中でも「卵」は食物アレルギーが出やすいため、特定原材料7品目に指定されている食材です。


そのため、赤ちゃんの離乳食に取り入れるときは、ドキドキするママも多いのではないでしょうか。


まずは、はじめて食べさせるときの時期とポイントを頭に入れておきましょう。


卵黄は離乳食初期(生後5~6ヵ月)から


離乳食で卵黄を使えるようになるのは生後5~6ヵ月の離乳食初期(※)からです。


※2019年4月に厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」の改正が行われました。卵アレルギー予防のため、卵を与えてよい時期がこれまでの生後7〜8ヵ月から生後5〜6ヵ月に前倒しされました。参照元:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について


最初はかならず「卵黄のみ」をほんの少量だけ食べさせてください。


そして卵の食物アレルギーを特定しやすいように、離乳食ではじめて食べる食材とは組み合わせないようにしましょう。


卵白は卵黄を食べられるようになってから与えます。目安としては離乳食中期(生後7~8ヵ月)の後半から。


その理由は、卵白のほうがアレルギーを起こしやすいからです。


卵白はアレルギー反応を起こしやすい「オボムコイド」「オボアルブミン」「リゾチーム」などを含んでいます。


特にオボムコイドは、加熱してもアレルギーを起こす性質は変わりません。



卵でアレルギー反応を起こさないか、注意深く観察


箸の先にのるくらいのごく少量を食べさせたあとは、赤ちゃんにアレルギー反応が起きていないかよく観察してください。


アレルギー反応は食べて2時間以内に起きることがほとんどですが、6時間~2日後に起きる場合もあります。


よくある症状は下記のとおりです。


  • ・かゆみや赤みが出る(口のまわり・首・おなか・耳など)
  • ・蕁麻疹や湿疹が出る(口のまわり・首・おなかなど)
  • ・嘔吐や下痢
  • ・呼吸困難や咳が出る
  • ・目がかゆく充血する

アレルギー反応は赤ちゃんによってそれぞれ違うので、卵を食べたあとに少しでも様子がおかしいと感じたら、すぐにかかりつけの病院を受診してくださいね。


パパやママが卵アレルギーの場合は注意


パパやママが卵アレルギーを持っている場合、赤ちゃんも卵アレルギーを起こしやすくなると言われています。


また、肌が荒れている状態(アトピー性皮膚炎)だと、さらに卵アレルギーを発症する可能性が高まるのです。


特に身近な人が卵アレルギーを持っている場合、赤ちゃんの肌荒れを治してから卵の離乳食にチャレンジしてみましょう。


そして、少しでも心配があるのであれば卵の離乳食を始める前に、かかりつけの医師に相談してみてください。


参考:世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見 | 国立成育医療研究センター


卵を離乳食で使う際の3つの注意点



卵を使った離乳食を食べさせるときの注意点をご紹介します。


1.半熟NG!しっかり加熱を


大人が食べる卵料理は、半熟に仕上げる場合もありますよね。


しかし、離乳食の卵料理では、半熟はNG!


離乳食期の赤ちゃんは、まだまだ消化器官が未発達なだけでなく、抵抗力も強くありません。


スクランブルエッグは通常よりもしっかり火を通したり、ゆで卵は固めで茹でたりするなどしっかり火を通すことを意識しましょう。


2.市販のおやつやベビーフードに注意!


くちどけが良く赤ちゃんに人気の卵ボーロ。


卵黄だけでなく卵白も使われているものも多いので、原材料をしっかりチェックしましょう!


先ほども説明した通り、卵白のアレルゲン活性は加熱しても変わらないので、アレルギー反応を起こすことも。


「卵黄がOKになったから、卵ボーロを食べさせたい」と思うママは、卵黄のみを使用している卵ボーロを与えましょう。


以下の商品は卵黄のみを使用しています。(※ただし、卵を含むとの記載があるので、心配であれば全卵をクリアしてからにしてください)



価格:¥777(税込)8個入り

購入はこちら:楽天



価格:¥216(税込)

購入はこちら:楽天


3.組み合わせによって卵の量を減らそう

卵はメインとして使用するだけでなく、つなぎや卵とじで使う場合も。


その際、肉や魚といったたんぱく質を組み合わせることもあるでしょう。


時期 種類
離乳食初期(生後5~6ヵ月) 卵黄 ひとさじから
離乳食中期(生後7~8ヵ月) 卵黄~全卵 卵黄1/2~全卵1/3
離乳食後期(生後9~11ヵ月) 全卵 全卵1/2
離乳食完了期(1歳~1歳6ヵ月) 全卵 全卵1/2~2/3

上記の表は、卵のみを使用したときの1食分の目安量。


これに他のたんぱく質を組み合わせる場合は、卵を減らすか、肉や魚を減らして調整してください。


(※たんぱく質を摂りすぎると、月齢や体調によっては消化不良を起こすこともあります)



良質な「卵」は生協やコープで

出典:コープみらい(コープデリ)


小さい子がいると買い物に行くのも大変ですよね。特に赤ちゃんを抱っこしてると卵のような割れ物は買うのを断念することも・・・


生協やコープなら自宅まで配送してくれるので楽チン♪さらにスーパーに比べて栄養価の高い卵が手に入るんです。


妊娠中~3歳までのお子さんをお持ちのママなら配送料無料のサービスなど、ママに優しいサービスが充実しています。



★★ママ&プレママ限定★★無料サンプルプレゼント中!


