離乳食をはじめて数か月、食べない日もあるけれど少し慣れてきたかな、と思ったら、舌や歯茎でつぶせる固さのある離乳食中期にステップアップするのが一つの目安。


これまでドロドロのヨーグルト状態だった離乳食に、もぐもぐと口を動かす練習ができるような食感を足してあげます。目安は生後7~8か月。この離乳食中期は「モグモグ」期とも呼ばれています。


今回は、そんな離乳食中期から何が食べたれて、何が食べられないのかについてまとめてみました。おすすめのレシピもあるので、ぜひチェックしてみて下さい!


この記事の目次

離乳食中期は初期とどう違うの? 離乳食中期のポイント


中期の離乳食は、食感以外にいくつか変えていくことがあります。以下、離乳食中期のポイントをまとめました。


食べられる食材が増える


離乳食中期の主食は7倍粥と呼ばれるお粥で、プリンや豆腐のように舌と上あごですり潰せる柔らかさが目安です。そのほか、マカロニ、パン、うどんなど、食べられる食材が増えます。


おかずはこれまで初期で食べていた野菜、白身や赤身の魚、一部の肉類のほか、卵、納豆、ヨーグルトやチーズなども食べられるようになります。積極的に取り入れていきましょう。


離乳食初期と同じく、新しい食材を取り入れるときは朝などなるべく早い時間に与えます。


特に、卵はアレルギーが出やすい食品なので、最初は完全に火を通した少量の黄身から。体調に異常がなければ少しずつ量を増やしましょう。卵の白身は中期の後半(8~9か月頃)からOKです。


引き続き母乳やミルクも


離乳食が進んできても、まだまだ母乳やミルクからの栄養は必要です。


赤ちゃんが欲しがるだけあげてもOKですが、それでお腹がいっぱいになってしまうと離乳食を食べなくなってしまうので、離乳食を先にあげます


その後、欲しがるようであれば母乳やミルクを与えましょう。


掴んで食べられるような離乳食メニューも入れて


生後7~8か月は首がしっかり座りハイハイする子が増えますし、腰がしっかりしてくるので支えなくてもお座りする子がでてきます。


そのため、この時期の赤ちゃんには、自由になった両手で手に取って口に運べるような手づかみOKの離乳食も用意してあげましょう。


床やテーブル、着ている服は汚れますが、赤ちゃんの大切な成長の過程です。

離乳食は1日2回


離乳食中期では、これまで主に母乳やミルクから取っていた栄養の半分程度を離乳食から摂取します。そのため、食事の回数を1日2回に増やします。


午前と午後など、毎日同じ時間帯にあげることで赤ちゃんの1日のリズムを作れると良いですね。


1回の離乳食の量は、お粥を大さじ3~5、おかずを数品それぞれ大さじ2~3程度が適量といわれています。


便秘に要注意


離乳食が進むと、赤ちゃんのお通じがだんだんとかたくなってきます。


母乳やミルクだけ飲んでいる赤ちゃんのうんちは液状の柔らかめですが、うんちは固形に変化し、1日の回数も減ります。1日に1~2回程度が理想ですが、数日出ないことも。


赤ちゃんの機嫌が良ければ心配する必要はありませんが、不機嫌でお腹が張っていたら要注意。便秘かな?と思ったら、繊維質が多く含まれるいも類を増やしたり、水分を多めに与えてみましょう。


また、運動を良くさせることや、お腹のマッサージをしてあげるのも有効です。お腹に「のの字」を書くマッサージは、腸のゼン動を促します。


乳歯が生え始める子もいるので口の中は清潔に


離乳食中期には下の前歯2本が生え始める赤ちゃんが増えます。


歯を使って食べることはまだまだできませんが、離乳食後は、湯ざましを飲ませたりガーゼで歯をかるく拭いたりして、口の中を清潔にしてあげましょう。


離乳食中期に作ってあげたいレシピ


たくさんの食材を紹介してあげたい離乳食中期。栄養のバランスも考え始めますが、美味しいね~などと声を掛けて、初期に引き続き、ご飯を食べることの楽しさを教えてあげましょう。


