社会復帰を目指すママに人気の登録販売者資格についてまとめました。登録販売者資格はママの合格率が高い資格。ドラッグストアなど医薬品を取り扱う小売店での需要も高いことから、再就職にも大いに役立つ資格です。参考書や通信講座など、自分に合う学習方法を見つけて、資格取得を目指しましょう。

この記事の目次

登録販売者資格がママに人気


登録販売者資格は2009年に誕生したばかりの資格。そのため、資格を取得している人はあまり多くありません。


ただ、第2類、第3類の医薬品を販売するために欠かせない人材であることから、ドラッグストア等医薬品を取り扱う小売店では登録販売者をよく募集しています。

 

登録販売者の求人を見ていると、資格手当が支給される旨が記載されていることがほとんど。登録販売者資格を取得して採用されれば、一般的なドラッグストア販売員よりも収入が多くなります。

 

ドラッグストア販売員はママに人気の職業の1つ。せっかくなら登録販売者の資格を取得してもっとよい条件で働きたいと考えるのは自然な流れですよね。


登録販売者の仕事


登録販売者の仕事は、ドラッグストアをはじめ医薬品の販売をしている小売店でお客様に薬の説明をすること。


お客様が抱えている不調を改善するための薬を提案したり、副作用について説明するなど、お客様の健康に直結した仕事ばかりなのでやりがいがあります。

 

最近はコンビニやスーパーでも医薬品を取り扱う店舗が増えてきました。


高齢化が進むことで今後も登録販売者の需要が高まり続けることが予想されていて、社会復帰を目指すママにぜひチャレンジしてみてほしい資格の1つです。


登録販売者の資格を取得するメリット


登録販売者の資格を取得すると、先述の通り資格手当がつくことがほとんど。一般的なパートよりも収入が増えることは、ママにとって大きなメリットですよね。

 

また、登録販売者の資格取得に必要な勉強は日常生活で役立つというメリットも。


自分や身の回りの人が体調を崩した時、適切な薬選びができるようになります。病院でもらった薬の副作用なども把握できるので、処方薬を子供に飲ませることに不安があるママにもおすすめ。

 

登録販売者の資格を取るには、薬に関する基礎知識はもちろん、薬の添付文書の読み方やお客様に受診するよう勧告をする目安なども学習しなければなりません。


これらは、仮に登録販売者として働けなくても暮らしに役立つ内容ばかりなので、すぐには働けないけれど何か資格を取得しておきたいというママにもうってつけの資格です。


登録販売者の資格を取得する方法


登録販売者になるには、各都道府県で実施される登録販売者試験に合格しなければなりません。登録販売者試験は、お客様とコミュニケーションをとることが多いため、実務的な内容の問題が多い傾向。受験資格に制限はなく、年齢や性別、学歴、経験等一切不問です。

 

試験問題は厚生労働省の指示のもと地域ごとに作成されます。登録販売者試験を受験する際は、自分が住んでいる地域が所属するブロックの過去問題を確認し、しっかり対策をしておきましょう。


おすすめの参考書3


登録販売者の資格は、独学でも取得が可能。多くのママたちが自分で参考書を購入して勉強し、無事合格しています。

 

参考書には過去問を収録したDVDが付属していたり、イラスト入りで見やすいものなどさまざま。自分に合う参考書を見つけて、隙間時間にコツコツ勉強を重ねましょう。


1.ユーキャンの登録販売者速習テキスト&重要過去問題集


登録販売者資格取得の参考書で一番人気なのが通信講座大手のユーキャンが発行する参考書。オールカラーでわかりやすく、飽きずに勉強が続けられると好評です。過去問は200問も収録。万が一間違えても、復習すべきページが記載されているので効率よく学習を進めることができます。

 

31日間ですべてのページの学習が終了するようスケジュールが組まれていますが、忙しいママには1日の学習量が多いかもしれません。試験日の23ヶ月前に購入し、確実に学習が終われるようペース配分を考えましょう。