離乳食中期(生後7~8ヵ月)におすすめ!モグモグ卵レシピ


卵が食べられるようになった離乳食中期の赤ちゃんへ、卵の美味しさを生かしたおすすめレシピを紹介します。


*離乳食中期の1回分の目安:卵黄1個または全卵1/3個


1.親子丼風おかゆ


だし汁と鶏肉のうま味がきいた親子丼は、赤ちゃんにも人気のメニュー!こちらは卵黄のみを使用しているので、全卵が食べられない赤ちゃんでもOKなレシピ。


いつものおかゆに乗せるだけなので、簡単にできるのもうれしいですね♪水溶き片栗粉でとろみをつけると、より食べやすくなりますよ。



>>レシピはコチラ<<


2.高野豆腐の卵とじ


高野豆腐と卵黄でたんぱく質たっぷりのレシピ。


しいたけとだし汁のうま味のおかげで、調味料がなくてもおいしく食べられますよ!


高野豆腐は赤ちゃんが食べやすいように、細かく刻んであげてください。


>>レシピはコチラ<<


3.茶碗蒸し


こちらは、全卵をクリアした離乳食中期の後半(約生後8ヵ月)から試してほしいレシピ。


卵だけでつくるとってもシンプルな茶碗蒸しは、つるっとしたのどごしで、食欲がないときにもピッタリです。


離乳食にこの1品をプラスするだけで栄養価もアップします。


レシピ通りの分量を1回で食べさせるのは多すぎるので、1/4程度の量にしてくださいね。残ったものは、調味料をプラスして大人用にどうぞ。


また、常に強火で沸騰させると”す”が入って口あたりが悪くなるので、弱火にすることを忘れないで!


>>レシピはコチラ<<


離乳食後期(生後9~11ヵ月)におすすめ!カミカミ卵レシピ


少しずつ食感を楽しめるようになる離乳食後期には、卵を使って食べる楽しさを感じてもらいましょう。


*離乳食後期の1回分の目安:全卵1/2個


1.しらすと野菜の卵チャーハン


具だくさんでそれぞれの食感が楽しめる卵チャーハンのレシピ。


野菜としらす、卵で栄養バランスもバッチリです!


レシピ通りの分量では多すぎる赤ちゃんもいるので、半分~1/3程度の量で作ることをおすすめします。


また、卵は1/2個にしてくださいね。



>>レシピはコチラ<<


2.ふわふわお好み焼き


離乳食後期(生後9~11ヵ月)になると、手づかみ食べの練習をはじめる赤ちゃんも。


この時期にぴったりなのが、お好み焼きです。


ソースを塗らないので、手が汚れることもありません♪


また、豆腐のおかげでふわふわとした食感に仕上がり、赤ちゃんでも食べやすいのがポイントです。


冷凍保存ができるので、ストックしておくのもおすすめ。



>>レシピはコチラ<<


3.フレンチトースト


全卵が使えるようになったら、フレンチトーストを作ってみましょう♪


やさしい甘さとふんわりとした食感で、赤ちゃんにも人気のメニューです。


2食分できるので、冷凍保存するのもおすすめ。休日の朝食や、おやつにいかがですか?


>>レシピはコチラ<<

離乳食完了期(1歳~1歳6ヵ月)におすすめ!パクパク卵レシピ


離乳食もいよいよ完了期に入ったら、食べごたえのある卵レシピで大満足の離乳食に仕上げましょう。


*離乳食完了期の1回分の目安:全卵1/2~2/3個


1.魚の和風キッシュ


大人と一緒に食べられるキッシュのレシピです。


魚や野菜は旬のものをお好みで。魚をウインナーやベーコンにしても美味しく仕上がります。


オシャレなメニューは、パーティーや特別な日にもおすすめ♪



>>レシピはコチラ<<


2.手づかみオムライス


離乳食完了期(1歳~1歳6ヵ月)になると、ますます手づかみやスプーンの使い方が上手になってくる時期。


しかし、オムライスは卵とケチャップライスがバラバラになりがちなので、まだ1人では食べにくいこともあるでしょう。


そこで、卵液の中にごはんを混ぜたアイデアオムライスをおすすめします!


バラバラにならないので、ママも後片付けが楽ですよ♪


野菜やお肉をプラスするのもおすすめ。


>>レシピはコチラ<<


3.ベビー用ケークサレ


おやつに、栄養満点のケークサレはいかが?


レシピでは生地に少し味付けをしていますが、ベーコンとチーズが入っているので味付けはなくてもOK。


好みに合わせて作ってみてください。


また、ホットケーキミックスを使ってもおいしく作れますよ!


>>レシピはコチラ<<

4.枝豆の卵とじ丼

カラフルな色合いが食欲をそそる一品。

冷蔵庫にある食材でパパッとできるので、忙しいときやお昼ごはんに作ってみませんか?

>>レシピはコチラ<<

卵をつかって離乳食レシピのレパートリーをひろげよう


卵は、目玉焼きやゆで卵など主役で楽しめる食べ方から、ハンバーグのつなぎとしてやお菓子の生地に混ぜ込むような食べ方まで楽しめる、まさに万能の食材。


離乳食に卵を取り入れられるようになると、これまでのレシピに卵を加えて応用するだけでもレパートリーはぐんとひろがりますよ!


まずは少量からスタートし、赤ちゃんの様子を見ながら卵のよさを、取り入れてみてくださいね。


(Photo by Photo AC)