赤ちゃんの食欲をそそるような離乳食レシピを紹介します。


離乳食中期7倍がゆ


離乳食中期は、初期と比べて少しお米のぶつぶつが残っている状態のお粥をあげます。

 

7倍粥と言いますが、米から作る場合は米1:水7の割合で炊いたものです。また、少し味は落ちますが、ご飯から作ることも可能です。その場合の目安はご飯1:水3です。


【材料】※大さじ16程度
米 40g(1/4カップ)
水 300cc


【作り方】

1.米を洗って、15分から30分程度水に浸ける。

2.小鍋にお米と水を入れて中火にかける。炊飯器を使う時には、お粥モードで炊く。

3.沸騰してきたら蓋をして弱火にし、13〜15分ほど様子を見ながら炊く。吹きこぼれそうになったら蓋を開け、米をかき混ぜる。

4.10分蒸らす。

5.ブレンダーやすり鉢などで食べやすい粒の大きさにし、保存する分は冷凍庫へ。

参照レシピ:◆離乳食中期7倍がゆ 


何でも野菜のツナ和風あん


たくさん野菜が食べられるように、和風あんを作りましょう。冷蔵庫にあるお野菜なら何でもあいますよ。


和風あんは、ご飯にもうどんにも、また豆腐にもよく合います。


【材料】
ツナ缶(水煮、食塩無添加) 1缶
水 150cc
お好みの野菜 適量(玉ねぎ、ピーマン、ブロッコリー、もやし、人参など)

麺つゆ 3倍濃縮なら大さじ1/2程度
片栗粉 大さじ1


【作り方】

1.野菜は小さめに角切りにして鍋に水を入れ、柔らかくなるまで煮る。

2.ツナ缶を汁ごと入れ、麺つゆを加える。

3.ツナを崩しながら混ぜ、さらに3分ほど煮る。

4.火を止め、水に溶いた片栗粉でとろみを付ける。

5.必要があればすり鉢などで少し野菜やツナを砕き、食べない分は粗熱を取って冷凍する。

参照レシピ:◆【離乳食中期〜】何でも野菜のツナ和風あん


冷凍可☆じゃがいもお焼き


離乳食中期には、手掴み食べられるおやつを作ってあげましょう。じゃがいもを使えば、簡単にできて冷凍保存もOKです。


【材料】
じゃがいも 大2個
牛乳 大さじ1
パルメザンチーズ 少量
青のり 少量
オリーブオイル 少々


※パルメザンチーズや青のりの代わりに、しらすとゴマ、または焼き鮭とほうれん草などバリエーションをつけても美味しいですよ。その場合は、各材料は食べやすい大きさや食感に下処理しましょう。


