ビタミンCと食物繊維以外の栄養はすべて含まれている、「卵」。


その驚くべき栄養価の高さと、調理のしやすさ、万能性の高さから卵は「スーパーフード」とも呼ばれています。


離乳食でも積極的に取り入れたい食材のひとつではないでしょうか。しかし卵はアレルギー反応が出やすく、ママとしては不安もありますよね。


そこで今回は、卵を安心してスタートさせるためのポイントと注意点を踏まえながら、離乳食におすすめのレシピを時期別にご紹介します。


この記事の目次

いつから?どれくらい?離乳食で卵をスタートさせるときのポイントと注意点


離乳食が進むにつれて、食物アレルギーの心配も増えてくるもの。


中でも「卵」は食物アレルギーが出やすいため、赤ちゃんの離乳食としてスタートさせるにはドキドキする食材です。


まずは初めて食べさせるときの時期とポイントを頭に入れておきましょう。


卵はかならず「初期から」そして「卵黄から」


離乳食で卵を使えるようになるのは生後7~8カ月の離乳食「中期」生後5~6カ月の離乳食「初期」(※)からです。

※2019年4月に厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」の改正が行われました。卵アレルギー予防のため、卵を与えてよい時期がこれまでの生後7〜8ヵ月から生後5〜6ヵ月に前倒しされました。参照元:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について


最初はかならず「卵黄のみ」をほんの少量だけ食べさせてください。


卵白は卵黄を食べられるようになってから与えます。これは卵黄よりも卵白の方がアレルゲンが強いためです。


そして卵の食物アレルギーを特定しやすいように、離乳食で初めて食べる食材とは食べ合わせを避けるようにしましょう。


卵でアレルギー反応を起こさないか、注意深く観察


箸の先にのるくらいのごく少量を食べさせたあとは、赤ちゃんにアレルギー反応が起きていないかよく観察してください。


アレルギー反応は食べて2時間以内に起きることがほとんどですが、6時間~2日後に起きる場合もあります。


よくある症状は下記のとおりです。


・かゆみや赤みが出る(口のまわり・首・おなか・耳など)


・蕁麻疹や湿疹が出る(口のまわり・首・おなかなど)


・嘔吐や下痢


・呼吸困難や咳が出る


・目がかゆく充血する


アレルギー反応は赤ちゃんによってそれぞれ違うので、卵を食べたあとに少しでも様子がおかしいと感じたら、すぐにかかりつけの病院を受診してくださいね。


卵は安心できるまで根気強く様子をみましょう


離乳食で卵をスタートするときは、まず卵黄を2~3日おきにごく少量を食べさせて、これを1~2週間つづけます


さらに少しずつ食べる量を増やして1~2週間。


卵黄が食べられるようになったら、今度は卵白でも同じ段取りをくりかえします。


離乳食で全卵を食べるまでには、だいたい2~3カ月。根気が必要です。


赤ちゃんが全卵も安心して食べられるようになったら、離乳食メニューに卵レシピを取り入れるようにしましょう。


全卵を離乳食で使う際の3つの注意点


先ほどお伝えした通り、離乳食中期に「卵黄」を試してアレルギー反応が出なかったら、全卵レシピを試してみましょう!


全卵を試す場合でも注意が必要。ここでは、離乳食レシピを作る際の注意点を紹介します。


1.半熟NG!しっかり加熱を


家族の分と一緒に作ると、火が通ってなかった・・なんていうママもいるのではないでしょうか。


離乳食後期に入っているとはいえ、まだまだ消化器官が未発達な赤ちゃん。


スクランブルエッグは通常よりもしっかり火を通したり、ゆで卵は固めで茹でるなどしっかり火を通すことを意識しましょう。


2.市販のおやつに注意!


くちどけが良く赤ちゃんに大人気の卵ボーロ。市販のおやつも売っていますが、原材料をしっかりチェックしましょう!


