離乳食中期になると、ママも赤ちゃんも少しずつ離乳食に慣れてきますよね。


しかし、2回食にステップアップするため、献立に悩むママも多いはず。


そこで今回は、調理しやすく消化の良い「うどん」にフォーカスしてみました!


うどんを使った離乳食中期(生後7~8ヵ月)のレシピや、調理のポイントなどをご紹介します。


この記事の目次

離乳食中期(生後7~8ヵ月)の調理ポイントについて


離乳食初期(生後5~6ヵ月)は、うどんをすりつぶしてペースト状にしていました。


離乳食中期(生後7~8ヵ月)からは、うどんを細かいみじん切りにしましょう


ただし、離乳食中期になったからと言って、急に大きくする必要はありません。


形のあるうどんでは赤ちゃんが食べにくそうにしていたら、ペースト状に戻してもOK。


赤ちゃんの食べ具合を見ながら硬さや大きさなど調整していきましょう。


「ゆで」「乾麺」「冷凍」どれを使うべき?


離乳食中期(生後7~8ヵ月)のうどんは細かく刻むとはいえ、歯ごたえのある冷凍うどんは食べにくいかもしれません。


柔らかいゆでうどん、もしくは乾麺がオススメです。


乾麺の場合、ベビー用の食塩不使用のものや短くカットしているものを使うと便利ですよ!


食塩を使用しているものは、ゆでたあと水洗いして塩を抜きましょう。


もし冷凍うどんを使用する場合は、しっかりとゆでるか、ベビー用のやわらかい冷凍うどんがオススメ。


1回に使ううどんの量は?


離乳食中期(生後7~8ヵ月)のうどんの量は、


前半:35g


後半:55g


を目安にしましょう。


離乳食のうどんの保存法について


離乳食を作るたびに、うどんを細かく刻むのは手間ですよね。


うどんは冷凍保存もできるので、多めに下ごしらえして保存しておきましょう♪


あらかじめみじん切りにしておき、1回分の量をラップに包んでからフリーザーバッグに入れて冷凍するだけ。


1週間程度を目安に使い切ってくださいね。


うどんの離乳食を作る・食べさせるときの便利アイテム


離乳食にうどんを与える際に、あると便利なアイテムをご紹介します!


1.だしパック

離乳食のうどん料理を作るときに欠かせないのが、「だし」。一からだしを取るのは手間と時間がかかって面倒と感じる場合も。


そこでおすすめなのが、かつおや昆布などがブレンドされただしパック。


このだしパックを利用すれば、沸騰した水に入れて少し煮詰めるだけで簡単に出汁が取れるので、時間のないママには非常にありがたい便利商品です。


ただし、大人用のだしパックの中には、さば節がブレンドされているものも。


さばはアレルギー反応を起こしやすい食材なので、離乳食中期(生後7~8ヵ月)は避けたほうが無難です。


ベビー用のものか、さば節が入っていないものを選びましょう。


▼おすすめ商品▼



楽天価格:¥2,592(税込)

購入はこちら:楽天市場


価格:¥680(税込)

購入はこちら:公式ショップ


2.粉末だし

だしパックでだしを取ると、たくさんできて困ることもありますよね。


ちょっとだけだしがほしいときは、ベビーフードの粉末だしを利用するのがオススメです。


▼おすすめ商品▼


Amazon価格:¥548(税込)

購入はこちら:Amazon


Amazon価格:¥1,426(税込)/2本入り

購入はこちら:Amazon


大人用の粉末だしは塩分や添加物が入っているので、必ずベビー用のものを利用してくださいね。


3.ヌードルカッター

外出時にうどんなどの麵類を細かくカットするのは大変ですよね。そんなときに便利なのがヌードルカッター。


うどんを細かくカットできるだけでなく潰すこともできるので、外出先でとても重宝します!