【作り方】

1.じゃがいもはよく洗って皮をむき、一口大に切る。芽があれるところは深めに取る。

2.じゃがいもを鍋に入れ、ヒタヒタの水を加えて煮る。

3.串を通すとホロっと崩れるくらい煮えたら、皿にあげて牛乳を加え、マッシュポテトを作る。
4.全体的に良く潰れたらパルメザンチーズや青のりを混ぜ合わせる。

5.ひとくちサイズに成形し、スプーンの裏などで平べったくしたら油を薄く引いたフライパンで焼く。

6.弱火で焼いて、両面に少しだけ焼き目を付ける。

参照レシピ:◆【離乳食中期〜】冷凍可☆じゃがいもお焼き


鮭うどん!焼き海苔を添えて


離乳食中期になると、うどんも食べられるようになります。鮭とだしの旨味たっぷりのうどんを作ってあげましょう。鮭と一緒に少しお野菜を入れてあげても綺麗ですね。


大人用のうどんを使用する場合は鍋であらかじめ茹で、水洗いをして塩分を取っておきます。


【材料】

うどん(乾麺) 10g
鮭 10g
だし汁 100ml
焼き海苔 適量


【作り方】

1.鮭は茹でて、骨と皮を取り除きほぐす。

2.鍋にだし汁を入れ、火にかける。

3.沸騰したら弱火にして、鮭とうどんを入れる。うどんはある程度小さく折っていれる。

4.うどんが柔らかくなるまで茹でる。

5.必要があればすり鉢にとって、うどんをさらに小さくする。

6.お椀に盛り付け、焼き海苔を乗せる。食べる前にはよく混ぜること。

参照レシピ:◆鮭うどん!焼き海苔を添えて❁離乳食中期~


ササミがゆとヨーグルト


離乳食中期に積極的に取り入れていきたいお肉類は鶏肉です。ささみは食べやすいので離乳食におすすめです。


お粥を食べた後は、デザートとしてかぼちゃのヨーグルトを。ヨーグルトなどの乳製品は好んで食べる赤ちゃんもいますが、1食につき50~70g程度にしておきましょう。


【材料】
7倍粥がゆ 70g弱
鶏ササミ 10g
角切り野菜各種 10g
かぼちゃ 10g
ヨーグルト 大さじ1


【作り方】

1.ササミと角切り野菜はあらかじめ火を通し、必要があればすり鉢でするなどして月齢に合わせた大きさ、柔らかさにしておく。

2.7倍粥とササミ、とササミ、野菜を混ぜる。

3.かぼちゃを器に入れてラップをかけて電子レンジで30秒加熱。

4.かぼちゃを潰してにヨーグルトを加える。

参照レシピ:◆【離乳食中期】ササミがゆとヨーグルト

 

【離乳食中期】トマトリゾット


ちょっとイタリアンな離乳食で味のバラエティを増やしましょう。これだけで必要な栄養素を全て摂取できます。


【材料】
七倍粥 70g弱
シーチキン 10g
野菜スープ 大1
食塩無添加トマトジュース 大2
水 大2
ブロッコリー 20g


【作り方】

1.ブロッコリーは細かく刻みます。

2.シーチキンはほぐし、すべての材料を小鍋に入れて弱火で煮込めば完成です!


参照レシピ:◆【離乳食中期】トマトリゾット


離乳食中期NGの食材は?


卵やお蕎麦など、アレルギーが起こりやすい食材はもちろん注意が必要ですが、中期になれば食べさせてあげることが可能。


では、中期であっても離乳食には使ってはいけない食材って何でしょうか?


NGの食材1:はちみつ


離乳食に「はちみつ」は厳禁です。


甘くて健康によいイメージがありますが、はちみつには「ボツリヌス菌」が混入している場合があります。


はちみつは、1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしましょう。


NGの食材2:刺身


離乳食には野菜やフルーツ以外の生ものは基本的に控えます。


特に刺身は、「寄生虫」がいる可能性があります。よく知られているものに、「アニサキス」があり、サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどがいる可能性があると言われます。


生でも1回冷凍してしまえば死滅しますが、わざわざ離乳食として刺身をあげる必要はないかなと思います。


NGの食材3:こんにゃく


食感は柔らかいですが、歯が生えそろわないとかみ砕けず、喉に詰まる可能性があります。


また、こんにゃくはサトイモ科の植物を原料に作られているので、山芋や里芋にアレルギーがある場合はこんにゃくにも反応する場合も。


加えて、大人は腸のゼン動を促してくれる食品として口にする人も多いと思いますが、あまりにたくさん食べると腸の中で詰まり、腸閉塞を引き起こすとも言われています。


そのため、赤ちゃんの未発達な胃腸には避けた方がいい食材かもしれません。


NGの食材4:大型魚を大量に食べさせる


マグロなどの大型の魚は水銀などを蓄積している可能性があります。マグロばかりあげることがないように量を調整し、適度にあげましょう。


NGの食材5:揚げ物


揚げ物は1歳をちょっとすぎた頃、離乳食完了期まで待ちましょう


離乳食中期は食事を楽しむことを教えましょう


離乳食をあげる時には、必ず話しかけ、食事中の会話を楽しくすることが大切。イヤイヤする赤ちゃんも、ママが笑顔で話しかけながら離乳食をあげれば、次第に食事に興味を持ってくれるようになります。


また、食材がいろいろ使えるようになってくるので、色や形など取り入れてみると赤ちゃんにとって良い刺激となりますよ。


味や食材を変えることが難しい場合は、お皿を変えたり、盛り付けを変えるのもポイントです!


Photo by Photo AC