全卵がOKとなってから、まずは少量試してみるのが鉄則です。


実は私、ちゃんと原材料を確認せずに生後6ヶ月の子供にたまごボーロをあげてしまったことがありました。その時、息子は数十分後に嘔吐・・・・


あわてて病院に行き事なきを得ましたが、あれは確実にアレルギー反応だったと思います。


卵は思っている以上にアレルギー反応が出やすいもの。おやつに限らず、ベビーフードなども慎重に進めていきましょう。


良質な「卵」は生協やコープで

出典:コープみらい(コープデリ)


小さい子がいると買い物に行くのも大変ですよね。特に赤ちゃんを抱っこしてると卵のような割れ物は買うのを断念することも・・・


生協やコープなら自宅まで配送してくれるので楽チン♪さらにスーパーに比べて栄養価の高い卵が手に入るんです。


妊娠中~3歳までのお子さんをお持ちのママなら配送料無料のサービスなど、ママに優しいサービスが充実しています。



★★ママ&プレママ限定★★無料サンプルプレゼント中!


離乳食中期におすすめ!モグモグ卵レシピ


卵が食べられるようになった離乳食中期の赤ちゃんへ、卵の美味しさを生かしたおすすめレシピを紹介します。


*離乳食中期の1回分の目安:全卵1/3個


1.「とろとろ親子丼」はワンプレートでらくちん♪


だし汁と鶏肉の風味がきいた親子丼。とろっとやわらかい卵が美味しいレシピです。


【材料】

・鶏ミンチ     15g

・たまねぎ     30g

・全卵       1/2個

・軟飯(またはお粥)80g

・だし汁      80cc

・青のり      お好みで


【作り方】

1.鍋にだし汁を注ぎ、鶏ミンチとたまねぎを加えてくたくたになるまで煮ます。


2.1に水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。


3.溶き卵をゆっくりとまわし入れ、菜箸で混ぜながら火を通します。


4.火が通ったら軟飯の上にのせて、青のりを添えればできあがり。


☆参考:離乳食中期におすすめ卵レシピ☆

とろとろ卵の親子丼。離乳食中期


2.「ぷるぷる茶碗蒸し」はつるんと食べやすいレシピ


こちらは、卵だけでつくるとってもシンプルな茶碗蒸しのレシピ。離乳食にこの1品をプラスするだけで栄養価もアップします。


【材料】

・全卵    1個

・だし汁   150cc


【作り方】

1.卵は常温に戻し、だし汁はしっかりと冷めたものを用意します。


2.卵をなるべく泡立てないようによく溶いて、そこへだし汁を加えます。


3.2を茶こしなどでこしながら容器へ注ぎます。


4.容器の口にアルミホイルでピタッと蓋をします。蓋をしたらつまようじで1カ

所、空気穴をあけておきます。


5.鍋でお湯を沸騰させます。沸かす水の量は、卵液の入った容器が半分くらい浸る高さにします。沸騰したら、容器を鍋の中に並べます。

※やけどに注意


6.鍋に蓋をして、強火で2分→弱火で10分加熱したら火を止めます。そのまま冷ませばできあがり。


☆参考:離乳食中期におすすめ卵レシピ☆

離乳食中期からのぷるぷる茶碗蒸し


離乳食後期におすすめ!カミカミ卵レシピ


少しずつ食感を楽しめるようになる離乳食後期には、卵を使って食べる楽しさを感じてもらいましょう。


*離乳食後期の1回分の目安:全卵1/2個


1.「しらすと野菜の卵チャーハン」は栄養満点レシピ!