持ち運びケース付きのものだと、より便利ですよ。


▼おすすめ商品▼


Amazon価格:¥793(税込)

購入はこちら:Amazon


Amazon価格:¥816(税込)

購入はこちら:Amazon


離乳食中期にオススメうどんレシピ10選


ここからは、離乳食中期(生後7~8ヵ月)から食べられるうどんレシピをご紹介します。


1.ほうとう風うどん



「ほうとう」とは、山梨県の郷土料理。太くて長いうどんのような麺を、かぼちゃなどの野菜と一緒に煮込み、味噌で味付けしたものです。


そんなほうとうを、ベビー用にアレンジしたメニューがコチラ♪


かぼちゃのやさしい甘みと、ほんのり感じる味噌の風味がとてもおいしいですよ!


レシピでは卵を使用するようになっていますが、離乳食中期(生後7~8ヵ月)は、卵黄のみを使用してくださいね。



>>レシピはコチラ<<



2.カブと白身魚のうどん


とろっとしたカブと、柔らかな白身魚を合わせたうどん。


カブは皮近くに固い繊維があるかもしれないので、皮は厚めにむきましょう。


こちらのレシピでは、やわらかい冷凍うどんを使っているので、普通の冷凍うどんを使用する場合は鍋でゆでるか、ゆでうどんを使うとよいでしょう。


>>レシピはコチラ<<


3.鮭の洋風うどん


トマト×うどんの新しいレシピ♪さっぱりとした風味が食欲をそそります。


これひとつでたっぷりの野菜とたんぱく質が摂れるのもうれしいですね。


酸味が気になる場合は、粉ミルクや牛乳または豆乳をプラスしてクリーミーにするのも◎。


>>レシピはコチラ<<


4.味噌そぼろうどん


パサつきがちな鶏ひき肉を、とろみをつけたスープでまとめたうどんです。


こちらのレシピでは野菜を玉ねぎのみ使っていますが、にんじんやほうれん草など自由にプラスしてOK!


季節の野菜をたっぷり加えてみましょう。


>>レシピはコチラ<<


5.鮭とチンゲン菜のミルクうどん


いつもの飲みなれた粉ミルクをうどんにも使ってみましょう!


少量の調味料を使用しても構いません。(ほんの少しの醬油、ベビー用コンソメなど)


鮭とチンゲン菜の彩りもきれいですね。ほかの魚や葉物にアレンジしてもOKですよ。


>>レシピはコチラ<<


7.うどんグラタン


グラタンといえばマカロニですが、こちらはうどんを使ったレシピ。つるっとした口あたりがホワイトソースとよく合います♪

マカロニをゆでるよりも手間がなく、柔らかいので赤ちゃんも食べやすいはず。ベビーフードのホワイトソースを使うとより手軽に作れます。


>>レシピはコチラ<<


8.夏野菜たっぷりうどん

夏が旬の野菜をたっぷり使ったうどんです。

暑い夏を乗り切るための栄養がたっぷり詰まっています!季節に応じて、野菜をアレンジしてみてくださいね。

レシピに載っている冬瓜はアプリ「ステップ離乳食」では紹介していない食材です。

食べたことがある場合は活用してみてくださいね。

>>レシピはコチラ<<


9.月見うどん

裏ごしした卵黄を、野菜たっぷりのうどんの上にトッピングした月見うどんです。季節感あふれる一品に、赤ちゃんもうれしくなりますね♪


春菊はクセがあるので好き嫌いが分かれるかもしれまんせんが、苦手なようならほかの葉物に変更してもOK。春菊もアプリ「ステップ離乳食」では紹介していない食材ですが、食べたことがある場合はあげても大丈夫です。


>>レシピはコチラ<<


10.かぼちゃナーラうどん

かぼちゃとベビーフードのホワイトソースを合わせると、濃厚なソースに!まるでカルボナーラのような味わいになります。


いつものあっさりとしたうどんに飽きてきたら、こんなレシピはいかが?


>>レシピはコチラ<<

使い勝手のよいうどんをどんどん取り入れよう!


うどんは調理に時間がかからないので、腹ペコな赤ちゃんを待たせずサッと作れる頼もしい食材です!


乾麺や下ごしらえ済みのものを冷凍してストックしておくと助かりますよ。


それだけでなく、赤ちゃんの消化にも非常によい食材です。


のどごしがいいので、体調が悪いときや暑いときにも食べやすいのも魅力。


野菜やたんぱく質も一緒に入れて、バランスのよい離乳食にしてくださいね。


Photo by Photo AC