 

Amazon価格:¥2,160(税込)

購入はこちら:Amazon


2.7日間でうかる!登録販売者テキスト&問題集


7日間でうかるシリーズは、登録販売者の資格取得を目指すママに人気の1冊。表やイラストが多いので、勉強があまり得意ではないママにもおすすめ。

 

ただ、7日間で合格というのは無謀という声も多数。遅くとも1ヶ月前には勉強を始めて、繰り返し何度も取り組みましょう。

 

Amazon価格:¥1,944(税込)

購入はこちら:Amazon


3.全国登録販売者試験過去問正解


この問題集は、全10ブロックの過去問を網羅。参考書の仕上げ確認や、すでにある程度の知識があるママにおすすめの問題集です。

 

問題数は各ブロック120問ずつなので全部で1200問。自分が住んでいる地域の問題だけでなくすべてのブロックの問題に取り組めば、登録販売者試験の理解度が大幅に増すことが期待できます。


Amazon価格:¥2,160

購入はこちら:Amazon


おすすめの通信講座3

登録販売者の資格は独学でも取得できますが、家事や育児に忙しいママの場合、学習が途切れ途切れになってなかなかうまく勉強ができないこともありますよね。そんなときは通信講座による資格取得対策がおすすめ。

 

学習期間は通信講座ごとに異なりますが、じっくり時間をかけて勉強できるので、知識が自分のものになりやすいです。また、添削課題もあるので、参考書に取り組むより苦手分野の理解や克服が効率よくできます。


1.ユーキャン


ユーキャンの登録販売者合格指導講座の学習期間は約8ヶ月。1日の学習時間の目安は1時間と短めなので、子育て中のママにも取り組みやすいと好評です。

 

模試では実際の試験と同じように、120問を210分で解くトレーニングが可能。ママになるとテストや試験から縁遠くなりますが、模試を何度か繰り返すことで、学生時代の勘がよみがえってきますよ。

 

▼詳しくはこちら▼

 

>>ユーキャン<<


2.キャリアカレッジジャパン


キャリアカレッジジャパンの登録販売者合格指導講座の特徴は映像講義やWEB学習機能など学習スタイルがいくつか用意されていること。特にWEB学習機能はスマホでも利用できるので、ママのちょっとした隙間時間を勉強時間として活用することができます。

 

おすすめ参考書で紹介した『全国登録販売者試験過去問正解』も教材の1つ。不合格なら全額返金というシステムもあるので、資格取得に自信がないママでもチャレンジしやすい通信講座です。

 

▼詳しくはこちら▼

 

>>キャリアカレッジジャパン<<


3.-ヒューマンアカデミー


ヒューマンアカデミーの登録販売者合格講座は最短3ヶ月で資格取得ができるという点が魅力


登録販売者資格試験は、ほとんどの都道府県が1年に1回しか実施しないので、試験まで期間が短い場合にもおすすめです。

 

ヒューマンアカデミーの登録販売者合格講座では、おすすめ参考書で紹介した『7日間でうかる!登録販売者 テキスト&問題集』を利用。加えて、e-ラーニング学習機能もあるので、わからないことはいつでも講師に質問できます。

 

▼詳しくはこちら▼

>>ヒューマンアカデミー<<


教育訓練給付金制度を利用しよう


「教育訓練給付金制度」をご存知ですか。これは、休職中に特定の資格取得講座を受講すると、受講料の20%が還元されるという厚生労働省が運営している制度です。

 

本気で社会復帰を目指すなら、この制度を利用した方がお得に資格を取得することが可能。受給に関する手続きはハローワークにて行えるので、通信講座の受講を希望しているなら一度問い合わせてみてくださいね。

 

登録販売者はママの合格率が非常に高い資格です。久々の勉強で合格できるかどうか不安なママもいるかもしれません。しかし、全く知識のない状態から学習を始めて合格したママもたくさんいるので、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてくださいね。

 

Photo by Photo AC