具だくさんでそれぞれの食感が楽しめる卵チャーハンのレシピ。軟飯のかたさは赤ちゃんの様子に合わせて調節してくださいね。


【材料】

・軟飯    160g

・水     100cc

・にんじん  大さじ1

・たまねぎ  大さじ1

・しらす   大さじ2

・全卵    1個

・しょうゆ  小さじ1

・ごま油   小さじ½


【作り方】

1.にんじん・たまねぎはみじん切りにしておきます。


2.鍋に水を注ぎ、にんじん・たまねぎ・しらすを加えて煮ます。


3.具材に火が通り、グツグツとしてきたら軟飯を加えて軽く混ぜます。


4.弱火にしてしょうゆとごま油を加えます。


5.さいごに溶き卵をまわし入れ、火が通ったらできあがり。


☆参考:離乳食後期におすすめ卵レシピ☆

離乳食後期☆じゃこと野菜の卵チャーハン


2.「ふわふわお好み焼き」でぱくぱく手づかみ食べレシピ


手づかみ食べにぴったりのお好み焼き。冷凍保存ができるので、ストックしてもう一品ほしいときの捕食にもうれしいレシピです。


【材料】

・小麦粉   50g

・水     30cc

・卵     1個

・絹ごし豆腐 50g

・キャベツ  約1枚

・にんじん  1/4本

・たまねぎ  1/8個

・青のり   お好みで

・粉チーズ  お好みで


【作り方】

1.キャベツ・にんじんは千切り、たまねぎはみじん切りにします。


2.1の野菜にラップをかけ、電子レンジで軽く火を通しておきます。


3.ボウルに小麦粉と水を加えます。よく混ざったらさらに絹ごし豆腐を加え、トロトロになるまで混ぜ合わせます。


4.3に2の野菜・青のり・チーズを加えて軽く混ぜます。


5.フライパンにうすく油を敷き、フライパンが温まったら4をスプーンですくい入れます。


6.蓋をして3分、上面に生地がくっついてこない程度に火が通ったらひっくり返します。


7.さらに5分ほど焼いて、しっかりと火が通ったらできあがり。


☆参考:離乳食後期におすすめ卵レシピ☆

離乳食後期〜ふわふわお好み焼き


離乳食完了期におすすめ!パクパク卵レシピ


離乳食もいよいよ完了期に入ったら、食べごたえのある卵レシピで大満足の離乳食に仕上げましょう。


*離乳食完了期の1回分の目安:全卵1/2~2/3個


1.「魚の和風キッシュ」でたんぱく質抜群レシピ♪

大人と一緒に食べられるキッシュのレシピです。魚や野菜は旬のものをお好みで。魚をウインナーやベーコンにしても美味しく仕上がります。


【材料】

・魚(白身魚や鮭など)10g

・しいたけ      10g         

・たまねぎ      10g

・にんじん      10g

・じゃがいも     20g

・高野豆腐

(すりおろし)    3g

・牛乳        大さじ2

・溶き卵       1/3個

・とろけるチーズ   10g


【作り方】

1.魚は火を通し、食べやすくほぐしておきます。


2.じゃがいもはやわらかくなるまで加熱して、1~2cm角に切ります。


3.しいたけ・たまねぎ・にんじんは食べやすい大きさに刻み、ラップをかけて電子レンジで軽く火を通しておきます。


4.耐熱容器にとろけるチーズ以外の材料をすべて加え、よく混ぜ合わせます。


5.4にとろけるチーズをのせ、オーブントースターで10分ほど焼けばできあがり。


☆参考:離乳食完了期におすすめ卵レシピ☆

【離乳食完了期】魚の和風キッシュ


卵をつかって離乳食レシピのレパートリーをひろげよう


卵は、目玉焼きやゆで卵などそれひとつで楽しめる食べ方から、ハンバーグのつなぎとしてやお菓子の生地に混ぜ込むような食べ方まで楽しめる、まさに万能の食材。


離乳食に卵を取り入れられるようになると、これまでのレシピに卵を加えて応用するだけでもレパートリーはぐんとひろがりますよ!


まずは少量からスタートし、赤ちゃんの様子を見ながらスーパーフード「卵」の良さをめいっぱい離乳食レシピに取り入れてみて下さいね。


(Photo by Photo AC)